【シェル-Pontaクレジットカードは年会費が実質無料】Pontaポイントがガッツリ貯まる最強カードの使い方

moosemoose

ネットショップだけでなく街中のお店でもさまざまなポイントを貯めることができます。
中でも楽天ポイントやTポイントなどの「共通ポイント」は貯めやすく使い勝手も良いですよね。

今回は共通ポイントのひとつでもある”Pontaポイント”を効率よく貯めたい人にぴったりな「シェル-Pontaクレジットカード」について紹介します。

昭和シェル石油のシェル-Pontaクレジットカード

カード名 シェル-Pontaクレジットカード
年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率 1.00%~4.00%
貯まるポイント Pontaポイント
国際ブランド JCB
電子マネー
付帯保険 海外旅行、ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

シェル- Pontaクレジットカードは日本全国でガソリンスタンドを展開している「昭和シェル石油株式会社」が、クレジットカード会社の「三菱UFJニコス株式会社」と共同で発行しているクレジットカードです。

シェル- Pontaクレジットカードは昭和シェルのガソリンスタンで利用することで会員価格で給油できますが、実は共通ポイントであるPontaポイントをお得に貯めることができます。

「シェル-Pontaクレジットカード」申込はこちら

家族カードとETCカードも年会費無料

シェル- Pontaクレジットカードでは付帯カードとして、「家族カード」と「ETC PLUS」を発行しています。
家族カードは家族会員として3枚まで発行でき年会費は無料です。

家族カードの利用限度額は本会員の利用合計限度額までになるので本会員の利用限度額が50万円ですが、もし30万円利用しているケースでは20万円までしか家族会員は利用できません。
また家族カードで貯めたPontaポイントは全て本会員に統合されることも覚えておきましょう。

さらに、高速道路で利用するETCカードも本会員だけでなく家族会員ごとに発行できます。
もちろん年会費は無料で、その他の条件は家族カードと同様です。

年会費は実質無料!

ポイントを効率よく貯めることができますが、シェル- Pontaクレジットカードは年会費が発生します。
しかし、ある条件をクリアすれば年会費を実質無料にすることができます。

【年会費無料の条件】
■ 入会初年度は年会費無料サービス
■ Pontaポイント加盟の昭和シェルSSで年1回の利用で翌年の年会費が無料サービス

シェル- Pontaクレジットカードの年会費は1,250円ですが、入会初年度は無料です。
そして入会後、1年以内に昭和シェルSSでの給油で利用すると翌年も年会費を無料にすることができます。
これはその翌年も続きますから、年に1回昭和シェルSSでカードを利用して給油すれば、年会費を永年無料にすることが可能です。

付帯サービス一覧

シェル- Pontaクレジットカードには4つの付帯サービスがあります。

【海外旅行傷害保険サービス】
シェル- Pontaクレジットカードを利用した海外旅行で最大2,000万円の傷害保険が付帯されます。
(病気、けが、携帯品破損など)

【ショッピングパートナー保険サービス】
日本国内でシェル- Pontaクレジットカードを利用して購入した商品が破損、盗難などの損害が出た場合に年間最大100万円を補償します。
ただし、支払い方法が分割、リボルビング(楽Pay含む)の場合のみ。
海外での利用分は支払い方法によらず補償されます。

【NICOSネットセーフティサービス】
インターネットショッピングでの不正利用における損害を補償するサービス。
(インターネットショッピング/モバイルショッピング/電話やプロバイダの通信料金等)

【海外アシスタンスサービス(ハローデスク)】
海外旅行の予約や案内などの相談を行うサービス。
また現地にはハローデスクが世界数ヶ所にあり、現地スタッフが様々なサービスを提供しています。

前述した通りシェル- Pontaクレジットカードは「三菱UFJニコス株式会社」が、昭和シェル石油ブランドで提供するクレジットカードなので、付帯サービスについては三菱UFJニコス株式会社のホームページに記載されています。
詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね。

「シェル-Pontaクレジットカード」公式サイトはこちら

昭和シェルでの給油で高額ポイントがもらえる

昭和シェルが全国で展開するガソリンスタンド(昭和シェルSS)において、給油をシェル- Pontaクレジットカードで決済すると、給油1リットルあたりPontaポイントが2ポイントもらえます。(1ポイントは1円相当)

つまり50リットルの給油を行うことで、100ポイントを受け取る計算になります。
内訳は「通常ポイント」として1リットルあたり1ポイント、「クレジットポイント」として1リットルあたり1ポイントの合計2ポイントが加算される計算です。

シェル- Pontaクレジットカードのポイント率はガソリン1リットルごとに加算されるので、ガソリンの値段によって還元率に違いがでます。
例えばガソリンが120円/1リットルであればポイント還元率は1.67%ですが、150円/1リットルなら1.33%になります。
そのため、なるべく安い昭和SSで給油した方がポイント還元率も高くなるので抑えておきましょう。

また、ポイント還元はガソリン(ハイオク)でも軽油でも大丈夫です。
灯油は通常ポイントの1ポイントは加算されますが、クレジットポイント加算されませんので、1リットルあたり1ポイントのみの還元になることを覚えておいてください。

このように考えてみると軽油が一番有利であり、105円/1リットルであれば、1.90%の還元率で2%近いポイントを受け取れることになります。
ガソリン車はもちろん、グリーンディーゼル車所有者には驚愕のポイントサービスかもしれません。

加算されるタイミングに違いがある

昭和シェルSSでシェル- Pontaクレジットカードを利用すると決済はクレジット扱いにあります。
その場合、加算されるポイントにズレが出るので注意が必要です。

■ 通常ポイント:昭和シェルSSでの決済とほぼ同時に加算
■ クレジットポイント:1ヶ月分の利用合計金額を集計、毎月一定日に加算

シェル- Pontaクレジットカードでは給油1リットルでPontaポイントが2ポイント還元されますが、実際に加算されるタイミングには1ポイントごとにズレがあることを覚えておきましょう。

最大4%ポイントがもらえるポイント2重取りテクニック

全国展開しているPontaポイントは、Tポイントに次ぐ加盟店を保有しています。
つまり、シェル- PontaクレジットカードでPontaポイントを貯めるには昭和シェルSS以外のPontaポイント加盟店でも簡単にもらうことができます。

そこで注目したいのがポイント2重取りです。

【Pontaポイント2重取り】
■ 一般加盟店(ローソン、ケンタッキーなど):通常ポイント(1p/100円)+(クレカ1p/100円)の合計2Pが還元
■ Web加盟店(ポンパレモール、じゃらんネットなど):通常ポイント(3p/100円)+(クレカ1p/100円)の4Pが還元

つまり、昭和シェルSS以外での利用では通常ポイント以外にクレジットポイントが上乗せされることになります。
特にポンパレモールなどリクルート社が運営しているモールでは、100円の利用で通常ポイントが3ポイント付加されるので合計で4ポイントも還元されることになるのです。

Pontaポイントは1ポイントが1円で利用できるため、100円の利用で4円が還元されることになります。
これはポイント還元率が4%であり、これこそシェル- Pontaクレジットカードが最強クラスのポイントカードである秘密。

シェル- Pontaクレジットカードをインターネットモールで利用するなら、ポンパレモールなど高ポイントが期待できるモールを利用しましょう。

他の店舗については各々還元率に差がありますので、Webサイトで確認してからシェル- Pontaクレジットカードを利用してくださいね。

「シェル-Pontaクレジットカード」公式サイトはこちら

Pontaポイント提携以外の利用でもポイントはゲットできる

シェル- Pontaクレジットカードはクレジットカードに国際ブランドが付帯されていますので、Pontaポイント加盟店でも利用することができます。

【シェル- Pontaクレジットカードの国際ブランド】
■ VISA
■ Mastercard

Pontaポイント加盟店以外での利用では、通常ポイントは付与されませんが、クレジットポイントが100円あたり1ポイント付きます。
これは実質還元率で1%なので、各種クレジットカードの中でも高還元カードであることを意味しています。
シェル- Pontaクレジットカードは、普段使いのクレジットカードとしても高ポイントが期待できるのですね。

Pontaポイントのお得な活用法

Pontaポイントは1P=1円としてPonta提携店で利用することができます。

【主な提携店一覧】
■ 昭和シェルSS
■ ローソン
■ ケンタッキーフライドチキン
■ ポンパレモール
■ オリックスレンタカー
■ じゃらんネット
■ ピザハット
■ ゲオ
…など

Ponta提携店は全国にたくさんありますので、リクルート社が運営する「Ponta Web」で確認してみましょう。

PontaポイントがJALマイレージと交換可能になった

PontaポイントはJALマイレージバンクのマイルと交換することができます。
レPontaポイント2ポイントでJALマイレージ1マイルに交換が可能です。

ガソリン給油で海外旅行に行けるなんて夢がありますよね!

Shell EasyPayで給油もスタイリッシュ!

Shell EasyPayはクレジットカード代わりに給油時に利用できるICチップ内蔵のキーホルダーです。
このICチップキーホルダーをシェル- Pontaクレジットカードと連携させるおけば、キーホルダーをリーダーに読み取らせるだけで支払いが完結します。

Shell EasyPayを車のキーに付けておくと、給油のたびに財布からクレジットカード出す必要もないので、スマートでちょっとカッコいい支払いができますね!
もちろんShell EasyPayは年会費無料で、Shell EasyPayを利用できる昭和シェルSSですぐに受け取ることができます。
シェル- Pontaクレジットカードと免許証をスタッフに提示して受け取るようにしましょう。

ENEOSで給油をしている人はEneKeyがおすすめ

まとめ

シェル- Pontaクレジットカードの申し込みは昭和シェル石油株式会社のホームページか、三菱UFJニコス株式会社のホームページからオンラインで行います。
オンラインで入会申し込みを行うと、自動的に「Net Branch」「ご利用明細ネット切替えサービス」に登録され、クレジットカードの請求明細や各種変更手続きはオンラインサービスを利用することになります。

シェル- PontaクレジットカードはPontaポイントを集めるには最強クラスのクレジットカード言って過言ではありません。
給油も賢く行い、上手にポイントを

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす