ICカードと回数券ってどっちがお得?距離で異なる交通費の節約方法とは

ゆかにゃんゆかにゃん

SuicaやPASMOなど交通機関を利用する際に定番となった交通系ICカード。
タッチするだけで改札を通過できたり、駅内のコンビニや自販機でも買い物ができるのでとても便利ですよね。

そんな交通系ICカードですが、実は2014年の消費税増税によってICカードでの電車賃が一円単位となり、利用する距離によっては切符とICカードでの料金に差が発生するようになりました。
にも関わらず多くの方は電車賃の差に気が付かぬまま”便利”というだけで使っているのです。

1円単位と少額ではありますが、電車を頻繁に使っているなら知っておいて損はないですよね。
そこで今回はICカードと切符の値段の比較や、ICカード以上に交通費がお得になる節約裏ワザ術を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

距離数によって違う?電車料金の謎

Yahooの路線情報などで電車の時間や値段を調べると、IC利用時と切符利用時で値段が異なっていることに気づきませんか?
実はICカードと切符では乗車する距離によって料金に差が発生します。

その理由は料金単位にあります。
ICカードは料金単位が一円ずつとなっていますが、切符は10円単位。
そのため距離によって繰り上げたり繰り下げたりしているのです。

例えばJRの場合・・・

電車特定区間 1~3km 4~6km 7~10km 11~15km
IC運賃 136円 157円 168円 220円
きっぷの運賃 140円 160円 170円 220円

1~10km内ではICカードの方が安くなっています。
しかし11km以上の距離となると、ICカードも切符の値段に差はありません。
こう考えると、距離が短くても安いICカードを最初から使っておく方が手軽で安く済みますね。

これを使えばさらに交通費が節約できる!

回数乗車券を使う

都心を走っている電車のほとんどで回数券の販売をしています。
通常、回数券は10枚分の料金で11枚切符を受け取ることが可能。
例えば170円区間の場合、1,700円で11枚受け取れるので、170円分お得になるということになりますね。

そんな回数券ですが、実は使う日によって種類があることを知っていますか?

【普通回数券】
■ おとな 11枚(利用可能日に制限なし)
■ こども 11枚(利用可能日に制限なし)

【時差回数券】
■ おとな 12枚(平日10:00-16:00のみ)
■ おとな 12枚(土日祝及び12/30-1/3)

【土・休日割引回数券】
■ おとな 14枚(土日祝及び12/30-1/3)

平日限定や土日祝日限定など、回数券にはさまざまな種類があります。
どれも有効期限は発売から3カ月間とたっぷり使えるので、電車に乗る機会があっても定期券を買うほどではない…なんて方にぴったりです。

一日乗り放題券を使う

「今日は都内をたくさんめぐる!」「観光地を巡る!」
なんて日にお得なのが“一日乗り放題乗車券”
各線によって料金は異なりますが、いちいち切符を買うより確実にお得に乗ることができます。
観光や出張にも使えますね!

【番外編】ICカードの利用履歴や残高を見る方法

ICカードには、実は直近26週間以内の乗車履歴や料金履歴が残っています。
駅の切符販売機にカードをいれて利用履歴を印字すると一覧で見ることができますが、実はアプリでも見ることができるのをご存知ですか?

「Suica Reader」というアプリを使えば、いつでもどこでも利用履歴が確認可能!
ちなみにSuicaだけでなくPASMOの履歴も読み取ることができます。
さらに残高まで確認できるので、余裕をもって乗車することができますね。

読み取った履歴はCSVファイルで出力することができるので、家計簿や経費計算にも便利。
アプリは無料で利用できますが、NFC(近距離無線通信)に対応している端末のみで利用が可能となっています。

普段何気なく利用しているICカード。
実は距離や回数によっては切符や回数券を利用したほうが、交通費を節約することができます。
一度見直してみてはいかがでしょうか?

ICカードでお馴染みのSuicaについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ

ICカードには子供用も!ICカードを使ったお金の使い方を覚えさせる方法はこちらのページをどうぞ

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす