主婦もゴールドカードが持てる!年会費無料からハイステータスカードへの入口となるお得なクレカを5枚ご紹介します!

閲覧回数 : 271 views

「日々のお買い物でポイントを貯めるならクレジットカードが一番!」と、当サイトでは様々なクレジットカードをご紹介してきました。

ところで、クレジットカードには大きく4つのランクがあることを知っていますか?

【クレジットカードのランク】
■ 一般カード
■ ゴールドカード
■ プラチナカード
■ ブラックカード

一般カードというのは年会費無料だったり、1,000円台でもつことができるクレカです。
カードの年会費が必ずかかるものの、カード独自の特典やサービス内容が手厚くなるにつれてカード名とランクが上がっていきます。

「一般カードじゃダメなの?」「収入がなければ、そもそもゴールドカードも作れないんじゃ…」

と思っているのでは?
確かに「プラチナカード」「ブラックカード」クラスになると安定した収入はもちろん、カードヒスがないと招待状(インビテーション)を受けることができないカードもあります。

「一般カードではいけない」ということでは断じてありません。
しかし、条件次第では誰でも“ゴールドカード”を持つことができるなら欲しいと思いませんか?

そこで、今回は気軽に持つことができるお得なゴールドカードを5枚厳選!
一般カードよりも魅力のあるクレジットカードをご紹介していきましょう。

年会費無料で持てるゴールドカード

ゴールドカードに対し「収入がないと無理」というイメージがいまだ強い昨今。
実は多くのゴールドカードのなかには条件を満たすことで持つことができるカードがあるんです。
し・か・も…なんと年会費無料!

一般カードのように年会費がかからないゴールドカードなんて…気になりますよね?
では早速、ご紹介していきましょう。

イオンゴールドカード

全国展開している大手スーパー“イオン”
「衣・食・住」と生活に関するあらゆるアイテムを購入することができ、店舗によってはイオンシネマといった映画館もありますよね。

そんなイオンをお得に使う人にオススメしてきたカードはイオンカードもしくはイオンカード・セレクトです。

どちらのカードも年会費無料で持つことができ尚且つイオングループで使うことができる、お得な特典がついているクレジットカードです。
(以降、イオンカードと総称し表記させていただきます)

実はこのイオンカードを使い続け、ある条件をクリアすることでイオンゴールドカードのインビテーション(招待状)を受けることができます。
イオンゴールドカードは他のゴールドカードと違い、インビテーションもしくはイオンセレクトクラブに入会しないと持つことができません。
※イオンセレクトクラブはイオン銀行の住宅ローンを利用することで入会できる会員制クラブです

では、イオンゴールドカードのインビテーションを受けるにはどうすればいいのか。
主な方法は以下の2つです。

■ イオンカードを使い条件に沿った年間の利用額を達する
■ イオンカード・セレクトを持ち、イオン銀行の各サービスを駆使する

これらの条件を満たすことで収入の少ない専業主婦の方でも、ゴールドカードを持つことができるんです!

また、イオンゴールドカードを目指すのであればイオンカード・セレクトを選びましょう。
イオンカード・セレクトはネットバンク“イオン銀行”の口座開設が必要です。
「カード作るために口座まで開かないといけないの?」と面倒がる方もいると思います。

ですが、そのひと手間をかけるだけで普段からポイントが貯めやすくなったり「お金を使わなくてもイオンゴールドカードが持てる」となれば考えも変わるのでは^^?
イオンを日頃から使っているのであれば、イオンカード・セレクトにしておくことでメリットもありますよ♪

イオンカード・セレクトについてはこちら↓のページをどうぞ



もちろん、イオンゴールドカードでもイオンカード特典である「20・30日のお客様感謝デー」では5%OFFが適用されます。
もっと嬉しいポイントはイオンカードには付帯されなかった”国内/海外旅行傷害保険”の付帯やイオン内にある”イオンラウンジ”を使うことができます。

イオンラウンジを使うことができるのは、イオンゴールドカード保有者とイオン株主優待でもらうことができるオーナーズカード保有者のみです。
買い物の合間にイオンラウンジで休憩できるなんて、ちょっと特別な感じしますよね♪

このようにイオンゴールドカードには、イオンカードにはないメリットがあり尚かつ年会費無料(家族カードも◎)で持てるんですからイオンを頻繁に使っているのあれば持ちたいカードといえますね。

イオンゴールドカードについてはこちら↓のページをどうぞ



【イオンカード・セレクトの主な特徴】

・年会費無料
・20日・30日は5%OFF
・イオングループで使えるカード特典

エポスゴールドカード

インビテーションを受けることで年会費無料で持つことができるもう一つのゴールドカード”エポスゴールドカード”。
しかし、実はイオンゴールドカードと違い、新規でもゴールドカードを申し込むことができます。
その場合、年会費として5,000円(税別)が発生しますが、年間50万円以上の利用で次年度より永年無料にすることができます。

ですが、インビテーションを受ければ初めから無料で持てるんですからその方がお得ですよね。
では、エポスゴールドカードのインビテーションを受けるための条件をお伝えしましょう。

■ エポスカード申し込後、6ヶ月間で30万円以上の利用もしくは年間50万円以上
■ 公共料金などの支払いに利用
■ エポスカードを使う

速い話がエポスカードをガッツリ使うことで、エポスゴールドカードのインビテーションを受けることができるということです。

実際のところ、エポスゴールドカードのインビテーションによる条件は個人差があります。
ゆえに、上記の項目は「最低限クリアするべき条件」と頭に入れておきましょう。

ちなみに、エポスカードというのは年会費無料で持つことができる「一般カード」です。
しかし驚くなかれ…。
エポスカードの魅力は年会費だけでなく、店舗受付において最短で即日発行!
さらに、他のクレジットカードと比べ豪華な特典が付いています。

また、全国各地に加盟店が点在しておりクレジット機能を使わなくてもカード提示による割引サービスなどもあります。

エポスカードについてはこちら↓のページをどうぞ



エポスゴールドカードにした際には、国内の空港ラウンジを無料で使うことができますよ♪

さらに、エポスゴールドカードでは家族と同等のサービスや特典を共有することができるシステムが利用可能となります。
その名も”エポスファミリーゴールド”。

実は【エポスカード/エポスゴールドカード】には家族カードを付帯させることができません。
しかし、エポスゴールドカード(またはエポスプラチナカード)を保有することで家族に「紹介メッセージ」を送ることができます。
その後、すでにエポスカードを持っていてもいなくてもエポスゴールドカードに切り替え「ファミリー登録」をすることでポイントのシェアや利用金額に応じて“ボーナスポイント”も受け取ることができます。

もちろん、家族の方もエポスゴールドカードを永年無料で持つことができるので安心してくださいね^^

エポスゴールドカードについてはこちら↓のページをどうぞ



【エポスカードの主な特徴】

・年会費無料
・豪華な無料特典
・即日発行No,1

共通ポイントが貯まるゴールドカード

クレジットカードを普段のお買い物はもちろん、飲食店などで使う最大のメリットは「ポイントが貯まりやすい!」ということ。
一般カードでも現金払いと比べればポイントを貯めることができますが、ゴールドカードにすることでさらに効率よく貯めることができます♪

そこで、今回は共通ポイントがザクザクたまり豪華な付帯サービスが付いているゴールドカードを2枚ご紹介します!

dカードゴールド

使っているスマホや携帯電話がdocomo(ドコモ)であれば、使いこなすことで共通ポイント“dポイント”を効率よく貯めることができるクレジットカード“dカード”

そんなdカードのワンランク上にはゴールドカードの“dカードゴールド”があります。
dカードゴールドは年会費10,000円(税別)で持つことができるクレジットカードで、dカードよりもポイント還元率が上がったりゴールドカード限定特典を受けることができます。

このdカードゴールドはNTTドコモのスマホなどを契約している方は持っておいて損のないクレカです。
まず、毎月の携帯料金が10,000円以上であればdカードゴールドを作りましょう。
なぜなら料金の支払いをdカードゴールドカードにすることで、料金に対し10%のポイント還元を受けることができます。

さらにdカードゴールドカードにすることで、レギュラー会員からゴールド会員に自動的にランクアップします。
かつ、dポイント加盟店での利用でポイント還元率もアップ!

こんなお得なことないですよね^^

もちろんカード名に”ゴールドカード”と入っているのですから、付帯サービスも充実しています。

【dカードゴールド付帯サービス】

■ 国内/海外旅行傷害保険
※利用付帯

■ 国内の主要空港(28空港)のラウンジ利用可能

■ 端末購入から3年間、最大10万円まで補償

ゴールドカードには欠かせない「空港ラウンジの利用」もありますし、なんといっても「端末の保障」が大きなメリットではないでしょうか。

スマホが普及し今では2人に1人は持っていると言われていますが、画面がむき出し状態なことはもちろん水没などによる「故障」が起こりやすいのも事実。

うっかり手を滑らせて落としてしまえば画面にヒビが入り、割れてしまうこともあります。
しかし、あなたがdocomo契約者でdカードゴールドを持ってたのであれば「最大10万円まで保証」してくれます。
※ただし、店舗によっては在庫がないこともあるため確認しておきましょう

「ドコモの契約者じゃないとメリットないの?」と思いますよね?

確かにdカードゴールドカードを持つことで最大限の恩恵を受けることができるのは”docomo契約者”です。
しかし、dカードゴールドカードはdアカウントさえ持っていれば誰でも申し込むことができるクレジットカード。

例えばドコモ契約者でなくても嬉しいメリットはあります。

■ ローソンでの買い物はポイント5%還元
■ スターバックスカードへのチャージで4%還元
■ ETCカードが無料

全国展開しているコンビニLAWSON(ローソン)で頻繁にお買い物をしているのであれば、dカードゴールドカードがあるとポイントを効率よく貯めることができます。
さらに、老若男女に関係なく人気の高いカフェ“スターバックス”で使うことができる“スターバックカード”にチャージしてもdポイントを貯めることができますよ。

先ほどお伝えした空港ラウンジの利用なども使うことができますが、使い方次第では損をするので注意しましょう。
dカードゴールドカードは年会費として10,000円かかるクレカということを忘れないようにしてくださいね。

dカード/dカードゴールドカードについてはこちら↓のページをどうぞ



楽天ゴールドカード/楽天プレミアムカード

楽天カードマンやお買い物パンダといった楽天公式キャラクターのCMでお馴染みのクレカ楽天カード
年会費無料で持つことができ、ネットでもリアル店舗でも100円につき1ポイント(還元率1%)の高還元クレカです。

実は楽天カードには様々な種類があり、楽天カードは「一般カード」の位置づけとなります。
では、ゴールドカードの位置づけになるカードはなんというのか…。

「ずばり、楽天ゴールドカードです!」と言いたいところなんですが、少し違うんです。
楽天ゴールドカードはカード名にもある通りゴールドカードではありますが、他社のゴールドカードと比べると少し劣ってしまいます。
そのため、正確には「一般カードとゴールドカードの中間クラス」の位置づけにあるのが楽天ゴールドカードといえるでしょう。

「楽天カードにはゴールドカードがないの?」
いいえ、ご安心を^^

楽天ゴールドカードの上に実は楽天プレミアムカードというカードがあります。
この楽天プレミアムカードこそ、他社のゴールドカードと同等クラスのクレジットカードといえます。

楽天プレミアムカードは年会費が10,800円(税込み)がかかりますが、注目すべきは特典です。

■ 3つの選べるコース
■ プライオリティパス付帯
■ 誕生月には楽天ポイントがもらえる

なかでも「このために楽天プレミアムカードにした」という人がいるほどの特典が”プライオリティパス”です。
プライオリティパスというのは世界中の空港ラウンジを無料で使うことができる特別なカードです。

他のクレジットカードにも付帯させることができますが、ゴールドカードの中でも年会費の安い楽天プレミアムカードが一番お得にプライオリティパスを手に入れられるといえます。

また、「楽天」とカード名にあるとおり大手通販サイト楽天市場での買い物で楽天スーパーポイントを楽天カード以上に貯めることができます。
もちろん楽天市場のポイントアップシステム“楽天SPU”の対象でもあるので、楽天市場ヘビーユーザーであれば持っておいて損のないカードですよ♪

【楽天プレミアムカードの主な特徴】

・3つの選べるコース特典
・プライオリティパスが無料付帯
・楽天ブラックカードへの招待が…

楽天プレミアムカードについてはこちら↓のページをどうぞ



楽天プレミアムカードについてお伝えしましたが、やっぱり“楽天ゴールドカード”も気になりますよね。
楽天ゴールドカードは年会費も2,160円で持つことができるクレジットカードで、新規申し込みはもちろん楽天カードからも切り替えることができます。

注意したい点は楽天カードでは無料で追加することができた家族カードが有料になること。
ですが、その代わり有料道路をスムーズに通過することができるETCカードを年会費無料で持つことができます。

また、楽天市場を頻繁に使う方にもオススメの一枚です。
「楽天市場で買い物するならプレミアムカードのほうがいいのでは?」と思うかもしれませんが、楽天SPU対象という視点でみればポイント還元率は変わりません。

そのため「楽天市場も使うし、プライオリティパスが欲しい!」という方は楽天プレミアムカード、「楽天も使うし、有料道路も結構使うなぁ」という方は楽天ゴールドカードと目的に合わせて選ぶことが大切です。

ちなみに楽天ゴールドカードにも海外旅行傷害保険が付帯されますが、楽天カード(一般)と変わりありません。
しかしながら、楽天カードと違い国内の主要空港ラウンジを無料で使うことができますよ^^
※一部の海外空港ラウンジも◎

国内旅行傷害保険は付帯されませんが、国内の航空機を利用するのであれば欲しい特典ですね。

【楽天ゴールドカードの特徴】
・年会費2,160円
・ETCカードの年会費無料
・国内の空港ラウンジが無料で使える

 
楽天ゴールドカードの公式ページはこちら

楽天ゴールドカードについてはこちら↓のページをどうぞ



当サイトの編集部スタッフ鈴りんりんさんは楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えた一人♪
彼女が実際楽天ゴールドカードをどのように使っているのか教えてもらいまいしたよ^^



ハイステータスカードへの近道

冒頭でもお伝えしたとおり、クレジットカードには“カードランク”があります。
一般カードの次にゴールドカード、その次にはプラチナ、ブラックカードと続きます。
ゴールドカードを持つには比較的、条件をクリアしたり新規でも申し込むことができますが【プラチナ/ブラック】となるとカード会社からの招待状(インビテーション)が必須となります。

しかし、せっかくゴールドカードを持つならその上も目指したいですよね^^
この項目では国内のクレジットカードの中でも、カードを使うことでハイステータスカードのインビテーションが受けられるクレジットカードをご紹介します。

JCBゴールドカード

JCBと言えば国内発の国際ブランドとして知らない方はいないのでは?

国際ブランドでもあるJCBが独自に発行しているクレジットカードのことを「プロパーカード」といい、JCBと提携しているクレカを「提携カード」と言います。

JCBのプロパーカードには種類がありJCBカード(一般)はもちろん、年齢制限のあるJCB CARD W、そしてJCBゴールドカードがあります。
では、このJCBゴールドカードは一体どのようなカードなのか、特徴を簡単にまとめてみました。

【JCBゴールドカードの特徴】
■ 初年度年会費無料/次年度から10,000円
■ 国内の空港ラウンジ利用可能
■ 即日発行/翌日には到着
■ 海外旅行傷害保険が自動付帯
■ JCBゴールド・ザ・プレミアムへの招待状

なんと、JCBゴールドカードは初年度の年会費が無料で持つことができるゴールドカードです。
そのため、一年間使ってみて自分に合わなければ解約してしまえばゴールドカードの付帯サービスを無料で使いこなすことができます。

また、ゴールドカードの付帯サービスでお馴染みの「国内の空港ラウンジの利用」や海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

さらにJCBゴールドカードで貯めることができるポイントは“Oki Dokiポイント”
このOki Dokiポイントのポイント還元率は0.5%ですが、交換する商品によって還元率が変わります。
海外での利用時には、常時ポイント還元率が2%になるのでお得ですよ^^

さて、このJCBゴールドカード。
ゴールドカードに間違いはないのですが、この上にさらにゴールドカードがあります。
その名も“JCBゴールド・ザ・プレミアム”です。

JCBゴールド・ザ・プレミアムを持つには、JCBゴールドカードを使い2年間連続で100万円以上の利用が必要になります。
そして、JCBゴールド・ザ・プレミアムはインビテーションがないと申し込むすることができません。

ですが、JCBゴールド・ザ・プレミアムになることで世界中の空港ラウンジを無料で使うことができるプライオリティ・パスやJCBカードの最高峰“JCB THA CLASS”へのインビテーションへの道に繋がります。

“JCB THA CLASS”はクレジットカードランクの中で言えば【プラチナ/ブラック】クラスのクレカです。
年会費は54,000円かかり、家族カードは最高8枚まで発行可能かつ年会費は無料で持つことができます。

JCB THA CLASSには様々なメリットがありますが、中でもディズニー関連のオリジナル特典が充実しています。
ディズニーファンなら「いつかは…」と夢を見るくらい欲しいクレジットカードといえますね。

このJCB THA CLASSにするために必要なことは「年収○○円」「職業」といった部分ではありません。
※全く必要ないわけではありませんので誤解しないよう注意してください

よく言われているのはJCBカードでのカードヒスです。
いかにJCBカードを長年使い続けているかによって信用度が高まり、インビテーションの確立が上がると言われています。

JCBカードの最高峰であるJCB THA CLASSを目指すためにも、まずはJCBゴールドカードを使うことがハイステータスカードへの近道といえますね。

JCBゴールドカードについてはこちらのページをどうぞ



【JCBゴールドカードの主な特徴】

・初年度の年会費無料
・ディズニーデザインも可能
・海外旅行所外保険は自動付帯

まとめ

日頃から使っている、様々なクレジットカード。
しかし、今回ご紹介してきたように条件によって誰でも気軽にゴールドカードにランクアップさせることができます。

なかでも、楽天ゴールドカードもしくは楽天プレミアムカードは使い勝手がいいだけでなく共通ポイント楽天スーパーポイントが貯まる一押しカードです。
楽天市場での利用はもちろん、実店舗でもポイント還元率1%のまま貯めることができるのでお得ですよ♪

ですが、普段のお買い物でイオンを使っているならばイオンカード・セレクトを使いインビテーションを待つのも一つの手です^^
この機会にゴールドカードに切り替え、毎日のお買い物に特別感をプラスしちゃいましょう!

【楽天プレミアムカードの主な特徴】

・3つの選べるコース特典
・プライオリティパスが無料付帯
・楽天ブラックカードへの招待が…

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000