【マイボトルで飲み物代を節約】好きな飲み物を入れてできる人気カフェの節約術をこっそりご紹介します!

閲覧回数 : 32,859 views

通勤や通学中、仕事の休憩時間などに喉が乾いたらどうしますか?

大体の方が自動販売機やコンビニで飲み物を買いますよね。
缶飲料であれば130円~、ペットボトル飲料なら150円~と値段も気になるような金額ではありません。

ですが、1本150円程の飲み物を「毎日購入した」と考えてみてください。
何気ない気持ちで買っている飲み物代に月に約5,000円もお金がかかっていることになります。
きちんと計算してみると「予想外の金額の大きさに驚いた」なんて人もいるはず。

どうすれば飲み物代を節約することができるのでしょうか。
それはズバリ、自分用の水筒=”マイボトル”の活用です!

マイボトルを使うことで飲み物代の節約にもなるメリットを得ることができますが、自分の好きなお茶やコーヒー(珈琲)紅茶などを飲むことができるのは嬉しいですよね^^
ちなみに”マイボトル”お伝えしていますが、他にも“マイ水筒”“マイタンブラー”“ステンレスマグ”などと呼ばれることも。

昔の“水筒”とは違い、デザインも豊富でオシャレなものばかり。
中にはクリアで中身が見えるものだったり、保温・保冷効果が抜群のものだったりと種類もたくさんあります。
20150707-mybotle
ちなみに私が使っているのはTODAY’S SPECIALのMYBOTLE♪
保冷・保温効果はありませんが、ボトルがクリアで何を入れても可愛く見えるところがお気に入りです。

今年の初めあたりからすごく人気のアイテムで、今でも公式サイトでは売り切れているんだとか。
私は直営店で買いましたが、類似品もあるので要注意!

少し長くなってしまいましたが、早速マイボトルのメリット・デメりットについてご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

 マイボトルのメリット

マイボトルを持ち歩くことで飲み物代の節約に効果があるだけではありません。
いくつか、マイボトルがあることで得られるメリットについて5つご紹介しましょう。

1, 自分の好きな飲み物を持参できる

やはり自分の好きな飲み物を持参できるのは嬉しいですよね!
特にカフェインの取れない妊婦さんは自分の飲めるドリンクを入れておけば、わざわざお店を探すことなくすぐに飲めます。
また、紅茶やコーヒーなど“自分の好きな濃さが作れる”という部分もポイント^^

カフェなどで飲む紅茶やコーヒーはもちろん美味しいけれど、マイボトルに入れれば自分だけのオリジナルブレンドを外でも楽しむことができますよ。

2, 常に冷たい(あったかい)飲み物がすぐ飲める

30度を超える暑い夏、室外にいれば自然と冷たい飲み物が欲しくなりますよね。
日差しがまぶしい中、氷のたくさん入った自分好みのアイスコーヒーが飲めたら素敵じゃないですか?

もちろん、マイボトルならその願いもカンタンに叶います。
例えば朝からたっぷり氷を入れて作っても、仕事が終わり家に帰るまで氷が残っているマイボトルがほとんど!
マイボトルの中には24時間保冷効果のあるものだってあります。
しっかり冷えるのに氷が溶けないので、コーヒーが薄くならず常においしい状態で飲めるということ。
これはマイボトルならではのメリットです。

さらに「冷房が効きすぎてオフィスが寒い!」という方もマイボトルを使ってホットコーヒーなどを作れば、いつでも暖かいコーヒーを飲むことができます。
冷え症にお悩みの方にはジャスミンティーがおすすめ!
ジャスミンティーには身体の冷えを取り除く効果の他に、脂肪燃焼効果、能のリラックス効果もあります。
ストレスや気持ちが不安定な時にジャスミンの香りを嗅ぐことで落ち着きを取り戻すことができますよ。

夏バテ予防や寒い冬に体を温めることができるジンジャーシロップを使った生姜紅茶を入れても!
いつでも好きな時にエネルギー補給ができちゃいます。

3, スタバやタリーズ等のコーヒーチェーンで割引が受けられる

「マイボトルのメリットはわかってるけど、街中のカフェでお茶したい!」
そんな方にこそ、マイボトルは必須アイテムです!
マイボトル・マイタンブラーに飲み物を入れてもらうことで割引サービスを受けることができるお店が増えています。

代表的なカフェの名前と割引き価格をまとめてみました!

・上島珈琲店・・・50円引き(マイタンブラー/マイカップ持参)

・タリーズコーヒー・・・30円引き(マイカップ/マイボトル持参)

・BLENZ COFFEE・・・20円引き(マイカップ・マイタンブラー持参)
※BLENZ COFFEEのロゴ入り容器の場合は50円引き

・ニューヨーカーズカフェ・・・20円引き(店舗にて対応できるサイズのカップ/ボトルであればOK)

・スターバックス コーヒー・・・20円引き(マイカップ/マイタンブラー持参)

また、ローソンで提供されている『MACHI cafe(マチカフェ』でも、マイボトルを持参することで10円引きの割引きサービスを受けることができますよ。
各店舗にはオリジナルのタンプラーなどが販売されていますが、マイボトル・マイタンブラーであればサービスを受けられるのでオススメです。

4, 飲み物代を節約し無駄遣いを抑えることができる

コーヒーチェーンでの割引も節約につながりますが、やはりマイボトルを持つことで“飲み物を買わなくなる”(購入回数が減る)ことが大きいです。
その結果、飲み物代を節約しお金の無駄遣いを減らせることが期待できます。

5, 繰り返し使えるのでエコに繋がる

マイボトルは洗えば何度でも再利用可能!
もし朝入れた飲み物がお昼になくなってしまっても、会社で洗ってまた新しい飲み物を入れることだってできます。

 マイボトルのデメリット

自分だけのオリジナル飲料が飲めたり、長時間の保冷(保温)効果もあったりマイボトルにはメリットが多く見つかりました。
しかし、メリットがあるということはマイボトルでのデメリットもあります。

では、マイボトルのデメリットを3つご紹介しましょう。

1, 洗うのが面倒

繰り返し使える半面、やはり洗うのは面倒ですね。
しかも保冷効果の高いものだと、パッキンや部品が多数あるものも。
疲れて帰って来たあとに洗うのは、結構面倒です。

2, パッキンに匂いや汚れが残る

アルミ製のボトルには残りづらいのですが、ゴムやシリコンで出来たパッキンは匂い・汚れが残りがち。
漬け置き洗いをすれば手軽にニオイを取ることができます。

3, 持ち歩く際、荷物が増える

アクリルタイプだと計量ですが、保冷効果ばっちりのアルミタイプだと空っぽでも重量感があります。
そこに約500mlの飲み物を入れるので、トータルで650g~700g程になります。
また、ペットボトル程の太さもあるのでカバンも余裕がないといけません。
少しかさばるのが難点ですね。

このようにデメリットもありますが、やはりマイボトルにはメリットがいっぱい!
何と言っても、飲料代の節約になる部分は長い目を見ても大きいですよね。

使ったら清潔に保とう!マイボトルの洗浄方法

先ほどのデメリットの部分でも出ましたが・・・
マイボトルって正直洗いにくいですよね。
奥まで手が入ららないので、しっかり洗うこともできません。

ですが毎日使うマイボトルは、直接口をつけていることもあり常に清潔にしておきたいもの。
そこで基本的な洗い方をおさらいしたいと思います。

まず洗う前のマイボトルは、ゴムパッキンや蓋など可能な限り分解をしておきましょう。
続いて細かいパーツは食器と同じようにスポンジで洗います。
なくさないように小さなザルの中に入れてすすげば、そのまま乾かすこともできますね。

続いてボトル本体。
こちらはスポンジが届かない場合、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使って漬け置き洗いをしましょう。
30分ほど漬け込めば、ヨゴレだけでなくニオイも消臭できます。

もし長い柄のついた長いスポンジがある場合は、それで洗っても◎
菜箸の先にスポンジを括り付けて洗ってもOKです。

白っぽいヨゴレが気になる場合は、クエン酸を使って漬け置き洗いをしましょう。
白いヨゴレはカルシウムの場合がほとんどなので、3時間ほど漬けるだけで落とせるはずです。

すすぎはぬるま湯がおすすめ!
水切れもよいので、あっという間に乾かすことができます。

またパッキンなどの交換可能な部品は、基本的に年に1回は交換をしましょう!
大丈夫そうに見えても案外劣化しているもの。
いきなり中身が漏れたりする恐れもありますので、年1の交換はオススメです。

節約になるマイボトルですが、ヨゴレや雑菌がついていては体調への影響も心配されます。
毎日しっかり洗って、清潔なマイボトルを持っていきましょう!

 マイボトルの節約効果

毎日150円の飲み物を1か月31日間買うと約5,000円の費用が発生しますが、
マイボトルを利用することで費用を大幅に抑えることができます。

では一体どのくらいの差があるのでしょうか?

マイボトル用にお茶をお家で作るとします。
負担するのは

・お茶を沸かすガス代
・茶葉
・水道代

お茶を1回2L作る場合、水道代が約0.4~0.5円かかります。
そこにお湯を沸かす際のガス代として約5円、それから50袋入り300円の茶葉を使用=1袋6円がプラスされます。

2Lのお茶を作る際に掛かる費用は、トータルで11.5円。
500ml1回分(1日分)とすると11.5円で4日分作れることになりますね。
そうなると1か月に掛かるお茶代は約90円!これは激安ですね!!

ペットボトル1本以下の値段で1か月分のお茶を作ることができるので、飲み物代の節約と無駄遣い防止に繋げることができますよ。

ちなみにガス代は”
中火”がもっとも節約効果があるとされています。

 マイボトルの中身はなに?

節約女子を筆頭に増え始めているマイボトル。
マイボトルといってもスタバなどで売られているタンブラーやマグカップ、コンパクトサイズの水筒など人によってマイボトルの形はさまざま

マイボトルに入れている飲み物は季節によって違ったり、味に飽きないように工夫をしている人もいるんだとか…。
ランキング形式にてご紹介していきましょう。

1位 フレーバーティー
紅茶や緑茶をベースに香料や花弁、果皮などで香りつけしたものがフレーバーティといいます。
市販で売られているなかには、キャラメルやチョコレートの香りつけされたものもあるんだとか…。
アップルティーやピーチティーもフレーバーティの1つです。

2位 麦茶
夏の定番飲料である麦茶
氷をいれてキンキンに冷えた麦茶は、暑い夏でも体を冷やしてくれますよね。
麦茶には「夏のイメージ」をもつ方が多いですが、ホットでも美味しい飲み物。
ノンカフェインなのでたくさん飲んでも大丈夫ですよ。

3位 ジャスミン茶
中華料理屋さんなどで出されることが多いジャスミン茶。
専門ショップにいけば茶葉を購入することもできますが、スーパーなどでもティーパックになっている商品もあるようです。
ジャスミン茶にはカフェインが入っていますが、ジャスミンの花の香りで忙しい朝でも頭がシャキッと目覚めますよ。

4位 ほうじ茶
最近人気のほうじ茶。
最近ではスイーツとして売られていることも多いですよね。

ほうじ茶にはリラックス効果があります。
さらに血液サラサラ効果や血行を良くして冷えを改善させる効果などもあるため、女性にはピッタリのお茶なのです。

ほうじ茶も濃さによって風味が変わりますので、マイボトルで自分好みの味を持ち運んでみてはいかがでしょうか。

5位 ミルクティー
女性に人気のミルクティー。
スーパーやコンビニで売っているものはミルクがたっぷり入っているので高カロリーですが、自分で作ればミルクの量を調整することができます。
ミルクティーにもリラックス効果があるといわれていますが、カモミールティーなどで作ればさらにリラックス効果がアップ。
好きな紅茶作れるところも、マイボトルのメリットです。

フレーバーティーはコンビニなどで買ってしまうことが多かったですが、自分で作れば好きな味や香りを楽しむことができますね、

ちなみに、マイボトルに入れている人が多そうなコーヒーは6位でした。
マイボトルの中身はやはり、お茶系の飲料がオススメのようですね。

風邪やインフルエンザ、ノロウィルスには紅茶で予防!
ポリフェノールの効果でウィルス感染を防ぎましょう!

 スターバックスでタンブラーを購入すると一杯無料になる!

こんにちは!編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です。
私もゆかにゃん先輩を見習ってマイボトルを買いに行ってきました!
今回買いに行ったのは老若男女問わず人気のスターバックス^^

地方や店舗によってデザインが豊富なのですが、今回は横浜のスターバックスに行ってきました。

ということで、じゃじゃんっ!
↑スターバックスにて購入。
サイズは355mlの容量で、お値段は税込3,564円!(高かった…泣)

しかし、マイボトルを購入したのでスターバックスで使える無料チケットをGETしてきましたよ。

↑こちらが、無料チケットです。
さすが、スターバックス…。
無料チケットでさえも、オシャレ感が漂っていますね(笑)
このチケットは全国のスターバックス店で使うことができ、さらに有効期限がないので好きなタイミングで使うことができます。
ただし、チケットを使う際はスターバックスで購入したマイボトルもしくはマイタンブラーを一緒に出さないと使うことができないので気をつけてくださいね。
スターバックスへマイボトルorマイタンブラー(スタバの商品じゃなくてもOK!)を持参すれば20円引きの割引きサービスを受けることができます。

頻繁に利用するのであれば、カフェ代を節約するためにもマイボトルやマイタンブラーを使うことをオススメします!

スターバックスをもっとお得に使うなら“スターバックスカード”がおすすめ!ポイントを貯めて豪華な特典をGETしよう!

タリーズコーヒーでマイボトルを使って注文してみた!

マイボトルやマイタンブラーを持って行くことで割引きをしてくれるカフェがいくつかあります。

ちなみにタリーズコーヒーでは、マイボトルを持参すると30円引きしてくれますよ。
今回アイスカフェラテのトールサイズを頼んだのですが、ボトルギリギリまでコーヒーが入ってました(笑)
店員さんにも「すみません、思ったよりもギリギリになってしまったのですが…。このまま蓋をしてもよろしいでしょうか?(苦笑)」と聞かれ、もちろん「大丈夫ですよー」と返答。

むしろ、なんか得した気分が味わえました^^

カフェによって量が違うのでしょうか…。
次は上島珈琲店にも行ってみようと思います♪

アフタヌーンティー・ティールームのマイボトルがカワイイ!

↑アフタヌーンティー・ティールーム横浜ジョイナス店より
マイボトルがあれば自分の好きな飲料を中に入れることも出来ますし、カフェでは割引きも受けることができるので飲料代の節約ができますよね。

また全国展開している雑貨店「アフタヌーンティー」では上の写真の様に色々なデザインから形、特別構造されているマイボトルが販売されていました。

↑アフタヌーンティー・ティールーム横浜ジョイナス店より
さらに店内には、実写化映画が公開中の「美女と野獣」デザインのマイボトルがあり特別コーナーがありました。
可愛いですよね!

他にもイニシャルがデザインされているものや、保温・保冷に優れた二層構造になっている水筒もありましたよ!

スポンサーリンク

 まとめ

節約だけじゃなく、エコにも繋がるマイボトル。
メリットがたくさんで早速実践したくなった方もいるのではないでしょうか?
好きな時に好きなドリンクで一息つけば、仕事や育児の合間にちょっとしたリラックスができます。
特に夏は、すぐに水分が取れることで熱中症予防にもなるのでマイボトルが欠かせません!

アマゾンにはデザインも豊富なマイボトルがたくさん!
機能性重視のものからデザイン性重視のものまでいろいろ揃っていますので、自分のお気に入りを見つけてみて下さいね♪


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000