mineoなら700円から使える!パケットシェアができる話題のスマホ会社マイネオとは?

閲覧回数 : 4,153 views

スマホ(スマートフォン)で月にどのくらい、データ通信量をつかっていますか?
ちなみに私は、家にWi-Fiを設置しており、外ではあまりデータ量を使わないので2~3GBほど。
いわゆるライトユーザーでした。

もちろん格安スマホを使用しているのですが、最近話題の格安スマホ会社が気になっています。
それがmineo(マイネオ)
私のようにライトユーザーにピッタリの会社です。

プランの種類や値段を他キャリアと比較しても一見あまりパッとしないMineoですが、その分パケットをシェアすることができるフリータンクといった、他キャリアにはない個性的なサービスを展開しているようです。

詳しい料金表はもちろん、この少し変わったサービスについても紹介・解説していきます。
あなたが知らなかった魅力があるかもしれませんよ!

「格安スマホになーに?」という方はこちらでおさらいしましょう!



自分のスマホの使い方については、こちらをチェック!

mineo

 各種プランの料金表

mineoではマルチキャリアに対応しているので、auの端末、ドコモの端末を利用することができます。
それぞれ対応エリアがあり、差別化のために「auプラン」と「ドコモプラン」という2種類のプランを展開しています。
データ通信のみのシングルタイプSIMでは料金は変わらないのですが、音声通話が可能なデュアルタイプSIMでは少し値段に差が出ています。

auプランの料金表はこちらです。

タイプ
基本データ容量
500MB1GB3GB5GB10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円800円900円1,580円2,520円
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円

シングルタイプとデュアルタイプの差額は610円となっています。

続いてドコモプランの料金表はこちら。

タイプ
基本データ容量
500MB1GB3GB5GB10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円800円900円1,580円2,520円
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円

シングルタイプとデュアルタイプの差額は700円

それぞれのデュアルタイプの料金を比較するとauタイプの方が90円安いということになります。

auタイプ・ドコモタイプの対応エリアはそれぞれ以下の通り。

エリアauプランドコモプラン
データ通信au 4G LTEサービスエリアXi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア
090音声番号au 4G LTEサービスエリア
au 3G サービスエリア
Xi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア

auプランの4G LTEサービスエリア、3G サービスエリア、ドコモプランのXi(クロッシィ)エリア、FOMAエリアのすべてのプランで、日本全国のほぼすべてがサービスエリア内となっています。
今、auやドコモのスマホを利用しているという方ならまず大丈夫でしょう。
もちろん対応していない場所もあるので、契約前に住んでいる場所が対応エリア内なのか、確認すると良いですね。

格安キャリア初心者の方にも安心!mineo公式ページはこちら
mineo

また、「いきなり乗り換えるのが怖い」「乗り換える前に月1GBで足りるのか試してみたい」という方には「プリペイドパック」が用意されています。
最大2か月で1GBが利用可能となっており、SIMカードのサイズもMicroSIM、NanoSIMの両方が対応しています。
さらに、au版とドコモ版が用意されています。

au版プリペイドパックドコモ版プリペイドパック
対応SIMカードサイズNano / MicroNano / Micro
利用期間・容量最大2か月・1GB最大2か月・1GB
料金3,200円
3,200円

少し値が張りますが、契約の必要もなく開通の電話一本で利用開始できるので、手軽にMineoを試すことができます。
ただしプリペイドパックはデータ通信SIMのみとなっているので、090音声通話ができなくなります。

もしプリペイドパックを利用してmineoに乗り換えたいと思った方は、次のようなおトク要素があります。

・新規事務手数料3,000円が無料。
・プリペイドパックで残ったデータ量が引き継ぎ可能。
・新しいSIMに差し替える必要なし。
・通信停止期間なく変更可能。

これなら乗り換えるのに不安な方でも安心して試すことができますね。

 その他にも!各種サービス紹介

Mineが用意している割引サービスとしては、複数回線を契約した場合に適応される複数回線割、家族で契約した場合に適応される家族割があります。
どちらも最大5回線の契約で、基本料金から1回線につき50円の割引となります。
1回線のみで契約する場合と、複数回線で契約する場合とでは最大250円の差が出てきます。

余ったデータ容量を誰とでも分け合えるパケットギフトや、家族の繰り越した容量を分け合うことができるパケットシェア、みんなでパケットシェアすることができるフリータンクなど、無駄なくデータ容量を利用できるサービスが充実しています。

特にフリータンクというサービスはマイネオユーザー全員でパケットをシェアすることができるサービスで、mineo独自のサービス。
余った人はフリータンクへ入れ、足りない人はフリータンクから借りる、というようなことが可能となっており、非常に面白いサービスとなっています。

いかがでしたでしょうか。
こうして調べてみると、mineoは単回線で契約するよりも複数回線で契約したほうが安くなるので、どちらかといえば家族向けのキャリアなのかもしれませんね。
フリータンクというユニークなサービスも展開しており、これからmineoユーザーが増えることでさらに使いやすくなると思います。

格安スマホをもってみたいけど、どのキャリアがいいのかわからないという方は、ぜひmineoも比較対象に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は楽天モバイルに乗り換えました。
楽天市場で買い物する機会が多いため何気なく選んだのですが、ポイントが常に1倍になるだけでなく、ポイントで月の携帯料金を支払うこともできるのでとても便利!
店舗数もそれなりにあるので、不安があれば直接話を聞きに行くこともできますよ。

ちなみに編集部スタッフのバンバンもマイネオユーザー。
スマホ代を大きく節約することができ、家計も大助かりだったようですよ!



格安キャリア初心者の方にも安心!mineo公式ページはこちら
mineo

スマホ代を大きく節約できる!格安スマホ・格安SIM情報はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000