【佐川急便とヤマト運輸ならどっちが安い?】宅配サービスを安く使うマル秘テクニック

ゆかにゃんゆかにゃん

ネット通販などで買い物をしたり、遠くに住んでいる親戚や友人などに荷物を届ける際に使われる”荷物配送サービス”。

夏にはお中元、冬にはお歳暮といった物などを送る機会が増えますよね。
しかし、距離や荷物の大きさによって料金は変わりますし、会社によっては待遇も違うはず…。

そこで、今回は2大物配送サービスである”佐川急便”と”クロネコヤマト”のサービス比較とお得な使い方について紹介します。

佐川急便とヤマト運輸の基本料金

◎例えば東京から宮城県(南東北)まで荷物を送る場合

佐川急便 ヤマト運輸
60サイズ 756円 907円
80サイズ 1,026円 1,123円
100サイズ 1,361円 1,361円
140サイズ 1,815円 1,814円
160サイズ 2,031円 2,030円

小さいサイズであれば佐川急便のほうが安く済みますが、100サイズ以上になるとどちらも同じ値段になります。

小さな荷物を送る場合は佐川を利用すべきですが、大きなサイズはどちらも会社も”いかに割引を利用できるか、決済方法でポイントを獲得できるか”によってお得さが変わるようです。

佐川急便の配送料金を安くする方法を紹介

荷物の持ち込みで100円割引

営業所に荷物を持ち込むことで100円割引になるので近くに営業所があれば持っていくようにしましょう。
コンビニへの持ち込みも割引対象となりますが、実は佐川急便はコンビニと提携していないためコンビニ発送ができません。
よって持ち込み割引が適応されるのは、営業所か提携しているお店のみなので、近くにない場合は割引をあきらめて集荷をお願いした方がよさそうですね。

クイックペイでポイント獲得

佐川急便の場合、送料の支払いにQUICPay(クイックペイ)を使うことができます
これは荷物を取りに来てもらう「集荷」と、営業所に荷物を持っていく「持ち込み」のどちらでも利用可能。
利用と同時に、QUICPayで登録しているクレジットカードのポイントも貯まります。

営業所に持ち込み、クレジットカードを紐づけたQUICPayで送料を支払えば「割引」「ポイント」も両方適応されるのでとってもお得ですね!

ヤマト運輸の配送料金を安くする方法を紹介

荷物の持ち込みで100円割引

全国にあるヤマト運輸営業所に持ち込むことで、100円割引が受けられます。
もちろん提携しているコンビニでも同じ。
ヤマト運輸の受付をしているコンビニはこちらです。

・セブンイレブン
・ファミリーマート
・サークルK
・デイリーヤマザキ
・スリーエフ
・ポプラ
・ニューデイズ

重たいものは大変ですが、小さいものや軽いものは持ちこんで割引を受けましょう!

クロネコメンバーズになって電子マネーを利用する

クロネコヤマトを良く利用するという方におすすめなのが「クロネコメンバーズ」
年会費無料で会員になることができます。

クロネコメンバーズに登録することで、オリジナルの電子マネーを無料で発行することができます。
(ただしカードをなくした場合、再発行代として300円がかかるので注意)

この電子マネーにチャージをして送料の支払いをすると、毎回割引を受けることができます。

クロネコメンバーズ割:宅配料が毎回10%オフ(1回のチャージに5,000~29,000円入れる必要がある)
クロネコメンバーズ割BIG:宅配料が毎回15%オフ(1回のチャージに50,000~100,000円入れる必要がある)

この2つの違いは、1回に行うチャージ金額。
クロネコメンバーズ割は5,000円からと手軽ですが、クロネコメンバーズ割BIGは5万円からとなっています。

必ずクロネコヤマトを使うという方は、一気にまとめてチャージをして15%割引きが受けられる「クロネコメンバーズ割BIG」の方がお得!

ちなみにチャージ単価もそれぞれ異なり、

クロネコメンバーズ割:1,000円
クロネコメンバーズ割BIG:10,000円

となっています。

ヤマト運輸はLINEを使うと再配達もカンタン!

クロネコヤマトはLINEサービスを開始しているため、友達追加をすることでLINEから再配達などを行うことができます。

もちろんクロネコメンバーズと紐づけることで、不在時の連絡や配達前の確認連絡などもトーク画面で受け取ることが可能。

私も配達時間の指定を忘れると仕事中に不在LINEが来るので、そのまま夜間届くように指定します。
とっても便利ですよ~!!

不在時は宅配ボックスを使おう

少し話がずれてしまいますが、不在時の荷物の受け取りってどうしていますか?

ほとんどの方が再配達を依頼しているかと思いますが、それだと宅配業者の方も二度手間になって大変ですよね。

実は今、自分で設置できる「宅配ボックス」が人気を集めています。

ただの箱のように見えますが、頑丈なワイヤーが付属されているのでドアノブや柵に繋いでおけば盗難も防止できます。

ボックス内には印鑑ケースも入っているので、サインが必要な荷物も問題なく受け取ることができます。
箱上部には使い方が書かれた案内プレートも付属しているので、宅配業者の方も困りません。

紫外線や雨風を遮断する素材でできているので一日中外に出しておくことができますが、コンパクトに畳むことができるので必要時にだけ設置することもできます。

郵便局留めや営業所受け取りにするよりも手間なく荷物を受け取ることができるので、荷物の受け取りがスムーズにいかない方はぜひ活用してみてくださいね。

 

まとめ

佐川急便はクロネコヤマトやゆうパックほど割引が多くはありませんが、紹介した方法を使えば確実に配送料を安くすることができます。

もし、「荷物を持ち込みたいけど近くに佐川がない…。」という方は、クロネコヤマトやゆうパックの利用も検討してみてはいかがでしょうか?
コンビニでの集荷も対応しているため、便利に送料を節約することができますよ。

また、配達料金が高い印象があるクロネコヤマトですが、これだけの割引方法があります。
特に電子マネーはポイント2重取りができるので必見です!

ゆうパックの送料を節約して安く発送する方法

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす