[節約生活]実家暮らしのうちに節約する方法を身につけよう!

閲覧回数 : 940 views

こんにちは!編集部スタッフのakiです。
今に始まったわけではないのですが、よく
「なんで実家暮らしなのに貯金ができないの?」
「貯金しているわけじゃないのに、なんで金欠なの?」

と言われてきました。

金欠だったのは、その時々で理由があるのですが…(貧乏同棲生活など)

しかし、それは実家暮らしのくせに節約し貯金を心がけてこなかった言い訳にすぎません。

「このままだと、何かあった時に困るのは自分だ…。」
「今度こそ実家にいる間に貯金をしないと!」

30歳独身にして貯金がないのは恥ずかしいとようやく気付き、今では節約生活を心がけ貯金も始めました。

そこで、今回は実家暮らしで節約しながら貯金する方法についてご紹介させていただきます。

 固定出費から見直す

まずは、毎月必ずかかる固定出費。
一人暮らしではないので家賃、水道光熱費はかかりませんが、実家にお金を入れたりスマホ代と毎月出る出費はありますよね。

では、実家への費用とスマホ代の内訳、その費用に対する今後の対策についてご紹介したいと思います。

akiの固定出費
・実家へ入れる資金→50,000円
・スマホ代→18,000円(タブレット代含む)

※この他に生命保険代、ローン代などがありますが今回は省きます。

実家への費用

個人差があると思いますが、私は毎月3~5万円です。
学生時代は入れることがなかったのですが、同棲生活の経験を得て生活費のやりくりの大変さを考慮し、また感謝の気持ちとして入れています。

スマホ代

現在、月18,000円かかっているんですが、タブレット代を合わせての金額です。
もちろん安いとは思っていません。
(むしろ、なんでこんなに高いのか調べてみたらタブレット代と判明しました)
ちなみに、もう少しでタブレットの2年縛りが終わるので解約しようと思っています。
(3月にノートパソコンを購入したので使う頻度が減るためです)
さらに、携帯代を節約するために話題の格安SIMにかえようか検討中です。

今すぐ替えない理由としては「格安SIMがよくわからない」です。
同じように考えている方も多いのではないかと思うのですが、編集部のゆかにゃん先輩は格安SIMに替えてから携帯料金が下がったとか…。

一度、話だけでも聞きに行ってみようと思います!

 友達にカミングアウト!節約生活の強い味方に!


なんだかんだで、休日は月に何度か外出をしています。
ですが、外出すれば当然”外食・飲料・施設”などの出費がかかりますよね。
一人行動であれば「使わない」ということができますが、友人といる時はそうはいきません。
少しでも交際費を安く済ませたくても、カフェなどに入ってしまえば200~500円近くかかってしまいます。
しかし、方法によっては友人と過ごす時間もお金を節約しながら楽しく過ごすことができるんです。

それはズバリ!友人にカミングアウト!

「目標のために節約しているんだ」「○○資金貯めたいんだよね」など友人に伝えておけばいいのです。

また伝えることで大きく3つのメリットがあります。

・友人の節約方法を聞くことができる
・安くてお得な情報を教えてもらえる
・気兼ねなく一日を楽しむことができる

女性というのは、いつだって安くてお得な情報を気にしています。
それはケチというわけではなく「節約し、目標に向けて貯金をするため」です。

節約OL女子のリアルな心境をご紹介!

先日、都内で一人暮らしをしながらOLをしている友人と食事へ行ってきました。
お互いの近況報告や、仕事の愚痴などなど…。
実はこの友人、昔から色んなお得情報をもっているんです。

やはり、これから生活を見直し節約したい私としては聞かなければいけません。

aki「そういえばさ、一人暮らしをしている中で節約していることってある?」

fさん「わたしケチだから、お金をかけず済ませることしか考えてないなぁ。特に、遊びに行くときとか。」

a「fさん、楽しいこと好きだもんね。」

さらに、fさんにはお付き合いしてる彼氏がいるので、デート方法についても聞いてみました。

fさん「彼氏とのデート代にもなるべくお金をかけたくないから、家デートだったりお弁当作ったりしてるよ」

a「fさん、料理上手いもんね。お酒飲みに行くの好きじゃん?飲みたいってなったら宅飲み?」

fさん「家で飲む時は焼酎をボトルで買ったり…あ、外でデートしてもコンビニやスーパーで缶ビールとか買って歩きながらとか?(笑)
お店で飲んでもいいんだけど、高いし歩きながらその時にしか伝えられないこととか話したりしてる。」

a「おぉ!お店では味わえない雰囲気だ。」

fさん「そうそう、なかなかいいよー(照)」

と幸せそうに教えてくれました。

ちなみに「あれ?節約方法からノロケ話に…。」なんて思わなかったですよ?(笑)

また、この日は焼肉を食べに行ったのですが、なんと2時間食べ放題!
お酒は別途料金がかかりましたが、一人あたり3,000円でお腹一杯食べることができて大満足。
さらに、帰宅前には大手通販サイトAmazonにて6,264円するボタニカルオールインワンゲルを激安の殿堂 ドン・キホーテで500円で購入!

安くてお得な情報を彼女から教えてもらえたおかげで、交際費もコスメ代も低予算で済みました。

友人にカミングアウトすることで友達や恋人との交際費の節約方法はもちろん、節約し貯金をするためのお得な情報をGETできますよ!
恥ずかしがらずに勇気をもって伝えてみてくださいね。

akiが500円でゲットしたのはコチラ!

Amazonでもロープライス価格ですよ!
このボタニカルオールインワンゲル、基礎化粧品としてはもちろん、メイクをする際に下地としても使えるのでとってもオススメです。

 日用品代や美容院代を節約する癖をつける

洋服代、コスメ代、美容院代…。
実家暮らしだからと言ってお金をかけがちになっていませんか?

しかし、女性ならいつでもキレイでいたいですよね。
そこで、オススメしたいのがスマホにあるクーポンアプリとLINEの公式アカウントです。

私は服装にこだわりがないので、ユニクロやGUを上手く活用しています。
特に、スキニーパンツや無地のシャツなど色んな服装に合わせられるので着回しをするためには必須アイテムですよね。

次にコスメ代。
コスメは個人個人、肌に合ったものを買わなければ高くても安くても意味がありません。
特に減りが早い基礎化粧品…。
なくなる度に買っていたのですが、私には同じ肌質の姉妹がいるので基礎化粧品を共有することにしました。
おかげで、基礎化粧品などのコスメ代が節約でき費用を大幅にカット!
シャンプーなどと同じように、家族で共有できるものはドンドンしていきましょう。
コスメ代を節約することで余ったお金は貯金に回すことができますよね。

洋服やコスメ代を節約する方法を実家暮らしの間に身につけましょう!
[断捨離]服・コスメを共有すればタンスも部屋もスッキリ!小物は付録を活用しよう!
最後に美容院代です。
幼いころ親戚に髪を切ってもらっていたせいか、未だに美容院は苦手です。
ですが、まったく行かないというわけではありません。

私は髪の色がプリン状態になり、目立つようになってから行くようにしています。
いくらトリートメントなどをしていても、プリン状態の髪はなんだか汚く見えてしまいますよね。
また、髪型を少しでも変えたい時は、”髪の毛 簡単アレンジ”などネットで探し不器用なりにチャレンジしています(笑)
高い施術代をかけなくても、一工夫するだけで印象も変えることができますよ。

さらに女性に大人気なジェルネイル。
大学生やOLの方でも利用する方は多いのでは?

ジェルネイルをネイルサロンで行うと、1回の施術で10,000円以上かかる場合があります。
けれど「爪だってかわいくしたい!」と思いますよね。

そこでオススメしたいのが「セルフネイル」です。

自分でジェルネイルをすることで、ネイルサロンに行く必要がなくなりその分貯金に回すこともできます。
私は不器用なので本当は通いたいのですが「10,000円はもったいない」と思い休日などを利用してセルフネイルを楽しんでいます。

当サイトでも、ゆかにゃん先輩がセルフネイルについてご紹介しているので詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ!
セルフ派急増中!話題のネイルキットを使って、1回分のネイルを1,000円以下で押さえちゃいましょう!

そして、ここでもコスメ代の節約を心がけましょう!
もし姉妹がいるのであれば、ネイルキットもネイルも共有することをオススメします。
なぜなら、ネイル一つでも300~500円ほどしますよね?
それを「これも!あれも!」と買っていると鏡台の上も散らかりますし、なによりお金の無駄遣いです!
しかし、姉妹がいるなら共有することで色んなネイルカラーを安く楽しむことができますよ。

またお得なクーポンアプリやLINE公式アカウントについて詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ
[飲食店]割引クーポンを使って節約しながら外食を楽しむ方法をご紹介!
LINEでお得な情報を手に入れる方法は簡単3ステップ!友達登録して欲しい情報をGETしよう!

 まとめ

実家暮らしといえど、節約することさえ心がければ貯金に回す手段はいくらでもあります。
また節約生活を実家暮らしの時から癖づけておけば、一人暮らしになってからも役に立つこと間違いないですよ!

節約生活を心がけるためにも実家暮らしということに甘えず、自分でお金の管理ができるように一緒に頑張りましょう!

【お金】貯め方・増やし方情報まとめページへ戻る


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000