電気代が節約できる!電力会社を乗り換える話題の「電力自由化」とは?

閲覧回数 : 3,938 views

いよいよ2016年4月にスタートする電力自由化
ソフトバンクや東京ガスなど今まで電力販売とは無縁だった企業のテレビCMもちらほら目にするようになりました。

でも、そもそも電力自由化っていったい何のことなんでしょうか?
自由競争によって電気料金が低下すると言われているけど、そんなにうまい話があるの?いま契約している東京電力や九州電力のままじゃダメなの?

そんな基本的なギモンについてお答えすべく、今回は電力自由化の基本について解説してみました。


「電力自由化」の意味とメリット

ご存知のとおり、これまでは住んでいる地域の電力会社(例:関東だったら東京電力)からしか電力を購入することはできませんでした。
電気は国民の生活に密接にかかわる重要なインフラなので、誰でも電力販売に参入できるわけではなく、料金設定も国によって規制がされていたんですね。

ところが、法律の改正によって2016年4月からはさまざまな会社が各家庭に対して電力を直接販売できるようになります。

この電力販売の自由化のことを、「電力自由化」といいます

いままではその地域の電力会社の独占事業であり、しかも国の規制によって料金の水準が決められていました。

ところが自由化以降は国の規制がなくなるので料金設定は各業者が自由にできるようになります。
しかも業者間での顧客獲得競争が発生するので、料金は下がる方向に動くといわれているのです。

それだけでなく、参入業者が自社の既存商品・サービスとのセット販売を行ったり、ユーザーのライフスタイルに合わせて多様な料金体系を提供するなど、選択肢が豊富になります。

たとえばソフトバンクのような通信会社だったら、電力料金と携帯電話の料金をセットにした割安プランを用意し、さらに一人暮らし向けや大家族向けなど、暮らし方に合わせた体系を提供するといった感じです。

自由化前であれば住んでいる地域の電力会社からしか電力を購入できず、サービスや料金プランにも選択の余地が限られていましたが、今後は安さやサービス内容などいろいろな要素を比較したうえで購入先を選ぶことができるというメリットがありますね。

いいことばかりじゃない?考えられるデメリット

その一方で、電力自由化が導入されることで懸念されるデメリットもあります。
(以下は必ずそうなるというわけではなく、あくまで可能性ですのであしからず!)

いまや私たちの生活や世の中の経済活動に欠かせない電気ですから、頻繁に停電したり事故が起きるようではたまりません。

これまでは、その地域で独占的に電力を提供してきた電力会社が長年の技術の蓄積と進歩によって電力を安定的に供給できるよう努めてきてくれました。

しかし、今後電力が自由化され、技術や設備の異なる企業が続々と参入することになると、既存の電力会社のようにな安定的に電力を供給できるのかという不安があります。

また、大災害などのトラブルでも電力を供給するためのバックアップが必要ですが、価格競争が激しくなることでそのための設備投資が十分にできない業者が出てくる可能性も否定できません。

実際、すでに電力自由化を実施しているアメリカのカリフォルニア州では、2000~2001年頃にかけて予備電源の不足などにより計画停電を行うという事態が起こりました。

さらに別のデメリットも懸念されます。

電力自由化の目玉といえばやはり、電気料金が安くなることだと一般には言われています。
たしかに、業者間に競争が起こることで料金低下にインセンティブが働くというのはあります。

しかし、従来存在した国による料金水準への規制が撤廃されることで、逆に大幅な料金上昇もまた起こりうることなのです。

かりに原油価格が高騰すると、火力発電の発電コストも高騰するので、そのコスト増加分が料金に反映されるかもしれません。
いままでは国民生活に悪い影響が出ないよう、国が料金水準を規制していましたが、自由化でそれがなくなることで、高騰もまた起こり得るというわけです。

そのような事態が起こらないように国としてもある程度の監督・指導は行うでしょうが、参入する各業者が安定した供給能力と、いざというときの予備をしっかり確保するよう期待したいですね。

どんな業者が参入してくるの?

2016年1月現在、電力の小売事業には120社近くの業者が登録しています。
そのすべてを紹介することはできませんが、多くの方から人気を集めそうな2社をピックアップしてみたいと思います。

<東京ガス>
ご存知、国内最大のガス会社。
近年はオール電化の普及などでガス需要が低下したこともあり、ガス会社は軒並み苦戦を強いられていました。

しかしこのたびの電力自由化を受け、ガス事業という枠を飛び出し電気事業に参戦
ガスも電気も同じエネルギー事業ということでまったくの他業種からの参入よりも販売ノウハウが確立されているでしょうし、すでに持っている販売網の広さで、ライバルにとってはもっとも手ごわい業者といえるでしょう。

もっとも、私たち消費者にとっては充実したサービスを提供してくれる業者が1社でも多いほうが助かるので楽しみなところですね。
実際、東京ガスは電気とガスのセット割だけでなく、ネットの光回線も加えた割引プランも用意するようで、関東にお住まいに方にとってはぜひ選択肢に加えたい候補といえそうです。

<ソフトバンク>
孫正義氏が一代にして世界的企業に育て上げたソフトバンク。
いま日本のネット回線がここまでスムーズなのは、2000年代初頭にソフトバンクがYahoo!BBのモデムを無料で配布して業界に鮮烈に参入し、競争を促したことがきっかけだと言う人も多いですね。
そんな挑戦心あふれるソフトバンクですから、今回の電力自由化への参戦も当然といったところでしょう。

2016年1月12日に発表されたサービス名は、ズバリ「ソフトバンクでんき」

そ、そのまんまですね…。
まあ、わかりやすくていいのではないでしょうか。
東京電力と組んで、全国に展開していくとのことです。

サービス内容は、東京電力が用意する2つのプランに加え、ソフトバンクでんき独自のプランとして「バリュープラン」を用意。
4人くらいの家族を想定したプランとのこと。

また、東京ガスと同様に、光回線とのセット割も提供されるそうです。

しっかり比較して自分に合ったサービスを選ぼう

以上、簡単ですが電力自由化の基本的なことについて解説してきました。

正式なスタートは2016年4月なので、本格展開はまだまだこれから。
どんな業者が参入し、どんなサービスを提供してくるのかはじきに明らかになってくることでしょう。

熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられるでしょうが、自分のライフスタイルにはどの事業者の、どのプランが合っていそうなのかをよく見極めて最適なものを選びましょう。

当サイトでも、引き続き電力自由化に関する情報を取り上げていきますね。
ご期待ください!

ENEOSでんき公式サイトはこちら

エネチェンジを使って、自分の家にぴったりな電力会社をみつけよう



⇒ 電力自由化のその後とは・・・

⇒ 電力自由化ってなに?基本的情報~おすすめ会社はこちらでチェック

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!


著者情報
モリオ

モリオ

モリオの書いた他の記事を見る

車を持ってないのに車が好きな横浜在住30代男子。都市部では車は贅沢品!持たないことが節約なんです!…と買えない言い訳をこぼしつつ今日も役立つ情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000