【デビットカード活用術】クレカと似ているが全く違うデビットカードのメリット・デメリットとは

閲覧回数 : 1,085 views

世の中にはクレジットカードやポイントカードといったカードがありますが、“デビットカード”というカードをご存知でしょうか?
クレジットカードといえば優待特典やクレカ決済時にポイントがついたり、なにより現金を持たなくてもショッピングや食事を楽しむことができますよね。
しかし最近では「クレカは使い過ぎてしまいそうで怖い」という、お金の管理からくる不安感やお金の無駄遣いを懸念し、クレジットカードを持たない人が増えています。

そこで、オススメしたいカードがデビットカード

このデビットカードとはネット銀行だけではなく国内大手の銀行が発行している即時決済型のクレジットカードのことです。
クレジットカードを使って決済をすると後払いになりますが、デビットカードの場合はカード決済と同時に口座から引き落とされます。
そのためデビットカードであれば、クレカで多い金融事故にも繋がらことなく安心して使うことができます。
今回はデビットカードの情報やメリット・デメリット、そしてクレジットカードとの違いついてご紹介しますね。


 デビットカードとは


デビットカードとは銀行口座直結となっている即時決済型のクレジットカードのことです。
まずはデビットカードの特徴とメリットについてご紹介します。

デビットカードの特徴とメリット

デビットカードの特徴は、「使った金額がリアルタイムで口座から引き落としされる」ということ。
クレジットカードのように、後払いによる分割払いといった支払い方法をすることができません。
しかし、クレジットカードと違いカード発行の際に面倒な審査もないのでクレカの審査に通らないという方でも作ることができ、なんと15歳以上の方なら誰でも作ることができるカードです。

さらに国際ブランド加盟店やコンビニやスーパー、ネットショッピングでも使うことができるので普段の生活スタイルに合わせて使うことができるのでとっても便利!
買い物などで利用した金額は口座から引き落とされるため、上限金額=口座残高となりお金の無駄遣いを防ぐことができます。
何にどのように使ったかは各銀行アプリで明細を確認することができるので、レシートをもらわなくても一目で確認することができます。
最近では銀行をはじめとする各金融機関と提携を結んでいる家計簿アプリと併用が可能となっているため、「家計簿つけるのが面倒」「苦手なんです」といった方でも簡単に家計簿をつけることができますよ。

また、デビットカード1枚を財布に入れておくことで銀行ATMに行く必要がありません。
ということは、時間によってかかってしまうATM手数料が一切かからないので手数料を節約することができます。

デビットカードのメリットをまとめると

・口座から引き落としされるのでお金の使い過ぎを防ぐことができる
・審査なしでカードを発行することができる
・15歳以上であれば誰でも簡単に作ることができる
・銀行口座アプリや家計簿アプリによってお金の管理が簡単にできる
・銀行ATM手数料の節約ができる

です。
その他には海外のATMを利用し現地の通貨を引き出すことができたり、購入した商品が壊れても補償してくれるショッピング保険やカードの紛失・盗難による不正利用補償もあります。
デビットカードは口座残高が利用上限額となるため、クレジットカードの使い過ぎなどといった金融事故を起こす心配がなく安心して使うことができますよ。

デビットカードのデメリットとその理由とは

デビットカードは使い方によって家計の節約に繋げることができますが、もちろんデメリットもあります。
まず、デビットカードを使うには銀行口座に残高がなければ使うことができません。
なぜならデビットカードは即時決済型のクレジットカード。
クレジットカードのように分割やリボ払いなどの後払いができないので、デビットカードを使う際はクレカとの違いを把握しておく必要があります。

また国際ブランドが搭載されているデビットカードですが、一部利用できない店舗や場所があります。
デビットカードを使うことができない場所は高速道路や機内販売、ガソリンスタンド。
理由は即時引き落としができない業態のため、デビットカード決済をすることができません。
さらに、クレカと同じ後払い方式であるETC機能をつけることができないので気をつけて下さいね。

デビットカードの落とし穴

簡単にデメリットをお伝えしましたが、デビットカードを気になる点といえば“還元率”ではないでしょうか?
最近では還元率1%というクレジットカードが増えているなか、デビットカードの場合高くてもポイント還元率は0.5%のカードが多いです。
このように還元率が低いためクレジットカードと比較した際、デビットカードの落とし穴になりかねません。
そのため「ポイントを効率よく貯めたい」という方には、デビットカードではなくクレジットカードがやはり一番といえます。

また、デビットカードでは「定期払い」をすることができません。
多くのクレジットカードでは毎月かかる携帯代や水道・光熱費といった公共料金の支払いをすることができますが、デビットカードはあくまでも「その時だけ発生する一時費用」に対してのみ使うことができます。
※VISAデビットが一部の定期支払いに対応

さらに一部のデビットカードでは年会費が有料のカードもあります。(最大で年会費1,000円程度)
もちろん、クレカのように年に1度使うことで「年会費無料」といった条件をつけている銀行や完全無料のデビットカードもありますよ。
ですが、ポイント還元率と同様に年会費無料のクレジットカードが増えてきているので、有料のデビットカードを使うことはデメリットになってしまうかもしれません…。

デビットカードはメリットの多いカードではありますが、クレジットカードと比べるとポイントの還元率やカードの利便性など劣ってしまいます。
しかし、クレジットカードを作ることができない学生や現金主義といった方、クレカの使い方に不安を感じる人にオススメしたいカードです。

銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体化!?

デビットカードは銀行直結なので、キャッシュカードと一体化しているデビットカードもあります。
その名も“J-Debit”

この”J-Debit”とは銀行キャッシュカードを使い、買い物などの支払いが出来るサービスのことです。
※J-Debitを使う際は↓のマークのあるお店で使うことができます。
J-Debitナビ公式サイトより引用

J-Debitは日本デビットカード推奨協議会に加盟している金融機関が発行しているキャッシュカードで使うことができますが、利用できる店舗が限られているせいか認知度がいまだに低いです。
ちなみに、日本デビットカード推奨協議会に加盟している金融機関は以下の通りです。

・ゆうちょ銀行
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・第二地方銀行
・信用金庫
・信用組合
・労働金庫
・農業協同組合
・漁業協同組合

しかし、各金融機関のキャッシュカードの種類によってJ-Debitサービスが使えないカードもあるので、各金融機関で確認してくださいね。

 デビットカードとクレカの違いとは


お財布の中に1枚は入れておきたいデビットカードですが、クレジットカードと何が違うのかについてきちんと説明したいと思います。
冒頭から何度かお伝えしましたが、デビットカードとクレジットカードの大きく異なる部分は「支払い方法」です。
そこで、まずはクレジットカードの支払い方法についてご紹介します。

カードの代表、クレジットカードの支払い方法とは

社会人になったら1枚は持っておくと安心と言われていますよね。

手持ちのお金がなくても、クレカが対応しているお店ならカードだけで決算することが可能。
利用した金額は基本的にひと月分まとめられ、翌月カード会社に一括で支払うシステム(いわゆる一括払い)となっています。

しかし、クレジットカードには一括払いの他にも支払い方法があります。

分割払い
支払回数を決めて支払う方法。
例えば3回払いの場合、3か月にわたり分割して支払いをします。
毎月の負担額は減りますが、回数が多ければ多いほど利息も発生するので注意が必要。

リボルビング払い
毎月の支払い額を一定にすることができる方法。
例えば金額を5万円に設定した場合、その月の請求額が8万円なら最初に5万円、そして翌月に残りの3万円支払うことになります。
設定した金額以上の決算は翌月に持ち越されるということ。

ですが設定額を大きく超えてしまう場合、いつまでたっても支払いが繰り越されてしまいます。
もちろん金利負担も増えるので、利用の際には気をつけましょう。

ボーナス払い
名の通り、夏と冬のボーナスに支払をする方法。
一括払いとなるので、利子は発生しません。
家電などの大きな金額の買い物をまとめて購入する際によく使われる方法です。
支払い時期はカード会社によって微妙に異なる場合があるので、利用する際はチェックをしておくと安心。
尚、利用タイミングによっては半年先の決算となることもあるので注意が必要です。

デビットカードと違い審査はありますが、クレカを使うことでポイントを効率よく貯めることができます。
カードによって還元率も異なるので、クレカを作る際はポイントの面もチェックしておくべき。
現金を持ち歩く必要がないのでとっても便利ですが、デビットカードのように「いくら使ったか」その場で確認することができません。
クレジットカードはくれぐれも計画的に利用しましょう!

 当サイトおすすめの高還元率カードはこれだ!

デビットカードは1枚あると便利なカードですが、クレジットカードは持っておくと万が一の際でも安心できますよね。
とはいえ、デビットカードでもクレジットカードでも持つならお得なカードがいいもの…。

デビットカード・クレジットカードには、それぞれ特徴があります。
中でもポイント還元率は絶対にチェックすべきポイント!
還元率の高いカードを選べば、ポイントもザクザク貯めることができます。

おすすめのデビットカード

国際ブランドVISAとJCBがついているカードのポイント還元率・年会費など含めてオススメしたいデビットカードを4つご紹介します。
これからデビットカードを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

・住信SBIデビットカード
年会費⇒無料
ポイント還元率⇒0.6%
特徴⇒銀行の振込手数料やATM手数料がお得に使えます

・楽天銀行JCBデビットカード
年会費⇒無料
ポイント還元率⇒1%
特徴⇒デビットカードの中で最高還元率を実現させたカード
16歳以上なら誰でも作ることができます

・ジャパンネット銀行VISAデビット
年会費⇒無料
ポイント還元率⇒0.2%(ファミマ利用で1%)
特徴⇒通常ポイント還元率は低いが、ファミマで使うと1%と高還元率になります
Tポイントを貯めることができるので人気のデビットカード

・三菱東京UFJ-VISAデビット
年会費⇒有料 1,080円(23歳以下は無料)
ポイント還元率⇒0.2~0.5%
特徴⇒ポイント還元率は低いが、ATM手数料の無料時間が長いので現金を使う人にもオススメできます
年会費がかかりますが、年間10万円以上使うと翌年は無料になります

この4つのデビットカードの中でも“ジャパンネット銀行VISAデビット”は三大共通ポイントの一つTポイントを貯めることができ、“楽天銀行JCBデビットカード”であれば楽天ポイントを貯めることができます。
Tポイントも楽天ポイントもマイルや商品券などといった他のポイントなどに替えることができるので、貯めれば貯めるだけ使い方は多種多様ですよね。
クレジットカードに比べるとポイント還元率が低いことがデメリットではあるものの、15歳以上であれば作ることができるデビットカードが多く年会費も無料!
学生の時からデビットカードを使ってお金の管理方法を身につけておけば、お金の無駄遣いをせずに貯金をすることに抵抗を持たないかもしれませんね。

おすすめのクレジットカード

クレジットカードを持つなら重要視するのはポイント還元率!
ここでは当サイトがおすすめする高還元率のお得なクレジットカードをご紹介します。

・リクルートカード
年会費⇒無料
ポイント還元率⇒1.2%
特徴⇒どこで使っても1.2%の高還元率!さらにリクルート提供の「ポンパレモール」でお買い物をすると還元率は4.2%になります

リクルートカードについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ



・エポスカード
年会費⇒無料
ポイント還元率⇒0.5%
特徴⇒通常ポイント還元率は業界の中では低いですが、ポイントアップサイトを使えば最大30倍の還元率という驚異的なカードです

エポスカードについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ



・セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード
年会費⇒初年度無料(2年目以降1,000円)
ポイント還元率⇒0.5%
特徴⇒オキシクリーン柔軟剤ダウニーといった海外製品を多数取り扱っているコストコを使う人は持っているであろうクレカの一つ。
海外に行けば行くほど価値を感じることができると言われていますが、貯まったポイントをTポイント・dポイント・ANAマイル・スターバックスカード・Webマネー・nanacoポイントなど様々なものに交換できるメリットの多いカードです

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ



デビットカードでもクレジットカードでも、自分のライフスタイルに合わせて持ち合わせることがベスト!
また、どのポイントを一番貯めたいのかなどポイントを絞るのもいいかもしれませんね。
普段の買い物はどこですることが多いか、ATMの利用頻度はどのくらいかなど、自分の行動を見直すことで生活費の節約をしながらお金の管理も自然とできちゃうかも!?

 まとめ

デビットカード・クレジットカードについてご紹介しましたが、どちらもカード決済できるという点は同じ。
カードがあれば、コンビニなどでもお金を出す必要がないので、忙しい通勤途中などにも便利ですよね。

大きく異なる点は支払い方法です。
カード決済したあとの請求される金額を後払いにするか前払いにするか…。

特にクレカの場合、回数によって毎月の負担額が減りますがその分金利も発生します。
かといって無理に一括払いを選択しても、支払いができなければ意味がありません。
クレカはたった一度の遅延でも信用問題にかかわりますので、どのカードよりも慎重に扱うべき。

とはいえ、やはりどのカードも持っておくと安心。
自分のお財布事情に合わせて最適なカードを選びましょう!

デビットカードとプリペイドカードの違いについてはコチラのページを参考にどうぞ

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

⇒節約大全おすすめのクレジットカードはコチラ!


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000