イオンカードセレクトのメリットを徹底解説!年会費無料でポイントが二重取りできるお得な内容とは

ゆかにゃんゆかにゃん

年会費無料で作ることができるイオンカードは、決済時に買い物額に応じた「ときめきポイント」を貯めることができます。

他にも毎月20日・30日に開催される「お客様感謝デー」なら買い物代金が5%オフになったり、毎月10日の「ありが10デー」にはポイントが5倍になったりとお得で魅力的な特典がたくさんあるので、近くにイオンがあれば1枚は持っておきたいカードです。

イオンカードには通常の「イオンカード」の他に、お得にポイントがたまる「イオンカードセレクト」もあります。
こちらは引き落とし口座が「イオン銀行」に限定されてしまいますが、何とイオングループの対象店舗ならいつでもポイントが2倍!
さらにオートチャージや公共料金支払い設定などをすることで、毎月必ずWAONポイントをもらうことができお得です。

イオンカードとイオンカードセレクトの違い

イオンカード


カード名 イオンカード
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%~1.33%
貯まるポイント ときめきポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー WAON
付帯保険 ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

イオンカードは年会費・入会金は無料、家族カードは無料で3枚まで作ることができます。
家族カードの場合、新規入会キャンペーンは適用されませんが、本会員+家族会員の利用額がまとめて引き落とされるので家計管理が1つで済むのは助かりますね。

イオンカードは毎月20日・30日に開催される「お客様感謝デー」で提示すると、お買い物代金が5%オフになります。
これはクレジットカード払いはもちろん、現金払いも対象です。

さらに200円ごとの決済で1ポイント付与されるときめきポイントは、イオングループ対象店舗ならいつでも2倍になります。
貯めたポイントは素敵な商品と交換したり、オンラインショップの支払い時に利用することもできるのでお得に買い物ができますね。

カードデザインが豊富なのもイオンカードの特徴です。

人気のキャラクターデザインも選ぶことができます。
ただしデザインによってブランドが決まってしまうので注意しましょう。


■ 通常デザイン ⇒ JCB/Master Card/VISAから選択可
■ ミッキーマウスデザイン/トイストーリーデザイン/TCGデザイン ⇒ JCB
■ ミニオンデザイン ⇒ Master Card
■ 欅坂46デザイン ⇒ VISA

「イオンカード」公式サイトはこちら

イオンカードセレクト


カード名 イオンカード
年会費 無料
ポイント還元率 0.5~1.33%
貯まるポイント ときめきポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー WAON
付帯保険 ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカード機能とクレジットカード機能がひとつになったカードです。
年会費・入会金はもちろん無料、イオンカードと同じく家族カードを3枚まで無料で作ることができます。

毎月20日・30日に開催される「お客様感謝デー」で受けられる5%オフや、200円につき1ポイント貯まるときめきポイントはイオンカードと同じですが、イオンカードセレクトならではのお得な特典も用意されています。

■ オートチャージ機能でお得
イオンカードとイオンカードセレクトには、電子マネーWAONが付帯されています。
残高が設定金額を下回ると自動的にチャージされる便利な機能ですが、イオンカードセレクトでオートチャージ設定をしておくと200円につき1WAONポイントを貯めることが可能。

オートチャージには1日1回の回数制限がありますが、残高不足を防ぐだけでなくチャージ金額に応じたポイントももらえるのはお得ですね。

■ 公共料金支払いに設定するとポイント付与
水道光熱費や携帯電話など、公共料金の支払いをイオンカードセレクトに設定しておくことで毎月5WAONポイントをもらうことができます。

■ 給与口座に指定することでポイント付与
給与口座にイオン銀行を設定することで、毎月10WAONポイントをもらうことができます。

イオン銀行口座を開設する必要がありますが、持っていない場合イオンカードセレクト申込時にまとめて口座開設を行うことができ手間がかかりません。

こちらもイオンカード同様、ミッキーやミニオン、トイストーリーデザインのカードが用意されています。
ミニオンは通常カードとセレクトそれぞれデザインが異なるので、好きな方は両方持ってみるのも良いですね。
ただしこちらもデザインによってブランドが決まってしまうので注意が必要です。

普段の買い物にイオンを利用している、いう人や、イオンカードをメインカードとして使いたい人は「イオンカードセレクト」のほうがおすすめです。

「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
イオンクレジットカード

イオンカードで貯まるポイントは?

イオンカードを使うと、税込200円の利用につき1ポイントの「ときめきポイント」を貯めることができます。
ときめきポイントはイオン(またはイオングループなど)での買い物だけでなく、イオンカードを使うことでも貯めることができるので家賃や公共料金などの支払いをイオンカードするだけで自動的にポイントを貯めることもできます。

ただしデメリットとなるのがイオンカードの還元率の低さ。

例えば同じく年会費無料の楽天カードの場合、ポイント還元率は通常1%で、100円につき1ポイントの楽天ポイントを貯めることができます。
イオンカードは200円につき1ポイントのときめきポイントがたまるので、還元率は0.5%。
年会費無料でも還元率の良いお得なカードがあるので、イオンカードの還元率の低さはどうしても目立ってしまいますね。

ときめきポイントの代表的な交換先は以下の通り。

  1. 電子マネーWAONに交換
  2. イオンでのお買い物で使える
  3. イオン商品券
  4. USJパス(2名分)

主にイオングループでの利用がほとんど。
普段からイオンを使っている人にとってはメリットとなりますが、そうでない人はあまりお得に感じないかもしれません。

ときめきポイントTOWN経由でポイント二重取り

ときめきポイントTOWNはイオンマークのついたカードを持っている方が利用できるポイントサイト。
ときめきポイントを最大21倍貯めることができます。

通常イオンカードを使って買い物をしても、ときめきポイントは200円につき1ポイント(還元率0.5%)しかもらうことができません。
しかし、きめきポイントTOWNを経由すればポイントの二重取りができるのです。

例えばイオンカードを使いAmazonで買い物をしてもポイント還元率は0.5%のままですが、ときめきポイントTOWNを経由することで+1%が加算されポイント還元率は合計1.5%!

また、主婦の方ならお馴染みのLOHACO(ロハコ)なら+1.5%となり、クレカ決済分と合わせると2%になります。
このように直接ネットショッピングをするよりも、ときめきポイントTOWNを経由することで効率的にポイントを貯めることができるのです。

ただしこのときめきポイントTOWNを利用するためには“イオンスクエアメンバー”の登録が事前に必要となります。
イオンカードを申し込み手元に届いた時点でイオンスクエアメンバーの登録を行っておくようにしましょう。

イオンスクエアメンバーになると以下のサービスも利用可能となります。

イオンスクエアメンバーのサービス内容

【ときめきポイントTOWNの利用】
ときめきポイントTOWNを経由し、提携ショップで買い物をすることでポイント還元率を上げポイントを効率よく貯めることができます。

【暮らしのマネーサイトの利用】
Web明細の確認、ときめきポイント/WAONポイントの確認と交換、イオン銀行の普通預金、定期預金の口座残高照会などが利用できます。

【イオンレジの利用】
インターネット上の決済システム「イオン総合決済サービス」を利用することができます。

ちなみにイオンスクエアメンバーへの登録はイオンカード以外のクレジットカードでも可能です。
ですが他社クレカでの登録の場合、もしくは海外に住んでいる場合は一部サービス内容が異なるので注意しましょう。

イオン銀行との合わせ技で貯まるポイント

イオンカードセレクトにはイオン銀行のキャッシュカード機能も付いています。
過去半年間のイオン銀行からイオンカードの引き落とし+WAON利用金額でステージが決められ、銀行取引でもWAONポイントがもらえるようになります。

ただしWAONをオートチャージに設定すると、WAON利用金額に加算されないので、ステージポイントを貯めたい場合は手動チャージにするべき!

上記内容で注意すべき点は、公共料金振替です。
イオン銀行振替にしてしまうと5WAON/件ですが、イオンカードセレクトの引き落とし設定は通常通り、200円で1ポイントですので、例えばガス代が4,000円だった場合、イオン銀行振替は5円分しか還元がありませんが、クレジットカード払いなら20円分の還元が受けれるので、安易に銀行引き落としにするのは得策とは言えません。
なので公共料金はイオンカードセレクトに集中させて、ステージアップを狙うのが賢い使い方です。

さらにイオンカードセレクト口座のイオン銀行は普通預金金利が0.1%上乗せされ、普通預金なのに定期預金並みの金利が受け取れます。

毎月5日・15日・25日はオートチャージ

イオンカードセレクトで毎月5の付く日にオートチャージをかけると上記の銀行口座のステージにより、通常の1.5倍~3倍のWAONポイントが還元されます。

ということはステージ3で5日に10,000円オートチャージで150WAONポイント、さらに5の付く日に10,000円分の買い物で100ポイント=合計250ポイントもらえます。
2.5%も還元される計算になりますね。

もしくは、毎月20日・30日はお客様感謝デーで5%OFFなので、チャージは5の付く日、買い物は20日・30日とすれば、還元率は最大化され、7.0%もの還元率となります。
組み合わせ次第で還元率が一気に上がりますよ!

イオンシネマで使うと1,000円で映画が楽しめる!

イオンカードを使い、イオンシネマチケットを購入すると優待価格にて映画を観ることができます。

【特典内容】

毎月20日30日のお客様感謝デーにイオンマークのクレジットカードを提示 ⇒ 1,100円

イオンマークのクレジットカードで決済 ⇒ 通常料金より300円OFF(本人+同伴者1名まで)

用Webサイトで、対象のカードを使いチケットを購入 ⇒ 1,100円

対象カードを使えば映画がいつでも1,000円で観れます。
ミニオンデザインかTGCデザインのみとなりますが、これらのカードを持っておけばかなりお得に映画が楽しめますね!

新幹線を使うならプラスEXサービスが便利

イオンカードにはオプションで「プラスEXサービス」をつけることができます。

この「プラスEXサービス」、わざわざ新幹線の乗車券を買わなくてもタッチするだけで乗車ができます。

もちろんグリーン車の利用も可能。
年会費が550円発生しますが、切符を買う手間をくことができるのでスムーズに乗車ができます。

新幹線を利用する機会が多い人は必ず付帯させておきましょう。

イオンカードは種類も豊富

イオンカードには他社との提携カードを含めさまざまなクレジットカードを展開しています。

イオンカード以外のカードでも毎月20日30日のお客様感謝デーは5%OFFで買い物ができ、加盟店であれば“ときめきポイント”が2倍になります。

トイザらス・ベビーザらス・カード

イオンカードと基本スペックに違いはありません。

異なる部分はカードデザインがトイザらス限定デザインになるという部分。
また毎月の請求書と一緒にトイザらス/ベビーザらスの折り込みチラシが入っています。

ベネッセ・イオンカード

ベネッセ・イオンカードも基本スペックはイオンカードと変わりありません。
ベネッセの商品を購入したり提携サービスを利用することで、ベネッセ内で使えるベネッセポイントを貯めることができます。

イオンJMBカード

普段のお買い物でJALマイルを貯めることができるイオンカードです。
このイオンJMBカードならポイントの代わりにマイルを貯めることができるので、特に旅行好きの人にはオススメです。

ゴールドカードを無料で持つことが可能

イオンではゴールドカードも年会費無料で持つことができます。
もちろんゴールドカードならではの特典も受けることができますよ!

【イオンゴールドカードの特典】/strong>
・イオンラウンジが無料で使える
・羽田空港のラウンジも無料で使える
・ショッピング保険は年間300万円まで補償
・海外旅行傷害保険が自動で付帯される 中でもイオンラウンジは休憩場所として利用するのにぴったり。 無料で飲み物やお菓子を頂くことができるだけでなく、新聞や雑誌を読んだりパソコンを使ったりできます。 ちなみに、イオンゴールドカードにするためのインビテーション(招待状)を受けるには以下の条件をクリアする必要があります。 【インビテーション条】
・1年間に100万円以上の利用
・累計で500万円以上の利用
・イオングループで年間60万円以上の利用
・1年間で120回以上利用、合計80万円以上の利用

イオンカードを頻繁に利用することで、インビテーションを受けることができます。
一度ゴールドカードを持つと永久的に持つことができ、ランクが下がることはありません。

ミッキーマウスデザインカードを持っている方はゴールドカードに切り替わってもミッキーマウスデザインのまま持つことができます。
特別感満載なデザインになっているので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

7月8日追記:WAONポイントに統一&1P~交換可能になる!

■ イオンカードでたまるポイントは「ときめきポイント」
■ WAONで貯まるポイントは「WAON POINT」

と、イオンには2つのポイントがありました。

ポイント移行もできましたが、ときめきポイントをWAONに変える場合、1000P以上からしかできません。

しかし、9月11日よりイオンカードで貯まるポイントがWAON POINTに変更となり、さらに10月25日より1ポイントから交換できるようになります。

ポイントの統一と交換のしやすさはうれしいですね!

私もイオンカードを使っていますが、1000P毎の交換しかできなかったので端数がたまっていく一方でした…。
しかし、1P~交換できるようになれば全てのポイントが無駄になりません。

またときめきポイントとWAON POINTの貯め方や使いかたもややこしかったので、これですっきりします!

2021年9月11日~となりますので覚えておきましょう!

まとめ

還元率はあまり高くないですが、イオンを利用する人であれば確実にお得になるイオンカード。
年会費無料で気軽に申し込めるので、イオンで買い物をする機会が多い人は持っておくようにしましょう。

「イオンカード」公式サイトはこちら

「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
イオンクレジットカード

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす