プロパンガスも大きく節約!諦めていた高いLPガス代をカンタンに確実に安くする方法を伝授します!

閲覧回数 : 10,328 views

お風呂を沸かしたり、ヒーターやエアコンをつけたり…
冬は1年を通して一番光熱費がかかるといわれています。

中でも冬に消費量が増えるのが“ガス代”
料理やお湯を使う機会が一気に増えるため、自然と使う量も増えてしまいますよね。

ガスには“都市ガス”“プロパンガス(LPガス)”といった2種類の供給方法があります。

都市ガスは比較的リーズナブルな金額ではありますが、それに比べてプロパンガスはかなり高額なイメージがつきもの。
実際プロパンガスを使用し始めてから、その金額の高さに慌ててガスの節約を始めた!なんて声も周りから聞こえてきます。

じつはこの記事を書いている私も、今の家がプロパンガス。
引っ越してくる前まで都市ガスを使用していたので、最初のガス代の請求書には驚きました。
だって今までと同じように使っただけなのに、倍以上の金額が発生したんですよ!

それっきり、ガスを使うのが恐ろしくなりましたね…。
急いでGoogleで「プロパンガス 節約」なんて検索をして、プロパンガス料金をどう節約するか調べたくらい!
おかげでプロパンガスの節約法の知識は人一倍得ることができましたけどね。笑

さて、ネットでも問題視されるほど破格的に高いプロパンガス料金。
なぜそんなに高額なのでしょうか?
このまま泣き寝入りして使い続けなければならないのでしょうか?

その必要はありません。
徹底的に調べてみましたが、確実に安くする方法があるんです!
しかも自分で何かをするわけではなく、無償で業者にお任せするだけ!
たったそれだけで今までよりはるかに安い値段でプロパンガスを利用することができるのです。

ということで今回は、プロパンガスがなぜそこまで高額なのか?プロパンガス代を大幅に節約する裏ワザなどをご紹介したいと思います。

プロパンガス料金の見直しなら「プロパンガス消費者生活センター」


プロパンガスが高い理由はこれだ!

実際、プロパンガスを使っている人に多いのが“賃貸物件に入居している”という人。
持ち家に住んでいる場合、エリアに都市ガスの供給が行き届いていれば工事を行うことで使用可能になります。
ただこの都市ガス引き込み工事が約15万円と高め。
“屋内に1m引き込むごとに約1万円”が相場となっており、ほとんどの家が道路下にあるガス管から10数メートル以上あるとされています。

初期費用の工事費はかなり高額ですが、プロパンガスを使い続けることを考えればすぐに元が取れてしまいます。

また、都市ガスが届いていない場合でも諦める必要はありません。
周辺住民の声を集めれば、都市ガスが使えるようにガス管の工事を行ってくれる場合もあるんだとか。
とはいえ工事費用などは全て実費負担、やはり費用がネックとなりスムーズにはいかないようです。

続いてマンションやアパートに住んでいる場合。
大家さんが最初に契約したガス会社を強制的に使用しなければなりません。
大都心のアパート・マンションは都市ガス供給のところも多いですが、都心から離れたところになるとプロパンガス供給の場所が多いのが現状。
私も東京寄りの神奈川県在住ですが、地域を見る限りプロパンガスのボンベが設置されている家は多いです。

プロパンガス供給の多い理由としてあげられるのが“大家さんとLPガス会社が結託しているから”
実は大家さんが物件の建設をする際、LPガス会社が“配管工事費を無償で行うので、プロパンガスにしてほしい”とLPガス会社や大家さんに交渉を持ちかけます。
配管工事費用が無償になることは、大家さんにとってもメリットが大きいもの。
大家さんは喜んでそのままプロパンガス契約をしてしまうのです。
そしてさらにLP(LPG)ガス会社は、入居した住民のガス単価を吊り上げ高額なガス代請求をし始めます。

ガス代の内訳は都市ガスと同じく基本料金従量単価に分けられますが、どちらもガス会社が自由に設定できるので、金額にバラつきがあるのです。

ちなみに基本料金は1,700~1800円あたりが相場ですが、「2,000円以上」なら高め。
従量単価は300~400円あたりが相場ですが、「500円以上」なら高すぎです。

「うちのガス代も高かったみたい…」
なんて慌ててしまう方もいるかと思いますが、実は残念ですが高い設定のまま知らずに使い続けている人の方が多いといわれています。

中には従量単価が700円・800円に設定されているなんてことも。
特に東北地方のプロパンガス会社は、従量単価が1,000円以上のところもあるようです。

手作業でボンベを交換するため、人件費がかかるとは言われていますが…
それでも会社によってここまで差額が生じるのです。

ここまで高額な値段で設定されてしまえば、ひとり暮らしでも冬はガス代が2万円近くかかってしまいます。
都市ガスなら水道光熱費全ての金額を合わせても、2万円もかかりませんよね。

やはり“プロパンガス代の相場”をしっかり知っておくことは重要ですね。

プロパンガスを安くするならenepi(エネピ)で無料切り替え!

高いかも!?と思ったらガス単価をチェック!

「うちのガス代、なんか高い気がする…」

そんな風に感じたら、自分の家のプロパンガスの単価を相場単価と比較してみましょう!

調べる方法は簡単。
まず、毎月のガスの検針票や請求書を用意します。
そしてこちらのサイト
プロパンガス消費者生活センター
の中央部分に使用量・請求金額を入力して診断を開始するだけ。

診断結果をみるだけで、安いか高いかが一目で判断できます。

高いと出た場合は、今すぐ値段を下げるべく行動に移しましょう!

また、比較してもよくわかんない!なんて方はこちらのサイト
プロパンガスの料金比較サイト「エネピ」
で最初っから無料見積りを申し込んでも◎

他の家に比べて自分の家がどのくらい払い過ぎているのか?といった比較だけでなく、クレカが対応しているガス会社の紹介や対応の良さなどでも選ぶことができます。
Webからカンタン入力で依頼できるので、ぜひチェックしてみましょう!

単価が高かった場合の対策法

万が一、プロパンガス消費者生活センターの診断で“単価が高い”と表示された場合、あなたの家はガス代を払い過ぎていることになります。

プロパンガスは、上記でもご説明したように“価格が自由競争”
まんまとガス会社に無駄がお金まで払っているのです。

なので利用するLPガス会社を安いところに変えてしまえばいいのです。

「でもどの会社にしたらよいかわからないし…」

そんなときに頼りになるのが、やはり先ほどご紹介した無料切り替えサービス会社を利用しましょう。
LPガスが高いと悩んでいる方に適正なガス料金価格で利用できる会社を紹介し、さらにガス会社の変更までおこなってくれます。
もちろん紹介料は無料、納得いくまで相談にも乗ってくれます。

「でも乗りかえって面倒じゃ…」

その点は安心!
プロパンガス消費者生活センター」や「エネピ」はガス会社探しや解約・契約手続きまですべて代行してくれます。
こちらが行うのは、新料金が納得できるかという確認と契約書類の記入、新たなガス会社の立会のみ!
これなら気軽に相談できますよね。

一軒家の方は、いますぐにでも相談されることをおすすめします。

ただ、賃貸住宅にお住まいの方は大家さんに確認が必要。
上記でもお話ししましたが、LPガス会社と大家さんが結託している可能性があります。
そのため「プロパンガス消費者生活センター」や「エネピ」では、戸建住宅に住んでいる方か物件オーナーのみ対象。
もちろん集合住宅に住んでいる方は、物件のオーナーさんに相談をもちかけてそこから相談・乗り換えてもらうことも可能。
一度マンション住民の意見をオーナーさんに届けてみても良いですね。

プロパンガス料金の見直しなら「プロパンガス消費者生活センター」

賃貸物件の方はガスの節約を心がけよう!

賃貸に住んでいて、大家さん(オーナーさん)が協力してくれなかった場合…
結局今のプロパンガス会社を使用し続けることになるため、泣き寝入りすることになってしまいます。

しかし、ガス使用時にちょっとだけ工夫をするだけでもガス代は下げることが可能!
私の実践しているガス代節約法をご紹介しましょう。

料理に使うお湯

パスタやうどんをゆでる時、お鍋一杯のお湯が必要になりますよね。
しかし、お鍋いっぱいの水を一から沸かすのは時間もかかり大変。
もちろんガス代だってかかります。

お湯は、一度電気ケトルで沸かしてからお鍋に入れて使いましょう。
比較的安く使える電気で沸かすことで、ガスの使用時間を短くできガス代を節約できます。
私もティファールの電気ケトルを使い事前に沸騰させてから使用していますが、これが結構ガス代節約につながっているんです!

食材に火を通す場合

料理の際、お野菜をゆでることがあります。
特ににんじんは火が通りにくく、しばらく茹でる必要がありますよね。

こういう場合も、電気の力を利用しましょう。
事前に電子レンジで1~2分チンするだけで、ガスの使用時間も短くすることができます。

これならカレーや野菜炒めも、たった10分で作れちゃいますよ~!
時短にもなるのでおすすめです。

食器を洗う場合

冬場はお皿もお湯で洗う人が多いと思います。
ですが、これもガス代に響く原因。
だからといって水で洗うのはつらいし手荒れにも繋がります。

冬場のお皿洗いはゴム手袋を使用しましょう!
お湯を使わずにゴム手袋を使用すれば、水でも冷たくありません。
また、手の乾燥やあかぎれも防ぐことができます。
給湯器を使わなくてよいので、ガスも使用しません。

また、食洗機を使うというのもひとつの手段。
じつは手洗いより、食洗機の方が水道代を節約できるのです!

水道光熱費の中でも一番高いガス代を節約するためには、比較的安い電気を大いに利用することが重要なんですね。

お風呂のお湯の温度

もっともガス代の影響が大きいのがお風呂。
特に冬場は湯船にお湯を張るため、ガス代が一気に跳ね上がります。

お風呂のお湯は温度の見直しをしましょう。
実はお湯の温度を1度あげると、1分間の使用で0.2円・5分間の使用で1.2円ガス代があがります。
15分シャワーを浴び続ける場合、40度から43度に温度を変えると1日10.4円・1年間で約3,780円もの差が出るといわれています。
年間に換算するとその差は歴然ですね。

また湯船は、42度以上に設定してしまうと熱さで心拍があがり、身体に負担を与えます。
38~39度とぬるめに設定し、普段より長めに入浴すれば湯冷めすることもありません。
また低い温度で長時間入浴することで、リラックスされ眠りにつきやすくなるメリットもあります。
温度を下げれば下げるほど、ガス使用を控えることができますよね。

また、沸かした湯船のお湯を洗い流す際に使用すれば、シャワーを使わなくて済みます。
小さいことですが、ここでもガスを節約できるはず。
また水道代の節約にも繋がりますよね。
さらに残り湯をお洗濯に使えば、節約上手間違いなし!

ムダなくこまめに蛇口を閉めることでも、立派な節約となるのです。

まとめ

ガス代が高いと感じる方は、今すぐ「プロパンガス消費者生活センター」に相談しましょう!
めんどうだから…と放置していても、足元を見られるだけで値段は下がりません。
消費者は堂々と良心的な価格で使うのが当たり前なのです。

特に賃貸にお住まいの方は“弱者”として見られがちですが、大家さんの了承さえもらえば半額以下でガスを使うことも可能!
ガスを使うことが当たり前の世の中ですが、だからこそ両者納得の上での単価設定で利用したいものですよね。

また、日ごろのガスの使い方を見直すのも節約に繋げる手段。
使用頻度を抑え、電気の力を利用すれば自動的にガス代を節約することができます。
小さなことですが、コツコツやれば翌月のガス代の使用量も必ず下がっているはずですよ!

プロパンガスを安くするならenepi(エネピ)で無料切り替え!

関連記事
効率の良いガス代の節約方法



【節約大全】みるみる下がる!光熱費削減テク★まとめページへ戻る
softener


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000