【イオンカードセレクト】イオンカードのお得な使い方とは?ポイント二重取りでザクザク貯めながら家計の節約をする方法

閲覧回数 : 13,838 views

日本最大のスーパーチェーンである“イオン”
食料品から生活雑貨まで、必要なものがほぼ手に入る便利なスーパーですよね。
そんなイオンが発行しているクレジットカード“イオンカード”、あなたは持っていますか?

イオンカードには様々な特典がつくことはもちろん、普段からイオンで買い物する人なら絶対に持っておくべきクレジットカード。
そこで、今回は主婦なら1枚は持っていて損のない“イオンカード”&”イオンカードセレクト”のお得な使い方についてご紹介します。

イオンカードの種類

まず、イオンカードには2つの種類があります。
ひとつは「イオンカード」
こちらはもっともベーシックなカードです。
年会費が永久無料で引き落としに必要な指定銀行の制限もありません。
なので普段使っている銀行を引き落とし指定銀行にしたい場合はこちらがおすすめ。
ただし、WAONのチャージ時にポイントが付かないデメリットがあります。

イオンカードの公式ページはコチラ

ふたつめは「イオンカードセレクト」
こちらはイオンカードにイオン銀行のキャッシュカードが一体化した
さらに便利なクレジットカードです。
WAONチャージ時のポイントももちろん付き、これ一枚でイオンカード以上の
サービスが受けられるハイスペックカード。
年会費がもちろん永久無料ですが、
指定銀行がイオン銀行限定になるので、カードを作る際に
イオン銀行の口座開設も必要となってきます。
口座をすでに持っている方や開設可能な方にはこちらがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細はコチラ

イオンのポイントは「ときめきポイント」と呼ばれるもの。
200円で1ポイント付与され、商品券やWAON、映画観賞券など
様々なものに引き換えることが出来ます。

それでは、ここからイオンカード・イオンカードセレクト両方で受けられる
割引やポイント付与についてご紹介していきます。

イオンカードの豪華な割引・ポイント特典

一口にイオンカードといっても、ポイントや割引が受けられるのはイオンだけじゃなくイオングループすべてにおけること。
たとえばコンビニのミニストップやファッション専門店のビブレなどイオングループの様々な業態で受けることが可能です。

CMでもおなじみですがイオンは日付によって割引が多数あります。
毎月20日・30日はイオングループ全てでお買い物金額が5%オフ!
しかもカード決算ではなく、カードを提示するだけで受けられます。
さらに毎月5日、15日、25日はイオンカード利用でポイントが2倍になります。
(こちらはWAONで決算した場合でも適応)
さらに毎月10日はイオングループ以外のお店での買い物もポイントが2倍になります!
(こちらはWAON決算対象外)

まとまったお買いものは上記の日付の日に買うとお得ですね♪

イオンカードはリボ払いでポイント大幅アップ!

イオンカードは一括でなくリボ払いにするとなんとポイントが5倍に大幅アップします!
毎月5日、15日、25日にイオンカードを利用してお買い物をし、決算方法をリボ払いにするだけで、リボ払い200円毎にポイントが5ポイント付与されます。
ということは、通常なら1ポイントの付与なのでリボにするだけで5倍!!
これはお得すぎます。
お財布にやさしいリボ払いなのにポイントはザクザクです!

年会費無料!なのに充実した特典がたくさん!

イオンカードは年会費が永久無料。
ですが様々な特典が付いています。

まずは”ショッピングセーフティ保険”
こちらはカードで購入した商品が180日以内に破損したり盗難した場合、
被害を補償してくれる保険です。
5,000円以上の商品が対象となり、補償額は年間最高50万円。

次に”クレジットカード盗難保険”
万が一イオンカードが盗難や不正に利用された場合、損害額を補償してくれます。

そして”イオンワールドデスク”
世界14か国25か所にある海外のイオンサポート窓口を利用できる保証。
海外旅行先のレストラン予約や緊急時のサポートなどに対応してくれます。
日本だけじゃなく海外にいてもイオンカードはフル活用出来ます。

これまでの特典はイオンカード・イオンカードセレクトともに受けられます。
では、ここからはもっと便利なイオンカードセレクトだけが受けられる
さらに充実した特典についてご紹介したいと思います。

なんとポイント還元率は1%!もっともお得なイオンカードセレクト

イオンカードよりもポイントがたまりやすく、お得なイオンカードセレクト。
一番の魅力はWAONチャージ時にポイントが獲得できるところ。
イオン銀行口座からオートチャージの設定をすれば、自動的にチャージされる毎に
200円で1ポイント付与されます。
イオンカードのお買いものでも200円1ポイントの付与があるので
合わせると還元率が1%とさらにお得にお買いものできます!
例えばイオンカードで5,000円分のお買い物をした場合、
お買い物のポイントが25ポイント・オートチャージ分が25ポイントで
計100ポイントも付与されます!

イオン銀行との合わせ技で貯まるポイント

イオンカードセレクトにはイオン銀行のキャッシュカード機能も付いています。
過去半年間のイオン銀行からイオンカードの引き落とし+WAON利用金額でステージが決められ、銀行取引でもWAONポイントがもらえるようになります。

注)WAONをオートチャージに設定すると、WAON利用金額に加算されないので、ステージポイントを貯めたい場合は手動チャージにするべき!

上記内容で注意すべき点は、公共料金振替です。
イオン銀行振替にしてしまうと5WAON/件ですが、イオンカードセレクトの引き落とし設定は通常通り、200円で1ポイントですので、例えばガス代が4000円だった場合、イオン銀行振替は5円分しか還元がありませんが、クレジットカード払いなら20円分の還元が受けれるので、安易に銀行引き落としにするのは得策とは言えません。
なので公共料金はイオンカードセレクトに集中させて、ステージアップを狙うのが賢い使い方です。

さらにイオンカードセレクト口座のイオン銀行は普通預金金利が0.1%上乗せされ、普通預金なのに定期預金並みの金利が受け取れます。

イオンカードの公式ページはコチラ

イオンカードセレクトの詳細はコチラ

毎月5日・15日・25日はオートチャージ

毎月5の付く日にオートチャージをかけると上記の銀行口座のステージにより、通常の1.5倍~3倍のWAONポイントが還元されます。

例)ステージ3で5日に10,000円オートチャージで150WAONポイント+そのまま10,000円買い物で5の付く日はポイント2倍なので100ポイント=合計250ポイント
という事は、2.5%も還元される計算になりますね。

もしくは、毎月20日・30日はお客様感謝デーで5%OFFなので、チャージは5の付く日、買い物は20日・30日とすれば、還元率は最大化され、7.0%もの還元率となります!

その他の嬉しい特典

・毎週火曜日に直営店舗で3000円以上WAONで買い物をすると100WAONポイントプレゼント!

・ピュアウォーター1日最大7.6Lプレゼント!

・イオンシネマで500円引き

・ETCカード無料発行

カラオケ店で割引
・シダックス:10~30%OFF
・ビッグエコー:28~30%OFF
・ジョイサウンド:30%OFF
・ゆー坊:30%OFF

ホテルで割引
・東急イン:宿泊基本料10%OFF
・その他:ホテルニューオータニ・アパホテル・リゾート東京ベイ幕張などで各種割引あり

レストラン・居酒屋
イオンカード提示で10%などの割引を受けられる店舗があります。
楽蔵、楽蔵うたげ、ウメ子の家、葱や田蔵、とり蔵、湊一や、京町しずく、鮮や一夜、せせらぎを聴きながら、イタリアン&スペインバル小麦、CELTS、びすとろ家、たちのみ 一寸や CHOITOYA、東風家など。

ニッポンレンタカー
基本料金から5%OFF

イオン・マックスバリュで最大18%割引になる裏技

この裏技の前提として、イオン+イオン北海道orイオン九州orマックスバリュ5社(北海道・東北・中部・東海・西日本・九州)の株主優待を受ける事が前提です。

イオンの株主優待は買い物の3%キャッシュバック
イオン北海道・イオン九州・マックスバリュ5社の株主優待は1000円当り100円引きになる割引券
毎月20・30日は5%オフ

この3つを併用します。

例えばイオンで2万円の買い物を9月20日にします。

イオンカードセレクト提示で5%OFF→19,000円

イオン北海道・イオン九州・マックスバリュのいずれかの優待を使用100円引き19枚→17,100円

イオンの株主優待で3%還元→16,587円

通常還元1%→16,421円

なんと20,000円→16,421円になり、約18%の割引に成功です!

毎月3万円をイオンかマックスバリュで買い物したとして、年間64,800円も浮く計算になります。

ただし、株主優待を受けるには、株を購入しなければなりませんし、株価の変動によるリスクもありますから、慎重に判断するようにして下さい。

イオンカードの公式ページはコチラ

イオンカードセレクトの詳細はコチラ

イオンの株主優待を始めるならこちらから

新規口座開設キャンペーン中!

口座開設数ネット証券NO.1はSBI証券

イオンカードを使ってふるさと納税をしよう!

豪華な返礼品をもらうことができ、節税をすることができる“ふるさと納税”
2017年は寄付額以上の返礼品やふるさと納税の本来の目的が問われることもありましたが、ふるさと納税をきちんと理解しておこなうことで日々の節約にもつながりますよね。

地方に寄付し恩恵を受けることができる”ふるさと納税”ですが、金額によっては現金で払うことが困難なことも…。
そんな時、クレジットカードを持っていればふるさと納税をしながらポイントを貯めることができます。
ふるさと納税ポータルサイトの“ふるさとチョイス”や”さとふる”にて寄付したい自治体を選び決済方法をイオンカードにすることで、ときめきポイント(0.5%還元)を貯めることができるのでとってもお得!

また、イオングループ【ときめきポイントTOWN】から経由しふるなびに入ることで通常の2倍のポイントを貯めることができますよ♪
さらに、ふるさと納税ポータルサイトでクレカ決済することで銀行振り込みのように振込手数料もかからず簡単に手続きをすることができます。

ふるさと納税をクレカ決済することでポイントが貯まるうえに返礼品がもらえ、節税もできるのですからメリットしかありませんよね!
「今年こそは…」とふるさと納税をしたいと思っている方はクレジットカードを使ってみてくださいね^^

ふるさと納税の基本からおすすめ返礼品などの詳しい情報はこちら↓↓のページをどうぞ

近くにあるならこちらもオススメ♪うわさの激安スーパーとは

全国展開しているイオンは「使ったことがない人はいない」と言えるのではないでしょうか?
ですが、なかにはイオンよりも安くコスパのいいスーパーもありますよね。

例えば、関東を中心に展開しているスーパー“オーケーストア”
常に3%割引きという激安スーパーとして業界のなかでも急成長中でお店です。
例えば朝ごはんに欠かせない納豆が56円だったり、ハーゲンダッツのアイスが184円だったりなど…。

近くにオーケーストアがある方は一度行ってみる価値ありますよ^^

オーケーストアの詳しい情報はこちら↓↓

次に紹介するのは倉庫型スーパー“コストコ”です。

コストコは2018年2月からMastearcardブランドのクレカであれば使うことができるようになり、今まで以上に通いやすくなりましたよね。
食材はもちろん、柔軟剤や洗剤・ペーパータオルなどの日用品がアメリカサイズなのに低価格で購入することができます。

国内にはコストコの他に“業務スーパー”というお店もありますが、こちらも名前のとおり商品が業務サイズで売られているので食用油や醤油といった調味料を安くお得に買うことができますよ。
消耗が激しいアイテムなどはこのようなビックサイズの商品を買うことで生活費の節約に繋がるため活用していきたいですね。

コストコと業務スーパーはどっちがお得?オススメの倉庫型スーパーの詳しい情報はこちら↓↓

楽天カードとどっちがお得?

イオンカードと同じく年会費無料でもつクレカといえば“楽天カード”がありますよね。

楽天カードの特徴はなんといっても「ポイントが貯まり使いやすい!」ということ。
オンラインショップ楽天市場ではもちろん、実店舗でもポイントが貯まるので利便性に優れています。

「イオンカードと比較した時にどちらがお得なの?」という点については、ライフスタイルによります。

イオンでの買い物やイオングループをよく使うのであればイオンカードセレクト
楽天市場をよく使うなら楽天カード

といったところです。

また、家族カードを作りたい場合もどちらも年会費は無料で作ることができますが、イオンカードセレクトの場合は3枚までです。
有料道路(高速道路)を頻繁に使う方であればETCカードも欲しいところ…。
ETCカードであれば、イオンカードセレクトなら無料で発行することができるのでオススメですよ^^

普段、自分がどこで買い物をしているのかに合わせてクレジットカードを持つことで節約にも繋げることができます。
イオンカードセレクトも楽天カードも主婦の方には申し込みやすいクレカとして人気のカードです。

《楽天カードとイオンカード比較表》

カード名楽天カードイオンカード
年会費無料
(家族カード含む)
無料
(家族カード含む)
ETCカード540円(税込)
楽天Point Club会員ランクがプラチナ以上の場合、年会費が無料
無料
ポイント楽天ポイント
100円につき1ポイント
・ときめきポイント
200円につき1ポイント
・WAON利用で200円につき1WAONポイント
国際ブランドVisa/Master card/JCBVisa/Master card/JCB
付帯機能楽天ポイントカード
楽天Edy
WAON
付帯保険海外旅行傷害保険
(利用付帯)
カード盗難保障
(無料付帯)
優待サービスなし・イオングル―プの利用でポイント2倍
・お客様感謝デーは5%OFF

この機会にぜひ検討してみてくださいね。

イオンカードの公式ページはコチラ

Apple Payに登録してお財布の断捨離

CMでもお馴染みとなった“スマホ型決済サービス”

携帯電話を使っての決済サービスといえば、docomoの携帯電話で使えた“おサイフケータイ”がなじみ深いのではないでしょうか?
このおサイフケータイ機能はAndroidのスマホであれば使うことができますが、iPhoneでは利用できません。

しかし、iPhoneにもおサイフケータイと似ている決済サービスがあります。
その名も“Apple Pay”(アップルペイ)。

“Apple Pay”は2017年から始まったスマホ型決済サービスで、持っているクレジットカードを登録することで買い物はもちろん、外食なども手軽にできます。
さらに全国相互ICカードSuicaを登録すると電車やバスはもちろん、新幹線もスムーズに乗ることができますよ。
【JCB/Mastercard/アメックス】であればWalletアプリを使ってSuicaにチャージすることが可能

ちなみに、Apple Payには「nanaco」「WAON」「楽天Edy」といった電子マネーを登録することはできないので注意してくださいね。

最初にお伝えした”おサイフケータイ”、そして”Apple Pay”の最大の利点は“お財布の断捨離”ができること。
お財布に貯まっているクレカやポイントカードをスマホに登録し、レシートなどをスッキリさせることで「現金をいくら持っているのか」目視できるようになります。

財布の中が整理されていれば、お金の無駄遣いを抑えることができるようになります。

「けど、Apple Payってよくわかんない」「登録が面倒そう」

と、いう方はぜひコチラ↓のページを読んでみてください^^

この記事では編集部スタッフの一人、mooseさんがApple Payについてわかりやすく解説してくれいます。

テレビ番組やCMでも見かけるようになった“Payサービス”
仕組みなどを理解して、ノンキャッシュレスな生活を送ってみては^^?

楽天カードの詳しい情報はこちら↓のページでご紹介しています!

カードの審査が不安な方は、こちらで事前に審査内容を把握しておくと安心ですよ!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
【イオンカードのお得な使い方】ポイント二重取りでザクザク貯まる!イオンカードセレクトで最もお得な買い物方法で家計の節約をしよう!【イオンカードのお得な使い方】ポイント二重取りでザクザク貯まる!イオンカードセレクトで最もお得な買い物方法で家計の節約をしよう!