【最大7円/L引き】ENEOS(エネオス)のガソリン代が安くなるお得なクレジットカード

ゆかにゃんゆかにゃん

マイカーを使っている以上、ガソリン代は毎月必ず発生しますが、最近では昔に比べ価格も上がりました。
家庭への負担も大きいガソリン代ですが、1円でもお得に給油できたらありがたいですよね。

そこで今回は、ガソリンスタンド「ENEOS」でガソリン代を安くする方法を紹介します。

ENEOSカードでお得に給油する

ENEOSカードには「C」、「P」、「S」の3種類があります。

ENEOSカード C

カード名 ENEOSカード C
年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率
貯まるポイント
国際ブランド VISA、JCB
電子マネー
付帯保険
追加カード ETCカード、家族カード

年会費が1,375円(初年度無料)発生するENEOSカード Cは、1か月間のカードの利用金額によって、ガソリン・軽油の請求時の値引きの金額が決まるカードです。 

7円/L値引きを受けるためには、毎月7万円以上カードを使う必要があります。
公共料金や携帯代、家賃など支払いをまとめることでクリアできそうですね。

ちなみにこちらのカードでは、ENEOSカードSやENEOSカードPのようにポイントを貯めることはできません。
ガソリンは安く入れることができますが、給油以外の利用はあまりおすすめできませんね。

ちなみに灯油はいつでも1円/ℓ引きです。

ENEOSカード P

カード名 ENEOSカード p
年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率 0.60%~3.00%
貯まるポイント ENEOSカードポイント
国際ブランド VISA、JCB
電子マネー
付帯保険
追加カード ETCカード、家族カード

年会費が1,375円(初年度無料)かかるENEOSカード Pは、ENEOSでカードを利用すると1,000円ごとに30ポイントが、一般加盟店なら1,000円ごとに6ポイントが付与されます。

貯まったポイントは1,000ポイント単位で、キャッシュバックやマイル、Tポイントへの交換や、ギフトカード、エネゴリくんグッズやレジャー商品などに交換することが出来ます。

ガソリンを直接値引きすることはできませんが、ガソリン代に対してポイント還元がされるのでお得になります。

ただし月に4,000円分以上給油しないと年会費の元を取ることはできません。

ENEOSカード S

カード名 ENEOSカード S
年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率 0.60%~2.00%
貯まるポイント ENEOSカードポイント
国際ブランド VISA、JCB
電子マネー
付帯保険
追加カード ETCカード、家族カード

年会費が1,375円(初年度無料)発生するENEOSカード Sでは、ガソリン・軽油がいつでも2円/ℓ引き、灯油はいつでも1円/ℓ引きとなります。
初年度が無料ですが、年1回の利用があれば次年度も年会費が無料になるので、実質無料で持てるお得なカードです。

ポイントはENEOSでの利用で2%還元、カーメンテ商品やショッピングなどの利用でもポイントが貯まります。(ENEOS以外は1%)
貯まったポイントは1,000ポイント=1,000円でガソリンの支払いや各種商品に交換できます。

3つのタイプから選べるENEOSカード公式サイトはこちら

その他の特典としては、追加カードやレンタカー優遇、メンテナンス料金割引などがあります。

家族の利用分もまとめて引き落とされ、利用分のポイントも合算される「家族カード」、高速道路の利用料金をスムーズに支払うことができる「ETC専用カード」といった追加カードは、カードC / S / Pで追加可能です。

またレンタカー優遇では、オリックスレンタカーネットワーク利用時に10%の割引が受けられます。

さらにメンテナンス料金割引は、「カーコンビニ倶楽部」でキズ・ヘコミの修理をすると、5%の割引を受けられます。

ENEOSでんきの支払いをENEOSカードにすることさらに特典が!

JXエネルギーが展開予定の「ENEOSでんき」ですが、この電気料金をENEOSカードで支払いをすることで、さらにガソリン・灯油・軽油代がキャッシュバックされます。
値引き単価は、ガソリン・灯油・軽油全て1円/ℓとなります。

なのでカード C / S ならさらに割引され、カードPならキャッシュバックサービスが追加されることになります。
「ENEOSでんき」に加えてこのサービスを利用するとかなりお得に各種エネルギー費用を節約することができますね。

ガソリンが安くなりTポイントも貯まる!ENEOSでんき公式サイトはこちら

EneKeyを使って割引を受ける

ENEOSでは「EneKey(エネキー/旧スピードパス)」と呼ばれる電子キーがありますが、それを使い決済をすると毎回割引が受けられます。

値引き額は店舗によって異なりますが、私のよく行く店舗では1Lあたり2円引きです。

またEneKeyを利用すると決済額に応じたTポイントも付与されます。

持っているクレジットカードを紐づけることができますが、ENEOSカードや楽天カードなどENEOSの提携カードを選ぶことでポイント付与率があがり、よりお得に給油ができます。

「なくしてしまったらどうしよう」なんて不安な人もいるかもしれませんが、EneKeyには万が一の時の紛失・盗難補償もついているので安心!
紛失したり盗まれてしまった場合は、連絡した日の60日前から3日後までの不正利用であれば60万円を限度に補償してくれます。

入会金や年会費も無料、決済もかざすだけとカンタンでスピーディーに給油ができるので便利ですよ。

なお新規申し込みは店頭のみとなっているので、近くのEneKeyを取り扱っているセルフサービスステーションで確認してみてくださいね。

楽天カードでもお得になる

楽天カードは100円につき1ポイントの楽天ポイントがたまりますが、ENEOSで使った場合、さらに200円につき1ポイントが付与されます。

1ポイント=1円 、ガソリン価格 140円/L で計算した場合・・・

例えば毎月50L給油すると月に105ポイント年間で1,260ポイントもらうことができます。

楽天ポイントは1ポイント=1円なので、年に1,260円もお得に給油できることになりますね。

楽天カードは年会費が無料で作れ、街中にあるお店でもポイントを貯めたり使ったりできます。
楽天サービスを使えば使うほどポイント還元率もアップするのでおすすめです!

楽天カードをチェックする

dカードでもお得に給油できる

ENEOSはdカードの特約店なので、dカードやdカードゴールドで決済するとポイントが1.5%還元になります。

通常100円につき1ポイントが付与されますが、ENEOSではさらに200円ごとに1ポイントが付与されます。
楽天カードと同じ還元率になる、ということですね。

なのでこちらも同じ条件で計算し毎月50L給油すれば月105ポイント年間1,260ポイントが付与されます。

dカードをチェックする

ENEOSカードを振り返る動画

■動画概要
コロナ禍でカーライフが最注目されていますが、負担となるのがガソリン代です。
そこで、シェア率No,1のENEOSで少しでも安く給油できるクレジットカードを紹介します。
  • クレジット決済でどのくらい安く給油できるの?
  • どのクレジットカードを持つべき?

など、実際に動画で紹介しています。


『節約大全公式Youtubeチャンネル』にてその他、お役立ち動画配信中!
『節約大全公式Youtubeチャンネル』はこちら

まとめ

このENEOSカードを利用することで、「ENEOSでんき」で電気料金の節約もしつつ、「ENEOSカード」の特典によってガソリンや灯油といった必要不可欠な燃料代も節約できます。
年会費も簡単に無料にすることができるので、1枚持っておくと便利ですよ!

3つのタイプから選べるENEOSカード公式サイトはこちら

節約大全には電力自由化だけでなくガスや水道などの節約術も紹介しています。
固定費を見直すことはどうしても面倒ですが、一度下げてしまえばその先も安い金額のままキープすることができますね。

今すぐできる簡単なものからガッツリ削る難易度高めの節約術まで紹介していますので、ぜひ自分にあったものからチャレンジしてみてくださいね!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす