【電子マネーiD(アイディ)】を解説!使えるお店や対応カード、お得な使い方を紹介します

akiaki

街中でも見かけることが増えた「iD」。
利用できる店舗が多いことが魅力ですが、どのような決済サービスであるか知っていますか?

実は「iD」はNTTdocomo(ドコモ)がと三井住友カードが提携し運営している電子マネーサービス。
使っているスマホに専用アプリをインストールし、クレジットカード・電子マネー・プリペイドカードを登録することで管理し使うことができます。
また、電子マネーiDは事前にチャージをする必要がない後払い式(ポストペイ型)というのが最大の特徴です。
わざわざチャージする必要がないため、使った分だけiDに登録したクレジットカード利用分と一緒に後から請求されます。

非常に便利なサービスですが、実はお得な使いかたもたくさんあるようです。
ということで今回は電子マネー”iD”のお得な使い方や相性の良いクレジットカード、利用できるお店などを紹介します。

電子マネーiDとは

電子マネー“iD”(アイディ)とは普段使っているコンビニやファミリーレストラン、ショッピングモールやタクシーなどの料金をカードやスマホをかざすだけで払うことができるサービスのことです。
電子マネー(カード型)で代表的なものといえば、nanaco・楽天Edy・クイックペイ(QUIC Pay)があります。
このiDを使うためには“iD搭載クレジットカード”もしくは“おサイフケータイ”に対応しているスマホ(スマートフォン)が必要です。

iDが使えるお店はここ

【コンビニ】
ローソン/ローソンストア100/セブンイレブン/ファミリーマート/ミニストップ/セイコーマード/デイリーヤマザキ/ポプラ/スリーエフなど…

【スーパー】
イオン/メガマート/マックスバリュ/まいばすけっと/イトーヨーカドー/ビブレ/アピタ/ピアゴ/ウエルマートなど

【飲食店】
海鮮三崎港/かごの屋/牛角/かっぱ寿司/はま寿司/ガスト/ジョナサン/ステーキのどん/神戸屋レストラン/とんかつ浜勝など

他にも家電量販店やガソリンスタンド、エンターテイメントなどでも使うことができるので詳しくは公式サイトを確認してみてください。
iDが使えるお店一覧 

コンビニなどでちょっとした買い物の際にiDを使えば、「ピッ」とかざすだけでスムーズにお会計を済ますことができるので手軽に買い物ができますね。

iD対応カード

次に電子マネーiD対応クレジットカードについて紹介します。

dカード

毎月の携帯料金やドコモ光の利用料金でdポイントを貯めることができますが、貯めたポイントをiDの利用料金に充てることができる「iDキャッシュバック」を使うことができます。
ドコモユーザー限定のサービスになっているので、ドコモを使っている人はdポイントとiDでお得に買い物をしましょう!

三井住友カード

生活圏でポイントが貯まる三井住友カードはiDにも対応しており、紐付けることで簡単に決済ができます。

マクドナルド、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンで利用するとポイントが5倍になるので、頻繁に利用する人は三井住友カードを紐付けたiDでサクっとお得に決済しましょう。

年会費は1,375円発生しますが、WEB明細に切り替えると550円割引されお得に利用できます。

まとめ

iDの最大の特徴ともいえる後払い式(ポストペイ型)の決済方法。
使いすぎが心配という人もいると思いますが、その場合は“プリペイド型iD”(前払い)と”デビット型iD”(即時引き落とし)もあるから選ぶようにしましょう。

自分のライフスタイルに合わせて使うことができるので、お金の無駄遣いを防止することもできます。
おサイフケータイ・Apple Payを使って、スマホでのお買い物や食事を楽しんでくださいね。

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす