クーラーを使って無理せず節電!夏でもカンタンに電気代を節約できるエアコンの使い方をご紹介します

閲覧回数 : 4,278 views

夏本番になると、暑さに我慢できず一日中エアコンを使っている人も多いはず。
熱中症対策にも欠かせないエアコンですが、やはり使い続けることで気になるのが「電気代」です。

特に1年を通して冬と夏の電気代が高額になるんですよね。

「暑いから…」とただ単にスイッチを入れて涼んでいては、今年の夏も電気代の金額に驚くはず!

そこで、電気代を抑えながら涼しく快適に過ごせるエアコン節電術をご紹介したいと思います。


エアコンの適切な温度設定


エアコン(冷房)の設定温度、何度にしていますか?

節約大全著者メンバーに聞いたところ

私 ⇒ 27℃
プチマダム ⇒ 27℃
モリオ ⇒ 28℃+扇風機
しんえもん ⇒ 23℃!

という結果。

大体27~28℃ですが、しんえもん宅はかなり低めの23℃
キンキンに冷えた部屋で、扇風機は使わずに過ごしているようです。

エアコンを販売しているダイキン工業によると、冷房の設定温度は28℃が推奨とされています。
エアコンの温度は消費電力にとても大きく関係しており、1度上げると約10%もの節電効果があるんだとか。

ですが28度のエアコンは体感的に涼しさを感じにくく、特に男性には暑く感じることも。
そこで扇風機を併用させる事がポイント!
扇風機で風の流れを作ることにより身体が自然と温度になれ、次第に心地よくなるなります。

実は扇風機はもっとも電気代が安いといわれている家電。
機種や風量によって異なりますが、エアコンのおよそ1/10以下の値段で運転することができます。

エアコン度設定+扇風機がもっとも節電効果の高い方法ということですね!
モリオ宅、素晴らしいですね!
きっと電気代もしっかり節約できていることでしょう!

私も今年は扇風機を取り入れて、28℃設定で過ごしたいと思います。

部屋にこもった熱を追い出し電力を抑える


外から帰宅したが家の中が暑い!
夏はしょっちゅうこんなことがありますよね。

日中閉めっ放しのお部屋は熱い空気が溜まり、温度も外と差がほとんど変わらないほどまで上がります。
暑いからといってエアコンをいきなりつけてしまうと、熱い空気を冷やすためにエアコンに一気に負荷がかかり、電気代が増えてしまいます。
エアコンに負荷をかけないようにするためには、まずこもった熱い空気を外に追い出しましょう
部屋の対角位置にある窓をあけ、空気の流れをつくります。
風が入ってくる窓を小さめにあけ、風が出ていく窓を大きくあけると流速が早くなり一気に暑さが引きます。

暫くすると暑さも引き、一見エアコンをつけても大丈夫なように感じますが、実は熱い空気は天井に滞留しています。
扇風機やサーキュレーターを上に向け、首振り機能を使って追い出しましょう。

こうして部屋の空気の熱を下げることで、エアコンに負荷をかけず節電できます。

オススメのサーキュレーター・扇風機はコチラ

風量や風の向きは節電に影響するのか?


風量や風向きは一見節電と関係なさそうですが、実はやはり影響があります。

風量は「自動運転」がおすすめ。
自動にすることで、室内の温度を設定温度に近づけるまで風量を強くして最大限運転をします。
設定温度に近づくと、風量を弱め送風や弱運転で温度を自動的にキープさせます。

もし最初から弱に設定していた場合、設定温度に近づくまでに時間がかかり、そこで電力をたくさん消耗します。
また強にした場合、設定温度に達しても強い風を出し続けるのでやはり同じく電力を消耗します。
エアコンにお任せするのが一番ということですね!

また、風の向きもとっても重要。
冷たい風は上から下に降りてくる傾向があります。
エアコンの羽は上に向けて運転させましょう。
そうすることで自然と上から下に冷気が降るように流れます。
流れをうまく作ることで最小限の電力で十分お部屋を冷やすことができます。

いかがでしたでしょうか?
ちょっとした事に気をつけるだけで、涼しく快適に電気代を節約することができます。
今年の夏の電気代も、もうこれで安心ですね!

エアコン(冷房/除湿/暖房)による電気消耗量の比較はコチラのページをチェック!

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000