【陸マイラー必見】ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)でマイルを貯めてお得に空の旅を楽しもう

moosemoose

クレジットカードの中にはいくつかの会社の機能を合体させたものが数多く発行されています。
今回紹介する”ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)”もその中の一つ。
空で利用する飛行機の「ANA CARD」機能、地下鉄の「PASMO」機能が集約されたクレジットカードです。

それではさっそくソラチカカードの魅力について紹介しましょう。

4つの機能が一体化したソラチカカードとは?

カード名 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
年会費 2,200円(初年度無料)
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
電子マネー PASMO
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
追加カード ETCカード、家族カード

ソラチカカードはANA(全日空)と東京メトロの機能を集約したクレジットカードです。
ソラチカカードの正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」。
「ANA CARD」の機能があって、「To Me CARD」のサービスが受けることができ「PASMO」の機能があり、そして国際ブランドであるJCBが使える・・・1枚のクレジットカードの中に沢たくさんの機能が入った贅沢な仕様になっています。

正式名称が長いのでソラチカカードの愛称で呼ばれていますが、発行元のJCBのホームページではANA To Me CARD PASMO JCBと明記されており”ソラチカカード”の表記は前面に出ていません。
東京メトロのTo Me CARDのホームページにはソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)と書かれています。
どうも各社でネーミングは統一されていないようです。

ANA、東京メトロ、JCBと3社が絡むとなかなか難しいのかもしれませんが、利用者としては少しややこしくなってしまいますね。
今回の記事では覚えやすい”ソラチカカード”で統一して紹介します。

ソラチカカードとPASMO機能について

ソラチカカードにはPASMO機能が搭載されているので、東京メトロの地下鉄を始め電車(SuicaエリアのJRなど)、バス、ショッピングや、PASMO定期券として使用することができます。

クレジットカードの裏面に定期券を印字できる仕様になっているので、一枚にまとめることができ便利です。

PASMOとして使用した場合はメトロポイントをもらうことができ、地下鉄に乗るだけでどんどんとポイントが蓄積されます。

各ポイントとマイルの貯め方

ソラチカカードを使うことで2種類のポイントと空港などで利用できるマイルを貯めることができます。

メトロポイントPlusの利用でメトロポイントを貯める

東京メトロではメトロポイントが貯まる「メトロポイントPlus」サービスを実施しており、サービスに登録すると東京メトロを利用することでポイントをもらえます。
ソラチカカードが発行された時点ではメトロポイントPlusの登録は行われていませんので、カードが発行されたら必ず「To Me CRAD」会員専用サイトで登録を行って下さい。

【メトロポイントPlusで貰えるポイント】
■ 平日1乗車あたり:メトロポイント5ポイント
■ 土曜休日1乗車あたり:メトロポイント15ポイント

一般的なTo Me CRADでは平日1乗車あたり2ポイント、土曜休日1乗車あたり6ポイントになりソラチカカードは2倍以上のポイントをもらえます。
特に土曜日や休日はポイントがアップ3倍にアップするので、効率よくポイントを狙うなら土曜、休日を狙うのがよさそうですね。

この乗車ポイントはあくまで距離ではなく、乗車回数ごとにポイントが発行されます。
つまり長い距離を乗るよりも短い距離を回数乗る方が高ポイントをゲットできます。
その意味では土曜休日に短い距離を何回も乗車するのがポイント一番多く貯めるコツですね。

東京メトロの定期券購入でメトロポイントをゲット

ソラチカカードはPASMO定期券を搭載できますが、その支払いをクレジット決済にすることでメトロポイントをもらえます。
ポイントはクレジット決済1,000円につきメトロポイントが5ポイントで、10,000円の定期券なら50ポイント付く計算です。

また、定期券の購入はクレジットカード決済なのでメトロポイント以外にJCBのOki Dokiポイントも同時に付与されます。
ソラチカカードではポイントプログラムとして2種類のポイントコースがあり、入会時にどちらかを選択しなくてはいけません。

■ マルチポイントコース
■ マイル自動移行コース

マルチポイントコースはメトロポイント以外に、JCBのポイントサービスであるOki Dokiポイントも受け取ることができるコース。
Oki Dokiポイントは1,000円あたり1ポイント貰えますので、メトロポイントとOki Dokiポイントの二重取りになりますよ。

またマイル自動移行コースでは1,000円でANAマイルが5マイルとメトロポイントをもらうことができます。
年会費が必要な「10マイルコース(年会費5,500円/税込)」に入会すると、1,000円の利用ごとにANAマイルが10マイルと2倍になります。

【定期券決済で貰えるポイントのまとめ】
■ マルチポイントコース:メトロポイント5ポイント、Oki Dokiポイント1ポイント
■ マイル自動移行コース:メトロポイント5ポイント、ANAマイル5マイル
■ マイル自動移行コース(10マイル):メトロポイント5ポイント、ANAマイル10マイル

PASMOオートチャージサービスでもポイントゲット

「PASMOオートチャージ」は改札機のタッチすることで、クレジットカード機能により自動的にPASMOにチャージ(入金)される機能です。
このオートチャージでもマルチポイントコースとマイル自動コースに分かれてポイントやマイルを受け取ることができます。

【PASMOオートチャージによるポイント】
■ マルチポイントコース: Oki Dokiポイント1ポイント
■ マイル自動移行コース:、ANAマイル5マイル
■ 10マイル会員コース: ANAマイル10マイル

PASMOのオートチャージではメトロポイントはもらえなく二重取りになりませんが、Oki DokiポイントやANAマイルは単体で付与されます。
また10マイル会員コースも利用可能なので、マイルを貯めたい人は入会を検討してもよいでしょう。

ANAカード機能でフライトマイル&ボーナスマイルを貯める

ANAグループの飛行機やスターアライアンス加盟航空会社の飛行機に搭乗した場合に、空路によってAMAマイルをもらえます。
例えば「羽田~福岡」であればフライトマイルは1,134マイル(往復)、「羽田~札幌」は1,020マイル(往復)が基本マイルです。

また、ソラチカカードのANAカード機能を利用するとボーナスマイルを受け取ることができ福岡の例では282マイルのボーナスが得られます。

さらに航空券をソラチカカード決済とすると、JCBのOki Dokiポイントも付与されるので、7万円の航空券の場合は700ポイントを受け取ることも。
ここでもマイルとOki Dokiポイントの二重取りができるのですね。

【羽田~博多まで飛行機(往復7万円)を利用したケースのまとめ】
■ フライトマイル:1,134マイル
■ ボーナスマイル:282マイル
■ Oki Dokiポイント:700ポイント

普段のショッピングでOki Dokiポイントを貯めよう

ソラチカカードは国際ブランドとしてJCBが搭載されており、クレジットカードの発行も「株式会社ジェーシービー」が行っています。
つまり、普段のショッピングではJCBカードとして日本国内だけでなく世界中のJCB加盟店で利用できます。

先程も少し触れましたがJCBのポイントプログラムはOki Dokiポイントプログラムであり、ソラチカカードではJCBカードとしてショッピング利用した際には1,000円で1ポイントのOki Dokiポイントが貰えます。

Oki Dokiポイントは他のポイントに移行したり商品に交換することができますが、最大で1ポイントあたり5円相当の交換率。
つまり1,000円で1ポイント(5円相当)なので、0.5%のポイント還元率だと考えて下さい。

また前述した通りソラチカカードでは自動的にOki DokiポイントをANAマイルに移行する「マイル自動移行コース」を選択することができます。
ANAマイルを重視する人はぜひ検討してみて下さいね。

ポイントを整理してみよう

ソラチカカードでもらえるポイントについて紹介しましたが、色々なネーミングのポイントが出ていて少し複雑になっています。
そこで一度ここで各ポイントについて整理してみましょう。

【メトロポイント】

東京メトロをソラチカカードのPASMO機能で利用したり、PASMO定期券を購入したりした場合にもらえるのがメトロポイント。
メトロポイントは10ポイントを10円としてPASMOにチャージすることができます。

また「楽天ポイント」の移行でもメトロポイント500ポイントを楽天ポイント500ポイントに。
さらに「nanaco」への移行も同率で移行することが可能です。
基本的にメトロポイントは1ポイントが1円として換算可能なので、定期券購入では1,000円あたり5ポイントもらえることから定期券購入においての還元率は0.5%です。

【ANAマイレージ】

ANAマイルはANAマイレージクラブが運営するプログラム。
マイルを貯めることで無料航空券(国内、国際)やホテルクーポン、商品交換、ポイント交換などに利用できます。
無料航空券の交換は5,000マイルからで「東京~大阪」間の片道ローシーズンで利用できます。

国際便では往復航空券が12,000マイルから利用可能で、「成田~韓国」間のローシーズンチケットがこれに該当。
無料航空券は季節によってマイル数に違いがありますので、利用したい時期を明確にしてANAマイレージクラブのホームページで確認するようにしましょう。

【Oki Dokiポイント】

JCBのポイントプログラムであるOki Dokiポイントは1ポイントあたり5円相当の交換率です。
中にはキャンペーンで1ポイント6円に交換できることもありますが、基本は最大5円と覚えて下さい。

Oki Dokiポイントの特徴は交換する商品ラインナップが充実していること。
さまざまな商品に交換できますが、中には「東京ディズニーリゾートパークチケット3枚」で4,500ポイントなどの商品もあります。

現在のディズニーランド1デーパスポートが7,400円なので3枚22,200円。
Oki Dokiポイントが4,500ポイント必要なので1ポイントあたり4.93円になります。
ディズニー好きには嬉しい交換レートですね。

ディズニー好きには堪らない!ディズニーリゾートに関するお得な情報はこちら

【マルチポイントコース】

マルチポイントコースを選択した場合、定期券の購入1,000円につきOki Dokiポイント1ポイントとメトロポイント5ポイントがもらえます。
Oki Dokiポイントは5円相当でメトロポイントも5円なので合計で10円分のポイントになることから、マルチポイントコースの還元率は1.0%になります。

ソラチカカードで効率よくマイルを貯める方法

ソラチカカードの利用者の多くがANAマイル狙いのマイラー。
その理由は各ポイントを効率よくマイルに交換する機能があるからです。

通常のTo Me CARDであればメトロポイントが1,000ポイントで600マイルの交換になりますが、ソラチカカードでは100ポイントが90マイルに交換できます。
つまり、ソラチカカードは交換レートが高く、交換するポイントの単位も低く設定されていることからマイル交換が効率的に行えるようになっています。

ANAグループ便への搭乗での「ボーナスマイル」やカード切替え時の「継続ボーナスマイル」などのサービスも充実していますので、ANAマイルを貯める環境としては最高クラスのクレジットカードと言えるでしょう。

また、メトロポイントだけでなくOki DokiポイントをANAマイルへ交換することも可能。
この場合は1ポイントが3マイルとして交換されますが、マイル自動移行コースであれば1ポイントが5マイルにアップします。
さらに有料の10マイルコースの場合は1ポイントが10マイルに倍増します。

ソラチカカードは全てのポイントがANAマイレージに直結するマイラー必須のクレジットカードですね。

ハピタスを利用してANAマイルを貯める裏技ルート

飛行機を利用しないでマイルを貯める人々を「陸マイラー」と呼んでいますが、この陸マイラーが注目しているのがソラチカカードを利用して効率よくマイル交換をする方法。
クレジットカード各社は様々な仕様変更を行うことから、彼らはその度に新しい効率的な方法を編み出しています。
そこで現在陸マイラーが注目しているルートが“ハピタスルート(新ソラチカルート)”

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などのネットショッピングサイトを利用する際にハピタスを経由するだけでハピタスポイントを貯めることができるポイントサイトです。
またアンケートや口コミ投稿でポイントが付与されることも。
つまり自動的にポイントの二重取りができ、気が付かない間に沢山のポイントを貯めることができます。

ここで貯まったポイントを最終的にANAマイルに移行するのですが、その道筋をハピタスルートと呼びます。
少しややこしいのですが気になるルートを紹介しますね。

1. ハピタスでポイントを貯める
2. PeXにポイントを移行する
3. ワールドポイントへ移行(三井住友VISA)
4. Gポイントへ移行
5. LINEポイントへ移行
6. メトロポイントへ移行(ソラチカカード)
7. ANAマイルへ移行(ソラチカカード)

この中でハピタス、PeX、Gポイントはポイントサイトやポイント移行サイトと呼ばれるもので年会費もありません。
ただしGポイントからLINEポイントへ移行するには手数料が5%必要になり、ハピタスポイントからANAマイルまでの最終的な交換レートは81%です。

このルートではソラチカカード以外に三井住友VISAカードが必要ですが、ラインナップに年会費無料のクレジットカードもありますので利用するのもよいでしょう。

ポイント移行には各段階で時間がかかり、最終的にANAマイルになるまでは3ヶ月~半年程度もかかります。
ANAマイルにかける陸マイラーの情熱には恐れ入ってしまいますね。

ハピタスルート以外にもいくつかのルートがあるようですが、それを探してみるのも楽しいかもしれません。

マイルやポイントをメトロポイントへ交換

ソラチカカードは各ポイントをANAマイルに交換するだけではなく、メトロポイントへ交換することできます。

この場合は10,000マイルが10,000メトロポイントへ交換されますので、10,000マイルを1万円として利用することができます。
さらにOki Dokiポイント200ポイントで1,000メトロポイントへ交換できますので、1,000円として利用可能。
PASMOにチャージして東京メトロで使用することができます。

ソラチカカードはANAマイルだけでなくメトロポイントにも交換できる「相互交換機能」がおトクに利用できるクレジットカードです。

オススメしたい電子マネー!ANA QUICPay+nanaco

ソラチカカードは電子マネーとしてQUICPayが搭載されていますが、中でも注目なのが「ANA QUICPay+nanaco」。
ANA QUICPay+nanacoはANA JCBカードでしか申込めない電子マネーで、飛行機の翼をデザインしたキーホルダータイプ。
このお洒落な作りの電子マネー…ANA QUICPay+nanacoの主な機能は3つです。

■ ANAスキップサービス
■ QUICPay
■ nanaco

ANAスキップサービスはANAグループの飛行機の予約、購入、座席指定を予め済ませることで、当日空港で搭乗手続きをせずに保安検査に進めるサービスです。
従来ではANAカードやスマホ、2次元バーコードを使用していましたが、ANA QUICPay+nanacoでも簡単に利用できます。
キーホルダータイプの電子マネーで「タッチ アンド ゴー」なんてオシャレですね。

ANA QUICPay+nanacoはQUICPayとしての利用や、nanacoカードとしても利用できます。
全国のQUICPay加盟店や、セブン&アイグループ(セブン-イレブン、イトーヨーカドーなど)で電子マネーとして使用でき、ポイントをもらうことも可能です。
ANA QUICPay+nanacoでのポイントシステムには2種類ありますので、貯めたいポイントによって使い分けしましょう。

【Oki Dokiポイントを貯めたい場合】

JCBのOki Dokiポイントを貯めたい場合は、QUICPayとして利用します。
利用分はクレジットカードの利用分と合計されますので、Oki Dokiポイントをもらうことに。
さらにセブンイレブンでQUICPayを利用するとOki Dokiポイント以外にnanacoポイントが200円ごとに1ポイントとビーナスポイントをもらえます。

【nanacoポイントを貯めたい場合】

nanacoポイントを貯めたい場合はnanacoとしてセブンイレブンなどの店舗で利用します。
この場合は100円で1ポイントのnanacoポイントが貰え、1ポイントが1円として使うことが可能です。
さらにセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマルなどの対象店舗で対象商品をnanacoで購入した場合には、ボーナスポイントがもらえます。
(ボーナス対象商品は店舗に確認)

ANA QUICPay+nanacoは飛行機の翼のキーホルダーに見えますが、中身は機能充実の電子マネーです。
ぜひ、この機会にソラチカカードと同時に申込んではいかがでしょうか?

ソラチカカードはApple Payにも対応

ソラチカカードはQUICPay対応なのでApple Payに登録することが可能です。

これから普及が期待されるApple PayはQUICPayの表示がある加盟店で利用できます。
お洒落な決済方法として活用したいですね。

To Me CARDとANAのカード、JCBの優待が受けられる

ソラチカカードは東京メトロのTo Me CARDとANAカード、さらにJCBの機能を持っているクレジットカードなので、それぞれの優待サービスを受けることができます。
優待サービスはここでは紹介しきれないくらいありますので、それぞれホームページで確認して利用しましょう。
特に注目なサービスを少しだけ紹介します。

■ 空港内にある「ANA FESTA」ショップで10%割引
■ ANAツアー5%割引
■ ANAビジネスきっぷ利用可能
■ To Me CARD優待レストランで5%~30%の割引
■ JCBプラザの利用

まとめ

ソラチカカードは3つの機能が集約された優れたクレジットカードですが、それ故に複雑化しており難しい面もあります。
ただしANAマイルを貯める点では大変優れており、マイレージマニアにはぜひ持ってもらいたい一枚です。

地下鉄と飛行機…微妙な組み合わせですが、地下鉄では海外には行けませんよ。
ANAマイルを貯めて無料で海外旅行に出かけましょう。

この記事を書いた人
moose

moose

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。
さがす