【コストコ】マスターカード(Master Crad)が付いているクレカならOK!まとめ買いで効率よくポイントを貯めよう!

akiaki

コストコといえばアメリカ発信の会員制倉庫型スーパーであり、柔軟剤やオキシクリーンなどの洗剤、ソファーなどの家具、加工食品やパンなどの食材など多種多様の商品が大容量で買うことができますよね。
ひとつひとつの容量が多いのでまとめ買いの際に行く方が多いと思いますが、「アメックスカードじゃないとクレカが使えない」という利用できるカードに縛りがありました。

しかし、現在ではMastercard(マスターカード)との提携が合意され、2018年2月1日よりマスターカードが使えるようになっています。
つまり持っているクレジットカードに付帯する国際ブランドがMaster Cradであればコストコでも使うことができるのです^^

「この容量でこの値段!?」というアイテムを沢山購入できるせいか、合計金額がついつい高額になりがちなコストコ…。
高額なお買い物をする時こそ現金ではなく、クレカポイントを貯めることができるクレジットカードを使うことでお得度もアップします♪
もちろん使うのであればポイント還元率の高い“高還元クレカ”がおすすめ◎

そこで、今回は倉庫型スーパーコストコで使いたくなる高還元クレジットカードを3枚とコストコヘビーユーザーにおすすめの“コストコグルーバルカード”について紹介します!

年会費無料のおすすめカードはこれだ!

冒頭でもお伝えしましたが、倉庫型スーパーコストコではMaster Crad(マスターカード)が付帯されていれば利用することが可能です。
2018年2月まではコストコで使えるクレカに縛りがあったため「コストコに行きたいけど、カード増やしたくないし」「普段使いにはちょっと…」と懸念する方も多かったと思います。
しかし、これからはMaster CradであればどのクレカでもOK!
コストコでのお買い物を楽しみながら効率よくポイントを貯めることができますよ^^

すでにMaster Cradを持っていれば作る必要はありませんが、お買い物金額が高くなりがちなコストコならポイントをガッツリ貯める大チャンス!
高還元率クレカはもちろんですが、コストコ以外でもお得に使うことができたりと利便性が高いカードがいいはず…。
そこで、一般カードの中でも年会費無料のクレジットカードを3枚紹介していきたいと思います!

リクルートカード

年会費無料はもちろん、ポイント還元率は1.2%を誇る“リクルートカード”
クレジットカードのなかでも「1.2%」は驚きの還元率にも関わらず、実はリクルートサービス(ホットペッパービューティーなど)を利用すると3.2%になります^^

また、リクルートカードで貯まるポイント“リクルートポイント”は共通ポイント“Pontaポイント”と相互交換が可能です。
さらに公共料金や税金を払うことができる電子マネーnanacoへのチャージでもポイントを貯めることができる利便性の高いクレジットカードですよ♪

リクルートカードについてはこちらのページをどうぞ



楽天カード

「楽天カードマーーーンッ!」でお馴染みのクレカ“楽天カード”
年会費無料かつ共通ポイント“楽天スーパーポイント”を貯めることができることで主婦だけでなく、学生やカード初心者に人気の一枚です。

楽天カードは通常時でもポイント還元率は%あり、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。
電子マネー楽天Edyとしても使えますよ^^

ちなみにスマホ決済アプリ“楽天Pay”に登録することで普段のお買い物でもポイント還元率を1%以上に上げることができます。
キャッシュレス化が進んでいくなか、今よりもっとお得でスムーズにお買い物を楽しむことができますよ♪

楽天カードについてはこちらのページをどうぞ



オリコカード ザ ポイント

カード名に「ポイント」と入ってる年会費無料のクレカ“オリコカード ザ ポイント “
多種多様のクレジットカードの中でも「ポイントを貯める・使う」ことに特化しているカードです。

オリコカード ザ ポイントが最もお得な時は申し込みから6ヶ月間(半年)の間です。
通常オリコカード ザ ポイントのポイント還元率は1%で100円につき1ポイントですが、入会後6ヶ月間は100円につき2ポイントのオリコポイントを貯めることができます。
ゆえにオリコカード ザ ポイント入会後、コストコに行けばポイントを効率よく貯めることができますよ♪

オリコカード ザ ポイントは貯めたポイントの使い道も沢山用意されているので無駄がありません^^
ちなみに専用ショッピングモールを経由し「Amazon」「楽天市場」などの大手通販サイトを利用することでポイントの二重取りもできるのでオススメです。

オリコカード ザ ポイントについてはこちらのページをどうぞ



コストコヘビーユーザーならこのカードがお得!

今までのカードの提携終了に伴い、コストコでは新たなカードが登場しました。

新提携クレジットカード「コストコグローバルカード」

簡単なスペックはこちら

年会費:無料
ブランド:マスターカードのみ
付帯保険:国内外の旅行傷害保険 / 紛失・盗難補償
還元率:コストコでの利用は1.5% / コストコ以外での利用は1.0%

今までコストコで使えていたカードは、年会費も意外と高く毎月それだけがネックでした。

その点、コストコグローバルカードは年会費無料。
これなら更新月を気にせずに安心して持つことができます。

ブランドはマスターカードのみとなっていますが、世界中で使えるブランドのうちの1つなので安心ですね。
保険も通常のMastercardと同じように付帯されています。

コストコグローバルカードを使うことで、「リワードポイント」と呼ばれるポイントを貯めることができます。
通常は還元率が1.0%ですが、コストコでの利用に限り1.5%。
コストコユーザーのために作られたカードなだけあり、やはりポイント面も優遇されていますね。

リワードポイントの使い道もコストコユーザーに優遇した内容。
毎年1月1日~12月31日の1年間に貯めたリワードポイントは、1リワード1円に還元されます。
還元されたポイントは翌年にコストコグローバルカードに付与され、日本国内のコストコでお買い物時に現金と同じように使うことができるのです。

ということは、コストコでたくさん買えば買うほど還元されるということ!
基本まとめ買いで金額の大きくなるコストコにとっては、かなりメリット言えるのではないでしょうか?

月にどのくらい買い物をすれば年会費の元が取れるのか

コストコといえば、ネックなのが年会費。

■ ビジネスメンバー(法人会員)の場合、年会費は3,850円(税抜)
■ ゴールドスターメンバー(個人会員)の場合、年会費は4,400円(税抜)

が発生します。

こちらの記事にもあるように、どんな状態でも商品を返品できたり、フードコートで安価で食事ができたりすることを考えると、この金額はとてもお手頃。
せっかくコストコグローバルカードを持つなら、この年会費を相殺できるほどのポイントを獲得したいですよね。

ということで、月にどのくらいコストコで買い物をすれば年会費分の元が取れるのか、計算してみました。

ゴールドスターメンバー、税込で4,752円を相殺する場合・・・
1年間で316,800円の買い物が必要になるので、月に換算すると26,400円

毎月3万円近くの買い物をコストコでする場合、年会費の元が取れてしまいます。
毎月このくらい買い物をする方にとっては、かなりメリットとなるクレジットカードですね。

コストコグローバルカードの魅力はポイント還元率!

国内のコストコ及びガソリンスタンドでコストコグローバルカードを利用した場合、ポイント還元率は1.5%です。
コストコの利用限定とはなってしまうものの、商品によって高額になるケースが多い場所だからこそ高還元でのポイントバックは嬉しいですよね。

ちなみに、コストコで貯まるポイントは“リワード(ポイント)”と呼ばれています。
このリワードは国内のコストコであれば1ポイント=1円として使うことができますが、ここで一つ注意点が…。

実はコストコを利用し、貯めたリワードはすぐに使うことができません。

こう聞くと「還元率が高くても使えないならお得じゃないじゃない!」と思うかもしてませんが、ご安心を^^

コストコグローバルカードで貯めていくリワードは年に一度(翌年2月)“コストコキャッシュバックリワード”として還元されます。
毎年1回、持っているコストコグローバルカードにリワードが付与され、そのあとに利用することができるのです。

そのためコストコのヘビーユーザーであればお得なクレジットカードですが、「あまり行かない」といったライトユーザーにはオススメできないカードといえるでしょう。

また、付与されたリワードも楽天スーパーポイントやTポイントといった共通ポイントのように他の場所では使うことができません。
クレジットカードとしてであれば付帯されている国際ブランドMastercardの加盟店で利用することができますが、この際に付与されるポイント還元率は1%と0.5%下がってしまうことを覚えておきましょう。

コストコは好きだけど…

紹介してきたとおりコストコでもお肉の加工品やパンなど販売されていますが、毎日足を運ぶような場所ではありませんよね。

そうなると、毎月3万円近くを使い年会費の元を取ることができたとしても他のクレカと比べあまりメリットを感じないかもしれません。
さらに言うなら、やはり“リワード”(ポイント)も気になるところ…。
コストコでの利用であればという条件はつくものの、1.5%の還元率はリクルートカードよりも高いので魅力もあります。

しかし、貯めたリワードは年に一度まとめて付与され尚且つ使うことができるのはコストコのみ…。
楽天スーパーポイントのように楽天サービス以外でも使える共通ポイントではないので、利便性にも欠けてしまいます。

「コストコも好きだけど、スーパーでも気軽に使えるカードがいいなぁ」
「普段からお得に買い物ができるマスターカードはないの?」

ご安心を^^
本記事で初めにお伝えした3枚のクレジットカードもおすすめですが、スーパーでのお買い物だけでなく有料施設などもお得に使うことができるクレジットカードがあります。



普段のお買い物はもちろん、ポイントを効率よく貯めることができるお得なクレジットカードをこちら↑のページで紹介していますよ♪
コストコでも使いたい場合は付帯させる国際ブランドを“マスターカード(Master Crad)”にすることをお忘れなく!

まとめ

国内では26倉庫に及ぶコストコ。
特に日用品や食品などの商品を「まとめ買い」する方に人気が高く、雑誌やテレビでも紹介されています。

また、コストコは会員制のため入会しないとお店にすら入ることができません。
「年会費4,400円」と聞くと少し高く感じるかもしれませんが、高還元率クレカを利用することでライトユーザーでも元を取ることができますよ。
もちろん、コストコヘビーユーザーであれば“コストココストコグローバルカード”もいいでしょう。

クレジットカードの使い方は人それぞれです^^
普段からも使いやすく共通ポイントを貯めたい方は紹介した3枚のカードがオススメですし、「ポイントも全てコストコで使いたい!」という方はコストコグローバルカードをぜひ検討してみてくださいね。

クレジットカードの基礎知識から活用方法はこちら

お金を貯めるための完全ガイド!

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす