エポスカードのポイント貯め方・作り方から使い方まで徹底解説!エポスカードで映画をお得に楽しむ方法も教えます!

閲覧回数 : 1,664 views

期間限定「銀魂」エポスカードページより引用

マルイで買い物をするなら確実に作っておきたいクレジットカードといえば、エポスカードですよね。
エポスカードの最大の魅力は年会費無料にも関わらず、様々な場所で使うことができる優待特典がついていること!
オシャレや遊びを楽しみながら洋服代交際費を節約しつつ、ポイントを貯めることができるなんて嬉しいですよね♪

そこで、今回はエポスカードを使った効率の良いポイントの貯め方とお得な使い方についてご紹介します。


エポスカードとは

エポスカード公式サイトより引用
まずは、エポスカードについてご紹介します。

エポスカードというのは、全国のマルイ店頭もしくはインターネットで作ることができるクレジットカードです。
このカードの最大の特徴は、マルイ店頭またネットからの申し込みでも最短で当日にカードを受け取ることができるということ。
たくさんあるクレジットカードの中でもエポスカードは、カードの発行スピードが最速と言われています。
さらに、最近ではスマホアプリを使って簡単に作ることも可能になりました。

ちなみにエポスカードには、他のクレジットカードに比べ70種類以上のデザインがあることも魅力の一つ!
ただし、エポスカードをデザインカードにするためには500~1,000円の発行手数料がかかります(笑)
もちろん「デザインなんかいらない!」という方は無料でカードを発行することができるので安心してくださいね。

※エポスカードはクレジットカードです。
18歳以上(高校生を除く)の方であれば作ることができます。
未成年の方が作る場合はカード申し込みの際に親権者の了解が必要になります。

エポスカードの作り方

エポスカードを作るには先ほどお伝えした3つの方法があるので、簡単にご紹介します。

1 マルイ店頭での申し込み方法
全国にあるマルイの”エポスカードセンター”でエポスカードを作る場合、【運転免許証/パスポート/社会保険証/国民健康保険証/在留カード/特別永住者証明書】などの身分証明書が必要となります。

また銀行のキャッシングカードがあれば、その場で口座引き落としの手続きを行うことができるので持って行きましょう。

次に各マルイ店舗にある”エポスカードセンター”に行き、申し込み手続きを行います。
エポスカードは最短で当日に受け取ることができますが、混雑などしている場合は時間がかかることがあるので時間に余裕のある状態でマルイの店頭へ足を運ことをオススメします。
もし、時間のない場合は当日にエポスカード引換券が渡され10日ほど経ったあとに自宅に届けてもらうことができるので無くさないよう保管してくださいね。

エポスカードは作った日からすぐに使うことができ、入会特典として2,000円分の優待クーポンをもらうことができるのでお得ですよ。

2 インターネットでの申し込み方法
持っているスマホはもちろん、パソコンや携帯電話から24時間エポスカードを申し込むことができます
※カードの審査結果はエポスカードの申し込み完了後にメールが送られてくるので、迷惑メールなどの受信を拒否している場合はあらかじめ解除しておくことをオススメします。

また、マルイ店頭でエポスカード申し込みの際は最短で当日にカードを受け取ることができるとお伝えしましたが、インターネットでも同じです。
インターネットで申し込み後はマルイ店舗にある”エポスカードセンター”で受け取るか、配達にて受け取ることができます。
エポスカードセンターで受け取る場合は店頭申し込み同様に入会特典として2,000円分の優待クーポンを受け取ることができますが、配達の場合2,000円相当のエポスポイントをもらうことができます。

この様にインターネット申し込みでは、カードの受け取り方によって優待クーポンかエポスポイントをもらうかが異なるため注意してくださいね。

3 スマートフォンアプリでの申し込み方法
「わざわざマルイに行くのは面倒」「ネットで個人情報の入力が面倒」
という方に最も簡単なエポスカードの申し込み方法があります。
ズバリ、スマートフォンアプリからの申し込みです。

↑エポスカード公式サイトより引用
持っているスマホ(iPhone/Android)に専用のアプリをインストールし申し込みをするだけという一番かんたんな方法です。
このアプリを使って申し込みをする最大のメリットは、運転免許証を撮影するだけで個人情報の入力を省略することができるということ。
マルイに直接行かなくいいだけではなく、面倒な個人情報の入力を省くことができるなんて便利ですよね(笑)

「エポスカードを作りたいけど…」という人にオススメです。

EPOSCARDはコチラから作成できます!

エポスカードの支払い方法

エポスカードの支払い方法は2つあります。
1つ目は口座引き落としによる支払い、2つ目は現金持参での支払い方法です。
※エポスカードをインターネット及び郵送で申し込みをした場合、口座引き落とし(27日引き落とし)となります。

では順番にご紹介しますね。

1 口座引き落とし
⇒指定した銀行口座より毎月4日もしくは27日の引き落としとなります。
ただし、一部金融機関によっては27日のみの引き落とし。
また、口座振替Net手続きサービスを使えば24時間、登録・変更を行うことができます。
エポスカードの名義と口座名義が同一の場合のみとなるので気をつけてくださいね

2 現金持参
⇒エポスATM・コンビニ・各銀行のATM・ネットバンキングのペイジー・マルイ各店舗(エポスカードセンター)での支払いとなります。
支払い日は【毎月5日/10日/15日/20日/25日/25日/30日】から選ぶことができます。

口座引き落としの場合は引き落とし日が2日間しか選ぶことができませんが、現金であればエポスATMやコンビニなどで払うことができ、尚且つ自分の都合に合わせて幅広い日にちから選ぶことができるのは嬉しいですね。

エポスカードの利用方法
クレジットカードといえば、買い物などの会計時に一括・分割・リボ払いと払い方を選ぶことができますよね。
なんとエポスカードでは5種類の支払い方法があるんです。
さらに、支払い方法によっては手数料が無料

今回はエポスカードの支払い方法を表にしたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

お支払方法内容手数料
1回払い前月締め日の翌月に払う無料
ボーナス1回払い使った金額を夏のボーナスまたは冬のボーナス月に払う無料
2回払い(分割)前月締め日の翌月と翌々月の2回に分けて払う無料
3~36回払い(分割)3~36回の中から自分で支払う回数を指定する実質年率15.0%
リボ払い使った金額・件数にかかわらず、毎月一定額の金額を払う実質年率15.0%

上の表をみてわかるように一括払いもしくはボーナス一括払い、2回までの分割払いであれば手数料がかかりません。
毎月の支払い額は少しでも抑えつつ、しかし早く終わらせたいもの…。
「カードがあるから何でも買える♪」といってカードを使い過ぎると自分の首を絞めてしまうかもしれないので、気をつけてくださいね。

ちなみに、エポスカードでは「えぽっけ」という公式あぷりがあります。
このアプリでは、”口座振替Net手続きサービス”や“エポスカードの利用状況”を確認することが出来るので、カードの使い過ぎなどを事前に防ぐことができますよ。

エポスカードを作った際は、エポスカード公式アプリ「えぽっけ」をスマホにダウンロードしておきましょう!

公式アプリ「えぽっけ」はコチラ

「請求額が高い…」そんな時はリボ払いに変更しよう

エポスカードに限らずクレジットカードでお買い物をした時、“一括払いもしくは分割払い”を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
しかし、送られてきた明細書を見て「え!?今月の請求額がこんなに…」なんて思いをしたことありませんか?
そんな時、エポスカードなら会計時に「一括・分割払い」を選んだ後でもリボ払いに変更することが可能です。

エポスカードを使った締め日の後でもリボ払いに変えることができますよ。
※リボ変更を行う場合「変更締切日」があります。変更締切日は【支払い方法/支払日/支払い月/引き落とし口座】によって異なるので必ず確認しましょう。
※リボ変更締切日は月によって多少前後する場合もあります

エポスカードを使うにあたり、リボ払いや3回以上の分割払いにした場合エポスポイントは貯まりやすくなります。
ですが、貯まっていくポイント以上に手数料を無駄に払わなくてはいけなくなってしまうので結果的に損をしてしまいます。

本当にやむ追えない状態でなければ支払い方法をリボ払いにしないように気をつけましょう。

エポスポイントの賢い貯め方について

↑EPOSNet ポイントアップサイト たまるマーケットより引用

クレジットカードで買い物をする最大のメリットといえば、ポイントが貯めやすいということですよね。
もちろん、エポスカードも同じです。
エポスポイントは、カードを使い200円ごとに1ポイント貯まっていきます。
※還元率は0.5%です
(リボ・3回以上の分割払いの場合は200円ごとに2ポイント※還元率は1%)
そして、貯めたエポスポイントは1ポイント=1円相当として使うことができますよ。

クレカを使って買い物をすることでポイントを貯めることは一般的ですが、少しでもお得かつ無駄のないように貯めたいですよね?
エポスカードをどのように使えばエポスポイントを賢く貯めることができるのかについてご紹介します。

たまるマーケットを使ってエクスポイント最大30倍還元!

大手通販サイトAmazonや楽天など400ショップ以上の人気ショップが出店しているポイントサイト“たまるマーケット”
この”たまるマーケット”でエポスカードを使いショッピングや国内の宿泊プランの予約をすると、ボーナスポイントを貯めることができます!
しかも一部ショップではエポスポイントを30倍で貯めることができるので効率かつ最も多く貯めることができます。
パソコン版ではネットショッピングの際に”たまるマーケット”の経由忘れを防いでくれる「ポイントアップコンシェルジュ」があるので、損をすることなくお得に貯めることができますよ♪
※最大還元率は39%となります(通常0.5%)

たまるマーケットを経由した場合のエポスポイント還元率と、主なショップ名を表にしたので参考にどうぞ

・総合通販

ショップ名倍率還元率
Amazon2倍1.0%
楽天市場2~39倍1~39%
LOHACO4倍2.0%
Yahoo!ショッピング3倍1.5%
ベルメゾンネット3倍1.5%
ヤフオク3倍1.5%
セブンネットショッピング4倍2.0%
ニッセン4倍2.0%
ポンパレモール3倍1.5%

・スーパー等

ショップ名倍率還元率
SEIYUドットコム3倍1.5%
FANCL4倍2.0%
DHCオンラインショップ4倍2.0%
爽快ドラッグ5倍2.5%

・旅行

会社名倍率還元率
エクスぺディア6倍3.0%
楽天トラベル3倍1.5%
じゃらんパック4倍2.0%
日本旅行5倍2.5%
るるぶトラベル4倍2.0%
エイチ・アイ・エス3倍1.5%

・音楽/書籍

ショップ名倍率還元率
iTunes Store9倍4.5%
楽天ブックス4倍2.0%
電子書籍ストアBookLive!13倍6.5%
honto6倍3.0%

・家電

ショップ名倍率還元率
ビッグカメラ.com4倍2.0%
ひかりTVショッピング4倍2.0%
Apple Store3倍1.5%
エディオンネットショップ3倍1.5%
Joshin ネットショッピング3倍1.5%
nojima online5倍2.5%

通常エポスカードを使って決済した場合、200円につき1ポイントしかエポスポイントをもらうことができません。
しかし、ポイントアップサイトたまるマーケットを経由してエポスカードを使うことで1%以上の還元率でポイントを獲得することができます。
さらに、楽天は楽天ポイント、Yahoo!ショッピング・LOHACOではTポイント、ポンパレモールではリクルートポイント(Pontaポイント)をエポスポイントは別にもらうことができるのでポイントの2重取りができるのです!

だとするならば、楽天やYahoo!ショッピングなどのネット通販を利用することが多い方にとってもエポスカードはオススメのカードといえるのではないでしょうか。

公共料金や携帯代の支払いや電子マネーのチャージをエポスカードを使おう!

エポスカードを使っての買い物はもちろんですが、各種公共料金の支払いや携帯電話の支払い、電子マネーへのチャージでもエポスポイントを貯めることができます。

また、ポイントを貯めるために各種公共料金や携帯電話の支払いの際にクレジットカードを使う方も多いのではないでしょうか?
ちなみに、エポスポイントを貯めることができる電子マネーは以下の通りです。
(還元率は0.5%)

楽天Edy⇒エポスカードでおサイフケータイ楽天Edyにチャージすると1,000円ごとに5ポイントをGET

*モバイルSuica⇒エポスカードでモバイルSuicaにチャージすると1,000円ごとに5ポイントをGET

スターバックスカード⇒エポスカードでスターバックスカードにチャージすると1,000円ごとに5ポイントをGET

この3つの中でも楽天Edyはチャージの時だけではなく、使う時にもエポスポイントを貯めることができるのでお得ですよ。

Visa加盟店で買い物をしよう!

「エポスカードを使って買い物をするならマルイが一番でしょ!」と思いきや、そんなことはありません。
マルイ以外のお店でもVisa加盟店であれば、レストランやデパートにスーパー、コンビニでもエポスポイントを同じように貯めることができますよ。
つまり200円ごとに1ポイント、リボ・3回以上の分割払いの場合は200円ごとに2ポイントとマルイで買い物をした時と同様にエポスポイントを貯めることができるということです。

オススメショップを上手く活用しよう

エポスカードと提携している店舗はなんと7,000店以上!
エポスカードを使ってポイントが貯まるお店を3つご紹介したいと思います。

1 SHIDAX(シダックス)とBIG ECHO(ビッグエコー)
シダックスとビッグエコーといえば、全国展開している大手カラオケチェーン店ですよね。
実はこの2店のカラオケボックスを利用した際、エポスカードで料金を支払うと通常よりも5倍の還元率でポイントを貯めることができますよ。
※還元率は2.5%となります(通常0.5%)

2 家電量販店nojima(ノジマ)とnojima online(ノジマオンライン)
家電量販店として全国展開しているnojima(ノジマ)でエポスカードを使って買い物をすると通常よりも5倍の還元率でポイントを貯めることができるます。
※還元率は2.5%となります(通常0.5%)

3 APA HOTELS&RESORTS(アパホテル&リゾーツ)
全国展開しているビジネスホテルAPA HOTELS&RESORTS(アパホテル&リゾーツ)

館内にはビジネスホテルにも関わらず大浴場が設置されていたり、世界初となる全予約に対応した自動チェックイン機を導入したホテルも点在しています。
そして、アパホテルの代金をカード払いにするとエポスポイントを5倍の還元率でもらうことができます。
※還元率は2.5%となります(通常0.5%)

カラオケ店舗として全国展開しているビッグエコーにシダックス。
特に大学生や専門学生の方など、使う機会が多いのでは?
ビジネスマンの方には、nojimaや出張の多い方ならAPA HOTELS&RESORTSがオススメ!
テレビやパソコン等、エポスカードを使えば高還元率でポイントをGETすることができますし、出張の多い方なら最新設備の整ったホテルでエポスポイントを簡単に貯めることができます。

また、エポスポイントを貯める方法として家計の節約を考えている主婦の方にはコチラ!
現在使っている電気会社をENEOS電気に切り替える(申し込みをした場合)と1,000エポスポイントを獲得することができますよ。

電気自由化にいち早く取り組みを見せたENEOS電気については、当サイトのこちらの記事を参考にどうぞ

さらに、ENEOS電気に切り替えたあとも電気料金の支払いをエポスカードで決済することで通常の2倍の還元率でエポスポイントをもらうことができますよ!
電気代の節約をし家計の節約に繋げませんか?

エポスカードは即日発行することができ年会費無料という点もありオススメしたいカードではありますが、還元率が通常0.5%と他のクレジットカードと比べても高いとは言えません。
しかし、このように提携している施設やお店でエポスカードを使うことで還元率が5倍から最大30倍になるのでポイントが貯めやすくなります。
エポスカードを使う際、目的に合わせて使うことでエポスポイントを効率よく貯めることができますね。

さらに今回ご紹介した施設また店舗ではエポスポイントを貯めることができるだけではなく、様々な特典がついてくるのでお得といえるでしょう。

EPOSCARDはコチラから作成できます!

エポスカードを使ってふるさと納税をしよう!

豪華な返礼品をもらうことができ、節税をすることができる“ふるさと納税”
2017年は寄付額以上の返礼品やふるさと納税の本来の目的が問われることもありましたが、ふるさと納税をきちんと理解しておこなうことで日々の節約にもつながりますよね。

地方に寄付し恩恵を受けることができる”ふるさと納税”ですが、金額によっては現金で払うことが困難なことも…。
そんな時、クレジットカードを持っていればふるさと納税をしながらポイントを貯めることができます。
ふるさと納税ポータルサイトの“ふるさとチョイス”にて寄付したい自治体を選び決済方法をエポスカードにすることで、エポスポイントを貯めることができるのでとってもお得!

ふるさと納税をクレカ決済することでポイントが貯まるうえに返礼品がもらえ、節税もできるのですからメリットしかありませんよね!
「今年こそは…」とふるさと納税をしたいと思っている方はクレジットカードを使ってみてくださいね^^

ふるさと納税の基本からおすすめ返礼品などの詳しい情報はこちら↓↓のページをどうぞ

エポスカードの特典とは

エポスカードは使わなくても提示をするだけで受けることができる特典があります。
まずはエポスカードに付いてくる10個の特典をご紹介します。

特典1 永久無料なのに海外旅行傷害保険がつく
特典2 全国の飲食店で割引きなどのサービスを受けることができる
特典3 遊園地入場割引きがある
特典4 カラオケ料金が割引きになる
特典5 美容院やネイルの施術が割引きになる
特典6 スパ・温泉の入場料金が割引きになる
特典7 舞台・イベントのチケットが会員限定価格になる
特典8 レンタカー・カーシェが割引き価格で使うことができる
特典9 旅行予約・出発でポイントアップなどの特典を受けることができる
特典10 ショッピングをすることでボーナスポイントなどがある

この記事内でも何度もお伝えしていますが、年会費無料なのに10個の優待特典がつくんです!
しかも中にはエポスカードでの決済をしなくても、カードを提示するだけで受けることができる優待特典もあります。
エポスカードを持っていれば、お買い物だけではなく食事や美容院などもお得に使うことができますよ♪

マルコとマルオの7日間は10%OFF!

エポスカードを持っているなら知っている方も多いと思いますが、年に4回ある“マルコとマルオの7日間”というエポス会員限定のサービス期間がありますよね。
このサービス期間中にマルイで買い物をする際、エポスカードを提示するだけで10%OFFになります。
もちろん期間中であれば”マルイウェブチャネル”、またはモディでも10%OFFでショッピングを楽しむことができるのでとってもお得♪

さらに、神奈川県横浜市にある横浜スカイビル内の提携29施設でエポスカードを提示すると最大10%割引き(店舗により異なります)になります。
買い物をする際にカード決済をしなくても、割引きサービスを受けることができるなんて嬉しいですよね。

では、そんなにもお得なマルイはどこにあるのでしょうか?
東京都内を中心に全国展開しているマルイ店舗を都道府県ごとにまとめてみました。

東京都
⇒有楽町マルイ・新宿マルイ 本館・新宿マルイ アネックス・新宿マルイ メン・マルイシティ渋谷・マルイジャム渋谷・池袋マルイ・上野マルイ・北千住マルイ・丸井錦糸町店・中野マルイ・丸井吉祥寺店・国分寺マルイ・町田マルイ

神奈川県
⇒マルイシティ横浜・丸井川崎店・マルイファミリー溝口・マルイファミリー海老名

埼玉県
⇒丸井大宮店・マルイファミリー志木・草加マルイ

千葉県
⇒丸井柏店・柏VAT

茨城県
⇒丸井水戸店

静岡県
⇒丸井静岡店
兵庫県
⇒神戸マルイ

京都府
⇒京都マルイ

大阪府
⇒なんばマルイ

福岡県
⇒博多マルイ

全国展開しているものの、関西地方や九州地方になると店舗数は少ないようですね。
それでも洋服や雑貨などの買い物はマルイを利用しているのであれば、エポスカードを持っていて損はないですよ。

エポスカード提示で受けられるその他の割引きサービス

エポスカードはマルイで作ることができるのだから、買い物をする際に特典がつくことは当然とも思ってしまいますよね(笑)
しかし、エポスカードを持っていると得することができるのはマルイでの利用だけではありません!

次に、エポスカードを提示するだけで特典を受けることができる代表的な店舗を表にしてまとめたのでご紹介します。

・外食

店舗名特典内容
ロイヤルホスト飲食代5%OFF
カウボーイ家族飲食代5%OFF
小川珈琲飲食代10%OFF
丸山珈琲コーヒードリンク1杯10%OFF
SLDグループ全61店舗ランチタイムのセットドリンク1杯サービス
ディナータイム飲食代10%OFF
第一興商ダイニングの店舗飲食代10%OFF
つけめんTETSU(対象5店舗)トッピング無料サービス
サーティワンアイスクリーム(対象店舗)割引きサービス

・カラオケ

店舗名特典内容
ビッグエコールーム料金30%OFFまたはドリンクバー付き・飲み放題コースお会計総額10%OFF
シダックスルーム料金30%OFFまたはフリータイム・フリフリプラン20%OFF
パーティコース10%OFF
カラオケ館ルーム料金30%OFF
ジャンカラ・スーパージャンカラ利用する人数に応じてルーム料金を最大20%OFF
カラオケ CLUB DAMルーム料金30%OFFまたは飲み放題付きコース・フリータイム利用時のお会計総額10%OFF

・美容

店舗名特典内容
HAIR&MAKE EARTHカット&ブロー&シャンプーメニューが優待価格2,500円
Ashグループサロンカット&ブローが通常価格から1,000円引きの優待価格
カラー・パーマメニューが通常料金より30%割引き
TAYAグループ全143店舗通常料金から10%OFF
ネイルズユニークハンドケア・フットケアメニュー3,240円以上の利用でネイルアート1本無料

・暮らし

店舗名特典内容
おそうじ本舗見積もり代金から10%OFF
キンコーズサービス利用料金から5%OFF

エポスカードを使わずともカードを提示するだけで飲食店やカラオケ、さらには美容院で割引きサービスを受けることができるのは嬉しいですよね。
特にオシャレを常に意識している女性にとっては、美容関連の割引きサービスは嬉しいはず!
さらに、男女年齢問わず大勢で楽しむことができるカラオケ店舗でのルーム料金割引やコース割引きは交際費の節約にも繋がるので喜ぶ方も多いのでは?
特に冬が近づくと忘年会や新年会などの二次会で使う機会が増えるので、知ってお行きたいお得な情報といえますよね♪

気になる特典!永久無料なのに海外旅行傷害保険について

Visa付きのエポスカードなら、なんと海外旅行傷害保険が優待特典としてつきます。
旅先での万が一に備えた保険になっているので、海外でも安心して過ごすことができますよ♪

海外旅行傷害保険の補償内容は以下の通りです。

保険の種類保険金額
障害死亡・後遺障害最高500万円
障害治療費用200万円
(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円
(1疾病の限度額)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円
(1事故の限度額)
救援者費用100万円
(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害
(免責3,000円)
20万円
(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカード公式サイトより引用

ただし、保険の対象となるのはVisa付きエポスカード会員本人のみとなり、家族は対象外となるため注意が必要です。
保障期間に関しては、カード加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象となり、1旅行につき最長で90日間となります。

海外旅行中にデジカメを誤って落とし壊してしまっても、海外での食事に慣れず緊急入院をしても海外旅行傷害保険の対象となりますよ。
もちろん、エポスカードは国際ブランドVisaが付いているのでお買い物も食事もエポスカードを使って楽しい旅行を満喫することができます。
エポスカードは国内に限らず海外でも使えますが、持っているだけでも心強い味方になってくれますね。

年会費無料でエポスカードと同じように海外旅行傷害保険をつけることができるのは”楽天カード”です。

楽天カードといえばCMや色んな場所で広告を見かける方も多いのではないでしょうか?
大手通販サイト楽天市場での買い物で常に4%のポイント還元があったり、楽天ポイントをお得に貯めることができるキャンペーンも豊富ですよね♪

そんな楽天カードにも利用付帯という条件がついてしまいますが、【傷害・疾病治療費用(ケガや病気による入院などの補償)】も最大2,000万円付帯されているのでつけておけば心強い保険です。
また、楽天カードには国際ブランド【VISA/Mastercard/JCB】から選ぶことができるので海外でももちろん使うことができますよ。

楽天カードとエポスカードがあれば、海外旅行がもっと安心して楽しむことができそうですね^^

楽天カードの詳しい情報はこちら↓↓エポスカードと比べてみましょう!

エポスポイントの使い方

今までは効率のいいエポスポイントの貯め方や、エポスカードを持っているだけで受けることができる優待割引についてお伝えしました。
しかし、ポイントを貯めても使い方がわからなければ意味がないですよね。

そこで、最後にエポスポイントの4つの使い方について説明したいと思います。

マルイもしくはマルイウェブチャネルで使う
マルイもしくはマルイウェブチャネルでの買い物をする際に、1ポイント=1円として使うことができます。
マルイで洋服や雑貨など買い物を頻繁にする方は、エポスポイントを使う機会が多いかもしれませんね。

エポスVisaプリペイドカードにして使う
このエポスVisaプリペイドカードはVisa加盟店でつかうことができるプリペイドカードです。(別名:ブランドプリペイドカード)
エポスカードを使って貯めたエポスポイントを1ポイントから、エポスVisaプリペイドカードにチャージをして使うことができますよ。

商品券やギフト券と交換して使う
貯めたエポスポイントはマルイの商品券やVJAギフトカード(Visa)クオカードに交換することができます。
交換することができるほとんどの商品券などが1ポイント=1円となりますが、少しではあるが商品によって優遇されているものがあります。

何ポイントでどんな商品券と交換することが出来るのか表にまとめました。

商品名交換ポイント金額(相当額)
マルイ商品券1,000エポスポイント1,000円
iTunesギフトカード1,000エポスポイント1,000円
VJAギフトカード1,000エポスポイント1,000円
クオカード1,000エポスポイント1,000円
オンリー優待券1,000エポスポイント1,000円
アパホテルクーポン券1,000エポスポイント1,000円
シダックスサービス券1,000エポスポイント1,000円
モンテローザお食事券800エポスポイント1,000円
KEYUCAお食事券500エポスポイント500円
スターバックスカード3,000エポスポイント3,000円

以前auWALLETカードの記事でスターバックスカードについてご紹介しましたが、エポスカードで貯めたポイントでスターバックスカードにチャージすることができるなんてスタバが大好きな人にとってはお得な情報と言えるのでは?

また、モンテローザで使うことができるお食事券はエポスポイント800円に対し、1,000円分とこちらもお得!
さらに使っているスマホがiPhoneであれば、ゲームや音楽はもちろん買い物にも使うことができるiTunesギフトカードと交換できますよ♪

auWALLETカードとスターバックスカードについてはコチラのページをどうぞ!

エポスポイントを他のポイントに交換して使う
実は、エポスカードに貯めたエポスポイントは他社のポイントと交換することができます。
「エポスカードには入会したけど、マルイは使わないんだよねぇ(苦笑)」なんて人は他社のポイントと交換しては?

交換できるエポスポイントと他社ポイントの表はコチラ

マイル・ポイント名必要なエポスポイント交換マイル・ポイント
ANAマイル1,000エポスポイント500マイル
(プラチナ・ゴールドは600マイル)
ANAスカイコイン1,000エポスポイント1,000スカイコイン
JALマイル1,000エポスポイント500マイル
スターバックスカード
(チャージ)
500エポスポイント500円分
ノジマスーパーポイント500エポスポイント500ポイント
dポイント1,000エポスポイント1,000dポイント
WALLETポイント1,000エポスポイント1,000WALLETポイント

海外旅行や出張、もちろん国内でも飛行機を使う人なら航空券などの購入にも使えるマイルへの交換がオススメ♪
しかし、飛行機を使う方ならマイルをもっと賢く効率よく貯めたいですよね。
マイルが貯まればお金をかけずに海外旅行を楽しむことができちゃうかも♪

航空券の発行や航空会社の提携店や機内で使うことができるマイルについてはコチラのページをどうぞ





エポスカードは持っているだけでも優待特典を受けることができますが、貯めたエポスポイントを無駄なく使うためにも「何に使うことができるのか」をしっかり把握しておくことも大切です!

EPOSCARDはコチラから作成できます!

エポスカードを使ってお得に映画を楽しもう!

数々の飲食店やショップと提携しているEPOSCARD(エポスカード)。
もちろん大迫力そして大画面で楽しむことができる映画館だって、エポスカードがあればお得に楽しむことができますよ♪

エポスカードを使って映画を安く観ることができる映画館を表にしました!

映画館条件優待内容
シネマスコーレエポスカードの提示当日一般料金より200円引き
吉祥寺 オデヲンエポスカードの提示映画鑑賞料金より300引き
TENPARA
天文館シネマパラダイス
エポスカードの提示一般
⇒通常料金より300円引き
大学生・高校生以下
⇒通常料金より200円引き
宮崎キネマ館エポスカードの提示一般
⇒通常1,800円(税込)から200円引き
子供
⇒通常1,000円(税込)から100円引き

キネマ旬報シアターエポスカードの提示一般料金より300円引き
CINECITTA’
チネチッタ
エポスカードの提示当日窓口一般料金より300円引き
ヒューマントラストシネマ
有楽町
エポスカードの提示一般
⇒通常1,800円(税込)から400円引き
大学・専門学生
⇒通常1,500円(税込)から100円引き

エポスカードを提示するだけで、通常鑑賞料金よりも安く観ることが出来るなんて嬉しいですよね。
ただし、上記の表に記載した映画館でエポスカードの優待を受けることができるのは2017年9月30日までとなります。
また、レディースディ等の他の割引きと併用して使うことが出来ないので気をつけましょう。

さらに、全国展開をしている2箇所の映画館では条件を満たすことで、通常の映画鑑賞料金よりも安く尚且つ映画をいつでも楽しむことができますよ♪

イオンシネマ

⇒イオンシネマ全国86劇場で一般価格1,800円がエポトクラブから共通映画鑑賞券を買うといつでも1,300円(500円割り引き)で映画を観ることができます。

・チケット購入方法
EPOSNetご優待サイトエポトクプラザより引用

※劇場鑑賞券を買う際はイオンシネマHPからの購入またはイオンシネマ窓口で購入しても優待割引は受けられないでので気をつけましょう。

ユナイテッド・シネマ/シネプレックス

⇒ユナイテッド・シネマ/シネプレックス全国34劇場で大人(高校生以上)1,800円がエポトクラブから共通映画鑑賞券を買うと、いつでも1,300円(500円割り引き)小人(中学生以下)1,000円がエポトクラブから共通映画鑑賞券を買うと、いつでも800円(200円引き)で映画を観ることができます。

・チケット購入方法
EPOSNetご優待サイトエポトクプラザより引用

※劇場鑑賞券を買う際はユナイテッドシネマ/シネプレックスHPからの購入またはユナイテッドシネマ/シネプレックス窓口で購入しても優待割引は受けられないでので気をつけましょう。

エポスカードを提示するだけで受けることができる割引き優待も嬉しいですが、やはりいつでも安く映画を観るならEPOSNetご優待サイトエポトクプラザから購入するのが一番!

ちなみに当サイトでは映画代を節約する方法をすでに紹介しています!
詳しく知りたい方はコチラのページを参考にどうぞ。



まとめ

年会費無料で即日発行することができるエポスカード。
エポスカードを使ったお得な情報やエポスポイントの貯め方・使い方についてご紹介してきましたが、実はメインのクレジットカードとして持つことはオススメできません。
理由は他の百貨店で作るクレジットカードに比べ、還元率の低さにあります。

たまるマーケットや提携店で使うことでポイントアップにはなりますが、通常の還元率は0.5%ということをお忘れなく…。
しかし、エポスカードを提示するだけで受けることができる割引きサービスやここでは、ご紹介しきれなかった特典もまだまだあります!

また、社会人に限らず学生の方でも作ることができるクレジットカードなので、「初めてクレカを作る」といったカード初心者の方にはオススメしたいカードです。

EPOSCARDはコチラから作成できます!

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓

節約主婦におすすめのクレカ比較ページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
エポスカードのポイント貯め方・作り方から使い方まで徹底解説!エポスカードで映画をお得に楽しむ方法も教えます!エポスカードのポイント貯め方・作り方から使い方まで徹底解説!エポスカードで映画をお得に楽しむ方法も教えます!