【楽天プレミアムカードはコスパ最強】還元率も高くプライオリティパスが発行できる魅力を完全解説

moosemoose

CMでもおなじみの「楽天カード」は、ポイントが貯めやすくとってもお得なカードです。
年会費無料で持つことができますが、実は楽天カードのラインナップの中には年会費が必要なカードがあるのを知っていますか?

年会費が発生するからこそ、それ以上にお得な特典が付帯しています。

ということで今回は楽天市場のユーザーにワンランク上のサービスを提供する「楽天プレミアムカード」を紹介します。

楽天プレミアムカードの概要

カード名 楽天プレミアムカード
年会費 11,000円
ポイント還元率 1.00~5.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー 楽天Edy
付帯保険 外旅行、国内旅行、ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

楽天カード(一般)は年会費が無料で有名ですが、楽天プレミアムカードは11,000円の年会費が必要です。
しかし、本来約42,000円の年会費が発生するプライオリティパスが発行でき、さらに楽天市場での買い物もポイントアップになると考えると、年会費を払ってでももちたいカードと言えますよね。

楽天プレミアムカードの申込みはインビテーション(招待状)だけでなく、公式サイトより自ら申込みすることもできます。

楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

ポイントの利用方法

楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルなどといった各サービスにおいて1ポイント=1円で利用でき、電子マネーの楽天Edyには対等交換可能で楽天ポイント1ポイントをEdy1円に交換できます。

また、楽天プレミアムカードは楽天市場での買い物で還元率が上がりお得になる“SPU”(スーパーポイントアッププログラム)の対象でもあります。
楽天カード(一般)でもポイント還元率を上げることが可能ですが、楽天プレミアムカード(または楽天ゴールドカード)で買い物をすることでポイント還元率をさらに上げることができお得に買い物ができます。

貯めたポイントを別のポイントやマイルに交換することもできます。
飛行機を良く利用する人は、ANAのマイルに交換するとポイントで旅行が楽しめますね。

付帯保険も充実

楽天プレミアムカードには大きく分けて3つの保険が付帯されています。

■ 海外旅行傷害保険
■ 国内旅行傷害保険
■ 動産総合保険

海外旅行傷害保険

海外旅行中の事故や病気による損害を補償する保険です。

■ (傷害)死亡・後遺障害:自動付帯4,000万円、利用条件1,000万円
■ 傷害治療費用:自動付帯300万円
■ 疾病治療費用:自動付帯300万円
■ 賠償責任:自動付帯3,000万円
■ 携行品損害:自動付帯30万円、利用条件20万円
■ 救護者費用:自動付帯200万円

この中で自動付帯と利用条件に分かれた部分がありますが、自動付帯は楽天プレミアムカードの利用の有無に関わらず適用される保険です。
利用条件が付いているものは日本を出発する前までに、公共交通乗用具または旅行のパック費用を楽天プレミアムカードで決済していることが条件となります。
つまり、楽天プレミアムカードで海外ツアー旅行を購入した場合では、「(傷害)死亡・後遺障害」が自動付帯と利用条件の合計となり、5,000万円にアップするということ。
ツアーではない旅行でも、空港までのタクシー代や電車代を楽天プレミアムカードで支払うことで適用されるのでルールをよく理解して利用しましょう。

国内旅行傷害保険

海外旅行では保険の適用に一部利用条件がありましたが、国内旅行傷害保険では利用条件はなく、全てが自動付帯になっています。(保険金額は最大値)

■ 障害死亡保険:5,000万円
■ 傷害後遺障害保険金:5,000万円
■ 傷害入院保険金:日額5,000円
■ 傷害手術保険金:入院保険日額の5倍~10倍
■ 傷害通院保険金:日額3,000円

この保険は国内旅行中の公共交通乗用具に搭乗中の事故や宿泊先の火災、爆発などで怪我をした場合に支払われる保険です。
疾病などの病気治療は適用されませんので注意して下さい。

動産総合保険

楽天プレミアムカードを利用して購入した品物が、購入日より90日以内に偶発事故で損害が出た場合に補償される保険です。
偶発事故とは…「破損」「盗難」「火災」「地震」などが原因で起きた事故による破損ですが、購入金額が1万円以上などの規定があり、全ての商品をカバーするものではありません。

■ 年間補償限度額:300万円
■ 自己負担額:1回の事故につき3,000円

保険金を請求するには事故の種類によって、いくつかの書類が必要になります。
特に盗難のケースは忘れずに警察へ盗難届けを提出するようにしましょう。

自由に選べる3つの優待コース

楽天プレミアムカードは会員への優待が充実していますが、中でも3つの優待コースから自由に選べる“選べるサービス”が人気です。

楽天市場コース

楽天市場でのショッピングで少しでも多くのポイントが欲しい人にオススメなのが“楽天市場コース”
このコースでは毎週火曜日と木曜日に楽天市場のショッピングで楽天プレミアムカードを使用すると、ポイントが1倍加算されます。

楽天市場を利用すると通常ポイント1倍(100円で1ポイント)が貯まりますが、楽天プレミアムカードで決済するとさらに最大で4倍(100円で4ポイント)がもらえます。
さらに楽天市場コースを選択し、火曜日か木曜日に利用するとさらに1倍が加算されます。
つまり合計で最大6倍のポイントを獲得できることになり、100円の利用で6ポイントが還元されるので効率よくポイントを貯められますね。

トラベルコース

旅行が趣味の人は「トラベルコース」がおすすめです。
トラベルコースでは旅行サイトの「楽天トラベル」で楽天プレミアムカードを利用して決済を行うことでポイントが1倍加算されます。

通常、楽天プレミアムカードで楽天トラベルの決済を行うとポイント還元は2倍(通常ポイント1倍、楽天プレミアムカード決済1倍)ですが、これにトラベルコース加算が1倍付加されて合計3倍のポイント率になります。

また、トラベルコースでは「手荷物宅配サービス」が利用でき、自宅から空港または空港から自宅へ手荷物を無料で送付するクーポンを発行しています。
現在利用できる空港は成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港の4空港、サービスの利用は年に2回までです。

トラベルコースの会員は「国内宿泊ご優待サービス」も利用でき、楽天プレミアムカードの専用デスクで予約することができます。
宿泊先の手配は全て専用デスクが行うので、手間を省いて国内旅行を楽しむことができますね。

エンタメコース

趣味が映画鑑賞や音楽鑑賞の人は「エンタメコース」がぴったり。
エンタメコースでは「Rakuten TV」の支払いに楽天プレミアムカードを利用すると、利用分のポイントが1倍加算されます。
Rakuten TVは映画や音楽のラインナップが豊富なので、利用するほどお得にポイントをゲットできますね。

このエンタメコースでは“楽天ブックス”の利用でもポイントが1倍加算されます。
本は楽天ブックスで楽天プレミアムカードを使って購入、と決めておきましょう。

楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

最大の魅力!プライオリティ・パスが無料

楽天プレミアムカードには、世界130ヵ国で1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる“プライオリティ・パス”が無料で申し込めます。

プライオリティパスには「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」と3段階の会員プランが用意されていますが、楽天プレミアムカードではその中で最もランクの高い「プレステージ会員資格」を無料で受けられるのです。

プライオリティパスのプレステージ会員は年会費が399ドルなので、本来会員になるには日本円で42,000円以上必要。
それが無料で手に入るのですから、飛行機を良く利用する人にとってはかなりお得になりますよね。

ただしプライオリティパスを受け取ることができるのは本会員のみとなり、家族会員は適用されません。
家族会員を含めた同伴者は1回の利用毎に別途3,000円必要なので、楽天プレミアムカードで清算して下さい。

「旅行は国内ばかりなんだけどなぁ・・・」
そんな方には“楽天ゴールドカード”がおすすめです。
楽天ゴールドカードであれば年会費2,200円で国内の空港ラウンジを年に2回無料で使うことができますし、海外ではハワイと韓国の空港ラウンジが利用できます。

誕生日にはポイントプレゼント

楽天プレミアムカードの会員には「お誕生月サービス」として、誕生月の利用でポイントが1倍プラスされます。
ポイントアップの対象は「楽天市場」と「楽天ブックス」で、もちろん楽天プレミアムカードでの決済が必要です。

例えば楽天市場コースを選択した会員が通常の月に買い物を行うと最大6倍のポイント還元になりますが、誕生月になると最大7倍ポイントを獲得することができます。
大きな買い物は誕生月にするのが賢い利用法ですよね。

楽天ポイントカードやEdy機能

楽天プレミアムカードは楽天市場以外の実店舗で利用した場合でも1%のポイントが付与されます。
他の楽天カードと同じように楽天ポイントカードとしての機能もありますので、マクドナルドや出光SSなど楽天ポイント加盟店で利用すると実店舗であってもさらに1%のポイントを貯めることができます。
カード裏面のバーコードをお店で読み取ることで支払いの種類に限らずポイント対象になりますので、楽天ポイント加盟店を確認しておきましょう。
楽天プレミアムカードにも楽天カードと同じく電子マネーEdyも搭載しているので、Edy加盟店ではかざすだけで簡単に支払いができます。

楽天ブラックカードへの近道

楽天カードの中でも最上級カードと言われている“楽天ブラックカード”
入会するのにインビテーションが必要で自分から申込むことはできません。

楽天ブラックカードの年会費は33,000円、他社のクレジットカードでいうとプラチナカードクラスと同等と考えられているため、年会費は決して高いとは言い切れません。
また付帯サービスも楽天プレミアムカードよりも充実しており、プライオリティパスは年会費無料の家族会員にも無料で発行してくれます。

入手するには楽天プレミアムカードで実績を上げるのが一番ともいわれています。

どんな基準でインビテーションが発行されるかは公開されていませんが、まとまった金額を一定期間利用することで信用が高まるのは事実です。
楽天プレミアムカードは楽天ブラックカードの入り口だと考えても良いでしょう。

楽天プレミアムカードのデメリット

楽天プレミアムカードは楽天市場での買い物で最強のカードといえますが、一般店舗では1%ポイント還元率です。
楽天市場以外での買い物が多い人にとっては、11,000円の年会費も高いと感じるでしょう。

一転して楽天グループでの利用になると最強のクレジットカードであり、お得なサービスがいくつも用意されています。
その意味で普段から楽天グループを愛用しているユーザーにとっては魅力的ですが、それ以外のユーザーにとっては割高なクレジットカードかもしれませんね。
ただし、プライオリティパスは楽天プレミアムカードの年会費以上の価値があるので、海外旅行によく行く人は楽天市場の利用有無に限らずお得なカードだと言えます。

楽天カードの種類

一般カードの他に、さまざまな種類がある楽天カード。
年会費が発生するものやそのカード独自の特典が用意されているものもあります。

名称 年会費(税込) 楽天の還元率 その他
楽天カード 永年無料 +3倍 初心者にもおすすめ
楽天PINKカード 永年無料 +3倍 サービスのカスタマイズが可能
楽天ゴールドカード 2,200円 +3倍 国内空港ラウンジが年2回無料
楽天プレミアムカード 11,000円 +5倍 プライオリティ・パス付帯
楽天銀行カード 永年無料円 +3倍 普通預金金利が2倍
楽天ANAマイレージクラブカード 初年度無料
(2年目以降550円)
+3倍 ANAマイレージクラブ機能付帯
楽天カードアカデミー 永年無料 +3倍 ANAマイレージクラブ機能付帯

※年1回以上の利用で無料

まとめ

これまで説明した通り、楽天プレミアムカードには付帯サービスとして魅力的な項目があります。
ポイントアップや付帯保険、さらに楽天市場の送料を返してくれる楽天プレミアムの加入など数えればきりがありません。
また海外旅行で活躍するプライオリティパスは、それだけで年会費の4倍の価値があるサービスです。

「楽天プレミアムカード」申込はこちら

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす