イオンカードは年会費無料で持つことができる主婦の強い味方!毎日のお買い物をもっとお得に楽しもう!

閲覧回数 : 7,985 views

衣食住に関するあらゆる商品を買うことができる、大手スーパーイオン。
全国展開していることもあり、「知らない」という人はいないのではないでしょうか?

地域によっては映画館と隣接されていたりショッピングモールとして展開している場所もありますよね。
さらにダイエーやマルナカにマックスバリュー、ビブレやフォーラスもイオングループの1つです^^

そんなイオン(またはイオングループ)で買い物をするときに是非使いたいのが“イオンカード”
イオンカードは年会費無料で作ることができるクレジットカードです。
他に“イオンカードセレクト”というクレカもあったり、付帯させる国際ブランドによってデザインカードを発行することができますよ。

ちなみに他社と提携しているイオンカードもありますが、カード特典は全て同じなので「お客様感謝デーの5%OFF」も適用されるので持っていて損はありません。

イオンカードは目的別に使いこなすことでポイントを貯めることができる、主婦ならば一枚は持っていたいクレジットカードです。
そこで、今回はイオンカードはもちろん他社と連携しているクレジットカードについてご紹介したいと思います。

イオンカードとは

イオングループの発行している”イオンカード”。
CMでもおなじみとなっており、すでに国内で2,400万枚以上も発行されている人気のクレジットカードです。
まずは、イオンカードの概要からご紹介しましょう。

■ カード名:イオンカード(または、イオンカードセレクト)
■ 年会費:無料
■ 国際ブランド:Visa/Master card/JCB
■ 付帯カード:家族カード/ETCカード
■ 付帯機能:電子マネーWAON
■ 付帯保険:ショッピング保険/カード盗難保障
■ ポイント:ときめきポイント/WAONポイント
■ 優待サービス:お客様感謝デー5%OFF/イオングループの利用でポイント2倍など

イオンカードは年会費・入会金は無料、もちろん家族カードもETCカードも無料で発行することができます。
カードデザインは3種類展開してスタンダードから人気キャラクターデザインカードもあります。

なかでも人気なカードは”イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)”^^

ディズニーキャラクターでお馴染みのミッキーマウスがカードフェイスにデザインされており、ディズニー好きには堪らないカードですね♪
しかし、このイオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)は国際ブランドJCB限定のクレカとなります。
VISA/Master cardでは作ることができないので注意してくださいね。

さらに、子供から大人まで幅広い人気を持っているミニオンズデザインのイオンカードも作ることができます。

イオンカード(ミニオンズ)では通常のイオンカード特典の他にも限定特典が付帯されます。

特典1,ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内でご利用いただくと、ときめきポイント10倍!
特典2,たまった「ときめきポイント」を「イオンカード(ミニオンズ)オリジナル商品」に交換できる!
特典3,イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円!
※イオンカード公式ページより引用

ミニオンズは大阪にある遊園地”ユニバーサルスタジオジャパン(通称:USJ)でも専用エリアが開設されるほどの人気キャラクター。
特典の中には映画好きには堪らないサービスもあるので、見逃せないですよね!
ちなみにイオンカード(ミニオンズ)は国際ブランドMaster card限定のクレジットカードになります。
VISAカード、JCBカードが欲しい方は申し込むまえに確認しましょう。

家族カード・ETCカードも年会費無料!

イオンカードは3枚まで家族カードを発行でき年会費は無料、本人会員とほぼ変わらない特典を受けることができます。

ただし貯まるポイントは全て本人会員のカードにまとめられるため、ポイントを管理することはできません。
ゆえに「ポイントを別で貯めたい!」という場合は、本会員カードを新規でも申し込む必要があります。

また、イオンカードでは有料道路を使う際に便利なETCカードも年会費無料で付帯させることができます。
夏休みや冬休みといった長期休暇を利用したり、普段から高速道路を利用している方はイオンカード発行の際に申し込んでおきましょう。

ちなみにETCゲートで車が損傷した場合のみ、保険も適応され年に1回・5万円までです。
マイカーを持っている方なら別途、自動車保険にか加入しているはずですが、ETCカードにも保険が付いているのは嬉しいですよね。

ショッピング保険もついてる!

イオンカードにはショッピング保険も付帯されており、保証できるのは以下の場合のみ

・破損事故
・火災事故
・盗難事故

イオンカードで決済・購入してから180日が対象。
高価なものは念のためイオンカードを使い決済すると安心ですね。

ちなみにカード決済時のみ対象、WAON決済は非対応となりますので注意が必要。
購入時のレシートや領収証もきちんと保管をしておきましょう!

Web明細に切り替えればポイントやマイルが貯まる!

クレジットカードを使うと、毎月紙の明細が自宅に届きますよね。

この紙ベースの明細、Web明細に切り替えることでときめきポイントを10ポイントももらうことができます。
さらにイオンHMBカードの場合、JALマイルが5マイルが貯まります。

1年間毎月クレカを使えば、請求があるためWeb明細も発生。
ということは切り替えるだけで年に120ポイントも獲得することができます。

Web明細は環境にも優しく、明細管理もカンタンになるのでおすすめですよ!

優待サービス

冒頭でもお伝えしたとおり、イオンカードがあれば毎月20日30日の”イオンお客様感謝デー”に5%OFFでお買い物をすることができます。
さらにイオングループ内でのお買い物時にイオンカードを利用することで、通常より2倍のときめきポイントをもらうことができます^^

また、イオングループといえば“イオンシネマ”も忘れてはいけません。
夏休みや冬休みには子供に大人気のポケットモンスターや妖怪ウォッチなどの映画が公開されますよね^^
なんと、お客様感謝デーの日にイオンシネマに行けば1,100円で映画を観ることができます♪
親子で映画をお得に楽しむもいいですし、たまには一人でのんびりと好きな映画を観るのも◎

イオンシネマやTOHOシネマズをお得に観る方法はこちら↓のページをどうぞ



他にもイオンカードのカード特典として

・レジャー施設などでの優待割引
・優待パスポートがもらえる
・G.G感謝デーで5%OFF

などがありますよ♪
イオンカードは使う日によってもお得に買い物を楽しむことができますが、休日を利用して家族で遊びに行くのもいいですね^^

イオンカードのお得なカード特典やポイントの貯め方については、こちら↓のページをどうぞ



イオンカードで貯まるポイントは?

イオンカードを使うと、利用した金額に応じて「ときめきポイント」を貯めることができます。

通常はイオンカード税込200円の利用につき1ポイントが貯めることができます。(還元率0.5%)
ときめきポイントはイオン(またはイオングループなど)での買い物だけでなく、イオンカードを使うことでポイントが貯まっていきます。
なので家賃や公共料金など生活費に関する支払いをイオンカードにまとめておくだけで、自動的にポイントを貯めることができますよ^^

ただ、見ないふりができないのが「ポイント還元率」です。
イオンカードは年会費無料で持つことができカード特典も満載のクレジットカードですが、他のクレカと比べポイント還元率が低いことが懸念されています。

例えば同じく年会費無料の楽天カード
楽天カードのポイント還元率は通常1%で、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。
楽天スーパーポイントも1ポイント1円として使うことができ、共通ポイントの中でも断トツに利便性の高いポイントです。

では、イオンカードで貯まる「ときめきポイント」はどうでしょうか?
ときめきポイントの代表的な交換先には

・電子マネーWAONに交換
・イオンでのお買い物で使える
・イオン商品券
・USJパス(2名分)

と主に「イオングループ、提携グループでの利用」が多いです。

生活に関する買い物などをイオン・イオングループしか使っていない、もしくはUSJチケットが欲しい方にはメリットがありますが、楽天スーパーポイントと異なり使い勝手が悪いように感じますね。

イオン・イオングループを少しでも安くお得に利用するならイオンカードはオススメですが、ポイント面で見ると魅力が半減してしまうかもしれません…。
そのため、メインカードとしてではなくサブカードとしてイオンカードを持つことがオススメです。

電子マネーと紐つければ「ピッ」とするだけ

もし利用している携帯電話がおサイフケータイ対象端末の場合、イオンカードにイオンiDを紐づけることができます。

この「iD」というのはポストペイ型の電子マネーで事前にチャージする必要がありません。
よく見かける楽天EdyやSuicaといった電子マネーはプリペイド型なので事前にチャージしないと使うことができませんが、iDなら使った金額は後から請求されるので残高を気にせずに使うことができます。

つまり、イオンカードもしくは「おサイフケータイ」でピっとするだけで決済が完了し、小銭をだすわずらわしさも一切なし!
手軽に買い物をしたい人に欠かせないサービスです。

電子マネーiDについてはこちらのページをどうぞ

電子マネーWAONを使うならイオンカードセレクト一体型がおすすめ

専用端末にかざすと「ワオンッ」と犬の鳴き声の音がする電子マネーWAON。
WAON決済することで200円につき1ポイントのWAONポイントを貯めることができ、イオン・イオングループにおいて販売されています。

すでに知っている方も多いですが、イオンカードまたはイオンカードセレクトに電子マネーWAONを付けることができます。
イオンカードWAON一体型にすることでカードを余計に持つことがなくなり、お財布の中もスッキリさせることができますよ。

また、WAON一体型のイオンカードを持つなら断然”イオンカードセレクト”がオススメです◎
そもそもWAON決済することで200円につき1WAONポイントを貯めることができます。
せっかくWAON一体型を使うならオートチャージを使わない手はないと思いますが、クレジットカードとしてもWAONとしても使いたいなら”イオンカードセレクト”にしましょう。

なぜ、イオンカードセレクトのほうがいいのか…それはポイントにあります。
イオンカード(WAON一体型)でもオートチャージができるものの、この時ポイントは一切付与されません。
電子マネーWAONとして使った際のみポイントが貯まるのでオートチャージには向いていないのです。

しかし、イオンカードセレクト(WAON一体型)ならネットバンク”イオン銀行”と繋がっているためオートチャージすると200円ごとに1WAONポイントを貯めることができます。
さらにWAON決済すればWAONポイントが付与されるので効率よくポイントを貯めることができるのです^^

電子マネーWAONもイオンカードと同様にポイント還元率が決して高いわけではありませんが、使い方次第でポイントをザクザク貯めるとができますよ♪

ネットバンク”イオン銀行”を使ったWAONポイントの貯め方はこちら↓のページをどうぞ

新幹線を良く使うならプラスEXサービスが便利

イオンカードにはオプションで「プラスEXサービス」をつけることができます。

この「プラスEXサービス」というサービス、なんと新幹線の乗車券を買わなくても、SuicaやPASMOと同じようにタッチするだけで乗車することができます。

もちろんグリーン車の利用も可能。
わざわざ切符を買う手間も時間も省くことができ、スムーズに新幹線を利用することができます。

ちなみに年会費として540円が発生。
月額ではなく年間なので、良心的ですね!

プラスEXサービスを使うならビュー・スイカカードでポイントをお得にGET!

イオンカードには沢山の種類があるぞ!

冒頭でもお伝えいしましたが、イオンカードには他社との提携カードを含め沢山のクレジットカードを展開しています。
全てのイオンカードに共通している部分は「イオンカード特典が使える」という点です。
つまり、イオンカード以外のカードでも毎月20日30日のお客様感謝デーは5%OFFですし、加盟店であれば「ときめきポイント」が2倍になります。

では、どんなカードがあるのかご紹介していきましょう!

トイザらス・ベビーザらス・イオンカード

カード名に「トイザらス/ベビーザらス」と入っていますが、イオンクレジットが提携・発行しているクレジットカードです。
このカードもイオンカードと基本スペックに違いはありません。

異なる部分といえば付帯させる国際ブランドによってカードフェイスの色が違うことです。
以前はトイザらス・ベビーザらス・イオンカード限定キャンペーンなどがあったそうですが、残念ながら2018年現在ではありません。
強いていうのであれば、毎月の請求書と一緒に【トイザらス/ベビーザらス】の折り込みチラシが入っているということ。
そのため【トイザらス/ベビーザらス】を頻繁に利用するしないに関係なく、特別なメリットを感じることは少し難しいカードですね。

ですが、【トイザらス/ベビーザらス】のポイントカードを持っていればポイントの二重取りが可能となります。
出産・妊娠を機にベビー用品を揃えたい方や子供向けオモチャやゲーム機などを買いに行く方にはオススメです♪

トイザらス・ベビーザらス・イオンカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



ベネッセ・イオンカード

ベネッセ・イオンカードも基本スペックはイオンカードと変わりありませんが、ベネッセの商品を購入したり提携サービスを利用することでポイント還元率があがりベネッセポイントを効率よく貯めることができます。

子育てママなら知っていると思いますが、「ベネッセ商品?提携サービスってなに?」となる方もいるかもしれないので簡単に紹介しましょう。

・こどもチャレンジ(通信教育)
・進研ゼミ(通信教育)
・いぬのきもち/ねこのきもち(雑誌)

↑これらの商品がベネッセ商品または提携サービスといいます。
名前を見れば「CM見たことあるー!」「子供のころ郵便ポストに入ってた(笑)」など記憶が蘇ってきたのでは?

さて、こう言われると「じゃ、子供がいなきゃメリットも何もないじゃん」と思われますよね?
実は驚くべきことにベネッセとは関係ないような場所でもお得に買い物をすることができるんです^^

そのため「ベネッセイオンカードは親子向け」とは言い切ることができません。
確かにベネッセサービスを利用したほうが得策といえますが、会員専用ホームページを経由しネットショッピングをすることでポイントの三重取りもできるので比較的お得なカードといえますね。

ベネッセ・イオンカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



イオンJMBカード

イオンJMBカードはなんと普段のお買い物でJALマイルを貯めることができるイオンカードです。
通常”マイル”というのは、飛行機のチケットや機内での買い物をすることで貯めることができるもの。
このイオンJMBカードならポイントの代わりにマイルを貯めることができるので、特に旅行好きの人にはオススメのクレジットカードです^^

イオンJMBカードには凄いポイントがあります!
それは「JALタッチ&ゴーサービス」が利用できるということ。
「JALタッチ&ゴーサービス」は空港のチェックインカウンターで搭乗手続きをおこなわず、直接保安検査場へ行くことができるサービスです。

飛行機に乗る際、一番ストレスが溜まるチェックインの煩わしさからカード一枚で開放されますよ。
もちろん、イオンJMBカードはイオンカードの一枚なのでカード特典も使うことができます♪

国内はもちろん海外旅行が好きな方は是非検討してみてくださいね。

イオンJMBカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



ゴールドカードが無料で持てる!

イオンでは、なんとゴールドカードも年会費無料で持つことができます。
もちろんゴールドカードならではの特典も受けることができますよ!

・イオンラウンジが無料で使える
・羽田空港のラウンジも無料で使える
・ショッピング保険は年間300万円まで補償
・海外旅行傷害保険が自動で付帯される

中でもイオンラウンジはちょっとした休憩場所として利用するのにぴったり!
私も行ったことがありますが、無料で飲み物やお菓子を頂くことができ、新聞や雑誌・パソコンも自由に使い放題♪
1枚で3人まで同伴可能なので「買い物して疲れたらラウンジでちょっと休憩」や買い物に付き合い疲れ切ったお父さんの姿をよく見かけますよ(笑)

ちなみに、イオンゴールドカードにするためのインビテーション(招待状)を受けるには以下の条件をクリアする必要があります。

・1年間に100万円以上の利用
・累計で500万円以上の利用
・イオングループで年間60万円以上の利用
・1年間で120回以上利用、さらに合計80万円以上の利用

と、イオンカードを沢山利用することで、イオンゴールドカードのインビテーションが届きます。
一度ゴールドカードを持つと永久的に持つことができ、ランクが下がることはありません。

ディズニーデザインカードを持っている方はゴールドカードに切り替わってもディズニーデザインのまま持つことができます。
特別感満載なデザインになっているので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

イオンゴールドカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



ゴールドカードは主婦でも作れるって知ってた?お得な特典が満載のゴールドカード5選はこちら↓のページをどうぞ



クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

普通の使い方はそこまで還元率も高くないイオンカード。
ですが使い方や使う日によって、お得に使う方法がたくさんあることがわかりましたね!

何よりも年会費無料で作れるので、手軽で持ちやすいといった点もあります。
イオンで普段お買い物をしている方は絶対に持っておくべき!
さらに他のクレカを持っている方は、サブカードとして作っておいても確実にお得を得ることができますよ!

【イオンカードの主な特徴】

・年会費無料
・20日・30日は5%OFF
・イオングループで使えるカード特典

食費の節約方法はこちら↓



イオンカードのお得な割引情報や特典についてはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
イオンカードは年会費無料で持つことができる主婦の強い味方!毎日のお買い物をもっとお得に楽しもう!イオンカードは年会費無料で持つことができる主婦の強い味方!毎日のお買い物をもっとお得に楽しもう!