楽天ANAマイレージクラブは陸マイラーにぴったり!普段の買い物でマイルがたまる特徴とメリットデメリット

ゆかにゃんゆかにゃん

楽天のクレジットカードの中には、ANAマイルがたまる「楽天ANAマイレージクラブカード」というものがあります。

ポイントとマイルどちらを貯めるか選択することができますが、マイルを選択した場合、普段の買い物で直接マイルを貯めることができるため、交換手続きなどが不要になります。

今回はマイルが貯めやすく陸マイラーにも人気の「楽天ANAマイレージクラブカード」を紹介します。

楽天ANAマイレージクラブカードとは

カード名 楽天ANAマイレージクラブカード
年会費 550円(初年度無料)
ポイント還元率 1.00~3.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
電子マネー 楽天Edy
付帯保険 海外旅行
追加カード ETCカード、家族カード

楽天には年会費無料で持つことができる楽天カードがありますが、旅行好きの人におすすめしたいのが「楽天ANAマイレージクラブカード」(楽天AMC)です。

年会費が550円かかりますが、年1回以上の利用で翌年度の年会費も無料になるため実質無料で持つことができます。

名称通りマイルが貯まるカードになりますが、楽天ポイントがもらえる「楽天ポイントコース」とANAマイルがもらえる「ANAマイルコース」のいずれを選択することができます。
コース登録後も変更が可能なため、その時によってポイントとマイルを貯めることができるのです。

「ANAマイルコース」を選択した場合、マイルを直接貯めることができるため交換する手間がありません。
また普段の買い物で効率よくマイルを貯めることもできお得です。

「楽天ポイントコース」を選択した場合100円につき1p、「ANAマイルコース」を選択した場合200円につき1マイルが貯まります。

楽天ANAマイレージクラブカード公式サイトはこちら

楽天ANAマイレージクラブカードのメリット

年会費が実質無料

「楽天ANAマイレージクラブカード」は年会費が550円かかりますが、冒頭でもお話ししたように年に1回以上の利用があれば翌年度の年会費が無料になります。

たった1回でも利用をすれば年会費が無料になるので、そこまでハードルは高くありません。

また新規入会特典として楽天ポイントがもらえるだけでなく、「ANA楽パック」の予約時に使うことができるトラベルクーポンももらうことができます。

付与ポイントやクーポン内容は入会時期によって異なりますので、詳しくは公式サイトを確認してみて下さいね。

楽天ANAマイレージクラブカード公式サイトはこちら

楽天市場や特約店でポイントが貯めやすい

楽天市場にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれるサービスがありますが、「楽天ANAマイレージクラブカード」も”楽天カード”になるため+2倍のポイント還元率が受けられます。
楽天サービスを使えば使うほどポイント還元率もあがるため、お得に買い物ができますね。

また街中でも楽天特約店が増えていますが、それらのお店でもポイントを貯めることができます。

ただし楽天市場や特約店での利用は、「ANAマイルコース」を選択していてもマイルを貯めることができず、楽天ポイントが付与されます。
マイルコースでマイルが貯まるのは、楽天や特約店以外での買い物時のみです。

ANAカードの機能が付帯されている

「楽天ANAマイレージクラブカード」にはANAが提供している「ANAカード」の機能が一部付帯されています。

カードにはICチップが内蔵されているため、飛行機の座席チケットを購入済みであれば直接直接保安検査場に進むことができる「スキップサービス」が利用でき搭乗手続きの必要がありません。
待ち時間なく飛行機に乗ることができるためとっても便利です。

他にも同じアライアンスに属する航空会社間でマイルの相互利用ができます。
例えばA社の飛行機でフライトをし、B社のマイルを貯めることも可能なので、マイルの使い道も広がります。

楽天ANAマイレージクラブカードのデメリット

ボーナスマイルは付与されない

ANAが提供している「ANAカード」の場合、搭乗の際に「運賃倍率×10%」のマイルが付与されますが、「楽天ANAマイレージクラブカード」の場合は付与されません。

あくまでも普段の買い物でマイルを貯めることが前提となっているようです。

一部マイル交換不可ポイントがある

楽天市場で貯めた楽天ポイントは、2P=1マイルに交換することができます。

しかし「期間限定ポイント」や「提携先から交換したポイント」はマイルに交換することができません。
買い物によって貯まった通常ポイントのみマイルに交換することができるので、交換する際はポイントの種類にも気を付けましょう。

まとめ

「楽天ANAマイレージクラブカード」は楽天ポイントもマイルもどちらも貯めたい人にぴったりのカードです。

飛行機の搭乗予定にあわせてマイルを貯めたり、旅行に行く予定がない時は楽天ポイントを貯めたりと状況に応じて貯めるポイントを切り替えることができます。

また「ANAカード」と同じようにスキップサービスも利用ができるので、空の旅をより快適に楽しむことができますね。

ただしマイルのみを貯めたい人やフライト回数が多い場合は、ボーナスマイルが付与される「ANAカード」の方が貯まりやすいので自分に合ったカードを選択するようにしましょう。

楽天ANAマイレージクラブカード公式サイトはこちら

関連記事

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす