軽自動車税の増税もなんのその!維持費が安く小回りの利く軽自動車の魅力はこれだ!

閲覧回数 : 2,749 views

2015年4月1日以降に登録された軽自動車は、自動車税が7,200円から10,800円に増税されました。
その増税率1.5倍です。
ランニングコストで普通車よりも優位であるために好調な軽自動車の売り上げが落ちるだろうとのもっぱらの噂ですが、実際のところ軽自動車の売れ行きは好調。
特に女性には人気を集めていますよね。

増税を機に、軽自動車市場に変化はあったのでしょうか?
いろんな角度から検証してみたいと思います。


エコカー減税が適応!

実はこの増税が一方的なものにならないように、今まで軽自動車は対象外だったエコカー減税が適用されることになりました。
2015年4月以降に購入した新車が対象で、新たな「20年度燃費基準」を満たした車種は税金が4分の3に、基準を20%上回る車種は半額に減免されます。

具体的な金額で表すと、

■20年度燃費基準車=8,100円
20%達成車=5,400円

燃費の基準さえクリアすれば今までよりも安くなる場合があるのが分かりますね。
ただし、1年目の税金しか減税されないので注意が必要です。

実は増税対象外の中古軽自動車

実はこの増税は2015年4月1日以降に登録された新車のみに適用されるんです。
中古車は適用外ですから、新車で購入しない限りは旧税制の7,200円のままで維持できることになります。
ただし、新車登録から13年経過した中古車に関しては1.2倍の税金(8,640円)がかかるため、年式には注意しなくてはなりません。

私が乗っている軽自動車も、登録が2006年なので自動車税は7,200円のまま。
ですが、もうすぐ登録から13年が立つので8,640円にあがります。
10年以上乗り大分車もガタがきているので、税金が上がる前に乗り換えてしまおうか悩むところです・・・。

地方によっては車庫証明が不要な軽自動車

軽自動車には車庫証明がいらない地域があることをご存知ですか?
軽自動車を購入する層の理由で実は多いのが、車庫証明が不要だからと答える人が多いのです。
軽自動車の車庫証明の届出は、東京や大阪の中心から30km圏内にある市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市などが車庫証明の届出が必要な対象地域になります。
それ以外の地域に関しては車庫証明が不要という事になりますね。
不要地域は基本的に郊外であるため、駐車場を借りても5,000円/月程度で済みますが、年間で60,000円もかかる費用を節約できるのは大きいですよね。

ハイブリッド並みの低燃費車が100万円前後で買える

軽自動車はなんといっても新車価格が安いのがメリット。
ハイブリッドカー並みの燃費性能を持ちながら70万円~150万円で新車が買えてしまいます。
ハイブリッドカーで1番安いフィットハイブリッドでも168万円~225万円ですし、一番人気のプリウスだと223万円~343万円もしてしまいます。
昔に比べて安くなったとはいえ、ハイブリッドカーはまだ割高。
軽自動車であれば、あえてハイブリッドにしなくとも軽さを生かしたもともとの燃費の良さが持ち味ですから、燃費がいい車に高いお金を払うということもないんですよ。

軽自動車のコストメリットは変わらない!

増税で負担が増えることは間違いありませんが、軽中古車の自動車税は据え置きですし、エコカー減税も適用されます。
現状の税制では普通自動車は1,000cc以下で29,500円の自動車税がかかりますから、10,800円になっても圧倒的に軽自動車の税金は安いのです。
さらに、増税の影響でなかなか難しかった新車時の値引きも多少は額が大きくなるのではないかと予想されます。

また、金銭面以外でも、小ささならではの運転のしやすさで女性ドライバーからの支持は落ちないでしょうし、小さいからこそ努力して作り上げた居住性の良さも魅力的です。
増税は確かに痛いですが、軽自動車はやっぱり安くて魅力的ですし、今後も一時的に販売台数が落ちるかもしれませんが、結局、もとの水準に落ち着くのではないかと思います。

どちらにせよ車の維持費を抑えるには軽自動車に勝るものはありませんからね。

ちなみに買い物や子供の送迎にしか自動車を利用しない、と言う方はカーシェアを検討してみてはいかがですか?
年間で40万円以上も節約することができますよ!

いま乗っているクルマを高く売って人気の軽自動車を安く買う

【維持費や燃費をより安く】カーライフがもっと充実する情報まとめへ戻る
car


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000