Yahoo!ショッピングで買い物をするならヤフーカードが一番!Tポイントが貯まるお得なクレジットカードとは

moosemoose

インターネットの検索サイトと言えば「google」が有名ですが、私は「Yahoo!」派です。

またインターネットで検索することを「ググる」なんてgoogleにかけて言うことがありますよね。
私もよく使う言葉ですが、実際には「ヤフっている」ことが多いです。
なぜYahoo! をここまで支持するのかというと、一つの要因として「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!オークションの」の存在があります。

特に「Yahoo! ショッピング」は「楽天市場」「アマゾン」と肩を並べるインターネットショッピングモールで、取扱っている商品も多岐に渡るので買い物に困ることがありません。

そして私がYahoo! ショッピングを支持する大きな理由がポイント制度の充実。
特に今回紹介する「ヤフーカード」はYahoo! ショッピングだけでなくYahoo! のサービスをおトクに利用できるクレジットカードであり、Yahoo! で利用すると様々な特典があります。
年会費もかからないクレジットカードであり、最近ではPayPayのオートチャージに使う方も増えています。
PayPayが使える場所も多く、普段のお買い物をお得にするならヤフーカードは外せないことでしょう。

他にもお得な特典や魅力の詰まっているクレジットカード。
それでは早速ヤフーカードについてお伝えしていきたいと思います。

Yahoo!ショッピング&LOHACOで常時3倍のTポイント

ヤフーカードはYahoo! ショッピングで利用するとTポイントが常時3倍になります。
ヤフーカードでの1倍とは100円の利用で1円なので1%の還元率が基本。

つまりヤフーカードでYahoo! ショッピングを利用すると3%が還元されることになります。
例えばYahoo! ショッピングで1万円の商品を購入すると、「クレジットポイントが1%」「Yahoo! ショッピング特典1%」さらに「ストアポイントが1%」で合計300ポイントのTポイントを貯めることができます。

ストアポイント1倍+ヤフーカード特典2倍=3倍

また「LOHACO」はアスクル株式会社が展開する一般消費者向けのネットショッピングサイトですが、主に食料品やオーガニック商品、日用品を販売しています。
アスクル株式会社はYahoo! 業務提携している関係からLOHACO(ロハコ)におけるヤフーカードの利用も、Yahoo! ショッピングと同様に合計3%のTポイントを貯めることができるのです。

日常の生活でYahoo! ショッピングやLOHACOを利用するシーンは少なくないはず。
ヤフーカードを持っているだけでポイントが3倍になるなら、こんなにおトクな話はありませんよね。

ヤフーカードはYahoo! プレミアム会員制度と併用を

Yahoo ! の利用は会員登録を行わなくても可能ですが、Tポイントを受け取るためには会員登録が必要です。
登録するとYahoo! の一般会員になるのですが、一般会員の他に有料の「Yahoo! プレミアム会員」になることも可能。
Yahoo! プレミアム会員になると様々な特典が得られることに。

■ Yahoo! ショッピング利用でポイント5倍(基本ストアポイント1倍含む)
■ LOHACO利用でポイント5倍(基本ストアポイント1倍含む)
■ Yahoo! トラベル利用でポイント5倍(基本ストアポイント1倍含む)
■ チケット割引サービス
■ 動画無料視聴
■ 雑誌、漫画読み放題
■ その他

ここで一番の注目がYahoo! ショッピングやLOHACOでTポイントが5倍貰えることですね。

ストアポイント1倍+プレミアム会員特典4倍=5倍

つまりYahoo! プレミアム会員がヤフーカードを利用すると、それだけで7倍ものポイントを受け取ることができます。

ストアポイント1倍+プレミアム会員特典4倍+ヤフーカード特典2倍=7倍

ヤフーカードはYahoo! プレミアム会員制度と相性が抜群です。
Yahoo! プレミアム会員は月会費が462円(税抜き)必要ですが、月に7,000円程度の利用で月会費はポイントで回収できる計算になります。
Yahoo! プレミアム会員に入会するだけでいつでも7%もの還元率のポイントが貰えるのですから、ヤフーカードユーザーは見逃さないで加入しましょう。

ポイントアップ日を利用するとTポイントが最大で20倍以上に

Yahoo! ショッピングでは様々なポイントアップ日を実施しており、中にはTポイントが20倍~30倍以上も貰えることがあります。
特に「5のつく日」は、最大20倍以上のポイント還元率になるヤフーカードを利用することをオススメします。

【5のつく日】
毎月5日、15日、25日はエントリー画面からエントリーして、「Yahoo! ショッピングアプリ」を利用することでポイントを通常の5倍で貯めることができます。
(ストアポイント1倍込み)

また、ヤフーカードを併用することで7倍になり、プレミアム会員は4倍が加算されて11倍になります。
期間中はストアポイントが1倍~15倍へアップしている店舗もあり、プレミアム会員であれば合計して20倍以上のポイントを貯めることができる大チャンスです!

5のつく日は「Yahoo! トラベル」で宿泊予約を行うとポイントが10倍になります。
これはYahoo! トラベルに登録している宿泊施設の「ヤフープラン」を予約した場合の特典ですが、支払いをオンラインでヤフーカードにするとさらに2倍のポイントを貯めることができます。
合計で12倍(12%)の還元なので5万円の宿泊予約では、6,000円分のTポイントが貯めることができますよ。
こんなにおトクな5のつく日は全てエントリーが必要なので、そこは注意して忘れないようにして下さいね。

【ソフトバンクユーザーなら最大12倍】
Yahoo! はソフトバンクの子会社であり、ソフトバンクのスマホや光ネットワークを利用していることで5倍のTポイントを貯めることができます。
これによりプレミアム会員であれば日にちを選ばずに最大12倍のポイントを貯めることも。

もちろん5のつく日との併用も可能です。
どんどん併用利用してポイント長者を目指しましょう。

ヤフーカードで貯まるTポイントって一体なに?

ヤフーカードの魅力であるTポイントはC.C.C(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が発行するポイントで、始まりは書店の「TSUTAYA」の会員証でした。

現在では書店以外にコンビニ、レストラン、ガソリンスタンド、旅行、小売店など多くの加盟店で利用することができるポイントサービスとして普及しており、1ポイントが1円換算で利用可能です。

Tポイントの機能を搭載したクレジットカードも多く発行されており、ヤフーカード以外にも「アプラスカード」「ファミリーマートカード」「三井住友カード」など様々なクレジットカードに付帯されています。

日本のポイントシステムではこのTポイントや楽天市場が発行する「楽天スーパーポイント」、リクルート社の「Ponta(ポンタ)ポイント」などが有名ですが、会員数や使い勝手から考えるとTポイントがやや優勢の状態。
これからもTポイントが加盟店を増やし普及を続けるのは間違いないでしょう。

近年では日本だけでなくグアム、ハワイ、タイ、シンガポール、韓国、中国でもサービスを開始しており、世界中で利用できる日が来るかもしれませんね。

Tポイントカードとしても単体で利用できるぞ

ヤフーカードはカードの裏面にTカード番号が印字されており、クレジットカード以外にTポイントカード単体としての利用も可能。
クレジット機能を利用しなくても全国のTポイント加盟店で提示するだけで、ポイントを貰ったり使用したりすることができます。

クレジットカードとTポイントカード…2種類の機能を持つのがヤフーカードの特徴ですね。

Tポイントの利用はネットor加盟店or商品交換で

Tポイントの利用方法は大きく分けて3種類あります。

【ネットで利用する】
Tポイントはインターネット上で管理されていることから、ネットショッピングで利用するのが便利。
特にYahoo! ショッピングやYahoo! オークションで利用すると、ポイント利用に関わらず新たにポイントが付与されポイントの二重取りも可能です。
ポイントを使ってポイントが貰えるなんて凄いですよね。Tポイントの利用は1ポイントが1円と換算されます。
主なネットショッピング利用先を紹介しましょう。

■ Yahoo! ショッピング
■ LOHACO
■ カメラのキタムラ
■ Tモール
■ TSUTAYAオンラインショップ
■ その他

【加盟店で利用する】
ヤフーカードにはTポイントカード機能が付帯されているので、Tポイントの加盟店ではTポイントカードとして利用することができます。
Tポイントはコンビニ、スーパー、ガソリンスタンドなどで利用でき、全額支払いの他にも端数切りやポイントの一部利用も可能。
都合に合った使い方で利用しましょう。

■ TSUTAYA書店
■ ファミリーマート
■ マルエツ
■ ウエルシア薬局
■ ENEOS
■ その他

【商品交換】
貯まったTポイントはC.C.Cが運営する「Tポイントパーク」で様々な商品に交換することも可能。
交換商品には「抽選/先着」などがあり、抽選では少ないTポイントで高額商品をゲットできるかもしれません。
交換商品の一部を紹介します。

■ メルローズ紅茶:2,330ポイント
■ ニンテンドー3DS LL:25,150ポイント
■ メリタ コーヒーメーカー:7,500ポイント
■ 魚沼産コシヒカリ(5kg):5,220ポイント
■ その他

Yahoo! JAPANサービスの利用で得たポイントの中には期間固定Tポイントが含まれている場合があり、それらのポイントはYahoo! ショッピングやLOHACO以外では利用できないことがあります。
特にポイントアップ日を利用した場合は、基本ポイントとヤフーカードポイント以外は全て期間固定Tポイントになります。
利用に制限があることに注意して規約を理解することが大切ですね。

また貯まったTポイントはネオモバで株を買うこともできます。
「投資には興味があるけど損をしてしまいそうでなかなか手が出せない…」
なんて方はポイントから初めてみてはいかがでしょうか?

Tポイントで投資ができる「ネオモバ」はこちら

ヤフーカードの概要

ここでヤフーカードの概要について紹介します。

■ 年会費:永年無料
■ 国際ブランド:JCB、VISA、Mastercard
■ 利用限度額:10万円~100万円(審査による)
■ 追加カード:ETC、家族カード
■ 旅行傷害保険:なし
■ 付帯保険:ショッピングガード保険(無料)、プラチナ補償(有料:490円)

ヤフーカードの年会費は永年無料になっており、3種類の国際ブランドのどれを選んでも年会費はかかりません。
どの国際ブランドを選択しても国内・海外に関係なく加盟店で使うことができます。

ちなみにクレジットカードといえば国内・海外旅行傷害保険やが付帯されていますが、ヤフーカードには付いていません。
無料で付帯しているのはショッピングガード保険のみです。

【ショッピングガード保険】
ヤフーカード会員がカードを利用して購入した商品が、90日以内に「破損」「火災」「盗難」などの偶発的な事故で損害を被った場合に補償される保険です。

■ 補償対象:1万円以上の商品
■ 支払限度額:年間最100万円
■ 担保期間:購入より90日間
■ 対象:国内、海外でYahoo! JAPANカードを利用したショッピング
■ 免責金額:3,000円

もし、ヤフーカードにおいて各保険サービスを利用するには「プラチナ補償」が必要です。
このプラチナ補償は毎月490円(税抜き)かかりますが、初回のみ無料で使うことができます。

「お金かかるの?」と思うかもしれませんが、プラチナ補償ではクレジットカードのなかでは最多の18種類にも及ぶ補償サービスが付きます。

【18種類の補償サービス】
■ 修理補償
■ 破損補償
■ 宅配郵送事故補償
■ 盗難補償
■ 返品補償
■ 携帯電話(水漏れ・全損補償)
■ 交通トラブルお見舞い
■ 電子デパイス災害補償
■ 車上荒らし被害補償
■ 自転車事故賠償責任補償
■ お悔やみ帰省お見舞い
■ 旅行・イベントキャンセル補償
■ 海外旅行でのケガ・病気お見舞い
■ 海外旅行持ちもの損害補償
■ 海外旅行での思わぬ出費補償
■ なりすまし賠償責任補償
■ ネット売買トラブルお見舞い
■ 個人情報漏洩過失責任補償

月額でお金はかかるものの、こんなにも補償サービスを付けることができるのはヤフーカードだけですよ。

特にヤフーカードはネットショッピングで利用されるシーンが多いことから、「ネット売買トラブルお見舞い」や「個人情報漏洩過失責任補償」などネット社会で起こりうる問題に対応した補償にも対応されています。

個人情報漏洩過失責任なんて…どのようなトラブルで賠償額がいくらになるかなんて想像もできませんよね。
なんだか高そうな気がします。

月490円を高いと思うか?安いと思うか?…どうですかね!

また、気になる利用限度額は10万円から最大100万円とされており、キャッシングサービスは半分の50万円が最大です。
審査は厳しくないので金融事故がない限り安定収入(主婦も大丈夫)があれば審査に通らないことはないでしょう。
安心して申込みが可能なクレジットカードです。

追加カードは家族カードとETCカード

ヤフーカードでは家族カードとETCカードを追加で発行することが可能。
家族カードは本会員の利用限度額の合計内で利用することができ、請求や明細も全員まとめて集計されます。
Tポイントも家族全員でまとめられますが、クレジット利用分ではなくTカードとして貯まったTポイントは各家族会員で別々に使用することもできます。

高速道路で利用するETCカードも追加カードとして発行可能ですが、残念ながら年会費として500円(税抜き)が必要。
ETCカードの追加は最大5枚までで、それぞれに年会費が必要になりますので利用には注意したいポイントですね。

PayPayの残高チャージに使える

最近Yahoo! が特に力を入れているのが「PayPay(ペイペイ)」と呼ばれる新しい決済システムです。
PayPayはスマホにアプリをダウンロードすることでiPhoneでもAndroidでも簡単に利用できるのが特徴で、バーコードやQRコードを利用して支払いを行います。

PayPayを利用するには決済方法の登録が必要ですが、以下の3種類の方法から選択します。

■ PayPay残高からの支払い
■ Yahoo! マネーからの支払い
■ クレジットカードでの支払い

クレカによる支払いは「VISA」「MasterCard」「JCB(ヤフーカードのみ)」が登録可能。
もちろん今回紹介しているヤフーカードも登録できるので問題ありませんが、実はそのままクレカとして利用するよりも一手間かけた方がグッとおトクになる技があります。

それが「PayPay残高のチャージにヤフーカードを使用する」こと。

PayPay残高とは電子マネーにおける「チャージ残高」のことですが、ヤフーカードはPayPay残高にチャージできる唯一のクレカです。
つまりVISAやMasterCardはあくまでクレジットカードとして利用するのみで、PayPay残高へのチャージはできません。

そして気になるPayPay残高を利用すべきおトクポイントを見てみましょう。

■ PayPayの第2弾100億円キャンペーンが利用できる
■ Tポイントが1%貯まる
■ いつでもPayPayにチャージできる

この中で特に注目したいのが「PayPayの第2弾100億円キャンペーン」です。
PayPayでは「第2弾100億円キャンペーン」を実施しており、PayPay残高での支払いに対して20%のPayPayボーナスをプレゼントしています。

プレゼントには「1回の支払いで上限1,000円」「期間中で上限5万円」との条件がありますが、5万円も還元されるなんて…超おトクな企画ですよね。

またチャージを行わない状態でヤフーカードを利用した場合は19%、その他のクレカでは10%の還元率なので、PayPay残高を利用するのが一番有利なことが分かります。
さらにヤフーカードの利用による1%のTポイントももちろん貰えますので、実質的には21%の還元を受けることに。

このようなサービス開始当初から随時開催されており、これからもPayPay残高の利用を促進させるために開催されることが予想されます。

PayPayの利用においてPayPay残高が一番おトクであることから考えると、唯一チャージができるヤフーカードはPayPayの必須アイテムではないでしょうか?

Apple PayではQUICPay加盟店で利用することができるぞ

Yahoo! JAPANカードはApplePayにも対応しています。設定は通常のクレジットカードと同様にiPhone7以降AppleWatch Series2以降であれば登録可能です。

ApplePayの利用は「QUICPay」のマークのある加盟店で可能で、コンビニ、ファミレス、ドラッグストアなど日本全国で24万店舗が利用できます。

ふるさと納税で1%のTポイントが貯まって使える

最近流行りのふるさと納税は、自分が生まれ育ったふるさとや応援したい自治体へ寄付を行い、それに応じて所得税や住民税が一部控除になるシステムです。
さらに寄付を行った自治体からはお礼として地元の特産品などが送られてきて、一種のブームを引き起こしました。

Yahoo! JAPANのサービスにある「Yahoo! 公金支払い」を利用すると、ふるさと納税もヤフーカードで支払うことができます。
さらに100円ごとに1ポイントのTポイントが貰えるので1%の還元率。「減税」「返礼品」「ポイント」…3つのおトクを手にすることができるのがYahoo! ふるさと納税です。
ふるさと納税については下記のページで詳しく解説しています。



例えばふるさと納税でメロン貰って、減税されて、そしてTポイント…嬉しい利用法ですね。

この「Yahoo! 公金支払い」サービスは、ふるさと納税以外に「自動車税」「水道料金」「NHKの支払い」などを支払うことができます。
中にはTポイントによる支払いもできる公金もあるので、利用ガイドで確認して利用してみましょう。

nanacoへのチャージで0.5%ポイント還元

コンビニのセブンイレブンで利用できる電子マネーのnanacoは、クレジットカードと連携させることでクレジットチャージが可能です。
ヤフーカードもJCBブランドに限り、100円のチャージに付き1ポイントのTポイントを貰えましたが、2018年2月からは200円で1ポイントに変更されました。

1%の還元率から0.5%に減ったので改悪とも言えますが、今までJCBでしか利用できなかったnanacoへのクレジットチャージがVISAやMastercardでも利用可能に。
また還元率も0.5%とJCBと同じになりました。
ヤフーカードのJCBユーザーには残念ですが、VISA、Mastercardユーザーにとっては嬉しい改正ですね。

ヤフーカードにデメリットはあるのか?

今まで紹介した通り多くのTポイントが貰えるヤフーカードですが、デメリットなどあるのでしょうか?

まずデメリットとして上げたいのが「期間固定Tポイント」です。
期間固定Tポイントは使用期間が決められており、利用できるショップもYahoo! ショッピングやLOHACOに限られるTポイント。
つまり他の加盟店やネットショップで使用することはできません。
また期限もシビアで2週間~4週間限定であったり、付加されるタイミングが不明であったりと利用するにも難しい点があります。

期間固定Tポイントの付与に気が付かずに、期限切れで抹消されることも少なくないようです。
常にポイント通帳を確認して期間固定Tポイントは早めに使用して下さいね。

また期間固定ポイントの場合、上限が5000ポイント程度に定められていることが多く、無制限にポイントを貯めることはできません。
せっかくのポイントアップでも上限に掛かると損した気分になるのは私だけでしょうか?

次に旅行傷害保険が付加されていないものデメリットです。
ショッピングガード保険が付帯されていますが、旅行保険は国内、海外共にありません。
海外での利用では注意が必要です。

ETCカードも有料なのは如何かと思います。
一般的なクレジットカードでは無料か、前年の利用実績で翌年無料になることが多いのですが、ヤフーカードでは利用実績に関わらず500円の年会費が必要です。
ここも少し問題ですね。

ヤフーカードの返済について

ヤフーカードの返済は手数料無料の「1回払い」「2回払い」「ボーナス1回払い」と手数料が必要な「分割払い(3回~48回)」「ボーナス2回払い」「リボルビング払い」が選択できます。

【分割払い】
分割払いは3回払いから48回払いを選択することができますが、手数料として実質年利で12.19%~14.60%が必要です。

【ボーナス2回払い】
ボーナス2回払いの支払いは夏分に6月、7月、8月のいずれか、冬分は12月、1月のどちらかで返済する方法ですが、手数料として実質年利13.89%が掛かります。

【リボルビング払い】
クレジットカードの利用額に関係なく毎月一定額を支払うリボルビング払いは、近年人気の返済方法でほとんどのクレジットカード会社が導入していますが、手数料が高く返済に行き詰まってしまう人も少なくありません。
ヤフーカードでも「後リボ」「自動リボ」などの機能で、リボルビング払いを推進していますが、実質年利として最大18.00%もの手数料が必要になります。
リボルビング払いは計画をしっかり持って利用するようにして下さい。

キャッシングサービスの返済は1回とリボ払い

ヤフーカードにはキャッシングサービスも利用できますが、利用限度額はショッピング利用限度の半額程度です。(審査による)

返済は「1回払い」と「リボルビング払い」が選択できますが、手数料として実質年利18.00%が必要です。
国内のATM以外に海外のATMも利用可能で、さらに自分の口座に振り込んでもらうネットキャッシングを選択することも。

クレジットカードのキャッシングは便利なようで高い手数料がかかりますので注意して利用しましょうね。

ヤフーカードは入会特典がエグイぞ

ヤフーカードでは入会特典を随時開催しており、内容が充実していることで有名です。

現在は新規入会と利用条件でTポイントが10,000ポイントもらえるお得な特典を実施しています。
このお得な特典とは新規入会で4,000ポイント、1回利用につき2,000ポイントをもらうことができ3回の利用で最大6,000ポイントをもらうことができるというもの。
ただし、入会特典で貯まるTポイントは期間固定Tポイントで、有効期限はヤフーカードを申込こみ月を含む5か月目の15日です。
貯めたポイントの利用はYahoo! ショッピングなどYahoo! JAPANのサービスに限られるので注意しましょう。

ヤフーカードの入会特典は10,000~12,000ポイントに増額されることが多々ありますので、入会する際にはお得な特典がもらえる時が最大の狙い時といえるでしょう。

ヤフーカードはYahoo! ユーザーには必須のクレカだ

ヤフーカードはYahoo! の各種サービスを利用するために作られたクレジットカード。
そのために特典も多くYahoo! ユーザーにとっては必須のクレジットカードと言って過言でないでしょう。

特に最近では楽天市場と比較してYahoo! ショッピングのTポイントが高く設定されているように感じます。

しかしあくまでヤフーカードはYahoo! サービスで利用するのが王道。
他のショッピングサイトで利用してもおトク感は少ないでしょう。

ヤフーカードはYahoo! JAPANで使用して最強になるのです。

さぁ上手に使ってTポイント長者を目指しましょう!

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす