【最短3営業日で発行可能】楽天ゴールドカードならではのメリットやお得さを徹底公開

ゆかにゃんゆかにゃん

楽天カードの人気の秘訣は何と言っても”楽天ポイントを効率よく貯めることができる”という点にあります。

そんな楽天カードには他社と同じようにゴールドカードやブラックカードなど、さまざまな種類があるのを知っていますか?

どちらも年会費が発生しますが比較的安価で持ちやすい特徴があります。

今回は中でも年会費が2,200円で持てる「楽天ゴールドカード」について紹介します。

楽天ゴールドカードの概要

カード名 楽天ゴールドカード
年会費 2,200円
ポイント還元率 1.00~5.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
電子マネー 楽天Edy
付帯保険 海外旅行
追加カード ETCカード、家族カード

他社のゴールドカードの場合、申し込みの際に年齢や年収規定がありますが、楽天ゴールドカードでには明確な基準は示されていません。
比較的持ちやすいカードとして知られていますが、「安定な収入がない」「金融事故がある」「年齢が若すぎる」などの場合は審査に通らない可能性もあります。

楽天カード(一般)の場合は家族カードも無料で申し込めますが、楽天ゴールドカードでは年会費が550円(税込)かかります。
家族カードで貯めた楽天ポイントは家族でまとめて保有できるので、効率よくポイントを貯めることができますね。

ただし家族カードを申し込んだ場合、本会員以外の人は入会キャンペーンが対象外となりポイントをもらうことができません。
家族カードを持つよりも個々に申込む方がポイントを多く獲得できる場合もあるので、申込時は注意しましょう。

楽天ゴールドカード公式サイトはこちら

楽天ゴールドカードのメリット

■ 国内外の主要空港のラウンジが使える
■ ETCカードが無料
■ 利用限度額が高い
■ トラベルデスクが無料

国内外の空港ラウンジが年2回無料

楽天ゴールドカードを持っていると、国内外の主要空港でラウンジが年間2回まで無料で利用できます。

空港ラウンジについて詳しくはこちら

利用限度額は楽天カードの2倍!

利用限度額は最高200万円までとなっており、余裕をもって利用ができます。

トラベルデスクが無料で利用可

トラベルデスクが無料で利用できるので旅行時も安心です。
緊急時の案内や現地情報の案内、また予約や手配までの内容を世界38拠点の現地デスクがサポートしてくれます。

ETC発行手数料は無料

通常の楽天カードの場合、ETCの年会費が550円(税込)かかりますが、楽天ゴールドカードの場合は無料になります。

最初から一緒に申込んでおくと便利ですね。

楽天ゴールドカードのデメリット

■ 年会費がかかるがポイントの還元率は悪い
■ 家族カードの年会費は有料
■ 保険は通常カードとまったく同じ

年会費は2,200円だが・・・

年会費は2,200円と他のゴールドカードに比べ安価ですが、ポイント還元率は悪いです。

もともと楽天ゴールドカードは楽天市場で使うと以下のように5%還元が受けられました。

【楽天会員1% + 楽天カード2% + 楽天ゴールドカード2%】= 5%還元

しかし2021年4月より改悪となり、今では最大3%還元しか受けることができません。
これは年会費が無料の楽天カードと同じ還元率なので、楽天ゴールドカードを持つメリットがほとんどないのです。

4月にスタートした「お誕生月サービス」というキャンペーンもありますが、こちらは誕生月のみ+1%で買い物ができ、しかも上限は2,000ポイントまでという内容。
これではメリットにはなりませんよね。

還元率の高さで楽天ゴールドカードを持っている人は年会費無料で持てる「楽天カード」か、さらに魅力的なサービスがついている「楽天プレミアムカード」に切り替えることをおすすめします。

家族カードは有料

楽天ゴールドカードの場合、家族カードの発行には550円(税込)の年会費がかかりますが、ETCカードを無料で付帯させることができます。

楽天サービスを複数利用している人や、楽天ポイントが貯まる実店舗を利用する機会が多い人は、確実に持っていて損はありません。

楽天Edyへの交換は対等

楽天ゴールドカードにも楽天Edyを付帯させることができます。
オートチャージ機能を利用することで200円で1ポイント(ポイント還元率=0.5%)貯めることができますが、楽天ポイントからの相互交換も可能。
楽天ポイント1pを楽天Edy 1円分としてチャージすることができます。

ただし楽天Edyを楽天ポイントへ交換した場合のみ6ヶ月間の期間限定ポイントになってしまうので注意しましょう。

楽天ポイントの主な貯め方・使い方

楽天グループでは数多くある楽天のサービスを展開しており、さまざまな場所で楽天ポイントを使うことができます。
楽天市場でポイントを使うなら「1ポイント=1円」として利用できるので、買い物だけでなく旅行などにも利用できますね。

ポイントはマイルにも交換できる

楽天ポイントはANAマイレージクラブのマイルに交換することができます。

交換レート
■ 10,000マイル(ANA)を10,000p(楽天ポイント)へ交換可能
■ 2ポイント(楽天ポイント)を1マイル(ANA)へ交換可能

ANAマイルから楽天ポイントへ交換する方が有利になっているので注意が必要です。

つまりANAマイレージクラブのマイルを楽天ポイントへ交換するのは対等交換ですが、楽天ポイントをANAマイルへ交換するには2倍のポイントが必要になります。
また楽天ポイントをANAマイルに交換するには50ポイント以上で2ポイント単位になることも覚えておきましょう。

実店舗でもポイントが貯まる

楽天ゴールドカードにも“楽天ポイントカード機能”が付帯されています。
街中で利用する際にカード裏のバーコードを提示することで、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイン貯めることができます。

楽天ポイントカード提携店舗一覧

もしもの時に安心な海外旅行傷害保険

楽天ゴールドカードにも楽天カード(一般)と同じく海外旅行におけるトラブルに対応した海外旅行傷害保険が付帯されています。

■(障害)死亡・後遺障害 ・・・ 最高2,000万円
■ 障害治療費用 ・・・ 最高200万円
■ 疾病治療費用 ・・・ 最高200万円
■ 賠償責任 ・・・ 最高2,000万円
■ 携行品損害 ・・・ 20万円(免責3,000円)
■ 救援者費用 ・・・ 200万円

海外旅行のさまざまなトラブルに心強い保険ですが、保険を適用させるには利用条件があります。
それは”日本を出国する以前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の費用を楽天ゴールドカードで支払う必要がある“ということです。

例えば・・・

■ 空港までの電車代金などを楽天ゴールドカードで支払う
■ 海外旅行の飛行機代金を楽天ゴールドカードで支払う
■ 海外旅行のツアー料金を楽天ゴールドカードで支払う

これだけで海外旅行傷害保険が適用になります。
必ず楽天ゴールドカードを利用してから出国するようにしましょう。

楽天ゴールドカード公式サイトはこちら

旅行好きには快適な空港ラウンジサービスを

楽天ゴールドカードを保有していると、空港ラウンジを利用することができます。
対象ラウンジは以下の通りです。

【国内の空港一覧】
■ 北海道:新千歳空港/函館空港/旭川空港
■ 東北:青森空港/秋田空港/仙台国際空港
■ 北陸:新潟空港/富山空港/小松空港
■ 関東:成田国際空港/羽田空港
■ 中部:中部国際空港セントレア/富士山静岡空港
■ 近畿:関西国際空港/伊丹空港/神戸空港
■ 中国:岡山空港/広島空港/米子鬼太郎空港/山口宇部空港/出雲縁結び空港
■ 四国:高松空港/松山空港/徳島阿波おどり空港
■ 九州:福岡空港/北九州空港/大分空港/長崎空港/阿蘇くまもと空港/宮崎ブーゲンビリア空港/鹿児島空港
■ 沖縄:那覇空港

【海外の空港一覧】
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港/韓国/仁川空港

ただし無料で利用できるのは本人のみ、同伴者は有料となります。
空港ラウンジを利用するには、楽天ゴールドカードと当日の航空券を提示が必要です。

ちなみに楽天プレミアムカードであれば、世界中の空港ラウンジが無料で使える“プライオリィパス”を入手することができます。

楽天ゴールドカードのあんしん機能

楽天ゴールドカードには「あんしん機能」と呼ばれるいくつかのサービスを行っており、快適で安心な利用ができるように配慮されています。

カード利用お知らせメール

楽天ゴールドカードが利用された場合に、メールで内容を通知するサービスで、不正使用があった場合もすぐに気が付くことができます。

ネット不正あんしん制度

インタネットショッピングで自分のカード番号が流出し、損害が出た場合に損害額を補償する制度です。

商品未着あんしん制度

楽天市場での利用で商品が届かなかった場合には、調査を行い請求の取り消しを行います。

楽天e-NAVI

楽天カード会員専用のインターネットサービスで、請求金額や明細、様々な手続きを行うことができます。

スマホ、タブレット専用アプリ

楽天カードの専用アプリで、スマホやタブレットで簡単にクレジットカードの状況を確認することができます。

楽天カードは利用明細を紙ベースで発行してもらうことができません。
そのため上記のあんしん機能は、日ごろのカード利用を把握するためにも欠かせない機能となっています。

またどうしても紙ベースで発行したい場合、上記昨日の「楽天e-NAVI」より印刷することが可能です。

楽天プレミアムカードと比較

カード名 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 2,200円(税込)
家族カード
550円(税込)
11,000円(税込)
家族カード
550円(税込)
ETCカード 無料 無料
ポイント 100円につき1ポイント 100円につき1ポイント
国際ブランド VISA/Master card/JCB VISA/Master card/JCB
付帯機能 楽天ポイントカード
楽天Edy
楽天ポイントカード
楽天Edy
付帯保険 海外旅行傷害保険
(利用付帯)
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
動産総合保険
優待サービス ・空港ラウンジ利用可
※国内の主要空港
・SPU利用で還元率が最大3倍
・3つの優待コースを選択可
・お誕生日サービス
・プライオリティパス付帯可能
限度額 200万円 300万円

楽天プレミアムカードは年会費がさらに高くなりますが、世界中の空港ラウンジを使うことができる“プライオリティパス”の付帯や誕生月には楽天ポイントがプレゼントされるなどの特典があります。
さらに楽天プレミアムカードは他社のクレジットカードでいう「ゴールドカードクラス」になるため、旅行保障なども楽天ゴールドカードと比べると手厚い内容となっています。

ですがもし楽天市場での買い物や普段使いをメインとするのであれば、年会費無料の楽天カードまたは楽天ゴールドカードをおすすめします。

年会費以上のメリットがある楽天ゴールドカードの詳細はこちら!

クレジットカードの審査が不安の方はこちら

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす