ラインポイントの使い方から貯め方を伝授!LINEポイントを使った「ポイ活」でノーマネーデーを楽しもう!

閲覧回数 : 4,619 views

老若男女関係なく「2人に1人は持っている」と言われるほどスマホが普及している現代において、無料通話アプリ“LINE”は最も使われているアプリではないでしょうか。
そんなLINEには家族や友達とメッセージのやり取りや通話だけでなく、他にも便利でお得な機能がついているんです。

すでにご存知かもしれませんが、LINEに関するサービスを使うことで“LINEポイント”を貯めることができます。
このLINEポイントというのは関連サービスの利用やポイントサイトを通じることで貯めることができ、尚かつ様々な使い方をすることができるポイントプログラムです。

ポイントといえば「クレジットカードを使うことで現金払いよりも貯めることができるもの」という印象が強いかもしれませんが、LINEポイントであればクレカを持つことができない高校生でも簡単に貯めることができ使うこともできるんです♪

そこで、今回は誰でも簡単に貯めて使うことができる“LINEポイント”についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINEポイントの使い方

LINE公式サイトより引用

後ほど詳しくご紹介しますが、LINEサービスを使うことでLINEポイントを貯めることができます。
今回は貯めたLINEポイントは何に使うことができるのかを先にご紹介したいと思います!

まず、ポイントと聞くと楽天ポイントやTポイント”“Pontaポイント”といった共通ポイントが頭に浮かぶのでは?

ちなみに、LINEポイントは共通ポイントの1つPontaポイントに交換することができます^^
もちろん他にも様々物と交換することができるのでご紹介していきましょう!

LINE Payカードにチャージする

LINE PayカードへのチャージはLINEポイント1,000ポイントからできます。
LINEポイントページ内の「交換」「商品」項目では、LINEポイントをLINEコイン(LINE内仮想通貨)やLINE Pay(電子マネー)、Amazonギフト券などの金券、商品に交換することができますよ。
交換するアイテムとして一番手頃なのはLINEコインですが、有料のLINEスタンプとLINE着せ替えを購入することができるので、LINEユーザーなら持っていて損は無いはずです。
交換できるポイントは最低ポイント120ポイント(50コイン)からとなっています。

《LINEポイントを使って交換できるギフト券や共通ポイント》

1, Amazonギフト券
550ポイント⇒500円分

2, nanacoポイント
300ポイント⇒270nanacoポイント

3, Pontaポイント
300ポイント⇒270Pontaポイント

4, メトロポイント
300ポイント⇒メトロポイント

さらに普段の生活の中でマイルを貯めているなら、メトロポイントへの交換がオススメです。
ソラチカカード(クレジットカード)を持っていれば、メトロポイントからANAマイルへの交換レートが0.9倍になります。

普通のポイントをANAマイルに交換するとき等価交換に近いレートにはならず、半分以下が当たり前です。
ゆえに「0.9倍」と聞くと微妙な気持ちになりますが、とてもお得なんですよ(笑)

陸マイラーにも人気のクレジットカード“ソラチカカード”についてはこちら↓のページをどうぞ



《商品と交換する》
LINEポイントは他ポイントだけではなく商品と交換することもできます。

1, スターバックスのeギフト
500ポイント⇒500円分

2, すかいらーくご優待券
550ポイント⇒500円分

3, プレミアムロールケーキ
150ポイント

4, からあげくん
216ポイント

5, 選べるe-GIFT
550ポイント⇒500円分

6, リンベルカタログギフト
2,100ポイント

貯めたLINEポイントを使えば学生やOLに人気のスターバックスコーヒーで使うことができるギフト券や、自分の欲しい商品を選ぶことができるカタログと交換することができます。
特にスタバは季節などに合わせて期間限定メニューが頻繁に登場するので、女性にとっては交換したくなる人も多いと思います♪

ちなみに、スタバをお得に使う方法は他にもあるんです^^
気になる方はこちら↓のページも合わせて読んでみてくださいね。



LINEコインに交換

LINEポイントはトークで使うことができるLINEスタンプや着せ替えを買う時に使うことができる“LINEコイン”に交換することができます。

交換レートは120LINEポイント⇒50LINEコインです。
LINEの着せ替えは個人差があると思いますが、LINEスタンプは家族や友達、恋人とのトークを盛り上げるためには必須アイテムでもあるはず^^

LINEポイントは紹介してきた通り、LINE Payへのチャージはもちろん商品やLINEで使うことができるアイテムの購入に利用することができます。
ポイントの使い方をご紹介してきましたが、まずはLINEポイントを貯めないと意味がありませんよね(笑)

また、「LINEポイントって結局なんなの?」とも思われてるかもしれません…。
次節からはLINEポイントについてはもちろん、効率よくお得に貯める方法についてお伝えするのでもうしばらくお付き合いくださいませ!

スポンサーリンク

LINEポイントとは

LINEポイントとは、無料通話アプリLINEの各種サービスや国際ブランドJCB加盟店を使うことで貯めることができるLINEのポイントサービスです。
LINEポイントは1ポイント=1円相当の価値があり、LINE内の仮想通貨LINEコインへの交換、LINE PayやAmazonギフト券に交換することができます。

ただしLINEポイントには有効期限があり、LINEポイントの有効期限は最後にポイントを使った日から180日です。
そのため、180日間LINEポイントをGET出来なければそれまでに貯めたポイントが消えてしまうので注意してくださいね。

LINEポイントを貯めよう

LINEポイントを貯める主な方法はLINE内のLINEポイントページで実地されているキャンペーンの条件を満たすか、LINE Payカードを使って決済をすることで貯めることができます。
しかし、他にもLINEポイントを貯める方法があり通常よりも効率よく貯めることができるかも…。
では、LINEポイントはそのように貯めていくものなのかご紹介していきましょう!

LINE Payカードを使う

LINEアプリもしくはコンビニで作ることができるLINE Payカード。
LINE Payカードを使って買い物をすると100円につき2ポイントが付与されるので還元率が2%で貯めることができます。
「ポイントを貯めるならクレジットカードがお得!」と当サイトで度々お伝えしてきましたが、クレジットカードよりも高還元率でポイントを貯めることができるプリペイドカードです。
クレジットカードで同等の還元率をもつのはリクルートカードプラスだけなので、LINE Payカードはかなりお得なカードといえますね。

さらに、ポイントサイトを経由して買い物をすることでクレジットカードを使った時のようにポイントの二重取りができてしまうんです^^
ポイントの二重取りの方法はいたってシンプル。
ポイントサイトと提携しているショッピングサイトでLINE Payカードを使い買い物をするだけ♪

ちなみに、2018年現在LINEポイントと交換することができるポイントサイトは5つあります。

■ Gポイント
モッピー(moppy)
■ ポイントタウン
■ Pex(ペックス)
■ お財布.com

各サイトによってポイントの交換手数料が異なりますが、ただポイントサイトを経由せずにLINE Payカードを使うだけより断然お得な使い方だと思いますよ。

LINE Payを使った効率のいい貯め方

買い物をする時にLINE Payカードにを使って支払うことでLINEポイントを集めることができます。
これを上手に活用することで、手間をかけずにポイントを集めることができますよ。
さらにLINE Payカードえを使うことで最大2%のポイント還元率となり、日常的な買い物からLINE Pay決済にすることで1ヶ月もあればバカにならないほどのポイントGETになること間違いないです!

ただしLINE Payカードを決済に使うためには、あらかじめLINE Payにチャージをしておかないと使うことができないので注意が必要です。
銀行口座と連携させることで「オートチャージ」を使うことができます。
日頃の買い物はLINE Payカード、チャージ方式はオートチャージをすることで一番効率よくLINEポイントを貯めることができます。

動画再生や友だち追加でポイントGET

LINEの設定画面を開きLINEポイントをタップすると、LINEを使ったポイントの貯め方や使い方のページが表示されます。
↑無料通話アプリLINEより引用

指定された動画を観たり、公式アカウントを友だち追加するだけでも5ポイントもらえます。
LINE Payカードを使ってポイントを貯めなくても、地味ではありますが条件をのむだけで簡単にポイントを貯めることができるのは嬉しいですよね♪
LINEポイントの付与条件はそれだけですが、Wi-Fiに接続していないと動画を上手く読み込まない可能性があるので注意が必要です。

見逃してはいけないのが、期間限定のキャンペーン期間。
キャンペーン中は、LINEポイントを10ポイント以上獲ることができるかもしれないので要チェックです!
LINEポイントを多くかつ速く貯めたい場合は「LINEポイント」公式アカウントを友だち登録しておくといいですよ^^
LINEポイントについて最新情報をトークで伝えてくれるので、ぜひ登録してくださいね。

LINE SMART PARTY

LINE SMART PARTYに登録すると、広告を見るなどで毎月ポイントがもらえるようになります。
LINEメッセージで広告が配信されるので、見るだけでLINEポイントをもらうことができますよ。

LINEショッピングを使う

LNEショッピングを経由して買い物をすると、購入額の最大20%のLINEポイントがボーナスで付与されます。
ただし、複数商品を購入する場合はその都度経由する必要があるので注意してくださいね。

楽天市場では楽天スーパーポイント、Yahoo!ショッピングではTポイントなど、各ショップ固有のポイントは通常通り貯まるので、ポイントの2重取りもできます。

さらにLINEショッピングを経由して共通ポイントが貯まるショップでLINE Payカードで決済すると、ポイントの3重取りができます。
LINEポイントだけでなく、共通ポイントも貯めることができるなんてお得ですよね。

LINEモバイルの基本料金から1%がLINEポイントに

携帯代の節約として2016年から始まった、格安SIMサービス「LINEモバイル」での月額基本料金の1%がLINEポイントとして貯めることができます。
LINEモバイルの使用料金からLINEポイントを貯めるためには、LINEアカウントとの紐付けが必要になるので忘れないようにしてくださいね。

LINEモバイルについて詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ

ふるさと納税でLINEポイントを貯めよう!

全国の地方自治体に寄付金をすることで節税効果や返礼品をもらうことができるふるさと納税

実はLINE Payカードを使うことで、ふるさと納税をおこないポイントを貯めることができます。
税金を払うことでポイントが貯まるクレジットカードが少ないなかで、ポイント還元率2%のLINE Payカードが使えるのは大きなメリットといえますよね^^

しかし、LINE Payカードはクレカではなくプリペイドカードのためチャージが必要です。
電子マネー楽天Edynanacoのようにクレカを使ってチャージをすることができないためクレカポイントと合わせた二重取りなどはできません。
クレジットカードの多くは1%還元のものが多いためLINE Payカードのほうがお得かつポイントを効率よく貯めることができますよ。
※2018年7月現在、クレカチャージしたnanacoを使ってふるさと納税をしてもnanacoポイントは付与されません

また、LINE Payカードによるふるさと納税にもデメリットがあります…。
LINE Payカードを使ってふるさと納税をするには入金するまでに手間がかかるんです。
仮にLINE Payカードにチャージをするため銀行口座と連携させていたとしても、一度に入金することができる金額は10万円までです。

そのため、パソコンやテレビなどの高額な寄付額によってもらうことができる家電製品などの返礼品が欲しい場合は不向きな納税方法です。

ですが、ふるさと納税をすることで得ることができるメリットはたくさんあります。
LINE Payカードを使えば本来ポイントを得ることができない税金でも貯めることができるのでオススメです^^

LINE Payカードはコンビニで購入もしくは公式ページから作ることができるので、この機会に検討してみてくださいね。

LINE Payカードの購入方法はこちら↓のページをどうぞ



LINE Payの新ポイントプログラムとは

2018年6月1日より新たに始まったポイントプログラム“マイカラー”

LINE Payは新制度を導入したことにより、LINE Payカードを利用した場合のみ2%のポイント還元だったものが全ての決済(LINE Pay/LINE Payカード含む)がポイント加算対象となりました。
なんと、このマイカラーではポイント還元率が利用度合いに応じて変化します。

新ポイントプログラム”マイカラー”はLINE Payを使っている全ユーザーと個人ユーザーのLINE Payサービスの利用度合いを相対的に判断し、異なる4色のバッジカラーが配信されます。
配信された色によってLINE Payを使う際のポイント還元率が変わるというものです。

【マイカラーの異なる4色】
■ ホワイト
⇒ポイント還元率0%
■ レッド
⇒ポイント還元率0.5%
■ ブルー
⇒ポイント還元率1%
■ グリーン
⇒ポイント還元率2%

また、マイカラー制度はLINE Payでの全ての決済が対象となり、「送金機能」はポイント対象外となります。
判定期間は前日20日までの実績となっており毎日0時にバッジカラーが更新される仕組みになっています。
さらに上限額として1ヶ月10万円、1回の決済で10万円を超える場合もポイント還元の対象外となるので注意が必要です。

しかし、2018年8月からは”マイカラー”のアップグレードが実地され、ポイント還元の上限額が10万円から100万円に引き上げられます。
バッジカラーの判定基準も変わるのでLINE Payを使っている(もしくは使おうとしてる)方は要チェックです!

【マイカラーによるポイント還元率】
■ ホワイト
⇒ポイント還元率0.5%
■ レッド
⇒ポイント還元率0.8%
■ ブルー
⇒ポイント還元率1%
■ グリーン
⇒ポイント還元率2%
※2018年8月1日より変更

そして、ここで朗報もあります!
2018年8月1日より、LINE PayのQRコードでの決済限定でカラーに限らずポイント還元率が一律3%まで引きあがります。
「QRコードでの決済限定」ではありますが、グリーンの方でもポイント還元率が3.5%、グリーンであればポイント還元率が5%です^^

対象期間は2018年8月1日~2019年7月31日までですが、クレジットカードよりも還元率を引き上げることができるのでお得です♪
このお得な大チャンス期間を利用して、LINE Payを使って効率よくLINEポイントを貯めちゃいましょう!

スポンサーリンク

まとめ

LINEは世界中で使われている通話アプリですが、通話だけではなくあらゆるサービスを展開しています。
LINEを通して買い物を楽しみながらポイントを貯めることができます。
なんといっても、LINEポイントLINEストアだけではなく仮想通貨としても使うことができるので無駄が一切ありません!

この機会に、今回ご紹介した方法を使ってLINEポイントを効率よく貯めて使ってみてくださいね。

クレカと併用すればポイントが貯まる電子マネーについてはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000