エアコンの電気代を節約!冷房・除湿・送風の違いと電力消費量を比較して今よりも確実に節電をする方法

ゆかにゃんゆかにゃん

季節の変わり目になると出番が増えるエアコン。
ボタンひとつで室内を設定した温度に調整してくれるため、とても便利ですよね。

節約のためにエアコンを使わない方も多いようですが、体調を崩す恐れがあるので無理は禁物!

■ 夏はエアコン27度 + 扇風機(またはサーキュレーター)
■ 冬はエアコン20度 + 羽織るもの&ひざ掛け

と上記のように設定温度を控えめにしつつ、扇風機などの+αを組み合わせながら過ごすことで節電しながらエアコンを使うことができます。
今年もあまり無理しない程度にエアコンを使い、我慢せずに快適に過ごしたいですよね。

さて、エアコンには冷房(クーラー)・除湿(ドライ)・送風・それから暖房といった4つの機能がありますが、それぞれの機能によって発生する電気代も異なり、同じ温度に設定しても体感温度に差もあります。

よく「暖房の24度と冷房の24度は何が違うのか?」といった疑問がありますよね。
確かに冷房の20度と暖房の20度とでは何が違うのか気になっている方も多いはず。

そこで今回はエアコンの機能別の仕組みと電気代の差について紹介したいと思います。

エアコンを使いながら節電するには・・・
ちなみにエアコンを使って電気代を節約するにはエアコン自体がキレイである必要があります。
そのため使う前にきちんとエアコンクリーニングしなければなりません。

本記事では自分で掃除する方法を紹介しますが、面倒な方はプロに任せてしまいましょう!
当サイトがおすすめする業者は、全国展開している「おそうじ本舗」
エアコンクリーニングだけでなくハウスクリーニングや家事代行もお願いできるので、まとめて依頼してみてはいかがでしょうか?
8月30日まで1万円で依頼が可能!おそうじ本舗公式サイトはこちら

エアコンの機能とその仕組み

まずはエアコンについている4つの機能についてご説明しましょう。

お部屋の温度を下げる冷房

クーラーとも呼ばれ、暑い時期を中心に使われます。
部屋の空気を指定した温度まで下げ、快適に過ごせるようにします。

部屋の空気の温度を下げることを1番に考えられた機能。
部屋の空気中に含まれるたくさんの熱を吸い込み、パイプを伝って外へと排出。
エアコンと室外機を結ぶパイプには「冷媒」という物質が入っており、その冷媒が空気中の“熱だけ”を乗せ、外へと排出させます。
そのため、冷房を起動していると室外機から熱い空気が出ます。

パイプと冷媒によって熱が排出された“冷たい空気”だけが室内に戻されるということ。
その結果、お部屋が冷えて快適に過ごせるのです。

いやな湿気を除去する除湿

ドライとも呼ばれる機能。
部屋中の湿気をなくし、ジメジメした不快な湿気をなくします。

部屋の空気に含まれる湿度を下げることを1番に考えられた機能。
湿度の高い部屋の空気をエアコンが吸い込み、まず中にある“熱交換器”を使って熱を吸収し温度を下げます。
そして空気中の水分が水滴となって熱交換器に付着し、それらを集めて室外機へと続くホースで排出します。
水分を吸収したサラサラの空気はまた室内へと戻され、これらを繰り返すことで部屋の空気中にある水分をどんどん外に排出させ湿気を取り除くのです。

ちなみに除湿には「弱冷房除湿」「再熱除湿」の2つのタイプがあるのをご存じですか?
空気中の水分を排出させる仕組みは同じですが、体感温度的には違いがあります。

弱冷房除湿は空気中の水分を集めた際に、下げた空気の温度をそのまま部屋へと戻します。
なので弱い冷房をかけたように部屋中が冷え、人によっては肌寒く感じることがあるようです。

もう一方の再熱除湿は、下げた空気の温度を温め直してから部屋へと戻すため、部屋が冷えることもなく除湿だけされるメリットがあります。

エアコンの型によって異なりますので、自分の家のエアコンはどちらのタイプなのか型番や取扱説明書で確認してみましょう!

ちなみに余談ですが、エアコンと室外機を繋ぐホースを設置時のまま使用していると、室外の虫がホースを伝って室内に侵入します。
不要になったストッキングや生ごみ用のネットをホースの先端に巻いておくことで、害虫の侵入を防ぐことができますのでぜひやってみてくださいね。

サーキュレーター代わりにもなる送風

エアコンの送風とはいわゆる扇風機とおなじ仕組み。
ただ単に風を発生させるため、気温は変わりません。

フィルターを通して吸い込んだ空気を、冷媒や熱交換器を通さずに室内に吐き出します。
エアコン内のファンが回っているだけの状態。
外の風そのものを部屋の中に送り込むため、ぬるい風となります。
そのため風が出ているのを感じにくいといった点もあるようです。

中には送風機能のないエアコンもあります。
我が家のエアコンも調べてみましたがありませんでした。
ですが扇風機やサーキュレーターで代用できるので、これといって問題ありませんね。

お部屋を暖める暖房

指定した温度まで部屋の空気を温める機能。
寒い日を中心に使われます。

こちらは室外機で外の空気中にある熱を奪い、室内器の蒸発器に汲み上げます。
そして蒸発器を使って熱を放出した際に室内器が暖められ、その空気が部屋へと戻されます。
この仕組みはヒートポンプとよばれるもの。
温かい空気が部屋に流れ、部屋の温度を指定の温度まであげます。

冷房と暖房は全く逆の仕組みとなっているわけですね。

電気代が一番かかるのはどれ?

4つもあるエアコンの機能。
気になるのは各機能それぞれの電気料金ですよね。

4つの機能のうち、最も一番電気代がかかるのは、「暖房」
1時間あたり2.8~53.5円とエアコン機能の中では高めの設定になっています。
冬場になると電気代が一気に跳ね上がる!なんて実感している人も多いはず。

暖房は室外機から吸収した冷え切った空気を温めるために熱を加えます。
その熱を発生させる際に電気をフル稼働させるため電気代が一番かかり、もちろん設定温度を上げれば上げるほど電気も消耗も増えます。

続いて2番目に電気代がかかる機能は除湿。
「弱冷房除湿」「再熱除湿」どちらのパターンでも、一度部屋の温度を一気に24度あたりまで下げる必要があるため、1時間あたりの電気代は4.5~16.3円となっています。
下げた後に部屋中の水分を取り除きますが、温度を下げるために多くの電気を使うため冷房よりも電気代が上がるのです。

3番目は冷房。
1時間あたりの電気代は3.65~19.44円、電源を入れてすぐは電力を多く使うため除湿より電気代がかかりますが、設定温度に近づけば除湿よりも電気代を抑えて稼働させることができます。
また除湿とはちがい温度設定が細かくできるため設定以上に冷えることがなく、無駄な電気を使わずに快適に過ごすことができます。

4番目は送風。
こちらはファンを回しているだけなので、1時間あたりの電気代も約0.3円と安く済みます。
扇風機と同なので電気代は最小限に抑えることが可能。
但し部屋の空気を循環させるだけなので、涼しくもあたたかくもありません。
真夏につけてもぬるい風が入ってくるだけなので、暑い日に稼働させると外の空気が部屋の中に入り込み気持ち悪いです。
正直扇風機をつけるのとほぼ変わらないので、扇風機をつける方が手軽かもしれませんね。

冷房と暖房の設定温度について

冷房と暖房の設定温度が同じでも、出てくる風は涼しかったり暖かかったりしますね。
ここまで読まれた方ならほとんど理解してしまったとは思いますが、それは空気を排出させる仕組みが冷房と暖房では真逆になっているため。

冷房は部屋の中の空気を吸い、設定温度に近づける為に冷やし冷風として部屋へ戻します。
暖房は室外機から外の空気を吸い、冷気を取り除いて熱を加え設定温度まで温めて部屋へ排出します。

このような仕組みになっているため、同じ温度設定でも体感温度が変わるのです。

上手に電気代を節約するためには…

夏本番になるとエアコンの出番も増え、電気代が心配になります。
効率よく、気代を節約するためには基本的に“除湿ではなく冷房”を使うこと。
とりあえず設定温度まで下がれば、そのあとは電気もそこまで消費しません。

除湿は「弱冷房除湿」「再熱除湿」どちらのパターンでも、空気中の水分を吸収するために部屋の温度を一度下げる必要があります。
その際、お部屋の温度は24度あたりにまでなる為、一気に電気を消耗させるのでその分電気代がかかります。

一方冷房は温度を設定することができるので、28度などに設定をすれば最初から少量の電気消耗で済みます。
ということで、電気代を安く済ませるには冷房が良いということになりますね。
たった1度の差でも、毎日つけていれば電気代に大きな差がでます。

暑がりさんは冷房+扇風機やサーキュレーターを併用すると、一気に快適な涼しさになりますよ!
ただし雨続きでジメジメが酷いときは、お部屋のカビ対策のためにも除湿を付けましょう。
除湿をする場合は、エアコンの除湿機能(ドライ)よりも除湿器がおすすめ。
除湿器+扇風機を使うことで、電気代をあまりかけずにお部屋の水分を取り除くことができます。

上手に環境に合わせて使い分けることが大切ですね!

エアコンはつけっぱなしの方が節約できるってホント?

つけっぱなしがもったいないといわれているエアコン。
実はエアコンをこまめに消すことが、逆に電気を多く消費しているということをご存知ですか?

エアコンを使うときに最も電力を消費するのが、スイッチを入れた後の“運転し始めの時”
エアコンか起動するときに500~1000Wほどのエネルギーを使用するといわれています。
一度起動すると、約30分かけて設定された温度まで室内の温度を下げます。
設定温度になった後はエネルギーが100W前後に抑えられるんだとか。
ということは、節約と称してこまめに消していたことが、逆に電気代を上げていたことになるのです。

ちょっとしたお出かけなら、エアコンはつけっぱなしの方がお得!
1~2時間程度のお出かけぐらいなら、つけっぱなしで出かけてしまった方がいいですよ。

また、お出かけ中に設定温度を上げておくことで、さらに節電効果が期待できます。
エアコンのモデルにもよりますが、28度設定にした場合…
1時間目で約40円、2~3時間目で約10~15円、4時間目以降は約10円しかかからないんだとか。
ペットをお留守番させている方もこれなら安心ですね!
簡易クーラーと組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。



送風機能でカビが防げる!?

エアコンを冷房運転させると、エアコン内部が冷えることにより結露します。
その結果、エアコン内部にカビが生えてしまうことも…

カビを防ぐためには送風機能がおすすめ!
冷房運転を切る前に、一度送風に切り替えて30分~2時間ほど運転させましょう。
そうすることにより、エアコン内部の湿気がなくなりカビの発生を防ぎます。

送風機能のないエアコンの場合は、いつもよりも高めに設定した冷房で運転させましょう。
冷やし過ぎることがカビに繋がるので、室外と変わらない温度の設定にすれば冷やし過ぎることもありません。

このように、エアコンは機能によって仕組みや電気消耗量が異なります。
もちろん、エアコンの内部や室外機が汚れていては余計に電気がかかり電気代も発生します。


こちらの記事にはカンタンにお家でできるエアコン掃除法を紹介しているので、参考になさってみて下さいね。

面倒ならプロにお任せ!

「もっと手っ取り早く、しっかり内部まで掃除したい!」

なんて方はプロにお任せしてみても良いですね!

今年は酷暑と呼ばれるほど暑いため、どの家庭もエアコンフル稼働!
そのためどの業者さんもなかなか予約が取れないほど忙しいようですが・・・

節約大全で紹介するハウスクリーニング業者さんなら夜19時以降でも来てくれるので、比較的スムーズに対応してくれます。
エアコンクリーニングが1台1万円以下と比較的リーズナブルなので、年に1回の大掃除としてお任せするにはぴったり!
プロだからこそできるエアコンの内部掃除も、専用の高圧洗浄機で徹底的にキレイにしてくれます。

おそうじ本舗

テレビCMでもおなじみの「おそうじ本舗」
オリコン顧客満足度調査・ハウスクリーニング2018で第1位を獲得しています。

一般家庭にある壁掛けタイプだけでなく、お手入れの難しい天井埋め込み式タイプもお掃除してくれます。
また技術認定スタッフをそろえているため、他社では断られることの多いお掃除機能付きエアコンも対応が可能。
家事全般のお手伝い(家事代行)もあわせ依頼ができるので、お家をまるごとピカピカにしてもらうこともできます。

そんなおそうじ本舗ですが、2019年7月1日~8月30日(金)限定で家庭用壁掛けエアコンを定額10,000円(税抜)で依頼できるキャンペーンを実施中!
分解洗浄で内部までしっかり汚れを落としてもらえるので、プロの本気を実感できるチャンスですよ!

おそうじ本舗公式サイトはこちら

おそうじ革命

家中のさまざまな汚れを落としてくれる「おそうじ革命」
LINEで写真を撮ってカンタンに見積もりができるため、大体の料金が事前にわかると安心の会社です。

エアコン掃除のリピーター率はなんと80%以上!
オリジナルの洗剤とノウハウで奥底に溜まる汚れをしっかり取り除く、ニオイまで取り除きます。
おそうじ革命はエアコンだけでなく、お風呂やレンジ周りと言ったさまざまなお掃除も可能!
セットメニューも用意しているので、気になる場所をまとめて依頼してみても良いですね!

おそうじ革命公式サイトはこちら

電力自由化なら電気代が安くなる!

2016年4月から始まった電力自由化。
2年経った2018年現在、実は10人に1人は電力会社を比較し乗り換えています。
以前と比べ大手電力会社のCMしか見かけてないような気がしますが、電気代を少しでも節約するためには乗り換えるのが一番お得!

また、2018年3月・4月と2ヶ月間にわたり電気代が値上げされるため、電力会社を乗り換えるチャンスともいえます。
しかし、電力会社と言っても“東京電力”“ENOS電気”など大手を含むと450社以上に増えています。

「どこの電力会社がいいの?」「地方の方だけど契約できるの?」

などの声もあると思います。

そこでオススメしたい比較サイトがエネチェンジ!
エネチェンジを使えば自分のライフスタイルにあったプランを72社以上・550プランの中からボタン1つで比較することができます。
自宅の住所や世帯数、在宅状況、現在利用している電力会社やアンペア数などを入力するだけで、カンタンに複数社の比較が可能に。
またガスも一緒に計算することもできますので、もしガス代を下げたい!といった希望があればまとめて見積もりしてみましょう

国内最大級の電気料金比較サイト「エネチェンジ」はこちら

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす