人気のモバイルWiFi「どんなときもWiFi」「Mugen WiFi」「よくばりWiFi」を比較してみた

ゆかにゃんゆかにゃん

CMでもおなじみの「どんなときもWiFi」。
月額3,480円でネットが完全無制限で使えるため、乗り換える人が続出しているようです。

しかし、安いからといってすぐに乗り換えるのはNG!
実は2019年の年末ごろより、どんなときもWiFiと同じように完全無制限で使えるモバイルWiFiが続々と登場しています。

中にはどんなときもWiFiよりも月額料金が安かったり、違約金が3年目以降無料になる会社もあるので、しっかり比較をして選ばないと損をしてしまう恐れも…。

そこで今回は「どんなときもWiFi」と同じように使える節約大全おすすめのモバイルWiFiの紹介や、どんなときもWiFiとの比較、また最終的にどのモバイルWiFiが良いのかなどを徹底紹介します。

まずはどんなときもWiFiについて

どんなときもWiFiは従来のモバイルWiFiとは違い、速度制限なくデータ容量が使い放題のWiFiサービス。
月額なんと3,480円で、その名の通りどんな時でも国内外問わず使うことができます。

スペックは以下の通り。

初期費用 3,000円
月額料金 1年目:3,480円/2年目:3,480円/3年目:3,980円
違約金 1年目:19,000円/2年目:14,000円/3年目:9,500円
キャリア対応数 docomo/au/SoftBank
最短契約日数 2年間
支払い方法 クレジットカード、口座振替

最初の2年間が2年割で安くなっているため月額3,480円で利用できますが、3年目以降は月額3,980円となります。
3キャリア回線に対応しているので、繋がりにくい場所でも回線を自動で切り替えることが可能。
常に最適な回線を使うことができ、ストレスを感じることなくネットを楽しむことができますね。

気になるのは違約金。
1年目の解約は19,000円、2年目の解約は14,000円と価格は下がりますが、3年目以降の解約でも9,500円が発生するので、解約時は必ず違約金が発生してしまいます。
長く使っても違約金が無料にならないという点はデメリットなのではないでしょうか。

「どんなときもWiFi」公式サイトはこちら

またどんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3つのキャリア回線を自動で切り替えてくれる「クラウドSIM」対応。
従来のモバイルWiFiはSIMカードを端末に入れて利用しますが、クラウドSIMはサーバー上にSIMカードの情報を保管しているためSIMカード自体が不要。
サーバー上からデータを引っ張ることができるので、複数の回線を利用することができます。
クラウドSIMなら海外にもそのまま持って行くことができるので、出張や旅行で海外に行く機会がある方には特におすすめです。

2019年の年末に登場した2つのモバイルWiFi

無制限で使えるモバイルWiFiといえば、CMでもおなじみの「どんなときもWiFi」のイメージが強いと思いますが、実は2019年の年末にクラウドSIM対応のモバイルWiFiが登場しました。

Mugen WiFi

利用容量無制限で3キャリア使えると話題の「Mugen WiFi(無限WiFi)」。
最近ではCMでも見かけるようになりましたね、

国内外でも3キャリア回線を使うことができ、さらに利用予約ができる新プランも登場しており、契約者もどんどん増えています。

最新機種ではGoogle Mapや翻訳機能も使えるので、旅行先でも活用できること間違いなし。
30日間お試し体験もできるので、ひとまず使ってみるなんてこともできます。

スペックは以下の通り。

初期費用 3,000円
月額料金 1年目:3,280円/2年目:3,280円/3年目:3,280円
違約金 1年目:9,500円/2年目:5,000円/3年目~無料
キャリア対応数 docomo/au/SoftBank
最短契約日数 2年間
支払い方法 クレジットカードのみ

月額料金は何年使っても3,280円となっており、「どんなときもWiFi」より安くなっています。
こちらもクラウドSIM対応なので、国内外どこにいても安定したキャリア回線を使うことが可能。
また違約金も1年目未満で9,500円と比較的安く、3年目以降は無料で解約することができるのは安心ですね。

他にも翌月から利用したい人向けに「翌月利用予約プラン」も登場したので、キリよく月始めから使うこともできます。

「Mugen WiFi」公式サイトはこちら

よくばりWiFi

2019年9月よりスタートした「よくばりWiFi」。

こちらも国内外で使えるクラウドSIMになっていますが、キャリアはSoftBank1つのみとなっています。
他の回線に切り替える必要がない分安定しているという声も多いようですが、SoftBankが繋がりにくい土地だとサクサク使えないこともあるそうです。

スペックは以下の通り。

初期費用 3,800円
月額料金 1年目:3,450円/2年目:3,450円/3年目:3,450円
違約金 1年目:18,000円/2年目:12,000円/更新月:0円/3年目~9,500円
キャリア対応数 SoftBank
最短契約日数 2年間
支払い方法 クレジットカードのみ

初期費用は他社に比べて高め、月額料金も3年間同一価格で使えますが「Mugen WiFi」より高めです。
違約金は更新月のみ無料、3年以上利用しても最低9,500円は発生します。

SoftBank回線が安定している場所であれば十分安く利用できますが、「よくばりWiFi」にはお試し期間がありません。
実際に契約をして使ってみないとわからない・・・という点はデメリットになってしまいますね。

「よくばりWiFi」公式サイトはこちら

どんなときもWiFiとの比較

月額料金 違約金 キャリア対応数 契約日数 支払方法
どんなときもWiFi 1年:3,480円
2年:3,480円
3年:3,980円
1年:19,000円
2年:14,000円
3年:9,500円
docomo
au
SoftBank
2年間 クレカ
口座振替
Mugen WiFi 1年:3,280円
2年:3,280円
3年:3,280円
1年:9,500円
2年:5,000円
3年目~無料
docomo
au
SoftBank
2年間 クレカのみ
よくばりWiFi 1年:3,450円
2年:3,450円
3年:3,450円
1年:18,000円
2年:12,000円
更新月:0円
3年目~9,500円
SoftBank 2年間 クレカのみ

おすすめなのは「Mugen WiFi」だ!

3キャリア回線が使え、さらに毎月の利用料金も安く抑えるとなるとおすすめなのは「Mugen WiFi」。
月額3,280円~利用でき、繋がりにくい場所では自動的に別のキャリア回線に繋いでネットが楽しめるので場所に合わせた回線を使うことができます。

また3年目以降、違約金が発生しないもの安心ですね。
2年縛り契約といえば違約金が大きなネックとなりますが、「Mugen WiFi」ならその心配もありません。
ただしどのサービスも解約時に端末の返却があるので、その点だけは注意するようにしましょう。
(Mugen WiFiのみ25か月目以降は返却不要)

「Mugen WiFi」公式サイトはこちら

無制限で使えるモバイルWiFiが続々と登場していますが、こうやって比較をしてみると値段も違約金も対応キャリアもさまざま。
基本的には2年縛り契約となり長く使うことを考えて契約する必要があるので、しっかり比較をして納得いくモバイルWiFiを見つけるようにしましょう。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす