【JCB CARD W plus L は女性に嬉しいお得な特典やサービスが満載!ポイントを貯めてショッピングや食事をもっと楽しもう

moosemoose

世の中にはさまざまな女性向けの商品が販売されています。

中には女性特有のサービスを付加することがありますが、今回紹介するクレジットカード「JCB CARD W plus L」もそのひとつ。
女性に嬉しい機能がたくさん付帯されています。

JCB CARD W plus Lのスペック

カード名 JCB CARD W plus L
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
電子マネー
付帯保険 海外旅行、ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

JCB CARD W plus LはJCBオリジナルシリーズの中でも年齢制限がある珍しいクレジットカードです。
入会は39と以降は何歳までも加入できるため、40歳になっても別のカードに移行する必要はありません。
また年会費も無条件で無料とオリジナルシリーズでは珍しい特徴があります。

ステータスは”JCB一般カード”と同等で、定期収入や金融事故がない限り審査は厳しくないと推測されます。
安心して申し込みできるクレジットカードですね。

追加カードは年会費無料の家族カードとETCカード

JCB CARD W plus Lは年会費無料で家族カードとETCカードを追加発行することができます。
家族カードは高校生を除く18歳以上の生計を共にする家族が対象。

家族カードのポイントは本会員に集約されるので家族でポイントを集めることができます。
また高速道路で使用するETCカードも無料なので必要な人は申し込みましょう。

無料で海外旅行傷害保険が付帯

JCB CARD W plus Lは付帯保険として海外旅行傷害保険が付帯されています。
条件として事前の利用条件がありますが、無料のクレジットカードで充実した旅行保険が付いているのは嬉しいですね。
ただし国内旅行傷害保険は付帯されていません。

■ 死亡・後遺障害:最高2,000万円
■ 障害治療費用:1回の事故で最高100万円
■ 疾病治療費用:1回の病気で最高100万円
■ 賠償責任:1回の事故で最高2,000万円
■ 携行品損害:1旅行中20万円限度(保険期間中合計100万円限度)
■ 救護者費用:最高100万円
■ 補償対象旅行期間:3ヶ月間

ショッピングガード保険は海外のみ

JCB CARD W plus Lを海外で使用した場合、最高100万円までの「ショッピングガード保険」が適用されます。

海外で購入した商品が購入後90日以内に偶発的な事故で損害を受けた場合に保険が適用されます。
免責金額は1万円までとなっており、1万円以下の商品では補償はされないので注意しましょう。

女性特有の保険が充実

JCB CARD W plus Lの会員は通常の病気以外に、女性特有の病気に対して手厚い補償を行う「女性疾病保険」に加入することができます。
ただしこの保険は他のJCBカードで支払いを行うことができません。

【補償内容】
■ 疾病入院保険金:3,000円(日額)
■ 女性特定疾病入院保険金:3,000円(日額)
■ 疾病手術保険金(入院):30,000円
■ 疾病手術保険金(通院):15,000円
■ 女性特定疾病手術保険金(入院):30,000円
■ 女性特定疾病手術保険金(通院):15,000円

女性特定疾病の場合は、一般的な入院保険金に合わせえて女性特定疾病入院保険金が合わせて支給されます。
解りやすく2つの例で見てみましょう。

【盲腸で10日間手術入院したケース】
■ 疾病入院保険:3,000円×10日間=30,000円
■ 疾病手術保険金:30,000円
■ 合計60,000円の支給

【子宮筋腫で10日間手術入院したケース】
■ 疾病入院保険:3,000円×10日間=30,000円
■ 疾病手術保険金:30,000円
■ 女性特定疾病入院保険金:3,000円×10日間=30,000円
■ 女性特定疾病手術保険金:30,000円
■ 合計:120,000円の支給

盲腸は女性特有の病気ではないので、女性特定疾病に該当しません。
しかし子宮筋腫は女性特有の病気なので保険金が2倍になります。
女性は退院してからも体調面で不安が残りますので、保険金をしっかりもらうのも大切ですね。

JCB CARD W plus Lのサービスで提供される女性疾病保険の保険金は、なんと月額290円からと安価で加入できるので、万が一に備えて入っておくと安心ですよ。

【保険料】
■ 18歳~24歳:月額290円
■ 25歳~29歳:月額540円
■ 30歳~34歳:月額670円
■ 35歳~39歳:月額710円
■ 加入は69歳まで可能

選べる保険「お守りリンダ」

JCB CARD W plus L保険「お守りリンダ」はJCB CARD W plus LとJCB LINDA会員用の保険で、加入したい補償に安い掛け金で入れます。

「お守りリンダ」にはプランAからプランDまで4種類の保険があり、月々の掛け金が30円からと格安に設定されています。

【プランA.女性特定がん】
■ 補償内容:女性特定がん限定手術保険金
■ 補償内容:50万円
■ 保険金:月額20~24歳30円、25~29歳60円、30~34歳110円、35~39歳190円

【プランB.天災限定障害】
■ 補償内容:天災による怪我が原因で入院、手術
■ 入院保険金:5,000円(日額)
■ 手術給付金:5・10・20万円(手術による)
■ 保険金:月額60円

【プランC.犯罪被害補償】
■ 犯罪に巻き込まれた場合に支払われる補償
■ ひったくり損害補償:最大50万円
■ 空き巣による鍵取り換え補償:最大3万円
■ ストーカー行為対策補償:最大50万円
■ 保険金:月額100円

【プランD.障害入院補償】
■ 偶発的な事故による怪我で入院した場合に補償される
■ 入院保険:5,000円(日額)
■ 保険金:月額390円

Aの「女性特定がん」は「乳がん」「子宮がん」「卵巣がん」など女性特有のがんと診断されて、手術を行った場合に一時金として支払われる保険です。
50万円の保険金で月額30円からは激安の保険と言えるでしょう。

また女性特有のがん以外の保険は年齢に関係なく一律の掛け金であり、充実した内容だと思います。
特にプランCの「犯罪被害補償」はひったくりなどの被害補償だけでなく、ストーカー行為を受けた場合に防犯装置を導入する費用として利用できますので女性には嬉しい保険ではないでしょうか?
月額100円で加入できるのですから、加入しない理由がありませんよね。

今まで保険に加入していなかった女性も、JCB CARD W plus Lをきっかけに自分に必要な補償を考えてみては如何でしょうか?

日々の利用でOki Dokiポイントが2倍以上

JCBのポイントプログラムは「Oki Dokiポイントプログラム」ですが、通常のオリジナルシリーズ一般カードは1,000円の利用に対して1ポイントをもらうことができます。(ポイント還元率は0.1%)

しかし、JCB CARD W plus Lはポイント還元率が一般カードの2倍である1%。

Oki Dokiポイントの1ポイントは最大で5円に換算できるので…
つまり「JCB CARD W plus」なら1,000円の利用で「基本ポイント1ポイント」と「JCB CARD W plus Lボーナスポイント1ポイント」の合計2ポイントを得ることができ、1,000円で10円の還元となり還元率は1.0%。
JCBオリジナルシリーズの一般カードよりも2倍のポイントが日常的に受け取れるのですから、39歳以下の人は一般カードではなくJCB CARD W plus Lを選択するのが賢い使い方ですね。

優待店ボーナスは要チェック!

JCBオリジナルシリーズには優待店の利用で、ボーナスポイントを受け取れるサービスを行っています。
優待店の中で特に普段利用することの多い「セブン-イレブン」「アマゾン」を例にとって計算してみましょう。

【セブン-イレブンで1,000円利用したケース】
■ 基本ポイント:1ポイント
■ JCB CARD W plus Lボーナス:1ポイント
■ 優待店ボーナス:2ポイント
■ 合計4ポイント(実質還元20円として還元率2%)

【アマゾンで1,000円利用したケース】
■ 基本ポイント:1ポイント
■ JCB CARD W plus Lボーナス:1ポイント
■ 優待店ボーナス:2ポイント
■ 合計4ポイント(実質還元20円として還元率2%)

このようにオリジナルシリーズ優待店を利用すると優待店ボーナスをもらうことができることから、一気にポイント還元率が2.0%の高還元率カードに変身します。
同じ買い物をするならオリジナルシリーズ優待店を選択することは、ポイントを集めるうえで重要なポイントですね。

詳しい優待店の情報はJCBのホームページで確認してみて下さい。

スタバでもボーナスポイントをゲット

スタバには「スターバックスカード」と呼ばれる専用の電子マネーがあり、クレジットカードと連携させることでオートチャージやオンライン入金が可能です。

JCB CARD W plus Lとスターバックスカードを連携させると、なんと10倍(基本ポイント1倍含む)のボーナスポイントをもらえます。
条件は1回あたり1,000円以上のチャージで、あらかじめボーナスキャンペーンの登録が必要です。

【スターバックスカードに1,000円チャージしたケース】
■ 基本ポイント:1ポイント
■ JCB CARD W plus Lボーナス:1ポイント
■ 優待店ボーナス:9ポイント(基本ポイントが含まれるので実質は9倍)
■ 合計11ポイント(実質還元55円として還元率5.5%)

事前にチャージをして、お得にコーヒーを飲みましょう。

Oki Dokiポイントの利用法

JCBのOki Dokiポイントはさまざまな商品に交換したり、ポイント移行したりすることができます。
例えばJCBが発行している電子マネー「JCBプレモカード」には1ポイント5円にチャージでき、アマゾンなどで使用できます。

■ JCBギフトカードに交換1,050ポイント:5,000円分
■ Amazon.co.jpで利用1ポイント:3.5円分
■ ディズニーパークチケット2枚:3,000ポイント
■ その他

nanacoも要チェック

Oki Dokiポイントはポイントを他のポイントサービスに移行したり航空会社のマイルに交換したりすることが可能ですが、中には思いがけずに高率で移行できるポイントもあります。

nanacoはセブン・アイ・ホールディングが発行する電子マネーですが、通常の交換率はOki Dokiポイント1ポイントでnanacoポイント5ポイント。
nanacoポイント1ポイントは1円なので5円分として利用できます。
(ポイント以降は200p以上から1p単位)

このnanacoへの移行が1ポイント6円になるキャンペーンが定期的に開かれています。
Oki Dokiポイントを移行する際には、nanacoのキャンペーンが開催されていないかをチェックするようにしましょう。

女性のキレイを応援するLINDAリーグ

LINDAリーグは女性にキレイを応援するサービスで、コスメサロンやネイルサロンなどでさまざまな優待を得ることができます。
またファッション、グルメ、エンタメなどのサービスもあり、毎月の優待プレゼント企画などを配信するLINDAリーグメールマガジンも配信されています。

特に毎月行われるプレゼントキャンペーンには高額コスメやディナー券などが当たり、申込できるのはJCB LINDA会員とJCB CARD W plus L会員のみ。
抽選確率は低くないのでぜひ毎月チャレンジしましょうね。

まとめ

JCB CARD W plus LはJCB CARD Wに女性特有の機能を追加したクレジットカード。
しかし中身を見てみると単に追加しただけではなく、女性に必要なさまざまな嬉しい機能が付加されていることがわかります。

あったら安心な保険も付帯できるので、お守りとして持ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす