【旅行代が最大半額】GoToトラベルキャンペーンを使って国内旅行をお得に楽しもう!

ゆかにゃんゆかにゃん

新型コロナウイルス感染症の影響で大打撃を受けた観光地や飲食業への需要喚起や地域活性化に向けて計画された「Go To キャンペーン」。

その中のひとつ、国内観光需要喚起を目的とした「Go To トラベルキャンペーン」が、7月22日よりスタートすることが決定しました。
(東京は除外が決定、詳しくはこちら

旅行代金が最大半額になるとすで話題になっていますが、はたしてどんなキャンペーンなのか詳しく紹介します。

「Go To トラベルキャンペーン」とは?

国内観光需要喚起を目的とした「Go To トラベルキャンペーン」には、4つの種類があります。

■ Go To Travel キャンペーン
■ Go To Eat キャンペーン
■ Go To Event キャンペーン
■ Go To 商店街 キャンペーン

その中でも特に注目されているのが「Go To トラベルキャンペーン」です。

旅行会社や旅行予約サイトを経由し期間内に旅行予約をすると、最大半額が支援されるというもの。
支援金額には上限がありますが、1泊1人あたり最大2万円、日帰りの場合は最大1万円分となっています。
還付対応の期間となるのは令和2年7月22日宿泊~8月31日宿泊(9月1日チェックアウト)までです。

支援額のうち、7割は旅行代金から割引されますが、残りの3割は現地で使える「地域共通クーポン」として付与されます。

参照:観光庁資料

大規模災害などが発生した際に実施される「ふっこう割」と似ていますが、「Go To トラベルキャンペーン」は旅行代金の割引だけでなく、その地域で使えるクーポンも付与されるので地域の消費拡大も促進します。

割引を受けるためには旅行会社を経由して予約すべし!

お得に旅行ができる「Go To トラベルキャンペーン」ですが、7月22日以降に旅行会社を経由して予約をすることで、まずは旅行代金の7割相当の割引が適用されます。

残りの3割相当の地域共通クーポンは、準備期間を要することから9月以降の開始となりました。

と言うことは、旅行日が地域共通クーポン発行前の場合、旅行中にクーポンを使用することができません。
旅行先でクーポンを使いよりお得に旅を楽しみたい人は、クーポンが付与される9月以降に日程を組むようにしましょう。

またキャンペーン自体は7月22日からスタートしますが、旅行業者や予約サイトで割引が反映されるのは7月27日以降、準備が整った事業者からとなります。
反映前に予約をしても、旅行する日が7月22日以降であれば、後日割引分の還付を受けることが可能です。

またすでに7月22日以降の日程で旅行を予約している場合も、旅行後にキャンペーン事務局にオンラインや郵送で申請をすることで割引分を還付してもらうことができます。
その際には宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されているもの)、支払い内容がわかる書類(支払内訳書、領収書等)が必要です。

ただし8月31日までの宿泊については還付手続きが可能ですが、9月以降の取扱いについては未定となっています。(7月14日時点)

ちなみにこのキャンペーンは利用回数に制限がありません。
予算が尽きるまで、何泊でも何回でも利用できますので、お得に旅行を楽しみたい人は早めに予約をしましょう!

また旅行や宿泊代金をマイルやポイントで支払う場合も支援対象となります。
ということは普段からコツコツためているポイントですでに予約し旅行代を支払ってしまった場合、後日還付申請をすることで現金が戻ってきます。

しかし、QUOカードがセットになった宿泊プランなどは支援対象外です。
宿泊費にQUOカードをセットにして実質キャッシュバック!というようなプランを申し込んた場合は対象外となりますので注意しましょう。

どれだけお得に旅行ができるのか考えてみた

例えば1泊2日、20,000円のツアーを予約したとしましょう。
この場合、半額の10,000円が支援されますが、10,000円のうちの7割にあたる7,000円が旅行代金から割引かれます。
さらに3,000円が地域共通クーポンとして付与されます。(9月以降)

1人1泊2万円が上限ですが、連泊数に条件はありません。
なので2泊3日、10万円のツアーを予約した場合は40,000円分が支援されます。
この場合、28,000円が旅行代金から割引され、12,000円分が地域共通クーポンとして付与されます。

地域共通クーポンは、旅行先の土産店や飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関などで使うことができるので、例えば普段なかなかいけないような高級店でご飯を食べたり、温泉やバーベキューなどその土地ならではの施設で遊んだりといろんな楽しみ方ができますね。

「お先にトクだ値スペシャル」と組み合わせれば最強!

Go To トラベルを使い、宿泊+交通機関のセットプランを予約していれば交通費も支援対象となります。
しかし、宿泊のみ予約をして個人で現地まで行く場合、宿泊代しかキャンペーン対象にはなりません。

そこでぜひ組み合わせて使うべきなのが、JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」です。

これは乗車の20日前までに新幹線または特急券を予約すれば、なんと半額近く安い値段でチケットの購入ができるというもの。

対象となる新幹線と特急は以下の通りです。

新幹線
はやぶさ、はやて、やまびこ、なすの、つばさ、こまち、とき、たにがわ、かがやき、はくたか、あさま
特急
ひたち、あずさ、かいじ、わかしお、新宿わかしお、さざなみ、新宿さざなみ、しおさい、いなほ、日光きぬがわ、スペーシアきぬがわ

例えば東京から新函館北斗まで行く場合、「はやぶさ」を利用すると通常は23,230円がかかりますが、「お先にトクだ値スペシャル」を使い予約をすると11,610円と半額になります。

対象期間は2020年8月20日~2021年3月31日までの乗車分のみ。(かがやきとはくたかは9月30日まで)
ただし、「お先にトクだ値スペシャル」はあくまでもJR東日本管轄の新幹線にのみ適用されます。
JR東海管轄の「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」は対象外になりますので注意しましょう。

Go To トラベルキャンペーンとうまく組み合わせれば、よりお得に旅行が楽しめますね!

ただし不安な声も・・・

なぜ政府は強引に【Go To トラベルキャンペーン】を始めるのか

■動画概要

新型コロナウイルス感染者数が増えている中、政府は【Go To トラベルキャンペーン】を条件付きで強引に始めました。

なぜ東京を除外してまでもスタートしたのか?
こまち金無和也がそれぞれの見解を元に踏み込んでみました。

  • なぜこのタイミングでスタートをしたのか?
  • いま、キャンペーンを利用すべきなのか?

など、実際に動画で紹介しています。


『節約大全公式Youtubeチャンネル』にてその他、お役立ち動画配信中!
『節約大全公式Youtubeチャンネル』はこちら

「Go To トラベル」スタートまで10日を切りましたが、7月に入り新規のコロナウイルス感染者数が増えています。
7月10日には243人と過去最多を更新し、東京都知事も不要不急の移動を控えるよう呼びかけました。

そんな中でのキャンペーンスタートに、一般人だけでなく、有名人からも不安や批判な声が続出しています。

たしかに今の状態で旅行に行けば、感染症の被害を広げてしまう可能性もありますよね。
特に高齢者が多く医療機関が整っていない地方への旅行は、クラスターを生む恐れさえあります。

中止や延期を希望する声が多いですが、官房長官は会見で延期する考えは全くないとの見解を示しました。

意見がまっぷたつに割れていますが、不安で旅行を控える人も多そうですよね。

観光庁は当面の取り扱い方針を発表

 
2020年7月16日、政府は新型コロナウイルス感染者が増加傾向にあるため、7月22日からスタートする「Go Toトラベルキャンペーン」の内容を見直しました。

除外となる詳しい条件は以下の通り。

■ 東京を目的地とした旅行
■ 都内移住者が都外に出る旅行
■ 東京都発着の旅行

感染者が増加傾向にある東京をキャンペーンから除外する方針を固めました。

なお、すでに上記の条件で旅行の予約をしてしまった場合はキャンセルが可能です。
(キャンセル料は政府補償)

また

■ 若者や高齢者の団体旅行
■ 大人数での宴会旅行

こちらもキャンペーンから除外が決定、旅行をしても割引が対象外となります。
年齢や人数は旅行会社の判断にゆだねられているため、利用予定の場合は旅行会社に問い合わせましょう。

新しい旅のエチケットを守って楽しもう

感染者の増加でキャンペーンに疑問や不安を持つ人も多いですが、観光庁は感染拡大を抑制しながら旅を楽むように、新しい旅のエチケットを発表しました。

旅行中はマスク着用、移動中や食事中は会話を控える、おみやげは触らない、施設は混雑を避け空いている時間に利用する、といった内容を呼びかけています。

GoToトラベルキャンペーンを利用した旅や地方へのおでかけは、これらをしっかり守りながら安全に旅行をするようにしましょう。

新型コロナ診断見舞金が創設!

全国旅行業協会は「GoToトラベルキャンペーン」を使い安心して旅行に行けるよう、「新型コロナ診断見舞金」を創設しました。

これは旅行者や添乗員がツアー参加中や旅行終了後30日以内に新型コロナウイルスに感染した場合、一人につき10万円、1旅行上限100万円が見舞金として支払われる制度です。

対象となる条件は以下の通り。

・旅行会社が感染拡大防止対策を講じていること
・旅行者もきちんと検温をしていること
・「新しい旅のエチケット」を実施していること

なお、感染ルートが当該旅行意外と明確に認定された場合は支払い対象外となります。

この制度については、Twitter上でも様々な意見がありました。

https://twitter.com/hane_fuwa2/status/1287720271231631363?s=20

旅行に行ってコロナになった人にだけ見舞金が出て、頑張って予防して感染してしまった人には見舞金がでないそうです。
それならば感染した人に一律で見舞金を出してもらいたいと思っても仕方がありませんよね。

すでにキャンペーンはスタートしていますが、未だに迷走しているようです。

まとめ

新規感染者数が増減し不安な日々が続いていますが、これからは新しい生活様式を取り入れなければなりません。
節度ある行動とマナーで安心して、「Go To トラベルキャンペーン」を使いお得に旅行を楽しみましょう。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす