【チャージでポイント3倍】ビュースイカカードの嬉しい機能とお得な使い方を徹底解説

moosemoose

交通系のクレジットカードの中でも断トツの知名度を誇る「ビューカード(VIEW CARD)」。
JR東日本のグループ会社である「株式会社ビューカード」はたくさんのクレジットカードを発行していますが、現在ではビューカードがJRでの利用に留まらないオールマイティーなカードとして最も人気を集めています。

ま「Suica(スイカ)」機能をビューカードに搭載し、通勤や通学で利用している人も多いですよね。
タッチ&ゴーでスムーズに改札を通過できるのは非常に便利になりました。

そのSuicaにチャージする際、どのように行っていますか?
現金やオートチャージなどさまざまな方法がありますが、「ビュースイカ」というカードを使ってチャージをするとポイントを貯めることができお得に使うことができます。

ということで今回はSuicaを使っている人にぜひ持ってもらいたい「ビュースイカ」について紹介します。

ビュー・スイカはこちら

ビュースイカカードとは

カード名 ビュー・スイカ
年会費 524円
ポイント還元率 0.50~1.84%
貯まるポイント JRE POINT
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー Suica
付帯保険 海外旅行、国内旅行
追加カード ETCカード

ビュー・スイカカードは年会費として477円(税抜)が必要ですが、「Web明細ポイントサービス」を利用することで年会費以上のポイントが毎年もらえます。

Web明細ポイントサービスは、毎月発行する利用代金明細の郵送を止めてインターネット上で閲覧する「Web明細」に切り替えると、毎月JREポイント(1ポイント1円相当)が50ポイントもらえるサービス。
毎月50ポイントなので12ヵ月で合計600ポイントがもらえることから、年会費以上のポイント還元です。

またSuicaには3つの形態から選ぶことができます。

■ Suicaカード単体
■ モバイルSuica
■ クレジットカード一体型Suica

サービス開始当初はSuicaカード単体しかありませんでしたが、現在はアプリで起動するモバイルSuicaが人気です。
またビュー・スイカカードのようにクレジットカードに搭載されたSuicaを選択すると、カードを何枚も保有する手間がなくなります。

ビュー・スイカカードはSuicaを一体化させることで、SuicaカードやモバイルSuicaがなくても便利な機能が使えます。

JREポイントの貯め方

JR東日本の共通ポイントである「JRE POINT(JREポイント)」はビューカードやSuicaを利用することで付与されるポイントプログラム。
JREポイントは1ポイントを1円として加盟店で利用することができ、さらにたまったポイントをSuicaにチャージすることも可能です。(Suicaへのチャージも1ポイント1円)

JREポイントを貯めるには3つの方法があります。

■ ビューカードの利用で貯める
■ Suicaの利用で貯める
■ JREポイントカード加盟店を利用して貯める

ビューカードの利用で貯める

ビュー・スイカカードを普段のショッピングで使用すると、1,000円につき5ポイントをもらうことができます。
還元率は0.5%で月に5万円利用すると毎月250ポイント、年間で3,000ポイントを受け取る計算ですね。
またJREポイント特約店で支払いをビュー・スイカカードにすると、ポイント付与率が2倍の1.0%になるのも見逃せません。

■ ENEOS:1,000円で10ポイント(1.0%還元)
■ ESSO:1,000円で10ポイント(1.0%還元)
■ Mobil:1,000円で10ポイント(1.0%還元)
■ ゼネラル:1,000円で10ポイント(1.0%還元)
■ その他

また「ENEOSでんき」「ENEOS都市ガス」に契約して、支払いをビュー・スイカカードにした場合もポイントが2倍になり1.0%の還元率にアップします。

■ 毎月の電気代(ENEOSでんき):8,000円
■ 毎月のガス代(ENEOS都市ガス):5,000円
■ 毎月のポイント:130ポイント(年間1,560ポイント)

新電力のENEOSでんきは安価に電気を提供するサービスで、ポイントまでアップになるとますますおトクですね。

Suicaの利用で貯める

ビュー・スイカカードで大きくJREポイントを貯めるのなら、Suicaを積極的に利用するのがよいでしょう。
Suicaはチャージ式の交通系電子マネー(IC乗車券)なので、利用するにはお金をチャージする必要があります。
ビュー・スイカカードはSuicaと一体型ですが媒体的には別のカードであり、Suicaを利用するにはクレジットカード機能でSuicaにチャージをしなくてはなりません。

ビュー・スイカカードでSuicaにチャージすると、ポイントがなんと3倍にアップ。
つまりクレジットカード機能で1,000円のチャージを行うと、15ポイントが付加され1.5%の還元率です。

また以下の「VIEWプラス対象商品」をビュー・スイカカードのカード機能で購入することでも、ポイント3倍の特典が適用されます。

■ 乗車券、定期券、回数券、特急券(JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ、券売機)
■ JR東日本国内ツアー(適用外あり)
■ Suicaへのチャージ
■ Suicaのオートチャージ
■ Suica定期券
■ モバイルSuicaでの利用

ビュー・スイカカードでこれらの商品を購入すると、一般的な高還元クレジットカードをしのぐ1.5%のポイント還元率になります。
毎日の通勤でJRを利用する人にはぜひ利用してもらいたいサービスですね。

JREポイントカード加盟店を利用して貯める

JREポイントの加盟店でビュー・スイカカードを提示すると、100円ごとに1ポイントがもらえます。(1.0%還元)
またJREポイントカード加盟店の中にはJREポイント優待店が含まれており、そこでの支払いをビュー・スイカカードのクレジットカード機能にするとなんとポイントが加盟店の3倍に。

つまり100円で3ポイントと、驚きの3.0%還元率です。

またJREポイントアップ対象店(優待店)はJR駅構内や駅ビルが対象で、「エキナカ」と呼ばれる主要駅のショップも対象になっています。

ボーナスポイントがもらえる

ビュー・スイカカードは年間の利用額に対して、「ビューサンクスボーナス」がプレゼントされます。
ビューサンクスボーナスは年間を通してもらえるJREポイントとは別に、4月~翌年3月までを集計して条件をクリアした時点で随時加算されるJREポイント。

■ 年間30万円以上:250P
■ 年間70万円以上:250P+1,000P
■ 年間100万円以上:250P+1,000P+1,500P
■ 年間150万円以上:250P+1,000P+1,500P+2,500P

このボーナスポイントは各条件をクリアした翌月に加算されるので、どんどんとポイントが積み上げられる仕組みです。
つまり年間30万円では250ポイントですが、年間70万円に到達するとさらに1,000ポイントが加算され合計1,250ポイント。
年間100万円なら2,750ポイント、そして年間150万円で5,250ポイントを合計でプレゼントされます。

利用額でボーナスポイントが上積みされるサービスはうれしいかぎりですね。

たまったJREポイントをお得に使う

ビュー・スイカカードはさまざまな方法でJREポイントをもらうことができますが、たまったポイントは以下の方法で使うことができます。

■ JREポイント加盟店で利用
■ Suicaへチャージ
■ 商品に交換
■ 商品券、クーポン券と交換

JREポイント加盟店で利用

ビュー・スイカカードでたまったJREポイントは、JREポイント加盟店での支払いに使用できます。
JREポイントが使用できる加盟店には店頭に「カードの提示で貯まる・使える」と記載されたJRE ポイントのロゴステッカーが掲示されています。
ステッカーがある加盟店では1ポイントを1円として決済できるので、レジで「JREポイントで支払います」と告げてからビュー・スイカカードを渡しましょう。

Suicaへチャージ

たまったJREポイントはSuicaへのチャージに利用できます。
チャージは1ポイントが1円として換算されますが、あくまで通常ポイントのみで期間限定ポイントは対象ではありません。
Suicaへのチャージは「JRE POINT WEBサイト」への事前登録が必要で、Suicaの種類によっても方法が異なります。

■ Suicaカードタイプ:JRE POINT WEBサイトで申し込み後に券売機で登録
■ モバイルSuica:JRE POINT WEBサイトで申し込み後にアプリでチャージ

注意ポイントはJRE POINT WEBサイトへの事前登録を行わないとチャージができないこと。
ここは忘れないようにしましょう。

商品に交換

JREポイントはJR東日本のキャラクターであるペンギングッズやキッチングッズ、食品などに交換できます。
気になる商品の一例を紹介します。

■ Suicaのペンギン トラベルタンブラー:4,500P
■ 佐助豚ウインナー・ベーコン詰め合わせ:5,000P
■ ハーゲンダッツミニカップ2個:750P
■ 食堂車のビーフカレー5個セット:3,500P
■ Suicaのペンギン カードケース:2,400P
■ Suicaのペンギン ガラスティーポット:4,000P
■ プラレール成田エクスプレス:2,750P
■ E5系はやぶさリュック:5,000P

人気はやはり非売品のSuicaのペンギングッズで、コレクターにはたまらないラインナップですね。
また鉄道マニア向けの鉄道グッズもたくさんありますので、目標を立ててポイントを集めることができます。

商品券、クーポン券と交換

商品に交換する以外にもJR東日本の「びゅう商品券」や「ホテル利用券」などと交換することも可能です。

■ びゅう商品券1,000円~30,000円:1,400P~30,400P
■ ルミネ商品券:2,000円~30,000円:2,000P~24,400P
■ 東京ステーションホテル5,000円券:4,625P
■ おいしいお米カード550円:750P
■ VIEWカード・グリーン車利用券(新幹線、特急列車用):2,000P

商品券との交換ではびゅう商品券が割高ですが、ルミネ商品券は割安になることに注目してください。

■ びゅう商品券30,000円分:30,400P(割高)
■ ルミネ商品券30,000円分:24,400P(割安)

特に30,000円分のルミネ商品券が24,400Pで交換できるので、それだけで18.6%のアップ率です。
普段からルミネを利用する人はJREポイントをそのまま利用せずに、ルミネ商品券に交換すると超おトクですね。

オートチャージで残高不足の心配なし

あらかじめ設定することでSuicaへのチャージを自動的に行う「オートチャージ」が利用できます。
オートチャージは「Suica付きビューカード」「Suicaカード」「モバイルSuica」で利用できる機能ですが、ビューカード以外のカードでは利用できません。

オートチャージは自動改札機へSuicaをタッチするタイミングで設定金額よりもチャージ残高が少ないことで実行されます。

【オートチャージの設定例】
■ オートチャージ判定金額:1,000円
■ オートチャージ設定金額:3,000円

このような設定条件で残高800円のSuicaを改札機にタッチすると、判定金額よりも少ない残高なので3,000円が自動的に加算されます。

他社発行のカードではこの便利なオートチャージが使えないので、券売機や店頭でチャージしたりモバイルSuicaで手動チャージしたりする手間が必要です。

オートチャージはSuicaを利用する上で、便利なのでぜひ利用したい機能です。
これだけでもビュー・スイカカードの価値が高いことが分かりますね。

通勤や通学には定期券が便利

ビュー・スイカカードは定期券が一体になる機能が付帯されています。

「ビュー・スイカカード定期券」はJR線だけではなく、他の鉄道網やバスの定期券もまとめることができ1枚で広範囲をカバーします。

ビュー・スイカカードを定期券で利用するにはJR東日本の多機能券売機で手続きを行う必要がありますが、クレジットカードに個人情報が登録されているので簡単な操作で作ることが可能。
定期券はビュー・スイカカードの裏側のスペースに印字されますので、内容を確認したらそのまま定期券として利用しましょう。

支払いは現金およびビュー・スイカカードでできますが、クレジットカード機能を使うとポイントが3倍(1.5%)になるので現金は使わない方がおトクですね。

えきねっとで新幹線がおトクに

「えきねっと」はJR東日本が提供する、新幹線やJR各線の切符がおトクに予約できるインターネットサイト。
会員に登録することで全国の新幹線やJRの特急列車、自由席の予約がインターネット上でできます。
また会員限定サービスとしてJR東日本の新幹線、特急、JR北海道の一部特急を割引価格で購入することも可能です。

また注目したいのがビューカードをえきねっとで利用した場合の特典。
ビューカードをえきねっとで利用し支払いをクレジット払いにするとJREポイントだけでなく、「えきねっとポイント」ももらえます。

【えきねっとでポイント二重取りをする方法】
1、ビューカード(ビュー・スイカカード)でえきねっと会員登録を行う
2、えきねっとを利用して対象列車の予約を行う
3、決済でビューカード(ビュー・スイカカード)を利用する
4、JREポイントとえきねっとポイントがもらえる
5、えきねっとポイントをJREポイントに交換する

えきねっとポイントは利用金額に対するポイントではなく、切符ごとに10ポイント~30ポイントが付与されるポイントプログラム。
ただし切符1枚ごとに交付されるので、往復の場合は2倍のえきねっとポイントがもらえます。(往復で20ポイント~60ポイント)
さらにえきねっとポイントはJREポイントに移行させることも可能で、えきねっとポイント1ポイントでJREポイント2.5ポイントに換算します。

つまり30ポイントは75 JREポイントに交換することが可能です。

またビュー・スイカカードでえきねっとを利用すると3倍の1.5%のJREポイントがもらえるので、えきねっとポイントと合算するとさらにポイント率がアップします。

【東京~盛岡間の新幹線指定席を大人2名で利用した場合・・・】
■ えきねっと利用:30ポイント×2名×2往復(120えきねっとポイント)
■ ビューカードで乗車券、指定特急券の決済:58,960円(870 JREポイント)
■ 120えきねっとポイントをJREポイントに交換:300 JREポイント
■ 合計獲得ポイント:1,170 JREポイント(870 JREポイント+300 JREポイント)
■ ポイント還元率:1.98%

ビュー・スイカカードをえきねっとで利用することで、新幹線の指定席がおトクな価格で予約できるだけではなくポイント還元率が1.5%から1.98%にアップしました。

さらにビュー・スイカカードを含むビューカード会員は、スマホや携帯電話で中央ライナーや青梅ライナーの予約が可能なのも便利なサービスですね。

モバイルSuicaやApple Payとの相性

スマホや携帯電話のアプリを使用してSuica機能を使うモバイルSuicaと、ビュー・スイカカードは相性がよいことで有名。

モバイルSuicaには「モバイルSuica」と「EASYモバイルSuica」がありますが、モバイルSuicaは年間で1,030円(税込)の年会費が必要です。
EASYモバイルSuicaは年会費が無料ですが、定期券やグリーン券の購入ができずクレジットカードやオートチャージにも対応していません。

モバイルSuicaにはビューカード以外にもVISA、Mastercard、JCBなど7種のクレジットカードを登録できますが、ビューカードを登録すると年会費が無料になるサービスが利用できます。

つまりビュー・スイカカードをモバイルSuicaに登録すると、1,030円の年会費が無料になるのですからこれはうれしい特典ですね。

またビュー・スイカカードは最近人気のApple Payでも便利に活躍します。

Apple PayはApple社のiPhoneやApple Watch上で非接触型の支払いを行う次世代の決済サービス。
「Apple PayのSuica」はiPhoneやApple Watch 上にSuicaを発行して、モバイルSuicaのように利用するサービスです。

Apple PayのSuicaを利用すると駅の改札利用だけでなくショッピングで利用することも可能で、さらに複数のSuicaを管理することにより通勤用やプライベート用として使い分けることもできます。

Apple PayのSuicaへのチャージはAppleアカウントに登録されたクレジットカードで行いますが、オートチャージができるのはやはりビューカードのみ。
ビュー・スイカカードをApple PayのSuicaに登録することで、オートチャージが使えるのでスマートな利用が実現します。

Apple PayでSuicaを利用するなら、スマートに利用できるビュー・スイカカードを設定したいですね。

紛失時にも安心な補償制度

電子マネーの中にはカードを紛失すると、補償されずにチャージ残高がなくなってしまうものが多くあります。
しかしビュー・スイカカードはクレジットカードであるビューカードと一体なので、紛失時の補償も充実。
紛失時の補償を見てみましょう。

■ 紛失時のクレジットカード不正利用の補償
■ ビュー・スイカカードの定期券部分の補償
■ Suicaチャージ残高の補償

このようにクレジットカードの不正利用に対する補償を始め、定期券部分、Suicaチャージ残高の補償までついています。

ただし紛失後に定期券の不正利用が発生した場合は、60日前にさかのぼってその日以降が補償対象です。
またSuicaチャージの不正利用があった場合は不正利用された部分は補償されないので、紛失に気がついた場合にはすぐにJR東日本に連絡して使用停止にしてもらいましょう。

メリットとデメリット

まずメリットですがやはりJRで利用する上では最強のサービスが期待できるところ。
特にSuicaへのオートチャージはビューカード以外では利用できないので、実質的に年会費無料のビュー・スイカカードはオートチャージ対応カードとして最適ではないでしょうか?
またJRの各種商品(乗車券、指定券など)を購入すると、JREポイントが3倍の1.5%に増加することも魅力ですね。
そして定期券でもポイントが3倍なので、通勤や通学で利用すれば気が使かない間にポイントがザクザク貯まるかもしれません。

たまったJREポイントの利用でも1ポイントが1円として使えて、さらにルミネ商品券に交換すると18.6%のアップも可能です。
JREポイントは選択する商品の幅が広いことが魅力なので、交換する際にはいろいろと検討するのも楽しいですね。

そして見逃せないのがえきねっとでのポイント二重取り。
JREポイントだけでも3倍の1.5%なのに、さらにえきねっとポイントがもらえる優れた制度です。
えきねっとではJRの切符を割引価格で購入できるので、もはや二重取りではなく三重取りと考えてもよいくらいおトクなプログラムです。

このようにどれをとってもメリットだらけのビュー・スイカカードですが、デメリットも存在します。

まずはポイント還元が100円単位でなく1,000円単位であること。
多くの高還元クレジットカードでは決済ポイントの計算を100円単位で行っていますが、ビュー・スイカカードは1,000円単位で999円以下は切り捨てています。

例えば800円の支払いにクレジットカードを利用した場合、同じ0.5%の還元クレジットカードでも100円単位の計算では4ポイントもらえますが、1,000円単位のビュー・スイカカードではポイントがつきません。
1,900円の利用なら9ポイントと5ポイントの違いですね。
1,000円単位の計算では切り捨てが多くなることから、若干ポイントのたまりが悪くなることを覚えておいてください。

実質的に年会費無料のビュー・スイカカードですが、これは利用明細をWEB明細に切り替えることで年間600ポイントがもらえるからと説明しました。
しかし家族カードやETCカードは各々477円(税抜き)が必要なので、これらの追加カードを利用した場合は年会費の負担が出てきます。
これでもデメリットですね。

さらに1枚にたくさんの機能が詰まったビュー・スイカカードは、紛失するとそのダメージは計りしれません。

ビュースイカ以外のクレジットカード

たビュースイカカードはクレジットカード、電子マネー、IC乗車券そしてポイントカードとたくさんの機能が詰まった1枚でした。

しかしJR東日本が提供するビューカードにはまだまだ魅力的なカードがあります。

【JRE CARD】

ビューカードの新しいラインナップである「JRE CARD」は、駅ビルの利用でなんと3.5%のポイント還元が受けられる超高還元クレジットカード。

ビュー・スイカカードで説明した通りショッピングでJREポイントがもらえるのは、JREポイント加盟店とJREポイント優待店です。
JRE CARDをJREポイント加盟店で利用すると1.5%、JREポイント優待店はなんと3.5%のポイント還元が受けられます。
基本的に駅ビルと呼ばれる施設はJREポイント優待店なので、アトレなどのショッピングでは3.5%が還元されると考えてください。

またJRE CARDは3種類のラインナップがありビュー・スイカカードと同様にSuica機能が付帯されたものや、定期券を印字できるカードも選べます。
ビュー・スイカカードとJRE CARDはよく似たカードですが、以下のように細かい機能に違いがあります。

■ 3種類のラインナップから選択できる(Suicaなし、Suica付き、Suica定期券付き)
■ ポイントが最大3.5%(ポイント優待店のみ)
■ 家族カードの追加ができない
■ ボーナスポイントのサービスはなし
■ WEB明細によるポイントサービスはなし(実質的な年会費無料にはならない)

JRE CARDはポイント還元が高い代わりにボーナスポイントなどのサービスがありません。
また家族カードが作れないこともJRE CARDの特徴ですね。

【ビューゴールドプラスカード】

ビューゴールドプラスカードは、ビュー・スイカカードのゴールドカード版です。
ゴールドカードなのでさまざまなサービスが付帯されており、毎年もらえるプレゼントやボーナスポイントなどおトクな特典が満載。

ビューゴールドプラスカードのおトクな特典を見てみましょう。

■ 年間の利用額でビューゴールドボーナスポイントがもらえる
■ 毎年豪華特典(プレゼント)がもらえる
■ 東京駅にビューゴールドラウンジが利用できる
■ 会員専用の会員誌が送られてくる
■ JR東日本グループの提携施設を優待価格で利用できる
■ 空港ラウンジサービスが利用できる
■ ETCカードが年会費無料
■ 家族カード1枚目は年会費無料(2枚目から年会費3,000円)
■ その他

Suica機能はビュー・スイカカードと同等で年会費が1万円(税抜き)と高額ですが、これだけのサービス特典が詰まったおトクなクレジットカードです。

【ルミネカード】

ショッピングモールで有名な「ルミネ」のユーザーにオススメしたいのが「ルミネカード」。
ルミネカードはビューカードのラインナップの一つで、SuicaやJREポイントの機能ももちろん付帯されています。

ルミネカードの最大の魅力はルミネや「NEWoMan」でいつでも5.0%オフの買い物ができること。
つまりルミネカードで支払うことで請求から5.0%自動的に差し引かれます。
また年に数回あるキャンペーンでは10.0%に割引率がアップしますので、おトクにショッピングを楽しむことができます。
さらにJREポイントももらえるので、二重におトクなクレジットカードと言えますね。

■ ルミネやNEWoManでいつでも5.0%オフで買い物ができる
■ 年に数回開催されるキャンペーン期間中は割引率が10.0%にアップ
■ JREポイントをルミネ商品券と交換すると20.0%アップ
■ 年間の利用額に対してルミネ商品券のボーナス
■ その他

ルミネカードは年会費が953円(税抜き)必要ですが、年間に2万円をルミネで利用するだけで元が回収できる計算に。(20,000円×5.0%=1,000円の割引)
また10.0%キャンペーン期間ではなんと1万円で回収できます。

【大人の休日倶楽部】

大人の休日倶楽部には「大人の休日倶楽部ミドルカード」と「大人の休日倶楽部ジパングカード」があります。
大人の休日倶楽部ミドルカードは50歳以上の人が申し込み可能で、JR東日本、JR北海道の切符が何回でも5.0%オフで購入できます。
また大人の休日倶楽部ジパングカードは男性が65歳以上、女性が60歳から申し込めるクレジットカードで、JR東日本、JR北海道の切符がなんと30.0%オフです。

また会員限定の切符やツアーもおトクな価格で販売されているので、旅行が趣味の人はぜひ検討してください。

ビューカードやSuica、JREポイントカード機能もついているので、旅行だけでなく普段の電車利用やショッピングでも活躍してくれる1枚。
年会費がミドルカードで2,575円(税込)、ジパングカードで4,285円(税込)必要ですが、すぐに元がとれるくらいにお得なクレジットカードですね。

旅行が好きなミドル世代には必需品でしょう。

【JALカードSuica】

JAL(日本航空)が発行するJAL CARDとビューカードが一体化した「JALカードSuica」は、JALマイレージとJREポイントがもらえる二重ポイントクレジットカード。

■ JAL系の飛行機を利用した場合:マイレージ加算
■ JALカードSuicaをショッピング利用:ショッピングマイル加算
■ JR東日本での利用(Suicaチャージ、定期券購入など):JREポイントが加算

たまったJREポイントをマイレージに移行させることも可能で、1,500ポイントを1,000マイルに交換できます。
Suica機能はビュー・スイカカードと同じですが、駅の改札だけでなく空港の保安検査での「JALタッチ&ゴーサービス」も利用可能。

駅も空港もスマートなチェックインが可能ですね。

JALカードSuicaのラインナップは「普通カード」と充実した機能の「CLUB-Aカード」の2種類。
それぞれ年会費が2,000円(税抜き)、10,000円(税抜き)で、家族会員も有料です。
飛行機に搭乗するたびにもらえるボーナスマイルなどのサービスがありますので、普段から飛行機を利用する人は年会費を気にすることはないでしょう。

そして最近新たなラインナップとして「CLUB-Aゴールドカード」が発行されました。
CLUB-Aゴールドカードは年会費が20,520円(税込)とさらに高額に設定されていますが、ビューゴールドプラスカードの優待にJALカードの機能がプラスされた高機能カードです。
新しいビューカードであるCLUB-Aゴールドカード、これも注目ですね。

Suicaの利用はビューカードで

Suicaは単なるIC乗車券ではなく電子マネーとしての地位を確立しています。

特に最近では駅に近い駐車場や駐輪場でSuicaが使えるようになっており、この流れはこれからも続くことが想定されます。
そうなるとSuicaにオートチャージができるビューカードの利便性がどんどんと上がるのではないでしょうか?

ビュー・スイカカードはビューカードの中でも、シンプルで癖のないクレジットカードです。
だからこそ誰にでも使いやすく、Suicaとの相性もバツグンだと思います。

Suicaをより便利にするビュー・スイカカード。
これ一枚で全ての生活をサポートしてくれるビューカードと言えます。

クレジットカードの審査が不安の方はこちらのページを合わせてどうぞ

クレジットカードを活用てさまざまな節約に繋げよう!

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす