【コストコで使えるクレジットカードはコレだ!】ポイントが貯まりやすく使いやすい3つのカードを紹介します

ゆかにゃんゆかにゃん

アメリカンサイズの商品が並ぶコストコでは、1回のお会計で数万円になってしまうことも少なくありません。
そのため現金よりもクレジットカード決済をする方がポイント還元も受けられお得になりますが、実は使えるクレジットカードに限りがあります。

今回はコストコで使えるクレジットカードや、お得なカードを紹介します。

コストコで使えるのは”Mastercard”のみ!

コストコでは現金だけでなくクレジットカードを使った買い物ができますが、どのカードでも使えるわけではありません。

コストコで使えるクレジットカードは”マスターカードブランド”のみとなります。
年会費が無料でも有料でも、クレジットカードの付帯ブランドにマスターカードを選択していればOK。
コストコで買い物をする際は必ずマスターカード系のクレジットカードを持って行くようにしましょう。

また、クレジットカードで決済できるのは会員名義の人のみ。
例えば妻の名前でコストコ会員の場合、夫のクレジットカードで決済することができません。
家族カードが発行できるので、妻と夫それぞれ会員証を発行しておくと便利ですよ。

コストコには専用のクレジットカードもある

コストコの発行するクレジットカード「コストコグローバルカード」はポイント還元率も良く、お得に商品を購入できるメリットがあります。

カード名 コストコグローバルカード
年会費 1,250円
ポイント還元率 1.00~1.50%
貯まるポイント リワード
国際ブランド Mastercard
電子マネー
付帯保険 海外旅行、国内旅行
追加カード ETCカード、家族カード

年会費は初年度のみ無料ですが、年に1回以上利用があれば無料になります。
コストコ会員であれば年に1回年会費を支払う必要があるので、年会費の引き落としに設定しておけば実質無料で持ち続けることができますね。

還元率はコストコで利用した場合は1.5%還元、その他の買い物では1%となり、貯めたポイントはコストコでのみ利用できます。

一見良さそうなカードに感じますが、ポイントの還元率や利用先を考えるとコストコを利用している人にしかメリットはありません。
またこのカードを持っていてもコストコの年会費が割引になる訳でもありませんし、貯めたポイントもコストコでしか使うことができません。

頻繁にコストコを利用している人であれば良いですが、年に数回しか行かない人であればマスターカードブランドがついた他のクレジットカードの方がおすすめです。
特にポイントの活用方法がたくさんあるクレジットカードであれば、コストコで貯めてポイントを別のお店で使うこともできます。

「コストコグローバルカード」公式サイトはこちら

おすすめのクレジットカード

セゾンインターナショナルカード

カード名 セゾンカードインターナショナル
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント セゾン永久不滅ポイント
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
電子マネー
付帯保険
追加カード ETCカード、家族カード

クレディセゾンが発行しているセゾンカードインターナショナルも、マスターカードを選べばコストコで使えます。

こちらも年会費は無料、ETCカードも無料で発行でき基本還元率は1%、1P=5円として使えます。
貯まるポイントは有効期限がない永久不滅ポイントですが、商品券やAmazonギフト券、TポイントやJAL・ANAマイルに交換することもできるため、使い勝手も優れているのが特徴です。

コストコの買い物だけでなく、年金や税金、家賃なども払っておけば勝手にポイントが貯まっていきお得になります。

またSEIYUやLIVIN、SUNNYなどの買い物では「セゾンカード感謝デー」で利用すると5%オフで買い物ができる特典もありますので、良く利用する人はセゾンカードインターナショナルがおすすめです。

セゾンカードインターナショナルをチェックする

楽天カード

カード名 楽天カード
年会費 無料
ポイント還元率 1.00~3.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー 楽天Edy
付帯保険 海外旅行
追加カード ETCカード、家族カード

楽天カードもマスターカードに選択すればコストコで使うことができます。

大きなメリットなのが年会費が無料で持てるという点。
基本還元率も1%なので無料カードでも比較的ポイントが貯めやすい特徴があります。

また楽天サービスを複数使っていれば、SPUでポイントの還元率もアップし最大15.5倍にすることも可能です。
貯めたポイントは楽天市場はもちろん、楽天ポイント提携店や楽天Edyに交換することもできるので使い方はさまざま。
楽天カードは無料で持てるのにポイントが貯めやすく使いやすいので、クレジットカードの中でも最強のカードと言えるでしょう。

楽天カードをチェックする

イオンカード


カード名 イオンカード
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%~1.33%
貯まるポイント ときめきポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー WAON
付帯保険 ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

イオンカードもマスターカードに選択すればコストコで使うことができます。

イオンカードも年会費無料で持つことができますが、基本還元率は0.5%と楽天カードに比べ低め。
しかし毎月20日30日のお客様感謝デーでは提示するだけで5%割引になったり、全国のイオンシネマで決済時に利用すると割引が適用されたりとメリットもたくさんあります。

貯めたポイントはWAONとして使ったりすることもできるので、イオンを利用している人であればイオンカードがおすすめです。

イオンカードをチェックする

現金とクレジットカードの比較

コストコで使えるクレジットカードの紹介をしましたが、現金で支払った場合とどのくらい差がつくのでしょうか?

例えばクレジットカードを使って1か月に1回、2万円の買い物をした場合・・・

支払い方法 1ヵ月で貯まるポイント 1年で貯まるポイント
現金 0p 0p
セゾンカード 20P(100円相当) 240p(1,200円相当)
楽天カード 200p 2400p
イオンカード 100p 1200p

現金ではポイントが貯まりませんが、クレジットカードを使えばポイントが還元されるのでお得に買い物ができます。

楽天カードは1%還元なので年間で2,400円分のポイントを貯めることができ、貯めたポイントは提携店での買い物や楽天Edyへ交換し使うことができます。

セゾンカードであれば決まったではなく、さまざまな商品やポイントに交換でき使い方も幅広いのが特徴です。

コストコはまとめ買いが基本のお店なため、会計の金額も普段の買い物より高くなりがち。
現金払いではなくクレジットカードをうまく使い、少しでもお得に買い物ができるようにしたいですね。

またせっかくカードを使ってポイントを貯めても、活用できなければ意味がありません。
カードは自分の生活圏外にあるお店やポイントの使い道によって選ぶようにしましょう。

まとめ

以前はコストコ提供のカードかアメリカンエキスプレスしか使うことができませんでした。
しかしマスターカードブランドのカードが使えるようになり、一気にクレジットカード決済が利用しやすくなりました。

クレジットカード決済ができれば、買い物金額に応じたポイントも還元されお得に買い物ができます。
月間で還元されるのは数ポイントでも、年間で考えればコストコの年会費もあっという間に相殺できるはず。

クレジットカードを使い上手にお買い物をしましょう!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす