楽天のお買い物マラソンは楽天ふるさと納税がおすすめ!楽天カードを使ってポイントを貯めよう!


こんにちは!楽天市場が便利すぎて買い物に行く回数が減ったaki(@aki_setsuyaku)です。
本当、冗談抜きで(笑)
洋服や靴などもよっぽどのことがなければ楽天市場アプリでチェックしてはポチポチしてます。

さて、そんなakiが今回紹介したいことは楽天お買い物マラソンです。
お買い物マラソンというのは最大10ショップを買い回ることで購入した商品に対し、ポイント還元率を上げることができるというもの。

1ショップにつき1,000円以上のお買い上げが必要などの条件があるものの、調べてみると楽天ふるさと納税もカウントされるんだとか…。

楽天ふるさと納税は楽天が運営・管理をしているサービスの一つですが、他社のポータルサイトと同じくらい豊富な寄附先とお得な返礼品が揃っていることでも有名です。

【各ポータルサイトと比較】

 楽天
ふるさと納税
ふるさと
チョイス
契約
自治体数
479自治体約1,300自治体
特徴楽天スーパーポイントが貯まって使えるチョイス限定の返礼品がある

 ふるなびさとふる
契約
自治体数
204自治体487自治体
特徴寄附金額1%分のamazonギフト券がもらえる各キャリア決済と一緒に寄付額を支払える

↑の表は楽天ふるさと納税を含むふるさと納税のポータルサイトの特徴を簡単にまとめたものです。

各ポータルサイトについてもっと詳しく知りたい方は以下のページへどうぞ

楽天ふるさと納税ならポイント還元率が10倍以上!楽天スーパーポイントで寄附もできるお得な仕組みを徹底紹介します

お礼の品数がNo,1!日本最大のふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」を徹底調査してみました

家電や旅行券・寄附金額に応じたAmazonギフト券までもらえる!CMでおなじみのふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」の魅力を大公開します!

厳選された返礼品が最短1週間でもらえる!手厚いサポートで話題の「さとふる」を利用してふるさと納税を手軽に楽しもう

また、ふるさと納税をすることで節税効果を得られるだけでなく、寄付額に応じて楽天スーパーポイントも貯めることができます。
こんなにお得なチャンスはないですよね^^

そこで今回は楽天お買い物マラソンの仕組みはもちろん、なぜ楽天ふるさと納税がオススメなのか徹底解説します!

楽天お買い物マラソンとは?

まずは「楽天お買いものマラソン」について説明していきたいと思います。

楽天お買いものマラソンは年に8回おこなわれているポイントアップキャンペーンのことです。
開催される月は 【1月/2月/4月/5月/7月/8月/10月/11月】です。

ちなみに楽天お買いものマラソンが開催されない【3月/6月/9月/12月】と3の倍数の月では楽天スーパーSALEが開催されます。

ですが、なんと2019年3月は楽天お買いものマラソンも開催されるということがわかりました!

楽天スーパーSALEが2019年3月4日(月)20:00から3月11日(月)01:59にて終わったばかりですが、2019年3月24日(土)20:00から3月26日(火)01:59までお買いものマラソンキャンペーンが実施されます。

前回の楽天スーパーSALEを逃してしまった方には朗報ですね^^

また、楽天お買いものマラソンの特徴は「ショップ買い回り」です。
ザックリ言うと楽天市場にある各ショップを買い回ることでポイント還元率を上げていくというシステム。

この「ショップ買い回り」を理解することこそ、お買いものマラソンの攻略と言っても過言ではありません。
仕組みを理解して最大ポイントアップを狙いましょう!

ショップ買い回りとは

早速お買いものマラソンの基本的な仕組みである「ショップ買い回り」のポイントや注意点を見てみましょう。

最大ポイント還元は10倍!

「ショップ買い回り」は楽天市場の各ショップにて1,000円以上(税込)お買いものをすることで1ショップとカウントし、店舗数によってポイント還元率を上げることができるというものです。

つまり、お買いものマラソン中に3店舗利用していれば3倍のポイント還元率、5店舗であれば5倍そして10店舗利用すれば10倍のポイント還元率となります。
購入した商品全てに対しショップ買い回りのポイント還元率が適用されるので、大量の楽天スーパーポイントをGETするビックチャンスですよ♪

しかし、ショップ買い回りによる恩恵を受けるための条件や注意点があります。

【ショップ買い回りの注意点】
・1,000円以上(税込)買うこと
・同じお店を2回利用しても「1ショップ」としかカウントされない
・10店舗以上でお買い物をしても最大ポイント還元率は10倍以上にはならない
・付与されるポイント数に上限がある⇒10,000ポイント
・家電などの高額商品には注意
・ポイント10倍のうち1倍は通常時に付与される還元率が適用される
(100円につき1ポイント)

まずショップ買い回りの対象となるには各ショップにて「1,000円以上」の購入は必須条件であり、同じお店で2,000円以上使っても「1ショップ」としかカウントされないので買い回りをする際には注意が必要です。

11店舗目以降の商品に対してはショップ買い回りの対象外となるため、最大10倍のポイント還元率は適用されません。

また、ポイント10倍のうち1倍は通常のポイント還元率(100円につき1ポイント)です。
そのため、ショップ買い回りを利用する際には9倍として計算することが損をしないためのポイントですよ^^

では、いくらまでのお買い物ならいいのか気になりますよね?
10店舗を買い回ったうえで上限である10,000ポイントを狙う場合は合計金額を111,111円ほどに抑えるのがポイントです。

実際に計算してみましょう。

【合計金額が111,111円だつた場合のポイント数】

111,111円×0.01=1111ポイント(通常の1倍での計算)

1111ポイント×9倍(ショップ買い回り)=9,999ポイント

このように合計金額が111,111円であれば9,999ポイントをもらうことができるので、付与ポイント上限内に抑えることができます。

ちなみに上記の計算式はaki流です(笑)

また、なかには楽天お買い物マラソンを完走せずに10,000ポイントを欲しいという方も居るのではないでしょうか?
そこでこのような表を用意しました!

【買い回り別お買い物限度額表】

ショップ数10,000ポイント
もらえる合計金額
1ショップ※100円につき1ポイント付与状態
2ショップ
(×1倍)
100万円
3ショップ
(×2倍)
50万円
4ショップ
(×3倍)
33万3,333円
5ショップ
(×4倍)
25万円
6ショップ
(×5倍)
20万円
7ショップ
(×6倍)
16万6,667円
8ショップ
(×7倍)
14万2,857円
9ショップ
(×8倍)
12万5,000円
10ショップ
(×9倍)
11万1,111円

先ほどお伝えしたようにショップ買い回りの間でも1ショップのみであれば還元率は上がらず、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
ですが、2ショップ目以降になると倍率が変わるため商品の購入合計金額に制限がかかるようになるので注意が必要です。

そのため、5ショップ目以降も利用したいのであれば高額になりやすい家電商品を買わないように気をつけましょう。

つまり購入合計金額を最低限に抑えたい場合は10店舗を回り(1店舗につき1,000円以上)、そして商品購入金額を111,111円を超えないようにするのが攻略のカギです。

他のキャンペーンは別にポイントが貯まる!

楽天お買いものマラソンの期間中であっても、ポイントアップでお馴染みの楽天SPUでのポイントは別で付与されます。
つまり、楽天SPUの対象サービスを利用していればその分の楽天スーパーポイントを貯めることができるということ。

例えばお買い物マラソン中に10店舗を利用し、最大ポイント還元率の10倍状態になったとします。
さらに楽天SPUの対象サービスを利用していれば、お買いものマラソンとは別に計算されポイントが付与されるのです^^

お買いものマラソンで10店舗回り111,111万円を使った場合で付与される9,999ポイントとは別に楽天SPUでのポイントも付与されるということ。

つまり楽天SPUのポイント還元率が最大の15倍だった場合、以下のようになります。

9,999ポイント(お買いものマラソン9倍)+15,555ポイント(SPU14倍)
=25,554ポイント

25,554ポイント…。
改めて楽天SPUの凄さを実感しますね。

また、楽天市場にあるショップの中にはポイントアップ店があります。



↑の写真では「今この商品はポイント6倍」と書かれていますが、「5倍」「10倍」「15倍」と表示されているアイテムもあります。



↑の写真の商品は15倍ですね。

ポイントアップ店で購入したアイテムはその商品に対してのみ、表示されている還元率が適用となるため、「10倍」表示されている商品が5,000円だった場合450ポイントをもらうことができます。

つまり上記のポイント数と合わせると

9,999ポイント(お買いものマラソン9倍)+15,555ポイント(SPU14倍)+450ポイント(ポイントアップ店)=26,004ポイント

ポイントアップ店舗を使うことでもらえるポイントが増えましたね^^

このようにお買いものマラソン中に利用するショップもポイントアップ店かどうか見極めるのもポイント還元率を上げるコツです。
お買いものマラソンでのショッピングが楽しくなりますな♪

akiの楽天SPU攻略方法

お買いものマラソンと楽天SPUを合わせただけでも楽天スーパーポイントを大量に貯めることができるのですが、正直なところ現在の楽天SPUの中には使いにくいと感じるサービスもあるのではないでしょうか?

普段のお買い物でも楽天ポイントが貯まりやすくなるので使いたいところですけどね…。
しかし!お伝えしたように楽天SPUを使えばポイントを大量に貯まるということは間違いありません!

そこで、aki的にお買いものマラソン(もしくは楽天スーパーSALE)時を狙った楽天SPUサービスの使い方を紹介したいと思います!
ぜひ参考にしてくださいね♪

①買い物以外お金を使いたくない
通常ポイント(1倍)+楽天市場アプリ(1倍)+楽天カード(2倍)=4倍

②お買いものマラソンとの合わせ技
通常ポイント(1倍)+楽天市場アプリ(1倍)+楽天カード(2倍)+楽天ブックスまたはKobo(1倍)+楽天ブランドアベニュー(1倍)=6倍

③楽天カードを使いこなす
通常ポイント(1倍)+楽天市場アプリ(1倍)+楽天カード(2倍)+楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカード(2倍)=6倍

今回は3つに絞りこんでみました^^
aki的に一番のオススメは②のお買いものマラソンとの合わせ技です。

まず楽天お買いものマラソンはショップ買い回りが基本中の基本!
実は楽天ブックス、楽天ブランドアベニューを使うことで、それぞれ「1ショップ」としてカウントされるんです。

本は他の商品と比べ値下がりなどもないですし、楽天ブックスではCDやDVD、ゲームソフトも買うことができます。
また、楽天ブランドアベニューはショッピングモール並みにいろんな洋服を買うことができ、クーポンも使うことができるのでお洋服をお得に買うことも♪

どちらのサービスもショップ買い回りでの条件を簡単にクリアできるので上手く活用してみてくださいね^^

楽天SPU対象サービス!楽天カードを今すぐチェック!

楽天SPUについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ

付与されるのは期間限定ポイント

楽天のお買いものマラソンで付与される楽天スーパーポイントは期間限定ポイントです。
今回3月におこなわれる楽天のお買いものマラソンでのポイントは4月中旬頃に付与され、有効期限は翌々月(6月)の月末までとなる可能性が高いので忘れないようにしましょう。

また、楽天のお買いものマラソンでは楽天スーパーポイントを使っても1,000円以上(税込)であればショップ買い回りの対象になります。
貯まっている期間限定ポイントの消化に使うのも一つの手かもしれません。

期間限定ポイントについて知りたい方はこちらのページをどうぞ

楽天ふるさと納税をするなら今!

楽天のお買いものマラソンの仕組みがわかったところで、もっともお得な使い方を紹介していきたいと思います。
結論から言うと、お買いものマラソン(もしくは楽天スーパーSALE)で楽天ふるさと納税をするとお得感が凄いということです。

ふるさと納税というのは節税効果を得られるだけでなく、寄附先により返礼品をもらうことができる制度です。

その効果たるものは絶大であり、年々利用者が増しているのも周知の事実。

しかし、2019年6月以降はふるさと納税の見直し案が適用されることで寄附額の3割以下の返礼品に対しお得さが少し欠けてしまうとも言われています…。
そのため、少しでもお得にふるさと納税をおこないたいのであれば2019年5月31日までです。

ふるさと納税の見直し案について詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ

また、楽天では「楽天ふるさと納税」という名称でサービスを展開しており、今回お伝えしてきたお買いものマラソン(ショップ買い回り)では、1ショップとしてカウントされます。
複数の自治体に寄附をしても1ショップにしかならないので気をつけてくださいね。

そして、お買いものマラソン中にふるさと納税をするのであれば、寄附額を合わせて合計金額を111,111円にすることが最大のポイントです。
なぜならショップ買い回りにてポイント還元率を10倍にした場合、上限ポイントである約10,000ポイントをもらうには111,111円が限度額であり、超えてしまった場合キャンペーンポイントとして適用されません。

一番わかりやすい方法だと9店舗で1,000円以上(税込)をおこない、10店舗目でふるさと納税をすることです。

1ショップ1,000円×9⇒合計9,000円(税込)

次に限度額111,111円から9,000円を引いた102,111円分を寄附に充てます。

10ショップ目で楽天ふるさと納税⇒102,111円の寄附

こうすることで合計金額は111,111円となり、ポイント上限数である約10,000ポイントをもらうことができます。

「それなら合計金額だけ気にしてればいいんでしょ?わざわざ、ふるさと納税をしなくてもいいんじゃないの?」

と、思った方がいるのではないでしょうか?

ふるさと納税の最大の特徴は「実質2,000円で節税と返礼品をもらうこができる」ことにあります。
つまり、10万円の寄附をすれば翌年の税金を98,000円安くすることができ、1万円の寄附なら8,000円分安くすることができ、どちらも自己負担額は2,000円ということ。

そのため102,111円の寄附額のうち2,000円は自己負担額となりますが、翌年の税金を100,111円分安くすることができ尚且つ返礼品がもらえるのです。
さらにお買いものマラソン中に寄附をすることで楽天スーパーポイントを通常の9倍ももらうことができるので、かなりお得といえますよね^^

結果として9,000円(9ショップ分)+102,111円の寄附をしても、実質11,000円しかかからないということ。
つまり11,000円で約10,000ポイントをもらうことができ、還元率にすると90.90%の超高還元率となるのです。

また、111,111円を半分ほどに分けて利用するのも一つの手です。
例えば111,111円のうち50,000円をふるさと納税で寄附し、残りの61,111円分を9店舗で買い物しても合計金額は変わらないため約10,000ポイントをもらうことができます。

この場合、50,000円の寄附額のうち2,000円が自己負担額となるので、実際には63,111円で10,000ポイントをもらうことができるということです。
還元率でいうと15.84%
こちらもかなりの高還元率といえますね。

もちろん楽天SPUを利用していれば別でポイントがもらえるだけでなく、寄附先から返礼品をもらうこともできます。

楽天ふるさと納税を利用するならお買いものマラソン中がお得というのもうなずけますね。

お得な楽天ふるさと納税を今すぐチェック!

ただし、ふるさと納税の寄附額は年収・家族構成によって異なります。
そのため「自分はいくら寄附できるのか」事前に把握しておきましょう。

まとめ

楽天のお買いものマラソンは付与ポイント数に上限があったり、1,000円以上(税込)でないと対象にならないなどの条件はあります。
しかし、楽天市場でのポイントアップ店や楽天SPUの対象サービスと併用することで楽天スーパーポイントを効率よく貯めることができるお得なキャンペーンです。

紹介したとおり楽天ふるさと納税もショップ買い回りの対象となっているので節税効果だけでなく返礼品をもらうことができ、かつ通常と比べ高還元率で楽天スーパーポイントを得ることができます^^

そして、楽天のお買いものマラソン、楽天SPU、楽天ふるさと納税をするならやはり楽天カードは欠かせないアイテム!
ちなみにお買いものマラソン中に楽天カードを利用するのであれば毎月0と5のつく日は見逃してはいけません。
毎月0と5のつく日は楽天カードだと5倍、楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードだと7倍に還元率がアップする日です。

つまり、すべての重なる日に楽天カードでお買い物だけでなく楽天ふるさと納税をおこなえばお伝えしてきた以上にポイントが貯まる大チャンス!

2019年4月のお買い物マラソンは2019年4月16日(火)01:59まで!
ということは、4月10日(水)か4月15日(月)に楽天カードを使い楽天ふるさと納税を利用すれば…。
ふふふ、お買いものマラソンキャンペーンが待ちきれないですね^^

楽天ポイントが貯まる楽天カードについて今すぐチェック!



この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
\ シェア /
楽天のお買い物マラソンは楽天ふるさと納税がおすすめ!楽天カードを使ってポイントを貯めよう!
さがす