【三井住友・地球の歩き方VISAカード】年会費は実質無料!高ステータスカードの魅力的な特典とお得な使い方

moosemoose

クレジットカードの国際ブランドにはいくつか有名なものがありますが、今回紹介する「地球の歩き方VISAカード」は三井住友ファイナンシャルグループの一員である三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。
旅を愛する人のマストアイテムとしておなじみのようですが、いったいどんな特典があるのでしょうか?
早速「地球の歩き方VISAカード」について紹介していきます。

地球の歩き方VISAカードは安心と信頼のVISAブランド

カード名 地球の歩き方VISAカード
年会費 クラシックカード:1,375円
クラシックAカード:1,650円
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント Vポイント
国際ブランド VISA
電子マネー
付帯保険 クラシックカード:ショッピング
クラシックAカード:海外旅行、国内旅行、ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

クレジットカードの国際ブランドは、日本だけでなく北米、南米、ヨーロッパ、アジアなど世界中で利用できます。
しかしブランドによって各国のシェア率はことなります。
ここで有名なクレジットカードの国際ブランドの世界売上シェアを比較してみましょう。

■ VISA(世界売上シェア58%)
■ Mastercard(世界売上シェア26%)
■ 銀聯(世界売上シェア10%)
■ Amex(世界売上シェア3%)
■ JCB(世界売上シェア1%)
■ DinersClub/DICOVER(世界売上シェア1%)

この数字を見てみると世界で圧倒的なシェアを持っているのがVISAであることがわかりますね。
なんと世界のクレジットカード売上高の58%がVISAカードで決済されているのです。
クレジットカード業界のNo.1とも言えるブランドであることがわかりますね。

地球の歩き方VISAカードの年会費はクラシックカードであれば1,375円、クラシックAカードであれば1,650円が発生します。

この二つの違いは付帯される旅行傷害保険。
クラシックカードの場合、ショッピング保険しか付帯されていませんが、クラシックカードAの場合は国内海外両方の旅行傷害保険とショッピングが付帯されています。
年会費の金額の差は保険の違いと捉えましょう。

三井住友銀行・地球の歩き方VISAカードのお申し込みはこちら

地球の歩き方VISAカードの年会費を無料にする方法

初年度は無料で利用できますが、翌年度以降は毎年年会費が発生します。

ところが、「マイ・ペイすリボ」に登録後、1回以上カードを利用すると年会費が永年無料になります。

難しい条件ではないので、実質的にはクリアすることに問題はありません。

「マイ・ペイすリボ」とは、他社クレジットカードの自動リボと同じものです。
つまり店頭で1回払いを選択しても自動的にリボ払いへ変更される機能で、最低返済額は5,000円で自由に設定することが可能。
また、事前に設定した返済額よりも多く返済したり減額したりすることも可能かつ全額返済に変更することもできます。

マイ・ペイすリボは実質年利15.0%の手数料が必要ですが、初回の返済時のみ手数料がかかりません。
一回分は無料でリボ払いができるということになります。

さらにマイ・ペイすリボではリボ払いの手数料がある月には、ボーナスポイントとしてワールドプレゼントポイントが2倍になるサービスも行っています。
これはお得ですね。

海外旅行傷害保険の中身

地球の歩き方VISAカードには付帯サービスとして「海外旅行傷害保険」が付いていますが、「国内旅行傷害保険」は付帯されていません。
海外旅行傷害保険の中身を見てみましょう。

■ 障害死亡、後遺症害:最高2,000万円
■ 傷害治療費用:50万円(1事故の限度額)
■ 疾病治療費用:50万円(1疾病の限度額)
■ 賠償責任:2,000万円(1事故の限度額)
■ 携行品損害:15万円(自己負担1事故3,000円、1旅行中かつ1年間の限度額)
■ 救援者費用:100万円(1年間の限度額)

この海外旅行傷害保険を適用するには利用条件があり、旅行費用等を地球の歩き方VISAカードで事前利用することが必要。
また日本出国前に空港へ向かう電車賃やタクシー代などを地球の歩き方VISAカードで支払った場合でも適用されます。

保険の内容を見てみると海外で病気になった場合では、盲腸の手術でも100万円以上かかるケースが多いので地球の歩き方VISAカード付帯の保険(50万円)で全てをカバーするのは少し難しい感じがします。
海外旅行に行く際には他の保険などを併用することをオススメします。

お買物安心保険でショッピングの不安も解消

地球の歩き方VISAカードには「お買物安心保険」と呼ばれるショッピング保険が付帯されており、クレジット決済で購入した商品の破損や盗難に対して無料で保障されています。

■ 保証限度額:100万円(対象期間限度額)
■ 自己負担額:3,000円(1事故あたり)
■ 対象期間:購入日及び購入日の翌日から90日間

お買物安心保険を適用するには海外国内問わずに、リボルビング払いか3回以上の分割払いで購入することが必要です。
保険を適用させたい場合には、支払い方法に条件があることを覚えておきましょう。

追加できるカードは家族カードとETCカード

地球の歩き方VISAカードに入会すると、家族カードとETCカードを追加することができます。
家族カードは初年度の年会費が無料ですが、翌年から年400円の年会費が必要。
ただし、年間の家族カードの利用回数が3回以上の場合は翌年の年会費が無料になります。

高速道路で便利なETCですが、利用するために必要なETCカードも追加できます。
ETCカードも初年度無料ですが、翌年から500円の年会費が必要です。
ETCカードの年会費を無料にするには、前年度に1回以上の利用実績があること。
高速道路を利用する際には必ずETCカードを利用しましょう。

ポイントサービスのワールドプレゼントポイント

地球の歩き方VISAカードでは1,000円ごとの利用で1ポイントのワールドプレゼントポイントを得ることができます。
10,000円の利用では10ワールドプレゼントポイントですね。
このポイントは1ポイントで最大5円に換算され10ワールドプレゼントポイントでは最大50円の還元となり、還元率は0.5%となります。

ワールドプレゼントポイントで面白いのが、税込みで還元率を計算してくれること。
例えば一般的なクレジットカードであれば税抜き価格で還元されることが多いのですが、ワールドプレゼントポイントでは消費税もポイントに還元されます。
これはちょっと得した気分になる規定ですね。

貯まったワールドプレゼントポイントは200種類以上の景品に交換したり、「楽天ポイント」や「dポイント」「ANAマイレージクラブ」などへポイント移行したりすることもできます。
また「ギフトカード」や「キャッシュバック」まで選択することが可能)。
主な交換先を紹介します。(ワールドプレゼントポイント:WPポイントです。
主な交換先とレートは以下の通り。

【主なネットショップ交換レート】
■ 楽天ポイント: 1 WPポイント=5スーパーポイント
■ dポイント: 1 WPポイント=5ポイント
■ ヨドバシカメラ:1 WPポイント= 5ポイント
■ nanacoポイント:1 WPポイント=3ポイント
■ Pontaポイント:1 WPポイント=4.5ポイント

【ANAマイレージ交換レート】
■ ANAマイレージクラブ:1 WPポイント=3マイル

【主な景品交換例】
■ iRobotルンバ641:7,900WPポイント
■ VJAギフトカード5,000円(1,000円×5枚):1,100 WPポイント
■ ハーゲンダッツミニカップギフト券:200WPポイント
■ ルートインホテルズ2,000円優待券:400 WPポイント

【キャッシュバック】
■ キャッシュバック:1 WPポイント=3円

キャッシュバックでは1ワールドプレゼントポイントが3円で返金されるので、現金主義の人はキャッシュバックを選択するのも良いでしょう。
ただし、楽天ポイントやdポイントで交換すると還元率が0.5%ですが、Pontaポイントでは0.45%に低下。
さらにキャッシュバックでは0.3%に低下します。

また、VJA商品券では0.45%程度に低下しますが、ルートインホテルの優待は0.5%です。
これらの損得を理解して交換先を選ぶことも賢い利用法ですね。

地球の歩き方VISAカードのお申し込みはこちら

ポイントUPモールで最大20倍のポイントを狙おう

三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」は、獲得するワールドプレゼントポイントを飛躍的に増やしてくれる魔法のモールです。
なんと最大で20倍ものポイントをアップさせることができ、買い物はあくまでいつものネットショップで行うことができます。

つまり、ポイントUPモールを経由して有名ネットショッピングサイトへ移行するだけでポイントが最大20倍へアップする仕組みです。
ポイントUPモールに参加している主なネットショップとポイントアップ率を見てみましょう。

■ 楽天市場(+0.5%)
■ amazon(+0.5%)
■ Yahooショッピング(+0.5%)
■ DHC(+2.0%)
■ ユニクロ(+0.5%)
■ トレンドマイクロ(+9.5%)
■ サントリーウエルネス(+1.0%)

これらを見てみると普段から利用しているショッピングサイトばかりですね。

ネットショッピングを行う際には必ずポイントUPモールを経由しましょうね。

地球の歩き方VISAカードのデメリット

地球の歩き方VISAカードのデメリットといえばポイント還元率の低さがあります。
1,000円で1ワールドプレゼントポイント(最大5円相当)では、還元率は0.5%。最近の流通系のクレジットカードでは1.0%が当たり前なので少し少ない印象がありますね。
さらに、交換先によっては0.5%を下回ることがあるため楽天ポイントなどの高い交換先を優先させる必要があります。

その他のデメリットとしてはDMや勧誘が多いとの印象が見られるようです。
キャッシングの勧誘や、リボ払いの登録勧誘が主ですが、それを負担に感じてカードを解約する人もいるようです。
しかし実際には「勧誘を止めるよう」に問い合わせ窓口に通知することでこれらはなくなりますので安心してくださいね。

上を目指せるカード間違いなし

日本にはさまざまなクレジットカードがありますが、その多くが提携カードでありステータス的には意味をもちません。
その点、地球の歩き方VISAカードは三井住友ファイナンシャルグループのプロパーカードであり、ハイステータスなクレジットカードです。
さらにゴールド、プラチナとステータスを上げることで社会的信用を得ることもできるクレジットカードと言えるでしょう。

地球の歩き方VISAカードは年会費が必要ですが、条件をクリアすれば無料になります。

また、三井住友カードの全てはセキュリティが高いことが有名で、安心して利用できるのも特徴だと思います。
流通系の無料クレジットカードでは会員向けの問い合わせ窓口に電話しても、いつも話し中であったり長時間繋がらなかったりすることは珍しくありません。
しかし、三井住友カードではそのようなことはなくサポートも充実しています。

「安心と信頼」を謳う地球の歩き方VISAカードで、さらに上のクレジットライフを目指してみませんか?

地球の歩き方VISAカードのお申し込みはこちら

クレジットカードの基礎知識から活用方法はこちら

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす