【楽天Edyは最強の電子マネー】クレジットカードでポイントの二重取りをするお得な使い方

ゆかにゃんゆかにゃん

「楽天Edy」は、楽天Edy株式会社が運営しているプリペイド型電子マネーです。

事前に現金やクレジットカードを使い、チャージをして使うものになりますが、チャージ時に「楽天カード」を使うことでポイントを貯めることができます。

楽天には「楽天ペイ」もありますが、「楽天Edy」の場合チャージをしてから使う必要があるため、使いすぎを防止するメリットもありますね。

今回は使える店舗も続々と増えている「楽天Edy」について紹介します。

お得にチャージできる楽天カードはこちら

楽天Edyとは?

「楽天Edy」はnanacoやSuicaと同じプリペイド式の電子マネーカードです。
事前に現金やクレジットカードを使い、楽天Edy内にチャージをしてから使います。

楽天Edyは支払い時に楽天ポイントを貯めることができます。
200円毎に1ポイント貯まりますが、楽天のポイントプラス加盟店であればカードの提示だけで200円につき2ポイント貯まります。

楽天Edyの種類

楽天Edyには、主に以下の4つのタイプがあります。


■ Edy-楽天ポイントカード
■ クレジットカード一体型Edy
■ 他企業の会員カード
■ おサイフケータイ

楽天Edyポイントカードだけでなく、楽天カードと一体型となったタイプや他企業のデザインが描かれたカードなども展開しています。

お菓子メーカーや家電量販店デザインなどもあるので、好きなものを選んでみるのも良いですね。

Edy-楽天ポイントカード

Edy-楽天ポイントカードは楽天ポイントカードとEdyの一体型カードです。
楽天のお買い物パンダだけでなく、他企業のキャラクターが描かれたデザインなども選ぶことができます。

楽天Edyストラップ

ストラップ型のEdyです。
スマホやカバンに付けることができるので、かざすだけで支払いができとっても便利です。

他企業の会員カード×楽天Edy

他企業のカードに楽天Edy機能が追加された一体型カードです。

スルガ銀行ANA支店など一部の銀行ではキャッシュカードと一体型の楽天Edyカードもあります。

またカラオケBOXビックエコーをよく使うのであればビューSuicaカードエポスカード(EPOSCARD)というクレジットカードもオススメです。
クレジット機能を使わなくてもカードを提示することでルーム料金が30%OFFになったり、飲み放題プランが10%割引きになるのでお得ですね。

楽天Edyは全国にある加盟店で使える電子マネー。
セブンイレブンやローソン・ファミリーマートといったコンビニはもちろんですが、他にもスーパー・ドラッグストア・家電販売店・百貨店・飲食店・アミューズメント施設・ホテルなどさまざまな施設で使うことができます。

楽天Edyへのチャージ方法

オートチャージで楽天ポイントGET!

Edy機能付き楽天カードであれば、オートチャージをすることができます。

予めチャージ方法と金額を設定しておくと、2時間に1回残高を確認し、設定された金額以下になっていれば自動的にチャージされるので、常に残高に余裕がある状態をキープでき便利です。

クレジットカードでチャージをする方法

楽天Edyアプリからチャージボタンをタップし、クレジットカード情報を登録します。
続いてチャージしたい金額を入力すれば、すぐにチャージが完了します。

チャージ時におすすめしたクレジットカードが「楽天カード」。
楽天カードであれば200円ごとに1ポイントを貯めることができますし、ポイントを支払い時に使えるので無駄がありません。

楽天カードはこちら

カード以外のチャージ方法

楽天Edyへはコンビニなどの対応店舗のレジ、もしくは設置されているEdyチャージャー(現金入金機)で現金を使ってチャージすることができます。
コンビニなどのレジで現金チャージする場合は「楽天Edyにチャージしてください」と店員に声をかければOK!

ただし、楽天Edyへの現金チャージにはデメリットがあります。
クレジットカードであれば楽天Edyへチャージする際にポイントが付与されますが、楽天Edyに現金でチャージしてもポイントは付与されません。

また、入金金額は1,000円以上からという店舗も多いようです。
使いすぎ予防にはなりますが、デメリットも把握した上で利用しましょう。

楽天ポイントを楽天Edyにチャージ!?

楽天市場で貯めた楽天ポイントや加盟店を利用して貯めたポイントを楽天Edyにチャージすることができます。
楽天ポイントをEdyにチャージする場合は、楽天PointClubのEdy相互交換ページから行うことができます。

さらに楽天Edyにポイントからチャージをする場合、お得なキャンペーンが開催されていることがありますのでうまく活用してお得にチャージをしましょう。

楽天カード・楽天加盟店・Edyでできる3重取りテクニック

楽天カードを使ってチャージし、さらに楽天ポイント加盟店舗でEdy払いをすることで“ポイント3重取り”ができます。
3重取りの方法はとても簡単なのでしっかり覚えておきましょう。

■ 楽天カードで楽天Edyにチャージ ⇒ 200円で1P付与
■ 楽天ポイント加盟店で楽天ポイントカードを提示する ⇒ 100円で1P付与
■ 楽天Edyで決済する ⇒ 200円で1P

楽天カードでチャージし楽天ポイント加盟店でカードを提示し、さらに楽天Edyで決済。
これだけで200円で4ポイントも貯めることができるのです。
還元率はなんと2%になるので非常にお得ですよね!



楽天Edyで貯まるポイント

楽天Edyを使うことで楽天ポイントはもちろん、航空券などに使うことができるマイルを貯めることができます。

楽天ポイント

楽天ポイント(以下、楽天ポイント)は楽天サービスの他、楽天ポイント加盟店でも貯めることができます。

楽天Edyを使っても通常200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)貯まります。
しかし、楽天Edyポイント+加盟店(月に一度変更あり)で使うことで200円ごとに2ポイント(還元率1%)に上がります。

普段の買い物をする際に楽天Edyを使ってもポイント還元率は0.5%と低いですが、ポイントプラス加盟店をチェックしておくことで2倍の還元率で楽天ポイントを貯めることが可能です。

楽天Edy/紛失・盗難の対応

楽天Edyのデメリットともいえるのが、紛失・盗難にあってしまった時の対応です。
万が一、楽天Edyを失くしてしまったり盗まれてしまっても補償は一切ありません。

紛失しすぐに利用停止をおこなったとしても、Edy残高や新カードなどへの以降はできません。
同じプリぺイド式電子マネーでも、SuicaやPASMO、WAONであれば手続きをすることで利用停止時点の残高を新しいカードへ移行させることができます。

楽天Edyにはこの機能がついていないので、他の電子マネーと比べた時にデメリットとなるでしょう。

Edy一体型楽天カードは種類もたくさん

Edyと一体型の楽天カードには以下の種類があります。

■ 楽天カード(一般)
■ 楽天PINKカード
■ 楽天ゴールドカード
■ 楽天プレミアムカード

楽天カード(一般)は年会費無料のクレジットカードです。
楽天PINKカードも楽天カード(一般)と同じく年会費無料で持つことができますが、月額料金を払うことで“限定カスタマイズサービス”を付けることができます。

また、楽天ゴールドカードでは国内の空港ラウンジを無料で使うことができたり、楽天市場でのポイントアップキャンペーン“SPU”の対象でもあります。
楽天プレミアムカードは「楽天市場ヘビーユーザーなら持っておくべきカード」です。

それぞれ別ページにて詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さいね。



事前チャージが面倒なら楽天ペイがおすすめ!

楽天Edyは事前チャージをしてから使わなければなりませんが、楽天ペイであればクレジットカードを連携させておくだけでチャージする必要なく利用できます。

楽天ペイも楽天カードを連携させておけば、利用時にポイントを貯めることができるので便利です。

スマホ1つで利用できるのも手軽で便利なので、合わせてチェックしてみて下さいね。

まとめ

ピッとタッチで決済ができる楽天Edy。
小銭をいちいち探すこともなく手軽にお支払ができるので、特に社会人の方が多く利用しています。
会社に行く前に缶コーヒーを買ったり、お昼を買いにコンビニに行ったり…
お財布を出さずにEdyで決済ができれば忙しくてもパパっと買い物ができます。

楽天Edy単体で持つのもいいですが、楽天カードであればEdy機能とポイントカード機能と合わせて3つの機能を一枚のカードに集約させることができますよ^^
この機会に検討してみてくださいね^^

楽天ポイントが貯まる楽天カードはこちら

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす