マイルが貯まる楽天ANAマイレージクラブカードは年会費が無料!お得な楽天ポイントはもちろん、4つの機能を兼ねそろえたカードの使い方をご紹介します!

閲覧回数 : 326 views

楽天ANAマイレージクラブカード公式ページより引用

こんにちは、編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です。

突然ですが、わたくし生まれてこのかた飛行機どころか空港にも行ったことがありません(笑)
乗る機会が全くなかったわけではないのですが、テレビ番組などで「飛行機事故」を見ていくうちに空への恐怖心が高まってしまい断り続けてきました。

現在は関東に住んでいるのですが、実は関西地方に友人が多く京都や大阪へ遊びに行くこともしばしば…。
主に新幹線を利用しているんですが、往復するだけでも時間もお金もかかるため悩んでいたところ「マイルを貯めれば0円で飛行機に乗れるし、新幹線より早いよ?」といった話を友人から聞きました。

「新幹線よりも速くて安いのか…」と思った私は調べに調べ、辿りついたのが“楽天ANAマイレージクラブカード”の存在です。

なんと既に持っている楽天PINKカードから切り替えもできるとか…。
「飛行機代が節約できればめっちゃお得じゃん!」となりますよね^^

そこで、今回は普段からマイルを貯めることができる“楽天ANAマイレージクラブカード”についてご紹介していきたいと思います。

楽天ANAマイレージクラブカードとは

楽天ANAマイレージクラブカードは楽天カードの1つです。
2つのコースから選ぶことで楽天スーパーポイントを貯めるか、航空券などに使うことができる“ANAマイル”を貯めることができるクレジットカードです。

まずはカードの基本概要からご紹介しましょう。

 楽天ANAマイレージクラブカード
年会費初年度無料
※2年目以降、年会費540円(税込み)
国際ブランドJCB/VISA/MasterCard
利用限度額300万円
ポイント還元率100円につき1ポイント
(1%)
マイル還元率200円につき1マイル
(0.5%)
付帯保険海外旅行傷害保険
付帯機能・クレジット機能
・Edy
・Rポイント
・ANAマイレージクラブ
追加可能カード・家族カード
・ETCカード
※年会費540円(税込み)

楽天ANAマイレージクラブカードは初年度のみ無料で持つことができます。
楽天カード(一般)と違い540円(税込み)の年会費がかかるため「お金かかるなら…」と思われるかもしれませんが、2年目以降でも年に一度使うことで無料になります。

後ほど詳しくお伝えしますが、2つのコースが用意されておりカードを利用することで楽天スーパーポイントかANAマイルを貯めることができます。
還元率は上記の表に記載しているとおり、楽天スーパーポイントであれば1%、マイルなら0.5%です。

追加カードには家族カードとETCカードがあります。
家族カードは生計を共にしている18歳以上であれば持つことができ、年会費はかかりません。
最大で5枚まで発行することができますが、楽天カード(一般)のように新規入会キャンペーンによるポイント付与があるので本人カードを作ったほうがお得です。

また、楽天ANAマイレージクラブカードを運営・管理している“楽天”はLGBTの方に向けた取り組みを実地しており、楽天ANAマイレージカードでは同性パートナーも家族会員の対象となっています。

もちろん、楽天ANAマイレージクラブカードにも“海外旅行傷害保険”が付帯されているので安心して旅行を楽しむことができますよ♪
そして、なんと言っても楽天ANAマイレージクラブカードには4つの機能があります。

■ クレジット機能
■ Edy機能
■ ポイントカード機能
■ ANAマイレージ機能

通常の楽天カード(一般)であれば【クレジット機能/Edy機能/ポイントカード機能】の3つのみですが、実質無料でマイレージ機能も付くのはメリットですよね^^

では、もう少し楽天ANAマイレージクラブカードについて掘り下げてみましょう。

2つのコース


楽天ANAマイレージクラブカード公式ページより引用

楽天ANAマイレージクラブカードの大きな特徴は、共通ポイントである“楽天スーパーポイント”(以下、Rポイント)とANAマイレージを貯めることができるということ。
同時進行で貯めることもできますが、楽天ANAマイレージクラブカードを申し込む際に2つのコースから選ぶことでどちらかに絞ることになります。

2つのコースの内容は以下の通りです。

【楽天スーパーポイントコース】
楽天カード(一般)と同じく、各楽天サービスや実店舗での利用において100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができるコースです。
ちなみに、このコースを選択しなくても楽天市場やポイント加盟店での利用では楽天スーパーポイントが付与されます。

【ANAマイルコース】
楽天ANAマイレージカードを使うことで200円につき1マイルを貯めることができるコースです。
還元率は楽天スーパーポイントコースと比べ0.5%に減少してしまいますが、普段使いでマイルを貯めることができるので陸マイラーの間でも人気です。

楽天ANAマイレージカードには楽天ポイントカード機能も付いているので、加盟店で提示することでポイントを貯めることができます。
そのため、あくまでも「マイルを貯める」ことに重点をおくなら【ANAマイルコース】を選ぶほうがお得と言えます。

ですが、「ANAカードとしての機能が欲しいだけ」であれば【楽天スーパーポイントコース】がオススメです。

ANAマイレージクラブ機能

楽天ANAマイレージクラブカードには“ANAマイレージクラブ機能”が備わっています。
主な機能を2つご紹介しましょう。

【スキップサービス】
スキップサービスとは、空港カウンターでの搭乗手続きを短縮することができるサービスです。
楽天ANAマイレージカードがあれば、そのまま保安検査場へ進むことができ飛行機に乗るまでの時短に繋げることができるのでストレスを感じることなく旅立つことができますね。

【マイル統合可能】
会員本人が同一名義のANAマイレージクラブカードを複数枚持っている場合、各カードのマイル口座を一つにまとめることができます。

【世界中の空港でマイルが貯まる】
楽天ANAマイレージクラブカードを使うことでANAグループ便と提携航空会社でのフライトでANAマイルを貯めることができます。

ですが、ここで一つ注意点が…。
通常ANAカードを保有している場合“フライトボーナス・マイル”や、年会費を払うこと付与される“ボーナス・マイル”をもらうことができます。

しかし、今回ご紹介している楽天ANAマイレージクラブカードでは付与されません。
ゆえに「海外には出張も含めて頻繁に行く」なんて方には楽天ANAマイレージカードはオススメできません。

一方「2年に一度は海外旅行に行く!」など、たまにANAを利用するくらいであれば楽天ANAマイレージカードで事足ります。
年会費無料かつ陸でのクレジット利用でANAマイルを貯めることができるので、「陸マイラー」の間でも高評価のクレジットカードです。

また、楽天ANAマイレージカードはフライトの他にANAマイレージクラブ提携パートナーを利用することでマイルを貯めることができます。
カードを提示し「マイルでの清算を希望」の旨を伝えることで100円につき1マイルを貯めることができるので使わない手はないですね。

海外旅行傷害保険について

楽天ANAマイレージカードには海外旅行傷害保険が付帯されていますが、自動付帯ではなく楽天カード(一般)と同じく利用付帯となります。

つまり、海外旅行傷害保険の対象になるには楽天ANAカードを使い航空券や空港までの交通費をクレカ決済する必要があります。
楽天ANAマイレージクラブカードの保険内容は以下の通りです。

保障内容保険金額
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
賠償責任費用2,000万円
携行品損害20万円
(自己負担3,000円)

もし、家族カードも持っている家庭が海外旅行に行く際は本会員の方が楽天ANAマイレージクラブカードを使って航空券など購入することで保険の対象となります。

【例1】
夫が楽天ANAマイレージクラブカード(本会員)で妻が家族カードを保有している場合、妻も保険対象となる。

ちなみに友達と3人で海外旅行に行くとしましょう。
この時、本カード(楽天ANAマイレージクラブカード含む楽天カード)を3人とも持っていると、そのうち一人が楽天カードを使うことで3人とも保険の対象となります。

【例2】
Aさん・Bさん・C子さんの全員が本カードを保有している場合、Aさんが全員分の旅行代金を楽天カードで支払うことでBさん・C子さんも保険対象となる。

このように本会員が楽天ANAマイレージクラブカードを利用することで、海外旅行傷害保険の対象となるのは嬉しいですね。

ApplePay対応

iPhoneユーザーならすっかりお馴染みとなったスマホ型決済サービスApple Pay(アップルペイ)。

iPhone7/7 Plus・Apple Watch Series 2以降か使うことができ、対応しているコンビニやスーパーだけでなく電車や空港でも「ピッ!」とタッチするだけで使うことができるサービスです。
Apple Payと似ているサービスとしてAndroidケータイの“おサイフケータイ”というものがありますが、大きく違う点といえばクレジットカードや電子マネーを使ったポイントの二重取りができないという点です。
Apple Payにクレジットカードを登録し使うことで、各カードのクレジットポイントは貯めることができるので安心してくださいね。

そして、もちろん今回ご紹介している“楽天ANAマイレージクラブカード”も登録することができます。
Apple Payは「ANAマイレージクラブ機能」の一つ「スキップサービス」にも対応しているため、Suicaなどを使って駅の改札を抜けるように空港でも同じことができます。

また、Apple Payに登録するカードによって電子マネーiDQIUCPayに割り当てられます。
楽天ANAマイレージクラブカードの場合はQIUCPayに割り当てられ、全国のQIUCPay加盟店で使うことができるので便利です^^

もし楽天ANAマイレージクラブカードの国際ブランドがMastecardかJCBの場合、実店舗での買い物だけでなく交通系ICカードSuicaへのチャージも可能です。
ちなみにiPhone用のSuicaアプリの場合は、アプリにVISAのカードを登録しSuicaアプリ内で「クレジットカードによるチャージ」を利用するときはVISAカードでもチャージができます。

では次に、楽天ANAマイレージクラブカードに付帯させる国際ブランドについて少しご紹介ていきたいと思います。

Mastercardならauウォレットにチャージできる

楽天ANAマイレージクラブカードは【VISA/Mastercard/JCB】の3つから選ぶことができます。
3つの中でもau契約者であれば、Mastercardがオススメです。
使っているスマホまたは携帯電話(フューチャーフォン)がauであり、au WALLETプリペイドカードを持っていればMastercardが付帯している楽天ANAマイレージクラブカードを使ってチャージすることができます。

au WALLETプリペイドカードにチャージをするにあたり、メリットは「ポイントの二重取り」です。
チャージ時にはもちろん、au WALLETプリペイドカードを使うことで楽天スーパーポイントとWALLETポイントを得ることができるのでオススメです。

ポイント付与率は以下の通りとなります。

■ 楽天ANAマイレージクラブカードからau WALLETへチャージ
⇒0.5%のANAマイルもしくは1%の楽天スーパーポイントが付与

■ チャージしたau WALLETの利用
⇒0.5%~3.5%のWALLETポイントが付与

是非、参考にしてくださいね^^

楽天カードからの切り替え


楽天ANAマイレージクラブカード公式ページより引用

8秒に1人は申し込んでいるというクレカ楽天カード
入会キャンペーンのCMなどをテレビで見たことがある人も多いと思います。
年会費(家族カード含む)も無料で持つことができ、当サイトでも一押しのクレジットカードです^^

ですが、楽天ANAマイレージクラブカードを知ったことで「マイルも貯めることができるのかぁ」と気になった方がいるはず…。
となると「楽天カードから切り替えることはできるのか?」なんて疑問が頭えおよぎりますよね。

ご安心を!もちろん、できます!
ただし、楽天カード(一般)から楽天ANAマイレージクラブカードに切り替える際に手数料として1,080円(税込み)がかかります。

また、カードの切り替えとなるため楽天カードの特徴でもある「入会時&利用キャンペーン」特典は対象外となり楽天スーパーポイントは付与されないので注意しましょう。

切り替え方法は簡単です。
現在使っているカードが【楽天カード/楽天PINKカード/楽天銀行カード】の場合、楽天会員サイトである「楽天e-NAVI」「楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替え」から申し込むことができます。

楽天カードから楽天ANAマイレージクラブカードに切り替えをした場合、もともと使っていたカードの国際ブランドも引き継ぐことになります。
そのため「楽天カードはVISAだったから、JCBにしよう♪」ということは出来ないので気をつけてくださいね。

ちなみに、年会費のかかる楽天ゴールドカードと世界中の空港ラウンジが無料で使うことができるプライオリティパスが付く楽天プレミアムカードの場合、一度カードを退会してから再申し込みが必要です。
※楽天カードアカデミーも同様です

さらに、カードの裏面に記載されている「プレミアムカードデスク・コンタクトセンター」への電話も必要となるので、楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えは少し面倒かもしれませんね…。

そのほか、楽天カードの種類などについてはこちら↓のページをどうぞ

ポイントの二重取りができる!?

楽天ANAマイレージクラブカードでは、申し込み際に2つのコースから選ぶことで楽天スーパーポイントかANAマイルを貯めることができます。
通常ポイントとマイルの二重取りをすることはできませんが、ある方法を使うことで可能となります。

その方法とはズバリ、ANAマイレージモールの活用です。
ANAマイレージモールとは、ANAマイレージクラブカードもしくはANAカードを持っている人であれば誰でも利用できるショッピングサイトです。

使い方はとても簡単。
ANAマイレージモールに行き、各オンラインショッピングサイトで買い物をし利用金額に応じてANAマイルが貯まっていきます。
つまり楽天ANAマイレージクラブカードを持っていれば、ANAマイレージモールを利用することができ、楽天市場で買い物をすることでANAマイルと楽天スーパーポイントの二重取りが簡単にできるのです♪

さらにANAマイレージモールで貯めたマイルはANAセレクションでANAオススメ商品と交換したり、提携パートナーであればポイントに交換することもできるので無駄もありません。
この方法を使えば、楽天ANAマイレージクラブカードをよりお得に利用することができますね。

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

調べれば調べるほど「え、楽天ANAマイレージクラブカード?…めっちゃええやん」と、つい思ってしまった私(笑)

楽天カード(一般)と違い二年目以降は年会費がかかりますが、使っていれば実質無料なので今までと何も変わりません。
確かに、楽天カードの入会キャンペーンなどは惜しい気がしなくもないですが、正直使わずに消滅させてしまっているので今さら何とも思いませんけどね(泣)

先日、友人とUSJへ遊びに行ってきたという同僚から

「飛行機代と宿泊代とUSJで30,000円くらいでしたよ♪」

なんて話を聞きました。
ちなみに都心から大阪まで新幹線を使うと往復で約30,000円ほどかかります。

それが、宿泊もUSJも込みで30,000円って。
まさか新幹線を使うことで「お金の無駄遣いをしていたのでは」と感じたのは無理もありません。

そして、私は心に誓いました。
「これを機に楽天ANAマイレージクラブカードに切り替えて飛行機デビューしよう」
ってね(笑)

これからは「陸マイラー」となりクレカでマイルを貯め、0円海外旅行を目標に頑張りたいと思います!

【楽天ANAマイレージクラブカードの特徴】
・楽天スーパーポイントもしくはマイルが貯まる
・初年度の年会費無料
※年に一度の利用で翌年も無料
・4つの機能がカード一枚に!

楽天サービス体験談!

楽天カードを使いつつ、さらに楽天SPUを使いこなすことで楽天ポイントはザクザク貯まっていきますよね♪
ですが「実際どうなの?」「貯まったポイントで何ができるの?」と気になるはず…。

そこで、楽天カードはもちろん楽天サービスを実際に使った体験談をピックアップ♪







ここで言うのもなんですが、私の体験談はないという…(苦笑)
ちなみに、私が使っているのは楽天PINKカード。



お買い物パンダのデザインが可愛くてお気に入りのクレカです^^
私も楽天カードを使っている一人…なんですが、クレカという”魔法のカード”を手に入れてから少しばかり使いすぎたみたいでして(汗)

陸マイラーにも果たして無事になれるのか…乞うご期待ください!

《関連記事》
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は地下鉄の利用やショッピングでもANAマイルが貯まるマイラーには嬉しいクレジットカードだ


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000