【Tポイント完全攻略】お得に貯めて賢く使うポイントを使った節約術を大公開

ゆかにゃんゆかにゃん

実店舗でもネットでも貯まる「Tポイント」。
あなたは効率よく貯めることができていますか?

TSUTAYAやYahoo!ショッピングなどで貯まるのは有名ですが、カードを出しているにもかかわらず思ったように貯まらない・・・と思っている人も多いと思います。

そこで今回はTポイントをザクザク貯める方法や賢く使う方法などを紹介します。

Tポイントとは

Tポイントは、提携店での買い物で貯めたり使ったりすることができるポイントサービスです。
提携店以外にもマイルや商品との交換にも使用することができます。

基本的に200円につき1ポイントが貯まりますが、キャンペーンやお店によって還元率が異なります。
また貯めたポイントは1ポイント=1円として使うことができます。

Tポイントを貯めるためには、無料で発行できるTポイントカードが必要になり、TSUTAYAやウェルシアなど全国にある提携店で作ることができますが、「Tファンサイト」ではアニメやキャラクター、アーティストとコラボしたTカードを有料で手に入れることも可能です。

また他にもクレジットカード機能が付帯されたカードやキャッシュレス決済機能が付いたカードもあるので、自分の使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

Tポイントの貯め方

お店で貯める

コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドなどさまざまな実店舗で提示をすると、決済額に応じたTポイントを貯めることができます。

代表的なお店は以下の通り。

お店 還元率
TSUTAYA 200円につき1p
蘆屋書店 200円につき1p
ファミリーマート 200円につき1p
ガスト 200円につき1p
ウエルシア 100円につき1p

ポイント反映には数日時間がかかるものもあります。

ネットショッピングで貯める

実店舗だけでなく、提携先のネットショップでもTポイントを貯めることができます。

代表的なお店は以下の通り。

お店 還元率
TSUTAYAオンライン 200円につき1p
カメラのキタムラ 200円につき1p
シマホネット 200円につき1p
Yahoo!ショッピング 1~2%、決済方法で異なる
SHOPLIST.com 200円につき1p

光熱費の支払いで貯める

光熱費の支払いでもTポイントを貯めることができます。
電気やガスは毎日必ず使いますが、季節によって値段が跳ね上がりますよね。
家計への負担が大きくなりますが、ポイント還元が受けられれば普通に支払うよりお得になるのでおすすめです。

Tポイントが貯まる会社は以下の通り。

お店 還元率
ソフトバンクでんき 1,000円につき5p付与
中部電力 200円につきカエテネポイント1p付与
(カエテネポイント100pをTポイント100pに交換可)
四国電力 200円につきよんでんポイント1p付与
(よんでんポイント100pをTポイント100pに交換可)
東京ガス 1,000円につきパッチョポイント15p付与
(パッチョポイント500pをTポイント500pに交換可)
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
200円につき1p

直接Tポイントがもらえる会社と、Tポイントに交換可能な別ポイントがもらえる会社にわかれます。

Tポイントがたまる会社を契約していても、事前に設定をしなければTポイントをもらうことができないので一度確認をしてみてください。

クレジットカードを使って効率よく貯める方法

買い物や光熱費の支払いでTポイントをためることができますが、効率よく貯めたいのであれば提携しているクレジットカードを使いましょう。

ヤフーカード

カード名 Yahoo!カード
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%~2.00%
貯まるポイント Tポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー
付帯保険 ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

年会費無料で持てるヤフーカードは、どこで買い物をしてもカード決済で100円につき1%のTポイントがもらえます。
利用場所問わず1%分が貯まるので、光熱費や家賃を設定しておけば効率よくTポイントをためることができますね。

またYahoo!ショッピングで買い物をすれば、Tポイントが2%+Paypayボーナスライトも1%付与され、計3%付与されます。

他にもnanacoにチャージをすると、Tポイントが0.5%付与されるため、Yahooカードとnanacoをセットで使えばよりポイントがためやすくなります。

ファミマTカード

カード名 ファミマTカード
年会費 無料
ポイント還元率 0.50~1.50%
貯まるポイント Tポイント
国際ブランド JCB
電子マネー
付帯保険 ショッピング
追加カード ETCカード

ファミマTカードも年会費無料で持つことができるクレジットカードです。
通常の還元率は0.5%ですが、ファミリーマートで使うといつでもTポイントが2倍付与されます。

またファミマのキャッシュレス決済「ファミペイ」に唯一チャージできるのがファミマTカードです。
チャージ時のポイントとファミペイ決済時のポイントの2重取りができるので、ファミマを良く利用する人には特におすすめです。

ファミマTカード公式サイトはこちら

Tカードプラス

カード名 Tカードプラス
年会費 無料
ポイント還元率 0.50~2.00%
貯まるポイント Tポイント
国際ブランド JCB
電子マネー
付帯保険
追加カード ETCカード

TSUTAYAを良く利用する人におすすめしたいのが「Tカードプラス」です。
こちらも年会費が無料で持てますが、TSUTAYAで利用するといつでもポイントが3倍になります。
またTSUTAYAの会員証と一体化になっているためレンタル更新料も無料。
さらにTSUTAYAの利用回数によってポイントが最大6倍までアップします。

このように普段の買い物もTポイント提携のクレジットカードを使うことで、ザクザクTポイントをためることができます。

貯めたポイントを賢く使う方法

貯めたポイントは提携先の実店舗やインターネットショップなどで1p=1円として使うことができます。

またT-SITEを使えば貯めたポイントを商品と交換することも可能です。
映画のチケットや写真の無料現像、カタログギフト券などに交換することもできます。

T-SITE商品交換一覧

マイルと交換する

TポイントはANAマイルと交換することもできます。
500pをANA250に交換でき、年間20,000マイルまで交換可能です。

交換申請後約10日後に付与されるので、余裕を持って交換するようにしましょう。

現金に交換することも可能

Tポイントを1,000p以上持っている場合、PayPay銀行(旧ジャパンネット) を使って現金と交換することができます。

ただし利用しているYahoo!ウォレットの口座にPayPay銀行(旧ジャパンネット) が登録されていることが条件。

手続きが完了するまでに2週間ほどかかりますが、現金に交換できればちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるのでうれしいですね。

ウエル活でお得に商品をゲット

Tポイントを使って1.5倍分の買い物ができるウェル活を知っていますか?

ウエルシア薬局が毎月20日に行っている「ウエルシアお客様感謝デー」を利用した買い物法で、この日にTポイントで買い物をすると1.5倍の金額分の買い物ができます。

主婦を中心に人気を集めているこのポイ活術。
この日のために普段からTポイントをためている人も多く、インスタなどでも買い物報告をたくさん見かけます。

下記の記事でも詳しく紹介しているので、貯めたポイントの活用法に迷ったら是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

ポイントカードの提示だけではなかなか思うように貯まりませんが、ネットショッピングやクレジットカードなども組み合わせればおもしろいほどザクザク貯めることができます。

貯めたポイントもさまざまな使い方ができるので、賢く使えば家計の節約にもなりますね。

使うお金を削ることは難しくても、決済方法を変えてポイント還元を多くできれば実質的に節約になります。

無理せずポイントで楽しみながら節約生活を送りましょう!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす