ふるさと納税のおすすめタイミングは春!欲しい特産品を確実にもらうためには返礼品が多く比較的空いている季節を狙うべし

閲覧回数 : 535 views

自治体への寄附で、その土地ならではの返礼品をもらうことができる「ふるさと納税
寄附できる金額に限度はありますが、住民税の節約にもなると話題になり毎年寄附をする方が増えています。

ふるさと納税で寄附できる金額は、こちらの記事にもあるように所得や家族構成によってさまざま。




そのため自分がいくら寄附できるのか、源泉徴収票を元に計算しなければなりません。

毎年12月31日までと寄附には期限がありますが、寄附のタイミングは年中可能。
特産品のシーズンに合わせて寄附ができたりとさまざまな楽しみ方があります。

しかし・・・ふるさと納税の寄附が集中するのは毎年9~10月以降。
そこから寄附者がどんどん増え続け、12月にピークを迎えます。
年末になると返礼品の品切れが目立ったり、場合によっては大手ポータルサイトのサーバーがパンクしてしまうなんてことも。
それだけ年末は、ふるさと納税の駆け込み需要が高まるのです。

ふるさと納税の寄附が年末に集中する理由とは?

なぜ年末にばかりふるさと納税が集中するのでしょうか?

その理由は、年末になることでその年の所得が明確に判明するから。
特に所得が一定ではない人の場合(自営業やパート・アルバイトなど)、年末にならないと所得が確定せず計算ができないのです。
また所得が一定であっても、ボーナスカットなどの影響を受けた場合は計算し直す必要があります。

他にも
「うっかり寄附をし忘れていた」
「返礼品がありすぎて悩んでいたら、結局年末ギリギリになってしまった!」

なんて方も多いようです。

通年寄付できるふるさと納税ですが、メディアの露出は年末に多くなるため・・・
CMを見て思い出す!なんて方も中にはいるようです。

年末の寄附はNG?ふるさと納税に最適な時期とは

とはいえ、寄附をすれば税金を節約できるふるさと納税。

「年末にやっておけばとりあえずお得でしょ!」

なんて思っている方も多いようですが、実は年末に行うことがデメリットにつながる場合もあるようです。

欲しい返礼品が売り切れ・・・

年末は、各自治体共に返礼品の在庫をあまり持ちません。
特に食べ物の場合、腐らせて無駄にしてしまう恐れがあり、数量限定と制限をかけている自治体もほとんど。
年末ギリギリの寄附は、思うように欲しい商品を手に入れられない可能性があります。

期限に間に合わない可能性もある

寄附は12月31まで受け付けていますが、多くの自治体は12月中旬を持って業務を終了しています。
また、中には12月上旬で本年度分の申し込みを終了し、来年以降にまわしてしまう自治体もあるほど。
せっかく期限内に寄附をしても、これでは意味がありませんよね。

ふるさと納税は、寄附をした後に自治体による事務手続きが必要なため、やはり数日~数週間の余裕が必要です。
できれば12月頭か、遅くても中旬あたりまでに寄附を済ませるべき。
バタバタと焦らず、余裕を持って済ませましょう。

返礼品が届くまでに時間がかかることも・・・

寄附を済ませても、すぐに返礼品が発送されるわけではありません。

寄附者が寄附をすると・・・
↓↓↓↓↓
自治体が受領し返礼品納入事業主に返礼品の依頼
↓↓↓↓↓
返礼品納入事業主が返礼品事業主に発注・決済
↓↓↓↓↓
返礼品事業主によって発送
↓↓↓↓↓
寄附者に返礼品が届く

このような流れになっており、返礼品が届くまでに早くて2週間、遅くて1ヶ月以上の時間がかかります。
この時期はお歳暮の発送などで宅配業者自体もバタバタしているので、年内の到着は難しい場合がほとんどだと思います。

「お正月にみんなで食べようと思っていたのにー!」

こんな計画を立てて寄附をしても、翌年以降の到着になる恐れがありますので注意が必要です。

実は年明けの寄附がもっともおすすめ!

では、一体いつ寄附をすれば良いのでしょうか?

基本的には、年末ギリギリではない限りいつでもスムーズに寄附ができます。

ただし、返礼品の特徴や殺到具合は季節によってさまざま。
カンタンに季節ごとの特徴をご紹介しましょう。

春は寄附件数が最も落ち着く季節。
冬に水揚げされたカニを中心に、魚介類が多く展開されています。
高級フルーツにもなりつつあるいちごも殺到するようです。

また、夏に収穫される野菜や人気の果物であるさくらんぼの受け付けも開始される時期。
1年を通して最も品数が豊富な時期ではありますが、申し込み数は1年で最も落ち着いた時期でもあります。

秋に収穫されるブランド米の申込予約ができる時期。
他にも新茶や人気の果物マンゴーやシャインマスカットの予約もスタートします。

お米に関しては申し込みが殺到するため、すぐに自治体が抱えている在庫分を超えてしまう恐れもあります。
お米を狙っている方は見逃せない時期ですね。

年末に向けて返礼品がリニューアルされる時期。
行楽シーズンに伴い宿泊券や感謝券が返礼品として出るようになります。
また、普段は高くて手が出せないうなぎの返礼品も多く出る季節。

新しい返礼品で寄附が殺到するため、返礼品到着までに2~3ヶ月待つこともあるので注意が必要。
この時期に寄附をして返礼品をもらっておけば、贅沢な年末年始を過ごすこともできますよ!

最も寄附件数が増える時期。 
豪華な年末年始を向かえるためのカニやお肉・お酒などがたくさん出るようになります。
しかし寄付件数が返礼品の数以上に多いため、品切れが相次ぐことも・・・
また年内に寄付をしても年末年始業務の関係で翌年扱いになることもあるようです。



春夏秋冬で見てみましたが、ゆっくり返礼品を探し、欲しいものを確実にもらうためには、品数が多く比較的殺到しない春先がベスト。

もちろんお目当ての返礼品が冬にあるなら仕方ないですが、できれば混雑する冬前までには済ませておきたいですね。

CMでおなじみの「さとふる」

寄付を数回に分けて行うということも

また、ふるさと納税は寄付が5箇所までであれば確定申告が不要になります。




そのためシーズンによって金額を使い分けるというのも一つの手段。

例えば年末のお肉をもらうように2万円分の寄付を残し、それ以外を春~秋の間に寄付してしまえば、本当に欲しい物をしっかりもらうことができますよね。

また、もし年末ギリギリになって寄付枠が残っていた場合、「早く寄付をしなくちゃ!」と焦ってしまう方も多いのが事実。
しかし、焦って寄付をしても欲しい返礼品がなかったり、手続きに手間が掛かってしまったりと良くない結果を招いてしまうことも・・・

ふるさと納税はお得な節税方法ではありますが、必ずしもやらなければならないわけではありません。
慌てて寄付をするはめにならないように、やはり事前に余裕を持って行うことが一番ではありますが・・・
「忘れても来年あるからいっか!」
とゆったりした気持ちで取り組めるといいですね。

寄付はクレカの使える自治体がおすすめ

ふるさと納税の寄付方法は主に2つ。
クレジットカードと銀行振り込みから選ぶことができます。
節約を心がける者としては、やはりクレジットカードがおすすめ!
寄付額に応じたポイントも獲得できますし、何といっても即時決済できるメリットがあります。
おススメのクレカは「ライフカード



自分の誕生月にライフカードを使うことで、なんと基本ポイントが3倍にアップ!
ということは誕生日月にまとめて限度額ギリギリの額を寄付すれば、ポイントもガッツリもらうことができてしまいます。
しかし・・・欲しい商品が季節限定だったり、数回に分けて一年中ふるさと納税を楽しみたい!なんて方もいるはず。
そんな方はポイントアップキャンペーンが多い「楽天カード」だったり、持っているだけで普段のお買いものが安くなる「イオンカード」がおすすめ。
貯めたポイントも普段のお買いものでしっかり使うことができるのはメリット大ですね!





楽天カードで寄付をすれば、楽天スーパーポイントも貯めることができます。
即時決済で節税ができ、さらに嬉しい特産物がもらえポイントももらえる・・・
カードを使うだけでこんなにうれしいメリットが発生するなんてびっくりですね!

「Yahoo!公金支払い」ならポイントも貯まる!

Yahoo!公金支払いは、地方公共団体の税金や各種料金をネット経由で支払うことができるサービス。
クレジットカード決済でポイントを貯めることもできますが、貯まったTポイントで逆に支払うこともできます。
Tポイントが貯まりやすいTカードを使えば、より効率よくポイントを貯めることもできますよ!



⇒ふるさと納税・公共料金払いにおすすめのクレジットカードはこちら



CMでおなじみの「さとふる」

品ぞろえ抜群!「ふるなび」

⇒ お得で嬉しい節税対策・ふるさと納税まとめはこちら!


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
ふるさと納税は春こそ狙い目!欲しい特産品を確実にもらうためには返礼品の多い季節を狙うべし!ふるさと納税は春こそ狙い目!欲しい特産品を確実にもらうためには返礼品の多い季節を狙うべし!