電気代が高い原因を探れ!毎月かかる光熱費を節約するために自宅でできる誰でもできる節約方法をご紹介します!

閲覧回数 : 27,068 views

家計を預かる主婦がまっ先に考える節約は、節電食費
なかでも家計を圧迫しているのは電気代が大きいですよね。
夏や冬の電気料金が気にならない人はあまりいないのではないでしょうか?

そこで今回は電気料金を節約するコツをお教えします。
最後までしっかり読んで、今年こそは電気代を節約しましょう!

スポンサーリンク

東日本大震災を機に電気料金がアップ?

平成23年3月11日に起きた東日本大震災を機に多くの電力会社が値上げを発表し、一般家庭向け電気料金・オール電化向け電気料金ともに値上がりをしています。

北海道電力  24.24%
東北電力   8.94%
東京電力   8.46%
関西電力   18.92%
四国電力   7.80%
九州電力   6.23%
北陸電力   0%
中部電力   0%

震災のあった地域は値上げ対象外となっていますが、既に10社も値上げに踏み切っています。(2018年5月現在)
また再引き上げを検討している電力会社もあるので、私たちもより賢い電気の使い方を考えるべきです。

節電を考える場合、簡単に見直しができるのは契約アンペアを下げること
光熱費の基本料金を見直す(=アンペアを下げる)ことで、使う家電製品を制限するので電気代を強制的に安くすることができます。

【電気料金の基本料金目安】

契約アンペア(A)10152030405060
一月の基本料金(円)280.80421.20561.60842.401,123.201,404.001,684.80

例えば60アンペアを30アンペアに変えると月の基本料金が1,000円近く安くなります。

コンセントを抜くだけで年間約1万円も節約できる

TVやパソコンなどの電気製品はコンセントをこまめに抜く使わない部屋の電気は消すなどこれを実践している人は結構多いと思います。
一見とても面倒くさそうですが、するかしないかで月々の電気代にかなりの差が出てくるんですよ。
ではどのくらいの電気料金が節約できるのでしょうか?

実はコンセントを抜かずに主電源だけを切った状態だと、待機消費電力だけでも電気代の約10%もかかっていることを知っていますか?

例えば月に8,000円の電気代がかかる家庭だと8,000円×10%=800円
おおよそ800円も待機消費電力にかかっていることになります。

月800円でも、年間にすれば9600円!これは大きいですよね。
コンセントを抜くだけで約一万円も節約できてしまうのですからやらない理由はないでしょう。

契約の電力会社の「時間帯別電灯」を利用する

ほとんどの家庭では、24時間同一の料金単価「従量電灯」というプランで契約をしていると思います。

共稼ぎで日中家を空ける家庭や、夜型の生活がメインの家庭には夜間の電気料金が安くなる「時間帯別電灯」に契約変更した方が電気代はずっと安く済みます。

電気会社によって電気料金や割引の対象になる時間帯が少し違いますが、だいたい夜22(23)時~翌朝7(8)時まで夜間料金が適用されます。

日中よりも60~70%安いので電気料金がかなり安くなります。
逆に日中は30%割高になるので注意しましょう。

電気代を払うならクレカがお得!

毎月必ずかかる電気代…。
テレビのつけっぱなしに気をつけたり、コンセントを抜いたりと電気代を少しでも抑えるためにやっている方も多いですよね。

ですが、電気代が0円になることはないハズ…。
毎月お金を払うならクレジットカードを使ってポイントを貯めてみませんか?

節約家のなかでも意見が分かれると思いますが、電気代を含む公共料金の支払いにはクレカがおすすめ!
なぜなら、クレジットカードを使うことでポイントを貯めることができ尚且つWeb明細を活用すれば家計の見直しも簡単に把握することができます。

数多くあるクレカの中でオススメしたいのは楽天カードです。
楽天カードは100円につき1ポイント貯めることができるので、高還元クレカとしても有名なカードです。

ちなみに公共料金を払うのであれば電子マネーnanacoもオススメ^^
全国のセブンイレブンやセブン&アイグループの店舗で発行することができるnanacoは電子マネーの中で唯一、税金や公共料金を払うことができるカードです。
通常、コンビ二でしか払うことができない“自動車税”や公共料金を払う際にクレカでチャージしたnanacoを使えば、クレジットポイントを貯めることができるのでとってもお得です。

このnanacoと相性のいいクレジットカードはリクルートカード
nanacoにチャージをすることができるクレカは限られていますが、中でもリクルートカードは1.2%とポイント還元率が高いので節約家の間でも人気の1枚です。
さらに、”Yahoo! JAPANカード“を使いnanacoにチャージすることで0.5%の還元率ですがポイントを貯めることができます。

Yahoo! JAPANカードは年会費無料で持つことができ、共通ポイント“Tポイント”を貯めることができます。
通常100円毎に1ポイント貯めることができ、電気代などの公共料金はもちろんふるさと納税ではTポイントを使うこともできますよ♪

「クレジットカードは使わないほうが節約なのでは?」という言葉を耳にしますが、使う場所や目的をきちんと考えればポイントを使い「ノーマネーデー」を増やすこともできます。
この機会にクレカを活用した節約生活を始めてみましょう!

ふるさと納税はクレカ決済がおすすめ!ポイントが貯まる高還元率クレジットカード8枚はコレだ!

まとめ

「うちは日中家に居るし関係ないかも・・・」

そんな家庭でも使い方を工夫すればいいのです。
昼でなくてもできることを夜間にシフトするだけ。
たとえば洗濯機や炊飯器を夜10時以降に使用することで、年間かなりの額の節約になります。
洗濯は夜か朝にする、ご飯は夜炊いておく(炊きたてをラップにくるんでそのまま冷凍すればおいしく保存ができます)、または早朝に炊く。
タイマーなども活用すれば大変ではないですよね。

家族が多い家庭ほど基本アンペアを下げるのは難しいかもしれません。
でも、コンセントを抜いておく、使う時間帯を変えるだけでも相当な電気代を節約することができます。

電力会社のウェブサイトでは簡単にシミュレーションができるので、調べてみてはいかかでしょうか?

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!

⇒ 電気代が安くなったら、次はふるさと納税で節税対策をしましょう!


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000